無料ブログはココログ
フォト

« 歩行動作の分類と二軸動作の特徴(加速度と「二軸動作」(B×BS動作)の特徴) | トップページ | この一週間(7/18-7/24) »

2011年7月24日 (日)

第27回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(結果)

本日、山城総合運動講演陸上競技場(通称:太陽が丘)で開催された標記大会の3000mWに出場してきました。

毎年この時季にはマスターズの京都選手権が開催されるのですが、今年は近畿選手権の持ち回りの主管が京都であったため、近畿選手権として開催されました。ちなみに、昨年の京都選手権(3000mW)の成績は、5’37”-5’53”-5’56”の17’26”00。暑い季節なので、毎年それほどいいタイムは出ていなかったと思います(なお、最も調子の良かった2007年でも5’06”-5’21”-5’45”の16’11”85で5000mWの通過よりも30”ほど遅かったです)。
で、今年はと言えば・・・先週の今ごろまでは猛暑日の連続・・・だったのですが、台風が通過して以来涼しい日が続いています。折角暑さに身体が慣れつつあったのに、また涼しさが普通と感じるようになってしまったか?――そんな不安を感じながらではありますが、参加してきました。

目標は特に設定していなかったのですが、ずっと「一周2’12”ペースを保つ」(つまり3000mW:16’30”、5000mW:27’30”)まで体を戻すことを目標としてきていますので、今回も2’12”で行けるところまで行くこととしました。
直前のコンディションは気温32℃。5月の大阪選手権では30℃でも1000m維持できなかったのですが、流石に5月と違って少し前までの猛暑日の感覚が残っているためか、気温に対する恐怖は特には感じませんでした。
スタートは、200m:1’05”、少し落として400m:2’12”。いいペースです。実際、1000mまでは暑い中にもかかわらず5000mを28分台で歩けていた2年前と大差ありません。ただし、結果は、5’33”-5’52”-5’53”の17’18”39。理由はわかりませんが(独りになって意識が途切れたか?)、1000m-2000mはちょっと落ち過ぎですね。。。
注意はなし。だったら何故もっと上げてみなかったか?そうです、それが今日の最大の反省点です。。。

次の試合の予定は、8/27のマスターズ全日本選手権(5000mW)。8月はノルディック・ウォーキングがお休みの月ですので、競歩に集中します♪

« 歩行動作の分類と二軸動作の特徴(加速度と「二軸動作」(B×BS動作)の特徴) | トップページ | この一週間(7/18-7/24) »

競歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第27回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(結果):

« 歩行動作の分類と二軸動作の特徴(加速度と「二軸動作」(B×BS動作)の特徴) | トップページ | この一週間(7/18-7/24) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31