無料ブログはココログ
フォト

« 腕(肩甲骨)と股関節の動きにおける位相のずれ | トップページ | 本日(2/27)のノルディック・ウォーキング体験会 »

2010年2月22日 (月)

腕(肩甲骨)と股関節の動きにおける位相のずれ②

昨日は、
・私が二軸動作(B×BS動作)と捉えている状態:腕が股関節よりも90度先行している(位相がずれている)状態
と書きましたが、これはストロール(ジョギングの競歩版)している時に感じたことでした。

今朝、ノルディック・ウォーキングで歩きながら位相のずれに注意してみましたが、ポールを持った状態では、腕が股関節よりも90度先行することはちょっと難しい。。。

ポールを持って歩く状態では、腕と股関節のバックワードサイクルの位相は対角のようです。(が、回旋の位置とトルクのサイクルは対角なのか腕が90度先行なのか・・・よくわからなくなってきました。。。)

このような状況でも、ノルディック・ウォーキングをすることで、本当に二軸感覚が身につくのか???

何だか、また、振り出しに戻ったような感じですが、逆に考えると、腕の動きはあまり本質的なものではないのかもしれません。

« 腕(肩甲骨)と股関節の動きにおける位相のずれ | トップページ | 本日(2/27)のノルディック・ウォーキング体験会 »

二軸動作」カテゴリの記事

コメント

3/14(日)の大阪城の練習会に参加させて貰います^^v

>ほねやすめ さん

コメントありがとうございます。
大阪城の練習会はどちらが主催のものでしょうか?
私は3月14日はJNWLの指導員研修会参加のため、伊勢・志摩に行っています。
これからもよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腕(肩甲骨)と股関節の動きにおける位相のずれ②:

« 腕(肩甲骨)と股関節の動きにおける位相のずれ | トップページ | 本日(2/27)のノルディック・ウォーキング体験会 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31