無料ブログはココログ
フォト

« この一週間弱(12/25-12/30) | トップページ | 2012年 »

2012年12月31日 (月)

2012年の12月

♪先が見えない状態が続く中、今年も最後の月を迎えましたが、今月は衆議院総選挙自民党圧勝や松井の引退といった大きなことが起こりました。
私にとっては、ただ慌ただしく過ぎ去っただけのようなのですが。。。

♪今月の話題は「バックワードサイクル」の特徴です。
「バックワードサイクル」というのは、歩行時の骨盤(および同調する肩)の回転方向が、(前→上→後→下)であることを特徴とした動きのことです。
(右の常歩身体研究所のHPも参考にしてください。 ⇒ http://www.namiashi.com/hihoukan/kata.htm
進行方向に向かってタイヤが逆に回転するような円運動、または背泳ぎのように肩が回転するような円運動をイメージしていただければ、わかりやすいと思います。
(逆方向、即ち、自転車を漕ぐ時のように回転するような円運動、またはクロールのように肩が回転するような円運動=(前→下→後→上)の動きを「フォワードサイクル」と言います)

①バックワードサイクルでは、骨盤が「上→後→下」という円弧を描きますが、このことによって、足底面の踵側を下に押すこととなります。
一方で、骨盤が「上→前→下」の円弧を描くフォワードサイクルでは、足底面のつま先側を下に押します。
「踵側を下に押す」動作と「つま先側を下に押す」動作とを比較してみると、前者の方が大きな力を出しやすいと思われます。それは、下腿部が足底面とつながっている部分、すなわち足首の部分が、足底面の前後の中心にあるのではなく、踵側にあることが原因です。そして、そのことによって、例えば、空き缶を潰す際には、つま先側よりも踵側の方が容易に潰すことが可能となることは、誰もが実感していることだと思います。
上記したように、「踵側を下に押す」ことを特徴とするバックワードサイクルは、「つま先側を下に押す」フォワードサイクルと比較して、大きな力で地面を押すことが可能であると推測されます。
ただし、バックワードサイクルでは一連の動作の中で「足首の伸展」を利用しにくいのに対して、フォワードサイクルでは「足首の伸展」を利用しやすい動きだと思われ、鍛え方によっては、前への移動の推進力を向上させることも可能だと思われます。(競歩における歩行動作においては「足首の伸展」は使用できないため、これは主に走ることに対してと捉えています。)
②骨盤の回転運動の中において、着地脚が離地するのは骨盤が「後」の時の前後であると思われます。
そして、骨盤が「上→後→下」の回転をするバックワードサイクルでは、離地=「後」の直後は「下」であることから、「遊脚の際には骨盤が下」となります。
一方で、骨盤が「下→後→上」の円弧を描くフォワードサイクルでは、離地=「後」の直後は「上」であることから、「遊脚の際には骨盤が上」となります。
遊脚の際に「骨盤が後から下」にくる動作と「骨盤が後から上」にくる動作とを比較してみると、前者の方が自然に(=重力の力を利用して)遊脚を前に振り出されると思われます。
このことによって、「骨盤が後から下」にくるバックワードサイクルでは、「骨盤が後から上」にくるフォワードサイクルと比較して、遊脚を速いスピードで振り出すことが可能であると推測されます。(このように「骨盤が下」となることから、バックワードサイクルでは「遊脚が軸」と言っています。)
ただし、段差の大きな階段などでは、「骨盤を後から上」に持ち上げる必要があるため、フォワードサイクルで歩く必要があるものと思われます。
(ゆえに、骨盤を上に持ち上げる筋力を鍛えることができれば、前への移動の推進力を向上させることも可能だと思われます。)

以上をまとめますと、バックワードサイクルはフォワードサイクルに対して、①「着地脚で地面を強く押すこと」と、②「遊脚を速いスピードで振り出すこと」の2つの動作が可能となるという特徴を有するものと捉えています。

◆12月はノルディック・ウォーキングの体験会等を5回開催しました。(振り返ってみたら、これ以外の活動はありませんでした。。。)
前半は千里丘公民館と枚方の高齢者対象のイベントで、これまでとは異なる対象の方々に対してお伝えさせていただきました。
・12/2(日)、9(日) ノルディック・ウォーキング体験講座(大阪・千里丘公民館)
・12/15(土) 高齢者元気はつらつ健康づくり事業 ノルディック・ウォーキング(大阪・枚方)
・12/22(土) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・宇治)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/1222-d68b.html
・12/24(祝・月) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/1224-7f24.html

◆今月のことば:「製品開発より、顧客開発が先決。それができなければ、永久に売れない。」(「成功はすべてコンセプトから始まる」木谷哲夫著(ダイヤモンド社)より)

◆1月の予定:
・1/5(土)、19(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1301-02.pdf
・1/12(土)、26(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・1/13(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_kyoto_shichijo_1301-02.pdf
・1/14(祝・月) 「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-(ボランティア・スタッフ)
http://hirakata-taikyo.org/hhm/hhm-top.html
・1/20(日)ポールを持って歩こう会~新春“すみよっさん”参り~
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_pole_arukoukai_130120.pdf

« この一週間弱(12/25-12/30) | トップページ | 2012年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の12月:

« この一週間弱(12/25-12/30) | トップページ | 2012年 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31