無料ブログはココログ
フォト

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

この一週間(8/20-8/26)

◆世間では:
・竹島問題
⇒この機に乗じて、北朝鮮が韓国に侵攻したりソウルを核攻撃したりすることを恐れています。。。

◆個人的には:
・お盆休みが終わったものの、まだまだ暑い日が続いているなぁ、と言った感じです。。。

○主な出来事:
・8/26(日) ポールを持って歩こう会~夏の夕暮れウォーク~(大阪・中之島)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/826-133b.html

○本:「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない」見城徹・藤田晋著(講談社)
・働くことには、いつも「発見」がなければならない。・・・「発見」のない仕事など、単なる人生の空費にすぎない。
・大人になったら、一つ得るためには、血を流して一つ失うということを覚えたほうがいい。それをわきまえることが大人の条件である。・・・要は、あえて自分で黒星を作れるかどうかが、その人の器量にもつながる。十勝五敗でずっと勝ち越す。それができれば、どのビジネスもうまくゆく。
・一喜一憂は生きている証・・・人が感情を露わにしたがらないのは、気取りであることが多い。・・・感情を押し殺すことをやめると、感性もまた息を吹き返す。
・熱狂できることを仕事に選ぶべきだ。・・・熱狂は退屈も苦痛も、はねのけてくれる。そして必ず、他の追随を許さない大きな実りをもたらしてくれる。
・人生の価値は、死ぬ瞬間にしか決まらない。それを決めるのは他人ではなく、自分なのだ。そう思っていれば、少々のことでは気持ちは揺るがないはずだ。

○これから一週間の予定:
・9/1 (土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1209-10.pdf

2012年8月26日 (日)

本日(8/26)のポール持って歩こう会~夏の夕暮れウォーク~

5月の「~嵐山への歩き旅~」以来、今年4回目の「ポールを持って歩こう会」。
昨年9月にも歩いた、大阪城公園から中之島公園までの約4kmのコースです。
猛暑の季節のため、距離を4kmとしたのですが、初心者の方の参加が多かったこともあって、しばらくは大阪城公園の木陰の道で、ノルディック・ウォーキングの歩き方の再確認の時間としました。

大阪城公園で開始前の説明。
Cimg6445

歩き始めます。
Cimg6446

根曲がり竹のポールも快調です。
Cimg6448

木陰の道で練習開始。
Cimg6449

フォームを再確認しつつ歩きます。
Cimg6455

大阪城の極楽橋付近。
Cimg6456

中之島公園。
Cimg6462_2

到着後の整理体操。
Cimg6463

交流会は「ビアガーデン・野宴」で。
Cimg6467

Cimg6468_2

Cimg6471

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2012年8月21日 (火)

「たんぱく質」(BCAA)のサプリメント

競技におけるパフォーマンスを上げたい、そのためには必要なところに必要な筋肉をつけたい・・・と思っている競技者にとっては、筋肉の原料となるタンパク質やアミノ酸の摂取は、極めて日常的なものです。
しかし一方では、加齢に伴って筋肉量と筋力の低下が生じることが知られており、「サルコペニア」(以前は「廃用症候群」と訳されていましたが、最近では「筋減弱症」が一般的なようです)と呼ばれ、問題となっています。
そのような「サルコペニア」ですが、最近では、BCAA(特にロイシン)に改善効果が認められてきています。(*1)

それでは、日本人の「たんぱく質」やBCAAの摂取量は不足しているのでしょうか?
「たんぱく質」の1日摂取量は、成人男子(40-60歳)74-78g、成人女子(40-60歳)62-67gに対して、成人男子(70歳以上)では70g、成人女子(70歳以上)では60gとやや少ない傾向にあります。(女性の場合、40歳未満でも60g以下と少ない傾向にあります)(*2)

とはいえ、「たんぱく質」の推定平均必要量(と推奨量)は、成人男子(30-60歳)で50(60)g、成人女子(30-60歳)で40(50)gで(*3)、上記した1日摂取量は男女ともに推奨量を超えています。
また、「たんぱく質」に含まれるBCAAの量(バリン:39、ロイシン:59、イソロイシン:30(単位はいずれもmg/gタンパク質))から(*4)、「たんぱく質」の推奨量(男性:60g、女性:50g)を摂取した場合のBCAA摂取量は、以下の値となります。
♠男性:バリン2340g、ロイシン3540g、イソロイシン1800g
♥女性:バリン1950g、ロイシン2950g、イソロイシン1500g

