無料ブログはココログ
フォト

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

この一週間(5/21-5/27)

◆世間では:
・自転車事故多発?
・こんにゃくゼリー
⇒事故に遭われた方には申し訳ありませんが、自分事として考えた場合、入手できる情報を収集した上で、最善の対策をとらないといけないと改めて思います。
本来、自転車に乗る時にはヘルメットを装着しないといけないとわかってはいるのですが。。。(できていない・・・)
◆個人的には:
・昨年末頃から、それまで悪かった「くじ運」が急によくなったように思います。今週もまた当たりました(たいしたものではないのですが・・・)♪
この調子だと大阪マラソンも当たってしまうかもしれません。

○主な出来事:
・5/27(日) ポールを持って歩こう会~嵐山への歩き旅~(京都・西京極総合運動公園)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/527-cfdb.html

○本:「天職は寝て待て」山口 周著(光文社新書)
・「召命」と「天職」。日本語ではまったく異なるニュアンスを持つこの二つの言葉が、英語ではVocationという一つの言葉で表される。つまり天職とは自己によって内発的に規定されるのではなく、本来は神から与えられるもの、と考えられていたということ。・・・すなわち、天職とは本来、自己を内発的に振り返ることで見出すものではなく、人生のある時に思いもかけぬ形で他者から与えられるものではないか。・・・これは「自分は世界に何を求めているのか」という、我々がいつも抱えている問いを、「世界は自分に何を求めているのか」という問いへと180度切り替えることを意味する。
・日本の、特にサービス業の生産性は欧米諸国に比べて大変低い。ざっくり言えば6~7割程度の水準。・・・以前より、この水準の低さはIT活用度の差、ということで整理されてきたが、その点に加えて、人材の流動性の低さも要因なのではないか。・・・もし多くの人が、最初に入った会社で何となくあきらめることなく、自分が真にモチベーションを維持できるような会社を探し続けたとしたら、社会全体の生産性は高められる。
・職業選択において自分のパーソナリティを知っておくことが重要・・・それは、パーソナリティが「仕事の幸せ」に大きく関係してくるから。・・・パーソナリティと不適な仕事を選択したとしても、その領域でハイパーフォーマーとして活躍することは必ずしも不可能ではない。・・・しかし、こと本人の幸福度という話になってくると・・・どんなにハイパフォーマンスを発揮できたとしても本当には幸福にはなれないと思っている。

○これから一週間の予定:
・6/2(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1205-06.pdf
・6/3(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://www.nordic-walk.jp/trial.html#kinki

本日(5/27)のポール持って歩こう会~嵐山への歩き旅~

3月の「~芦屋から西宮コース~」以来、今年3回目の「ポールを持って歩こう会」。
昨年3月にも歩いた、西京極総合運動公園から桂川に沿って嵐山公園中之島地区までの約9kmのコースです。
天気予報ではズバリ「晴れ」。気持ちよく歩けそうですが、気温はかなり上がりそうです(実際に、京都の最高気温は30℃でした)。

西京極総合運動公園を出発。
Cimg6054_3

桂川に向かいます。
Cimg6056

まずは桂大橋を目指して桂川の右岸を歩きます。
Cimg6057

桂大橋を渡って
Cimg6058

桂川の左岸を嵐山を目指して歩きます。
Cimg6062

Cimg6067_5

Cimg6069_2

Cimg6071_2

中之島橋を渡ってゴールです。
Cimg6072

到着後の整理体操。
Cimg6077

交流会は「おばんざい 嵐山ぎゃあてい」で。
Cimg6081

Cimg6080_2

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2012年5月20日 (日)

この一週間(5/14-5/20)

◆世間では:
・ダルビッシュ6勝目
・阪神、交流戦4連敗
⇒今年はテキサンズになろ♪
◆個人的には:
・これまでここでは、あまり身内のことには触れてこなかったのですが、今年に入って、2月に伯母が、そして先週には伯父が相次いで旅立ちました。
昨年五十路を迎えて、これからは第二の人生のつもりで生きていこうと思っていたところではあったのですが、世代交代は容赦なくやってくるものだと感じています。

○主な出来事:
・5/19(日) 第26回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・長居第2陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-df4b.html
・5/19(日) 笛吹きムシカ(塚本)さん(フルート)とウクレレTOMOYAさんのデュオ・ライブ演奏(カフェサリー)

