無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(1/16-22) | トップページ | この一週間(1/23-29) »

2012年1月29日 (日)

平成24年度関西医科大学健康科学センターの新年会に参加してきました

ホテルモントレ サ・スール大阪にて1月27日(金)に開催された標記新年会に参加してきました。

第一部は、『皮膚の幹細胞とアンチエイジング』のテーマで、藤田保健衛生大学医学部教授 赤松浩彦先生の特別講演です。
まずは木村穣先生の挨拶から。

Cimg5245

赤松浩彦先生の講演の様子です。

Cimg5247

講演内容は、先生が少し前に中学校で使用したというスライドをもとに、「再生医療」に関してのわかりやすい解説の後、日ごろどのような食事を摂ればいいかのヒントを示していただくというものでした。
その「再生医療」の基礎となるのが生物の「再生能力」で、「再生能力」を担っているのが「幹細胞」です。
「幹細胞」は、皮膚において加齢とともに減少し、シワ等の老化が進行します。
これまでは、若々しい細胞が老化するのを止めることが「美容」の中心でしたが、これからは「幹細胞」を増やす「再生美容」を加えた二本柱がアンチエイジングの主流になるのでは、ということでした。
食事で皮膚を若々しく保つための鍵は、足場として「幹細胞」の周囲を覆っている構造タンパク=コラーゲン。
コラーゲンの減少は、「幹細胞」の生存・維持を脅かすことになるため、一日に5~10グラムは必要。食事からは2グラム程度しか摂取できていないため、皮膚の若さを保つためには、サプリメントからコラーゲンを摂る必要があるとのことです。
ちなみに、食事としては、「ひつまぶし」が最適だそうです。

第二部の新年会。こちらも、まずは木村穣先生の挨拶です。

Cimg5248

続いて乾杯です。

Cimg5249

ここから後は二次会の様子です。

Cimg5251

今回も、ノルディック・ウォーキングつながりで参加させていただき、いろいろな先生方と運動療法等に関してお話しさせていただきました。
お付き合いいただいた方々、ありがとうございました♪

« この一週間(1/16-22) | トップページ | この一週間(1/23-29) »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« この一週間(1/16-22) | トップページ | この一週間(1/23-29) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31