国際機関(FAO/WHO/UNU)が2007年に定めた必須アミノ酸の必要量(*4、*5)のうち、BCAAの値は、バリン:26、ロイシン:39、イソロイシン:20(単位はいずれもmg/kg/日)であることから、男性の場合は60kgで、女性の場合は50kgで、概ね推奨量の1.5倍の量のBCAAが摂取されることとなります。

以上より、「たんぱく質」、BCAAともに、摂取量がやや少ない傾向にある70歳以上の男女においても、不足する可能性は少ないと推測されます。
ただし、70歳以上となると個人差も大きくなることが考えられるため、場合によってはサプリメントとして「たんぱく質」(BCAA)を摂取する価値があるように思います。
一方で、40歳未満の女性で末期の妊娠または授乳婦の方は、付加量があることから推定平均必要量にも達しない場合があるように思われ、そのような場合においては、サプリメントとして「たんぱく質」(BCAA)を摂取する価値が大きいと思われます。

(参考)
*1:「サルコペニアとアミノ酸栄養」(月刊FOOD Style 21 3月号 Vol.16 NO.3 http://www.ahs.ajinomoto.com/topics/pdf/foodstyle21_2012_0301_02.pdf
*2:平成22年国民健康・栄養調査報告http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/h22-houkoku.html
*3:日本人の食事摂取基準(2010年版)http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/sessyu-kijun.html
*4:「日本人の食事摂取基準」(2010年版)ブロック別講習会資料 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/pdf/blockbetu-shiryou03.pdf
*5:PROTEIN AND AMINO ACID REQUIREMENTS IN HUMAN NUTRITION http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_935_eng.pdf

2012年8月20日 (月)

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)』(9月&10月)

■開催日時
 平成24年9月 9日(日),10月14日(日) 時間はいずれも10:30~13:00
■集合場所
 京阪電鉄 七条駅 ①番出口
 ※ポールを持ったスタッフが立っています。
■参加料
 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)
■持ち物
 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。)
 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。
■申込方法
インターネット環境のある方は、ホームページ上のお申し込みフォームをご利用ください
メールにてお申し込み頂く場合は、下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールが返信されます。
※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。
件 名「〇〇月〇〇日 京都七条会場参加希望」と記載
本 文「 氏名,生年月日,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」
 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。

☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。
☆ 次回以降の開催予定は http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/ をご覧ください。

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)』(9月&10月)

■開催日時
平成24年9月1日(土),15日(土),17日(祝・月),29日(土),10月8日(祝・月)
時間はいずれも10:30~13:00
■集合場所
 京阪電鉄 枚方公園駅 西口駅前広場(バス停のない方)
 ※ポールを持ったスタッフが立っています。
■参加料
 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)
■持ち物
 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。)
 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。
■申込方法
インターネット環境のある方は、ホームページ上のお申し込みフォームをご利用ください
メールにてお申し込み頂く場合は、下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールが返信されます。
※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。
件 名「〇〇月〇〇日 大阪枚方会場参加希望」と記載
本 文「 氏名,生年月日,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」
 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。

☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。
☆ 次回以降の開催予定は http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/ をご覧ください。

2012年8月19日 (日)

第33回全日本マスターズ陸上競技選手権大会のタイムテーブル

実行委員会のホームページに掲載されています。
http://j-masters33.ob6.info/_src/sc595/8BA38BZ93FA92F6955C0810.pdf

第20回京都マスターズ陸上競技選手権大会の結果

第20回京都マスターズ陸上競技選手権大会の結果:
2012年8月5日山城総合運動公園陸上競技場(太陽が丘)で開催された標記大会の結果が、京都マスターズ陸上競技連盟のHPに掲載されています。
http://www.eonet.ne.jp/~kyouto-ms-kim/kekka.html

この一週間(8/13-8/19)