○本:「コミュニケーションは、要らない」押井 守著(幻冬舎新書)
♪「ついで買い」だったのですが、読み進むうちに、結構衝撃を受けています。まだ、整理できていない状況ですが、印象深く感じた言葉です♪
・コミュニケーションには二つの側面がある:ひとつは「現状を維持するためのコミュニケーション」で、もうひとつは「異質なものとつきあうためのコミュニケーション」だ。
・今さら「私は反原発派だ」などと言うことは、暗に「私は原発については何も知らないし、関係ない」という態度を表明して、責任逃れをしているに過ぎない。
・日本人は、個々の問題よりも共同性を重視する。共同性を重視するために、目先の問題だけを次々に回避していく。・・・他人に嘘をくつのではなく、自分に嘘をつく天才になった。そして、その中で言葉を便宜的に使ってもいいということにしてしまった。
・言文一致運動・・・このとき、日本語は現在のネット文化による劣化以上の侵食を受けていた。簡単にいえば日本語という言語が「ロジック」という骨組みを捨て、「表現としての言葉」に流れていった。
・結局、日本人というのは、なるべく答えを出したくない人種なのかもしれない。戦争のこともまったく総括しないまま半世紀以上が過ぎてしまった。・・・「本当に日本が悪かったのか?」ということや、それ以前に「なぜ負けたのか?」ということも検証しようとしない。
・一瞬一瞬の感情に流され、目先のレベルでしか物事が判断されていない・・・情緒に訴えることで論理的な思考を麻痺させ、正しいとか正しくないとか言い合ってコミュニケーションをはかったつもりになり、その判断の積み重ねで、今の日本になってしまった。そろそろ我々はそれをしっかり自覚すべきだ。・・・今こそ、根本から考えなければならないし、本質論を言わなければならない場合なのだ。

○これから一週間の予定:
・5/26(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・5/27(日) ポールを持って歩こう会~嵐山への歩き旅~(京都・西京極総合運動公園)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_pole_arukoukai_120527.pdf

南部忠平杯 優秀選手賞

昨日の大阪選手権の際に、今年の5月6日の南部忠平杯の優秀選手賞をいただきました。
たまたま大阪新記録を出し(今のクラスのレベルが高くなかったということだけなのですが・・・)、たまたま他に候補がいなかったからだということですが、私としては、このような賞は、もっと上の年齢の方が対象となるものだと思っていたので、驚いています。
が、考えてみると、昨年からM50のクラスに上がったということで、周囲からはそれなりに「上の年齢」と見られているということなのでしょう。
賞を頂いたことは喜ぶべきことなのですが、何となく複雑な気分です。
いずれにしても、これからも、恥ずかしくないよう競技に取り組んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
Cimg6047_2

MCEI大阪支部 2012年6月度 定例会

6月度は、参加する予定です♪

【MCEI大阪支部 2012年6月度 定例会のご案内】
裁判所の競売物件だった京都有数の日本庭園「何有荘(かいうそう)」。
「何有荘」に刻まれた歴史性・物語性を紐解くことで、その価値を理解したのは、驚くことに日本人ではなく、米国の先端的ビジネスを展開する富豪でした。
どうしてそんなことができたのか。それは「物語力」を肝にしたマーケティングにありました。
日本の都市や、日本人が喪失した物語とは何なのか?
共同体の再生、地域力・人間力の再生とは?
「何有荘」プロジェクトの仕掛け人でもあるノブレスグループ代表川井徳子さんに「物語力」をキーワードに、今我々が抱える課題への解決策をご提案いただきます。
MCEI大阪支部事務局

日 時:2012年6月7日(木)17:00~19:00
テーマ:『物語力とマーケティング~何有荘が教えてくれること~』
講 師:ノブレスグループ 代表 川井徳子氏
会 場:大阪府男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)4F 大会議室1
(・京阪「天満橋」駅下車。東口方面の改札から地下通路を通って1番出口より東へ約350m。・地下鉄谷町線「天満橋」駅下車。1番出口より東へ約350m。)
住所:〒540-0008 大阪市中央区大手前1-3-49 TEL:06-6910-8500

