無料ブログはココログ
フォト

« マスターズ陸上アジア選手権台北大会 第4日目(2012年11月5日) | トップページ | 本日(11/23)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

2012年11月18日 (日)

この一週間(11/12-11/18)

◆世間では:
・衆議院解散
⇒このようなことを言うとお叱りを受けるかもしれませんが、正直言って、すっかり白けてしまっています。。。

◆個人的には:
・先週の京都、今週の枚方と二週間続いて雨でノルディック・ウォーキング体験会中止です。。。

○主な出来事:
・11/18(日) スポーツインストラクター基礎講座参加(大阪・枚方)

○本:「「独裁」入門」香山リカ著(集英社新書)
♪これまで、どちらかと言えば橋下氏(大阪市長)に対してはポジティブな印象を持っていたのですが、この本を読んで、(ここに書いてあることが全て真実であるかどうかわからないにしても)考え込んでしまいました(著者の思うつぼでしょうか?)。
・人は自分では、どれが「望んで手に入れた結果」でどれが「望まないでそうなってしまった結果」なのか、その線引きができないことがある・・・「合理化」=「仕方なくそうなった」場合にも、無意識に「これは自分がしたくてしたことなのだ」と自分にウソをつき、言い含める。・・・「今の日本」で起きているほとんどの変化は、この「合理化」で説明がつくのではないか。
・その人の短い発言、一枚の画像を見ても、その背景やそこに至るまでの経緯、あるいはその奥にある真実などにまったく思いを馳せようとしない、あるいはそれらを想像できない。・・・ツィッターは、「全体、背景、経緯、熟考、ニュアンス」などを前提としないメディア。・・・ツィッターで拡散される情報の真偽や発信元を誰も検証しようとしない。
・精神医学の現場にも、「極論しか支持できない人たち」がやって来る。この人たちは、心の中にひそむ「大きな不安」から目を背けるための手段として、「白か黒か」「善か悪か」などと心を両極化していると診断される。=「スプリッティング」=ボーダーライン(境界性)・パーソナリティ障害の本質
・抽象論や思想論、あるいは現場の実務者ではない専門家や市民からの批評がいっさい許されない、ということの危険性について、私たちはもっと敏感になるべき。
・わかりやすい「悪」など、どの時代にもいない。どのリーダーも、その時代には本気で「国や社会をよくするにはこれしかないのだ」と自分の政策の正しさを信じており、部下や国民もその力強さに心酔しつつ、「この人は本当に人々のことを考えてくれるリーダーだ」と思い込んでいる。・・・逆に考えれば、「日本を救うにはこの政策しかない」「本当にすばらしいリーダーが現れた」と全面的に信じたくなればなるほど、私たちは自分たちに問いかける必要がある。「こんなに手放しで肯定できるなんて、本当にこれでよいのか。・・・」

○これから一週間の予定:
・11/23(祝・金) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/knw/event.html
・11/24(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・11/25(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・千里丘公民館)
http://www.city.settsu.osaka.jp/cmsfiles/contents/0000004/4090/12_09_15.pdf

« マスターズ陸上アジア選手権台北大会 第4日目(2012年11月5日) | トップページ | 本日(11/23)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(11/12-11/18):

« マスターズ陸上アジア選手権台北大会 第4日目(2012年11月5日) | トップページ | 本日(11/23)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31