◆世間では:
・U-20女子アメリカ代表、原爆慰霊碑に献花 FIFA「広島の過去に敬意」
”We saw the memorials and the museum, and it touches the heart to see what happened and how the country responded.”(USA midfielder Sarah Killion)
⇒アメリカという国の懐の深さを改めて感じました。感謝。
・兵役免除、チームメイトへの注意なし、「偶発的」言訳、アポなし訪問、見せかけだけの謝罪、政治介入・・・
⇒全て逆のことで対応していれば、当該選手のメダル剥奪だけで解決済みだったものを。。。

◆個人的には:
・お盆休み中ということもあって、この一週間のうち、4日競歩の練習をしました。といっても、1日あたり40分弱ストロール(ジョギングの競歩版)しただけですが・・・
「「速く歩く」ために必要な要素」もぼちぼち。。。

○主な出来事:
・特になし

○本:「救国の八策」佐々淳行著(幻冬舎)
♪「遺言になるかもしれない・・・」という筆者の一言は寂しい限りだが、国家安全保障に関しては、知っておかなければならないことが、まだまだありそうです♪
・海洋国家として「海防」が少なすぎ、弱すぎる。少なくとも1000トン以上の巡洋巡視船を100隻へと倍増すべき。
・ただちに「領域警備法」と「武器使用法(ROE)」を制定して、海保を法律的に武装させなくてはならない。・・・そもそもの問題は、日本には「領海侵犯」という主権侵害の国家犯罪を犯罪として取り締まる「領域警備法」がなく「領海侵犯罪」がないこと。
・現在の海上自衛隊に「海防艦」(退役した大型護衛艦)という艦種は存在しないが、いまや「無法の海」と化している、日本海・東シナ海に、こうした「海防艦」を遊弋させれば、領海侵犯などできるものではない。
・日本の安全保障関係者の長い長い悪夢は、「反日・核武装・統一朝鮮共和国」の出現。反日で核武装した南北統一朝鮮共和国が誕生した場合、六カ国協議構成国の中で非核国は日本だけとなり、唯一便りのアメリカは日本より中国を重視するかもしれないという危険さえある。・・・日米安保条約を結び直し、「100年同盟」の関係に新化させていく必要がある。
・「祖国防衛の意志を示す」という意味から、「海兵隊(マリーン)」の創設と、揚陸強襲艦が必要。・・・緊急性と財政難を考えれば、アメリカからレンタルすることを提言したい。
・通常兵器による防衛線では世界一の戦力を持つ日本の自衛隊だが、「継戦能力」――抗堪性がないという重大な欠点がある。・・・ただちに弾薬、燃料の備蓄を進める必要がある。

○これから一週間の予定:
・8/25(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・8/26(日) ポールを持って歩こう会~夏の夕暮れウォーク~(大阪・中之島)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_pole_arukoukai_120826.pdf

MCEI大阪支部 2012年9月度 定例会

9月度は、参加する予定です♪

【MCEI大阪支部 2012年9月度 定例会のご案内】

いよいよロンドンオリンピックが始まりました。毎日寝不足な方もいらっしゃるかと思います。
オリンピック日本代表選手団が様々な企業から支援されていることを知る方は多いと思いますが味の素社もその一社です。
味の素ナショナルトレーニングセンターをはじめ「勝ち飯」企画からTVCMまで、オリンピック日本代表選手団への支援を単なる企業イメージ向上に留めず、店頭販促へ如何に結び付けたか、同社営業戦略グループの遠藤氏を招きお話し頂きます。
MCEI大阪支部事務局

日 時:2012年9月6日(木)17:00~19:00
テーマ:『味の素社に於ける、ロンドンオリンピック日本代表 選手団への支援活動並びに店頭展開について』
講 師:味の素株式会社 営業企画部 営業戦略グループ 専任課長 遠藤 雅巳 氏
会 場:味の素グループ大阪ビル11階カフェテリア
(・京阪中之島線「中之島駅」(2番出口)から徒歩約4分 ・JR大阪環状線「福島駅」から徒歩約15分)
住所:〒530-0005 大阪市北区中之島六丁目2番57号 TEL:06-6449-7300

http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html

2012年8月18日 (土)

U-20女子アメリカ代表、原爆慰霊碑に献花 FIFA「広島の過去に敬意」

アメリカ代表チームに感謝し、敬意を表します。
I appreciate to Team USA, paying respect to them.

http://www.fifa.com/u20womensworldcup/news/newsid=1681885/index.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000018-ism-socc

2012年8月12日 (日)

この一週間(8/6-8/12)