http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html

ポールを持って歩こう会~嵐山への歩き旅~

2012 年3 回目となる“ポール持って歩こう会”は、桂川河川敷沿いに嵐山を目指します。歩いた後は、嵐山の散策はもちろん、近くにはトロッコ列車や川下り、温泉などもありますので、存分に味わうことのできるコースです。お誘い合わせの上、是非ご参加ください。
※ 集合後、歩き始める前にも軽い準備運動を行いますが、早めに来られた方は公園内にて各自でも準備運動をされることをお勧めします。※ 途中休憩を入れながら歩きますが、無理なく同じくらいの距離を歩けることが参加条件となります。不安のある方は、事前に体験会や練習会にご参加頂くことをお勧めします。
■開催日時
平成24年5月27日(日)10:00~13:00頃
■コース:西京極総合運動公園~桂川右岸~桂大橋~桂川左岸~松尾大社~嵐山公園中之島地区(約9km)
※交通状況によりコース変更を行う場合があります。
集合場所:阪急京都線・西京極駅 改札前
解散場所最寄駅:阪急線嵐山駅5 分,京福線嵐山駅7 分,JR 嵯峨嵐山駅13 分
■参加費:500 円(傷害保険料込み)※
※お申し込み~当日の間に、ご自身で500 円以上の寄付(義援金・支援金など)をされた方は、参加費を無料とさせて頂きます。寄付をされる団体等は問いませんので、コンビニやスーパーの募金でも結構です。自己申告となりますので、寄付先や金額などの確認は一切行いません。
■同行インストラクター:
並川 耕士(JNWL ノルディックウォーク公認指導員,JWA ウォーキング指導員,日本体育協会公認スポーツ・リーダー)
六田 修(JNWL ウォーキングライフマイスター,NPWA ポールウォーキングマスターコーチ,JNWA オフィシャルインストラクター)
※主旨に賛同し、当日お手伝いをお願いできるサポーターを募集しております。(所属や資格は問いません)
■持ち物:ウォーキングポール(事前申込にて別途500 円でレンタル可能),飲み物,タオル,手袋 等
※荷物は各自で保管して頂きますので、両手が自由になるバッグをご用意ください。
また、更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。
■申込方法:メールにて下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールが返信されます。
受付完了のメールに当日の注意事項等が記載されておりますので、必ずご確認ください。
【件 名】「5月27日 歩こう会参加希望」と記載
【本 文】氏名,生年月日(西暦),身長,当日連絡先,レンタルポールの要・不要
【申込先】n_walk_2009@yahoo.co.jp ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。
■主催:関西ノルディック・ウェルネス ■共催:一般社団法人 日本ポールウォーキング協会
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_pole_arukoukai_120527.pdf

2012年5月19日 (土)

第26回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果)

本日、長居第2陸上競技場で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:記録28’47”46(M50クラス1位)
南部杯でようやく調子が戻ってきたように感じていたのですが、今年も急に暑くなってきたこともあって、またもや平凡な記録に終わってしまいました。。。

天気予報は、ずばり晴れ。朝は涼しく感じていたのですが、競技場に到着した頃には結構暑くなっていました。。。
とはいえ、今回も「一周2’12”」で行けるところまで行くことを目標としてスタートしました。
200m:60”、400m:2’05”と南部杯と全く同じペース。ただし、1200m過ぎに1回目のロスオブコンタクトの注意(気にせず歩いたつもりが、少しペースは落ちていたみたいです・・・)。
そして、2000mの手前で2回目の注意を受けるに至り、自覚してペースを落とし、修正を試みることにしました。

今日は、何となくいつもよりも左重心がやや強く出てしまっているように感じていたので、そこを修正すべき点と捉えて、特に右足の離地直前の溜めを十分にとることに注力しました。
その結果、それ以降に注意は受けなかったものの、結果としてペースを落とし過ぎでした(というか、少しだけペースを落とすスキルがない・・・)。
そのため、ラストでやや上げようとしたのですが、ゴール直前に3回目の注意を受け、最後は安全にゴール。

タイムは、1000mのスプリットで5’27”-5’39”-5’53”-5’57”-5’51”。
何とかして5’50”=「一周2’20”」以下を死守できなかったのか・・・これが今後の課題となりますが、そもそも、暑さで溜めが甘くなるようであれば、初めから「一周2’15”」程度で様子をみることにした方がいいのでは?
ということで、次の5000mW(もう全日本選手権(9/22)です!)はこのあたりを目標としたいと思っています。
(それまでには、近畿選手権(7/22)と京都選手権(8/5)に3000mWを予定していますが、こちらは「一周2’12”」で様子をみようと思っています。)

