無料ブログはココログ
フォト

« 第40回酉塾2011年ボジョレー・ヌーボー試飲とfulare_padライブ | トップページ | この一週間(10/24-10/30) »

2011年10月23日 (日)

この一週間(10/17-10/23)

◆世間では
・カダフィ大佐死亡、タイの洪水の被害拡大、大阪秋の陣・・・この先に何があるのだろうか?
◆個人的には:
・二週連続で土曜日が雨です。日曜日は晴れているのに・・・
・歩数計が壊れたみたいです。買い換えないと・・・でも、お金がない・・・というかPC買い換えたい。。。
・お陰様で、「関西ノルディック・ウェルネス」のFacebookページが、以下のユーザーネームが取得できました。
http://www.facebook.com/NordicWalking.KNW
今後とも、よろしくお願いいたします。

○主な出来事:
・10/22(土) 第39回酉塾2011年秋ひやおろし秋場所(集酉楽サカタニ)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/392011-a385.html

○本:「「思考の老化」をどう遅らせるか」和田秀樹著(PHP新書)
♪要するに、いわゆる「老化予防」ではなく、「脳の前頭葉機能を高めよう」と勧めている本です。
♪そもそもの問題意識として、「四十代、五十代の年代の脳に起きていること:①前頭葉の老化(委縮)②セロトニンなどの脳内伝達物質の不足③動脈硬化④男性ホルモンの減少」があり、その解決方法として「知識の人よりも思考の人になりましょう、さらに試行しましょう」ということがテーマの本です。
♪そして「思考の人」となるためのヒントとして、以下の点を挙げている。
・前頭葉機能のポイントは、大別すると「意欲と感情のコントロール能力」「思考のスイッチング」「クリエイティビティ」の三つ。
・前頭葉を若くアクティブに保つことは、現代を生き延びるための術である以上に、「人間らしくいる」「若々しくいる」ために必須。
・柔軟な発想を邪魔するものを、心理学的な言い方で挙げると「スキーマ」「バイアス」「自動思考」などがあり、自分の持っているスキーマやバイアスが疑えなくなって、さらに自動思考的なものが起きやすくなることが、「脳の老化現象」。
・思考の老化を防ぐには、どんなことにでも「そうだったのか」と納得するのではなく、意識してツッコミを入れること。それは、「別な考え方」を数多く見つけるためであり、そのため前頭葉思考ができると、既存の価値観と違う生き方をすることに抵抗がなくなり、既成概念から自由になれる。
・前頭葉型の思考は「これまでどうだったか」よりも「これからどうするか」のほうを重視し、「仮説を立てる力」とともに、客観的な条件から未来がどうなっていくかの予測を立てる「シミュレーションする力」も伸びる。

○これから一週間の予定:
・10/29(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1109-10.pdf

« 第40回酉塾2011年ボジョレー・ヌーボー試飲とfulare_padライブ | トップページ | この一週間(10/24-10/30) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(10/17-10/23):

« 第40回酉塾2011年ボジョレー・ヌーボー試飲とfulare_padライブ | トップページ | この一週間(10/24-10/30) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31