◆世間では:
・ロンドンオリンピック「五輪憲章・第5章:政治的宣伝活動」
⇒オリンピックって何だったんだろう?ある程度の認識の差があるのは仕方がないとしても、全く違うものとして捉えている国があることは哀しいことですね。

◆個人的には:
・先週書いた、「「速く歩く」ために必要な要素」をようやくアップ。少しずつほぐしていきたいと思っています。

○主な出来事:
・特になし

○本:「グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本」三橋貴明著(徳間書店)
♪三橋氏の本を読むのは今回が初めてです。感じたことは以下の通り。♪
◆筆者の見解は、「韓国は「死の道」を突き進んでいて、日本は見習うべきではない」ということです。
・サムスン電子と関連企業の付加価値だけで、韓国の全GDPの22%。しかもサムスン電子の株主の過半が外国人。
・貿易依存度が異常に高く、輸出と輸入の合計をGDPと比較した数値が96%超(2011年)。“輸出大国”のイメージがある日本でさえ27%。
※どうしてこのような状況になったか:
・1997年のアジア通貨危機の際、IMFによって韓国の「過当競争」は「寡占市場化」へ強制的に転換、加えて、証券投資の受け入れ=企業に株主の配当金を最大化させる株主資本主義を、韓国に対して強制。⇒これこそがグローバリズムの本質。
◆では、日本はどうするべきか、ということでは、「日本はまずデフレを脱却し、国内市場を拡大させることを優先するべきである」というのが、筆者の結論だと思います。
・日本が実施するべきは、全体的な法人税引き下げではなく、投資減税の拡大。
・デフレ下で過剰に競争原理を働かせたら、格差が拡大するとともに、不要な供給能力が積み上がり、デフレの深刻化につながる。⇒避けるべき。
・デフレの日本にとって必要なのは、開国ではなく「協調的な保護主義」(=グローバル資本の流出入を防ぐ、あるいは制限することで、域内の市場をしっかりと成長させ、需要を育てること)。
※その理由:
・グローバルに目を向ければ向けるほど、日本の製造業から高い技術力が失われる。
・長期にわたるデフレ深刻化は、やがて供給能力を毀損する。⇒これがデフレの最も怖いところ。過去の日本国民が懸命に積み重ねてきた、さまざまな技術やノウハウ、設備や人材が失われてしまう。
※しかし、現実は・・
・輸出で稼いでいる日本の大企業は、日本のデフレは有利という「デフレ容認論」。
・現在の日本が公共投資や公務員給与などの政府支出という需要を削減し、増税によって民間の需要(消費、投資)を削り取ると、デフレギャップが拡大。⇒国民の消費意欲、投資意欲が冷え込み、デフレが深刻化。
・不可思議としかいいようがないが、現在の野田政権が推進している政策は、いずれもインフレ対策であり、デフレ期にするべき政策ではない。
◆筆者が最も言いたいのは以下の部分でしょう。
「グローバリズムが終焉を迎えるとして、次なる資本主義が何なのか。筆者は、日本人の使いこなしの資本主義こそが、次期モデルにふさわしく、しかも世界経済に持続可能な進歩をもたらすと確信している。」
◆ちなみに・・・
・韓国経済が急成長を遂げたのは1960年代から70年代にかけての「漢江の奇跡」だが、これは日本が朴政権に数億ドル規模の経済支援を行ったことが発端。
・日本は1965年に締結された日韓基本条約に基づき、無賞金3億ドル、有償金2億ドル、民間借款3億数千ドルを韓国に提供(当時の韓国の国家予算:3.5億ドル)。
・韓国では、日本からのこうした経済支援を国民に知らせてこなかった。また、いまだに「日本は韓国人に個人補償していない」などと非難する人がいるが、そもそも日本からの巨額の支援を個人補償ではなく、韓国経済の発展のために使うことを決めたのは、当時の韓国政府。

○これから一週間の予定:
・特になし

2012年8月 6日 (月)

「速く歩く」ために必要な「筋・骨格系」の要素(続き)

Ⅱ「フィジカル系」⇒Ⅱ-ウ「筋・骨格系」⇒B「機能系」と進み、B-1「歩幅を広げる」とB-2「ピッチを速くする」に分けて考えてみた。
次に、B-1「歩幅を広げる」とB-2「ピッチを速くする」について、要素に分けてみた。
結果として、重複する部分も出てきたが、まずはこれをもとに「速く歩く」ために必要なことを考えていきたいと思う。
Photo

