無料ブログはココログ
フォト

« 第33回 全日本マスターズ陸上競技選手権大会(競技結果速報) | トップページ | この一週間弱(9/18-9/23) »

2012年9月23日 (日)

第33回 全日本マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告)

昨日、岡山県陸上競技場(カンコースタジアム)で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:記録28’01”42(M50クラス1位、M50大阪新)
もう少しで27分台、ということで少し残念ではありましたが、何よりも2008年の宮崎大会以来3度目の優勝ができたことでほっとしています。

お彼岸に入って、急に涼しくなってきました。とはいえ、大阪では昼間はまだ暑さを感じていたのですが、岡山駅から会場に向かう時に感じた空気に暑さはなく、気持ちよく歩けそうに思えました。
今回の目標は、①絶対に大阪新(28’44”24) ②(O選手がいなければ)優勝 ③27’30”。いずれにしても「一周2’12”」で歩き、あとのことは審判の様子を見て考えようと思っていました。
スタートリストにO選手の名前はなく(調べればわかったことですが、全日本実業団選手権に出場)、十分優勝が狙えます(逆に言えば、優勝したからといって上がいない訳ではないということですが)。直前のコンディションは、気温27℃。太陽も翳ってきたので、タイム的にも③の目標達成が現実味を帯びてきました。

そのような状況の中、スタート。200m:65”、400m:2’09”と予定よりもややハイペース。このあたりから、同時スタートのM45のK選手に続いて(とは言え50m以上離れて)一人旅が続きます。注意もなく、このままのペースで歩き切るつもりでいたのですが、徐々にペースダウン。
タイムは、1000mのスプリットで5’25”-5’32”-5’42”-5’45”-5’37”。もう少しで27分台でしたが、目標でも27分台は意識していなかったので、次回以降は27’30”「一周2’12”」から26’52”5「一周2’09”」を意識していきたいと思っています。

ペースダウンの原因は、腹部に感じた疲労感。前回の京都選手権の後、課題として「柔軟性改善後の動きへの内臓の適応」を抽出して歩き込み(というほどのものでもないのですが)をしてきたため、内臓由来と思われる気持ち悪さはなかったのですが、腹筋の持久力が再度課題として浮上してきたと捉えています(※1)。
加えて、レース後には右脚だけですがふくらはぎ(腓腹筋なのかヒラメ筋なのかわかっていませんが)がほとんどつりそうになりました。これは股関節周りの柔軟性が改善されたため、離地のポイントが後にずれ、そのことでふくらはぎにエキセントリック収縮の負荷がかかった(足首の硬い右脚で顕著に)ものと推測しています。
次のレースの予定は、10/20の大阪マスターズ記録会(5000mW)です。そして、アジアマスターズ陸上競技選手権大会(11/5、台北、5000mW)にも参加することに決めました。
上記の点を改善すべく、歩き込んでいきたいと思っています。

Cimg6535


(※1)この再度課題として浮上してきた腹筋の持久力に関して:
これまでは、「バックワードサイクルで踵を踏む(※2)→腰を抜く」の動作にポイントを当ててきたのですが、これまでは腰を抜いたことによる(野球の)バットスイングのフォロースルーのような動きを利用してストライドを伸ばす(すなわち、この時点では力を入れない(だから「抜く」))ことに主眼を置いてきました。
しかし、着地の直前ではフォロースルーによるストライドの伸長効果が減弱するため、腹筋(大腰腹なのか腸腰筋なのか詳しいことはわかっていないのですが)を使って腰を前に出す(と同時にバックワードサイクルにおいて骨盤を下から「より」前に引き上げる)ことが、ストライドを伸ばすことに有効と考えられました。
おそらく、この「腹筋を使って腰を前に出す」動作を加えた(というより自然に加わった)ことが腹筋の持久力(といってもこれまで意識してきた腹筋とは違う種類の腹筋の可能性が高いです)が再度課題として浮上してきた原因と捉えています。
(※2)ここで「踵を踏む」と書きましたが(というか、ずっと言い続けているのですが)、「踏む」と言った場合、上下の動きは意識できても、前後の動きはあまり意識できていなかったかもしれません。
この「バックワードサイクルで踵を踏む」というのは、「上→後→下」の円弧を描く骨盤の動きの中で、「後」に「踵を踏む」という感じで、感覚的にはノルディック・ウォーキングのウォーキング・ポールを後ろに突く(この時のポールを持つ腕もバックワードサイクルです)感じ、すなわち「踵を突く」感じだと認識しています。
ポールを突くのは腕ではなく肩甲骨であるのと同様に、「踵を突く」のは骨盤で、主に大臀筋を使って「突く」ものと捉えています。

« 第33回 全日本マスターズ陸上競技選手権大会(競技結果速報) | トップページ | この一週間弱(9/18-9/23) »

競歩」カテゴリの記事

コメント

先日はお疲れ様でした。優勝、大阪記録おめでとうございます。さらなるご活躍期待させていただきます。私はM40で優勝は出来ましたがまだまだ発展途上です。来シーズンは道風歩さんに少しでも付いていける様に練習に頑張りたいと思います。
これからも宜しくお願いします。

>マーブルさん
コメントありがとうございます。
岡山ではお疲れ様でした。
これからも、大阪の競歩を盛り上げていきましょう♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第33回 全日本マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告):

« 第33回 全日本マスターズ陸上競技選手権大会(競技結果速報) | トップページ | この一週間弱(9/18-9/23) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31