無料ブログはココログ
フォト

« 2012年の始まりにあたって | トップページ | 本日(1/7)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

2012年1月 2日 (月)

この一週間とちょっと(12/26-1/2)

◆世間では:
・消費税引き上げ?
⇒実は、この一週間に何が話題になっていたか、正直言ってあまり記憶にないです。。。その中で嫌でも目についたのがこれ。でも、どんな議論がなされているのか、正直いってフォローできていないです。。。
◆個人的には:
急に寒くなったこともあって、最近、ジムに行けていないです。年末年始の休みで体型が変わってしまわないように、何とかしないと・・・と思っていたのですが、今日は久し振りに競歩の練習を少ししました。
ここ2-3年、競歩よりもノルディック・ウォーキング中心の生活となっていましたが、今年は競歩を中心にもっていきたいと思っています♪

○主な出来事:
特にありません。初詣に行ったことぐらいです。

○本:「「遊ぶ人」ほど成功するホントの理由」佐藤富雄著(フォレスト2545新書)
♪佐藤富雄氏の本は、以前にも読んだことがあったようにも思うのですが、今回は以前に感じなかった以下のようなことを感じました。
それは、武術研究家の甲野善紀氏が言っている「踏ん張らない、捻らない、ためない」のメンタル版ではないかということです。
例えば(練れていないので外れているかもしれませんが)、「集中しない、無理しない、理屈によらない」のようなものかもしれません。
また、見方を変えれば、「アウターマッスル」に対する「インナーマッスル」の、「努力」等に対するものということになるのでしょうか?
今はそれを一言で表現することはできないですが、以下の言葉はそのヒントとなるように思えます♪
・成功するためには強い意志と努力が必要」とするのは、人間の脳の仕組みを知らない人が言うこと。
・必要なものは二つ:①『ベータエンドルフィン』という脳内ホルモン物質②『ネオテニー』=「子どもらしさ」のようなもの
・身体を動かすと脳が活性化する。あらゆる機能の働きがレベルアップする。その結果、望みを現実にしていく力が高まる。
・私たち人間は、自分が本気で信じていることを現実のものとして表現できるように、脳のなかではそれに見合った物質がつくられる。
・そう急いで子どもをやめてしまうことはない。子どもらしさを失うと「脳は本当の意味で完成されることがない。」
・ネオテニーこそが、成功者たちの言う「遊びの要素」「仕事の面白さ」です。
・どれだけ脳を本気にさせられるか、それは、どれだけ欲望を持てるかで決まる。

○これから一週間の予定:
・1/7(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1201-02.pdf
・1/8(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_kyoto_shichijo_1201-02.pdf
・1/9(祝) 第35回記念「新春走ろう会」ひらかたハーフマラソン(運営委員)(淀川河川公園・枚方地区)
http://hirakata-taikyo.org/hhm/35th-hhm-guidebook.html

« 2012年の始まりにあたって | トップページ | 本日(1/7)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間とちょっと(12/26-1/2):

« 2012年の始まりにあたって | トップページ | 本日(1/7)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31