2012年8月 5日 (日)

この一週間(7/30-8/5)

◆世間では:
・ロンドンオリンピック「無気力試合」
⇒(いろんなところに書きましたが)ルール(試合の設定の仕方も含めて)自体がオリンピック憲章を反映していないことが、根本的な問題だと思う。
オリンピックに関しては、次回からは改善されると思うので、それほど気にすることもないと思うが、翻って我々の日々の生活について考えてみると、もっと大きな問題があるのではないだろうか?
すなわち、無気力な人たちが増えている(とすれば)のは、気力を出した方がいい結果が得られるというルールになっていないからではないのか?ということを、我々はもっと深刻に受け止めなければならないのではないだろうか?

◆個人的には:
・ようやく「「速く歩く」ために必要な要素」をMECEで考え始めた。しばらくは発展途上の状態が続くと思っているが、伝えたいことを伝えることができる状況を作っていきたい。

○主な出来事:
・8/5(日) 第20回京都マスターズ陸上競技選手権大会(京都・山城総合運動公園陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/20-26cc.html

○本:「「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」苫米地英人著(徳間書店)
・過去が未来をつくるのではなく、「未来が過去をつくる」。
・失敗したときには「自分らしくないな」と思えばいい。
・「自分中心」であることを捨てることにより、やりたいことが見えてきたり、これまで味わったことのない抽象度の高い幸せ(人間の幸せ)を感じたりすることができる。
・ゴールは現状の外に設定しなくてはならない。現状の外に設定することによって、そのゴールに向かってホメオスタシスが働き、コンフォート・ゾーンが移動する。
・現状の外にゴールを設定するなら、ゴール側にコンフォート・ゾーンがずれ、スコトーマがはずれ、それまで見えていなかった道筋と方法がバーンと浮かび上がってくる。

○これから一週間の予定:
・8/11(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/

第20回京都マスターズ陸上競技選手権大会(結果)

本日、山城総合運動公園陸上競技場(太陽が丘)で開催された標記大会の3000mWに出場してきました。
結果:記録16’49”57(オープン参加)
5月の南部杯よりは15秒ほど遅かったですが、先々週の近畿選手権よりは20秒以上速く歩けました。直前のコンディションが気温32℃であったことを考えるとまずまずの結果だったと思っています。

猛暑が続いていますが気温32℃はそれほど酷いコンディションではないはず・・・近畿選手権の際に、「京都選手権では「一周2’15”」よりも落ちないように歩きたい」と言っていたので、このペースを目標にスタートしました。
大阪選手権以降、「柔軟性」が課題となっています。そのため今回のレースでは、特に「右足首の柔軟性」にポイントに置いて右の踵をきっちりと後に押すことを意識して歩きました。
200m:65”、400m:2’10”と今年のレースの中では最もゆっくりしたペースでの入りです。とはいえ、予定よりもややハイペース。
ただし、注意もなかったことから、このままのペースで様子をみることとしました。
結果的に2000mまでは南部杯とほぼ同じペースで歩けたものの、その後ペースダウン。

タイムは、1000mのスプリットで5’26”-5’34”-5’50”。
2000m以降のペースダウンには進歩が見られない。。。とも思えるのですが、今回は少し様子が違うものと捉えています。
というのは、今回のペースダウンの理由は、一つには暑さがあったとは思いますが、それとともにお腹が気持ち悪くなったことがありました(ある意味、競歩を始めたばかりの学生時代に感じた懐かしい気持ち悪さでもあるのですが・・・)。
これを、「右足首(および右股関節)の柔軟性」は改善されたものの、その改善された動きに内臓が適応できなかった、と解釈しました(いいように解釈しているだけかもしれませんが・・・)。
すなわち、まだ「右足首(および右股関節)の柔軟性」は課題として残るものの、「柔軟性改善後の動きへの内臓の適応」が次なる課題として見えてきたと考えています。

とうとう、次のレースは9/22の全日本選手権(5000mW)となってしまいましたが、上記した課題を意識を集中して、納得できる結果を残したいと思っています。

2012年8月 4日 (土)