2012年5月13日 (日)

この一週間(5/7-5/13)

◆世間では:
・活断層:富士山直下に「M7級」か・・・
⇒何が起こっても不思議ではなくなりました。。。
・小沢元代表:指定弁護士が控訴
⇒控訴に対して反対を表明したことに対する報道ばかりがなされているが、何か意図があるのだろうか?
◆個人的には:
・小さなことですが、ボトルキープしていたお店のボトルが相次いでなくなり、厳しい財政となっています。。。

○主な出来事:
・5/12(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-134.html
・5/13(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/513-5512.html

○本:「心を上手に透視する方法」トルステン・ハーフェナー著、福原美穂子訳(サンマーク出版)
・私たちの文化、経験、五感、期待が、私たちを取り巻く世界を唯一無二のものにしている。だから、世界は誰にとっても同じというわけではない。
・コミュニケーションとは、我々が何を言うかではなく、ほかの人にどう受け取られるか。
・私たちは、瞳孔を自分でコントロールすることはなかなかできない。だから、瞳孔は私たちの心の中を表すとてもよい指標となる。
・強烈な印象のフィクションは、私たちの思考にとって実際の体験と同じくらい意味がある。

○これから一週間の予定:
・5/19(日) 第26回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・長居第2陸上競技場)
http://www.oaaa.jp/~masters/kyougi.htm
・5/20(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://www.nordic-walk.jp/trial.html#kinki

本日(5/13)のノルディック・ウォーキング体験会(京都・鴨川)

京都の鴨川で12回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。

しばらく暖かい日が続いた後に、また冷え込できた今日この頃。でも、今日はまた暖かくなってきそうです。
そして、今日の日中は晴れ間が広がるという天気予報。
あまりお天気がいいのも人出が気になるところですが、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました。
今回も、七条大橋から鴨川沿いに今出川通りまで向いました。
Cimg6020

Cimg6021_2

Cimg6022


そして、東に折れて百万遍まで行き、京都大学の中を通って南に向かいます。
京都大学にて。

Cimg6023

その後も、いつものコースで重森三玲旧宅に寄り、吉田東通りを岡崎公園に向かいました。

Cimg6024

平安神宮の前を通り、

Cimg6025

知恩院の前で一休みです。

Cimg6026

本日の終点は四条大橋です。円山公園から石塀横丁を通った後、人通りが多い四条通を避けて南側を通って鴨川に出ようとしたのですが、結局、道がよくわからずに祇園から四条通を通って四条大橋まで戻ってきました。

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2012年5月12日 (土)

5/12ノルディック・ウォーキング教室開催しました

東宇治スポーツクラブでノルディック・ウォーキング教室を開催しました。
詳しくは、以下の東宇治スポーツクラブのブログにて。

http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-134.html

2012年5月11日 (金)

第26回大阪マスターズ陸上競技選手権大会 競技順序と開始時刻

26
26_2

2012年5月 9日 (水)

第20回京都マスターズ陸上競技選手権大会(2012年8月5日(日))

要項と振込用紙の書き方
Cimg6007

Cimg6008

Cimg6009

第28回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(2012年7月22日(日))

滋賀マスターズ陸上競技連盟にアップされている大会要項です。
http://homepage3.nifty.com/sigamasters/2012kinkiyoukou.pdf

参加申し込み書は、こちらを参照。
Cimg6013

2012年5月 6日 (日)

この一週間(4/30-5/6)

◆世間では:
・関越自動車道で高速バス衝突 イタリアでもバス事故
⇒何故続く・・・
・泊原発 発電停止
⇒この原発の名称が「トマリ」だったというのも不思議な気がする。
◆個人的には:
・GW前半は好天に恵まれて気持ちのいい日が続きましたが、中盤からははっきりしないお天気が続いて、少し気分が落ち込んでいました。。。が、終盤にきてお天気も記録も好転し、いい気持ちのままGWを終えることができそうです♪とはいえ、明日からまたお仕事です!