「無気力試合」

ロンドンオリンピックのバドミントンの試合において、「無気力試合」の理由で4ペアが失格となった。
ルールに違反してはいないが、オリンピック憲章の精神に反しているというのが失格の理由とのこと。
しかし、失格となったペアがあえて「無気力試合」をしたのは、その方がルール内で有利だからだろう。
ということは、ルール自体がオリンピック憲章を反映していないということになるのではないだろうか?
おそらく、次回のオリンピックからは改善されると思うので、混乱は今回だけのことかもしれない。

それでは、翻って我々の日々の生活についてはどうだろうか?
自分(誰か)が仕事において無気力であるのは、気力を出した方がいい結果が得られるというルールになっていないからではないのか?
「無気力試合」によって、そのことを感じさせられた。

2012年8月 1日 (水)

2012年の7月

♪夏が近づくと、小学校の林間学舎を思い出します。
ということで、今月の話題は、林間学舎に来ていた大学生のお兄さん(当時)の何故だかどうにも忘れられずに残っているお話に関してです。
それは以下のようなお話なのですが、このお話しを聞いて(読んで)どのように感じられるか、皆さんも一度考えてみてください。

ある男が罪を犯して、牢屋に入れられました。
その男は、ある日牢屋の中を歩く蟻を見つけました。
「そうだ、この蟻に芸をさせてみよう」そう思った男は、
それから、その蟻に来る日も来る日も芸を教えました。
その甲斐があって、蟻は2本足で立って歩く芸ができるようになりました。
そしてとうとう、男が釈放される日がやってきました。
男は、蟻と一緒に牢屋を出ていきました。
男はあるレストランに入り、食事を注文しました。
注文した食事が出てくるまで間に、男は店の人に蟻の芸を見てもらおうと思いました。
「見てごらん、蟻が2本足で立って歩いているよ」男は店の人に声をかけました。
すると、店の人は、「申し訳ございません」と謝って、指で蟻を殺して、その場を立ち去りました。

私はこれまで、「どうして男は蟻の芸を自慢しようとしたのか?」「もっと違うところでできなかったのか?」・・・
といったような感想しか出てこなかったのですが、最近になって、これまでとは全く違った感想が主流になってきました。
それは・・・
蟻はこの男にとって牢屋の中にいる時には必要だったのかもしれない・・・
しかし、牢屋から出たらもう必要ではなくなったのではないか?・・・
だから、蟻がいなくなったのは、必然的だったのではないか?・・・
おそらく、男は蟻がいなくなった瞬間には目の前が真っ暗になったのではと思う。
しかし、突然蟻がいなくなったことで、いつまでも蟻を必要としていた自分を省みて、蟻に感謝して、お店の人に感謝して、
そして、前を向いて生きていくことができたのではないだろうか?

最近、そのように感じるようになりました。(来年の今頃はまた違ったことを感じているかもしれませんが・・・)

◆7月からはまた陸上競技(マスターズ)の比率が上がってきました。8月は京都選手権、9月は全日本選手権、10月に大阪マスターズ記録会があった後、11月にはアジア選手権です♪
・7/12(木) MCEI大阪支部 2012年7月度 定例会(スタンダードブックストア心斎橋)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/mcei20127-454e.html
・7/22(日) 第25回 近畿マスターズ陸上競技選手権大会(甲賀市陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/28-7e21-1.html

◆7月に開催したノルディック・ウォーキングの体験会等のイベントは4回でした。
前半はほとんど開催できずに残念でした。。。
8月は暑さのため体験会はお休みです、9月以降またよろしくお願いします。
・7/14(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-142.html
・7/16(月・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/716-1af0.html
・7/21(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/721-a6da.html
・7/29(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/729-63f1.html

◆今月のことば:「実は、夢はあきらめるより、忘れてしまうことの方が多い。」(「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」四角大輔著(サンクチュアリ出版)より)

◆8月の予定:
・8/5(日) 第20回京都マスターズ陸上競技選手権大会(京都・山城総合運動公園陸上競技場)
http://www.eonet.ne.jp/~kyouto-ms-kim/taimu.htmli
・8/11(土)、25(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・8/26(日) ポールを持って歩こう会~夏の夕暮れウォーク~(大阪・中之島)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_pole_arukoukai_120826.pdf

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31