○主な出来事:
・4/30(日) 第14回近畿マスターズ合同練習会(大阪・服部陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/14-1052.html
・5/5 (土・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/55-bac5.html
・5/6(日) 第4回 南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・長居第2陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/4-6928.html

○本:「14歳と学ぶ「働く」ための教科書」渡邉美樹&郁文館夢学園の中学生著(日経ビジネス文庫)
・大人になるということは「人がなんと言おうと、これが幸せだ」と言える自分の軸をしっかり持つこと、そして自分以外の人の幸せに関心や責任を持つこと。
・「夢」=「世の中とかかわること」=「ありがとう」をもらうこと、これが“商い”につながっていく。
・“ミッション”(使命)を掲げて、“ビジョン”(方向性)を示して、それから“戦略”を組み立てる。この3つが社長である経営者の仕事。
・まずは、自分が提供したいモノをつくりあげていくこと。・・・そのためには、自分がどういうものをつくりたいのか、提供したいのか、という強烈なイメージをもつこと。

○これから一週間の予定:
・5/12(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・5/13(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_kyoto_shichijo_1205-06.pdf

第4回南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(結果)

本日、長居第2陸上競技場で開催された標記大会の3000mWに出場してきました。
結果:記録16’35”93(M50クラス1位)
昨年11月の記録会を情けない記録で締めくくった作シーズンでしたが、それ以降は、競歩から離れて駅伝に出場したりしてきました。。。
といったこともあって、ここのところ真面目に競歩の練習をしていなかったのですが、そんな中、今シーズンも初戦を迎えました。
体調はと言えば、ブログ(「2012年の3月」)でも書きましたが、2月から始めた「口笛ノルディック・ウォーキング」(私が勝手に名付けたものですが)の効果か否か、腹囲が締まってきていて、気持ち的にはいい状態が続いています。
とはいえ、先ほども書いたように競歩よりもノルディック・ウォーキング中心の生活が続いていたこともあって、目標記録を設定する状況ではなかったのですが、とりあえずの目標である5000mW 27’30”を目指すかたちで、「一周2’12”」で行けるところまで行くことを今大会の目標としました。

天気予報では昼頃から雨。しかし、スタートの1時間前頃から雨が降り出し、次第に雨脚が激しくなってきました。この時点では恨めしい雨でした。。。
結局ウォーミングアップは15分くらい歩いただけで、雨の中スタートすることとなりました。(本降りの雨の中を歩くのは、大学3年のインカレ以来です)
200mは60”とやや速すぎた感じでしたが、400mは2’05”。その後はほぼ目標としていた「一周2’12”」で歩けて1000mは5’23”。その後も思ったほどペースは落ちずに1000m-2000m 5’35”、2000m-3000m 5’38”。
最も調子が良かった2007年(この頃のベスト記録で5000mWで26’34”25)にはまだまだですが、翌年の2008年頃までには調子が戻ってきたような感じでした(この頃の記録は3000mWで16’20”前後)。

注意はありませんでした。雨で甘かったということもないでしょうが、離地直前の溜めがイメージ通りできたような感じで、ようやく体幹部が安定してきた結果だといいように解釈しています。
グランドコンディションを記録するのは忘れましたが、たぶん20℃を少し下回っていたように思います。風はホームでの向かい風がやや強かったのですが、バックではいい感じで追ってくれたので、結構気持ちよく歩けました。
ゴール直後には雨も止み、しばらくするとかなり強い陽射しが出てきました。雨を恨めしく思って臨んだ大会でしたが、実は恵みの雨だったのだと思います。
次の試合は5/19の大阪選手権。例年、急に暑くなる時季で、いい記録が出たことは少ないのですが、今の調子を保ちたいと思っています。

2012年5月 5日 (土)

本日(5/5)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で47回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。

本来は5月と言えばノルディック・ウォーキングに絶好の気候なのですが、私の予定(陸上競技会など)の関係で、枚方では1週目にしか開催できません。。。
と言うことで、今回が枚方では5月唯一の体験会です。
GW前半は好天に恵まれたのですが、後半に入ってすっきりしない天気が続いていました。
そんな中ではありましたが、「5月5日:晴れ」の週間予報に変更はなく、少々風が強かったものの、快晴の快適なノルディック・ウォーキング日和となりました。
前回は光善寺駅スタートで歩きましたが、今回は枚方公園駅をスタートして主に淀川の河川敷を歩く従来通りのコースです。

淀川の河川敷を歩く
Cimg6000

Cimg6001_3

Cimg6002

天の川の土手の上を歩く
Cimg6003

再び淀川の河川敷を歩く
Cimg6004

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2012年5月 4日 (金)

第33回全日本マスターズ陸上競技選手権大会

大会要項の競技日程修正データが掲載されています。
http://j-masters33.ob6.info/

「ノルディック・スローピング(ステップ)」による介護予防の提案

「スローピング」が関心を集めているようです。
「スローピング」とは「傾斜(スロープ)を利用した健康運動」のことを言うようですが、坂道だけではなく、階段の上り下りもその概念の範疇に入っているようで、
「特別な器具がいらないお手軽な運動にもかかわらず、ウオーキングを上回る効果が見込める・・・普段使わない筋肉を鍛えられ、心肺機能の向上も期待できるという。」
と日経Webでは高い評価を得ています。
http://www.nikkei.com/life/health/article/g=96958A96889DE6E2E1EBEAEAEAE2E3E1E2E6E0E2E3E09F88E6E2E2E3;p=9694E3E1E2EBE0E2E3E3E6E0E0EA

このような「スローピング」ですが、坂を利用したトレーニングに関して言えば、下り坂を後向きで脱力して降りることで、「後向きのブレーキ」=「前向きの推進力」が得られると考えて練習に取り入れていた時期が私にもありました(最近は適当な坂が近くになくなったのであまりやっていませんが・・・)。

いずれにしても、前向きの上り坂と後向きの下り坂の組み合わせは、下半身の筋肉の衰えに効果がありそうですが、問題があるとすれば、十分な体力がないかもしれないことに対する不安ではないかと思います。
そこで、そういった不安がある方でも、抵抗なく歩き始められることを目指したのが、「ノルディック・スローピング」=「ノルディック・ウォーキング用のポールを使った坂の上り下り」です。

抵抗なく歩き始められるとともに、
①「スローピング」の特徴である「下半身の筋肉の衰え防止」に
②ノルディック・ウォーキングの特徴である、「体幹部の姿勢を保つ筋肉の衰え防止」
の効果が加わることで、より効果的な介護予防の手段になり得るのではと思っています。
(もっとも、運動強度が高くなることに対しては、注意する必要があります)

ただし、「スローピング」は商標登録されているようなので、「ノルディック・スローピング」も勝手に使うことには問題があるかもしれません・・・
加えて、以下の3つの点から、「ノルディック・ステップ」の方が介護予防には有効な場合もあると思っています。
①坂とともに階段でも同様の効果があると考えられる
②ノルディック・ウォーキング用のポールを使用したステップの昇り降りの方が安全なプログラムとなり得るとも考えられる
③狭い室内でも踏み台昇降の踏み台(ステップ)があればプログラムの提供が可能

なお、「ノルディック・ステップ」では後向きに降りるのは少し危険があるようの思えるので、前向きに昇って前向きに降りるのを基本とした方がいいように思います。

2012年5月 1日 (火)

2012年の4月

♪今月の話題は「競歩の歩き方」で足が速くなる!です。
4月28日(土)放送の「世界一受けたい授業」の1時限目の【体育】で放送されたものです。
(詳しくは「世界一受けたい授業」のHPを参照⇒ http://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/120428/01.html )
以下、あくまでも私なりの解釈です♪
①「競歩の歩き方」=「バックワードサイクル」(肩を背泳ぎのように回しながら歩くことで股関節も同じように回転する)=「踵を踏んだ後の腰の抜き」(踵で地面を押すことで自然に股関節の力が抜けて素早く前に振り出される)によって、「競歩の歩き方」が「股関節活性化ドリル」となり得る。
②棒(私の場合はノルディック・ウォーキング用のポール)を肩に担いで背泳ぎの向きに回しながら歩いてもらうことで、「競歩の歩き方」=「バックワードサイクル」を体験してもらえる。
(詳しくは私のブログを参照⇒ http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-4975.html )

◆4月は、以下の会合等に参加しました。4月はちょっと忙しくてあまり出られなかったかもです。
・4/12(木) MCEI大阪支部 2012年4月度 定例会(大阪YMCA国際文化センター)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/mcei20124-8ec8.html
・4/21(土) 2012慢性期医療展(インテックス大阪)
・4/30(日) 第14回近畿マスターズ合同練習会(大阪・服部陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/14-1052.html

◆4月に開催したノルディック・ウォーキングの体験会等のイベントは4回でした。
ノルディック・ウォーキングにとって絶好の気候となってきたにもかかわらず、4月・5月は他の行事と重なってなかなかノルディック・ウォーキングの体験会を開催できないのですが・・・
でも、4月は何とかお天気もってくれました。
・4/7(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/47-8841.html
・4/14(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/414-3c7d.html
・4/15(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/415-6051.html
・4/28(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-133.html

◆今月のことば:「主観は「心」に由来するもので、「頭」に由来する客観に比べて、そもそもはるかに優れた洞察力を持っている。・・・客観とはそもそも、さまざまな主観の最大公約数的なものにすぎない。」(「「普通がいい」という病」泉谷閑示著(講談社現代新書)より)

◆5月の予定:
・5/3 (木・祝)、5/5(土・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1205-06.pdf
・5/6(日) 第4回 南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・長居第2陸上競技場)
・5/12(土)、26(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・5/13(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_kyoto_shichijo_1205-06.pdf
・5/19(日) 第26回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・長居第2陸上競技場)
・5/20(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://www.nordic-walk.jp/trial.html#kinki
・5/27(日) ポールを持って歩こう会~嵐山への歩き旅~(京都・西京極総合運動公園)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_pole_arukoukai_120527.pdf

第14回 近畿マスターズ陸上合同練習会兼記録会に行ってきました

昨日(4/30)、大阪府服部緑地公園陸上競技場で開催された標記練習会に、競歩・ノルディック・ウォーキングの講師として参加してきました。
前日の朝の時点の天気予報では雨の気配は全くなかったのですが、夜になるにしたがって雨の確率が高くなり、当日の朝には昼過ぎから降りそうな様子・・・
でしたが、練習会の間のお天気はどうにか持ち、以下に述べるように、今年は特に有意義な時間が過ごせました。
参加者およびスタッフの皆さんに感謝です♪

今回の練習会では、競歩(合計3名)、ノルディック・ウォーキング(4回、合計13名)を一緒に練習させていただきました。
とはいえ、例年は、上記講習会以外は、所謂「開店休業」状態で暇を持て余すことも多かったのですが、今回は「引く手あまた」とまではいきませんが、いろんな方々からお声をかけていただきました。
というのは、開会のあいさつの際に少し時間をいただき、以下の内容で競歩の宣伝をさせていただいたことが大きかったと思います。
「一昨日(4月28日(土))放送の「世界一受けたい授業」で、東京大学大学院教授の深代千之(フカシロセンシ)先生が、競歩の歩き方で歩くことが、速く走るようになるためのドリルの一つとなることを紹介されていました。是非、「競歩の歩き方」を体験する中で、速く走るコツをつかんでください。」
(以下のブログを参照)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-4975.html

そういったことから、準備体操が終了するとすぐに「短距離・ハードル」パートに赴きました。そして、棒を肩に担いで背泳ぎの向きに回しながら歩いてもらうことで「競歩の歩き方」を体験していただき、次第にスピードを上げて走ることで、股関節の動きのコツを少しは感じてもらえたのではと思っています。
ちなみに、ここで用いた「棒」はノルディック・ウォーキング用のポールです。当日はレンタル用に10セット用意していたので、約20人の方に順番に体験していただきました。
なお、この「棒を担ぐ」ドリルは、「常歩(なみあし)身体研究会」のHPでも紹介されているように、やり投げ用のやりを使用したりすることもあるのですが、やりは危険が伴う上の、そもそもそんなに数が確保できないので、レンタル用のポールがここでは有効に活用できたといった感じでした。
(以下のHP参照、ただし、ここでは意識的に肩を回転させることを目的としてはいません)
http://www.namiashi.com/hihoukan/kata.htm

その後も、タイムトライアルの合間などの隙間時間に「中・長距離」パートの方々からも声をかけていただき、同様にノルディック・ウォーキング用のポールを担いで「競歩の歩き方」を体験していただきました。
このように、今回は、他パートの方々に「競歩の歩き方」を体験していただいたことに大きな意味があった(と感じている)のですが、残念ながら、指導中は写真を撮る余裕がなく、画像としては残せていません。もしかしたら、他のスタッフが撮影しているかもしれないので、あれば追加でアップしたいと思います。

以下、ノルディック・ウォーキングの参加者の様子です。
Cimg5987

Cimg5989_4

Cimg5990

Cimg5992

Cimg5993

懇親会は、服部緑地の敷地内にあるBuffet Style UKにて。
Cimg5995

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31