無料ブログはココログ
フォト

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

この一週間(3/25-3/31)

◆世間では:
・一票の格差:国会の怠慢に司法の怒り
⇒私には、解散総選挙の回避を企んだ民主党の未必の故意としか思えないのだが。。。

◆個人的には:
・「泣くな、はらちゃん」の最終回を少し遅れでビデオで観ました。何となく最後のシーンが気になったので検索してみたら、プロデューサーの河野英裕氏は、「野ブタ。をプロデュース」のプロデューサーでもあったのですね♪

○主な出来事:
・3/31(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/331-e3ba.html

○本:「パッシング・チャイナ」熊谷亮丸著(講談社)
・日本は中国への依存度を下げていく必要がある。・・・われわれ日本人は「中国幻想」に振り回されるのではなく、もう少し気楽にいく必要がある。
・金融市場では、「中国政府が作成する経済統計」と「生の経済実態を示すデータ」とのあいだに乖離が生じているとの指摘が少なくない。
「中国政府が作成する経済統計」:代表例は「実質国内総生産(GDP)」「鉱工業生産」「小売売上高」
「生の経済実態を示すデータ」:「電力消費量」「鉄道貨物輸送量」「銀行融資」「税収」「貿易統計(輸出入に関するデータ)」など
・マーケティング力に向けた最大のポイントは何か・・・その答えはデザインの復権にある。
・コラボの本質が消費者に対して新たな付加価値を提供することであるとすれば、その成功のカギを握るのは、・・・「目利きの力」にあるといっても過言ではない。
・最も重要なのは、日本人の「民度」の向上。
・TPPの本質は、「アジア太平洋地域の秩序を、自由や人権などの面で、日本と基本的な価値観を共有している『米国』の一定の関与の下で作るのか?それとも、そうでない『中国』主導の下で作るのか?」という問題。・・・TPPは単なる経済問題ではなく、日米安保まで含めた、すぐれて政治的な問題。

○これから一週間の予定:
・4/6(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1303-04.pdf

本日(3/31)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)

大阪・中之島で開催された健康生活サポートセンター企画のノルディック・ウォーキング体験会に講師として参加してきました。
先週に続いての開催です。2週間連続は久し振りです。
今回の参加者は初心者お二人と3回目の方がお一人。いつものように、大阪駅前第三ビル3階の屋外スペースでの準備体操の後、しばらく練習してスタート。
雨が心配されましたが、準備体操中にも次第に明るくなってきたので、大丈夫そうです。
ただ、お天気が良くなってきたことから、お花見の人出が気になります。そのため、大川沿いの桜は中之島から眺めるだけとして、
中之島薔薇園~天満橋~田蓑橋~中之島ガーデンブリッジ~北新地
と歩いて、曽根崎地下歩道まで戻ってきました。

中之島通り
(Nakanoshima Street)
Cimg7926

中之島薔薇園
(Nakanoshima Rose Garden)
Cimg7927

Cimg7928

大川沿いの桜を背景に
(In the background of cherry blossoms along Okawa(river))
Cimg7929

中之島プロムナード
(Nakanoshima Promenade)
Cimg7930

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2013年3月24日 (日)

この一週間(3/18-3/24)

◆世間では:
・サイバー攻撃:他人ごとではないです。気をつけましょう。

◆個人的には:
・「無主風」・・・以下の紹介した「反教育論」でこの言葉を初めて知った時、恐怖すら感じた。何と恐ろしい言葉なのだろう。。。

○主な出来事:
・3/24(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/324-fef5.html

○本:「反教育論」泉谷閑示著(講談社現代新書)
♪「『普通がいい』という病」の著者の本です。♪
・懐疑的精神は人間的思考の根本を成す大切な要素である。これは、そもそも人間というものが、その歴史の始まりから「反抗」とは切っても切れない由来を持つ存在だからである。
たとえば「好き・嫌いなく何でもよく食べる子供に育てましょう」といったスローガンは学校などでかなりおなじみのものであるが・・・このような考え方の根本には、「好き・嫌いがあるのは良くないことである」という価値観が横たわっている。この価値観が、直接的にではないにしろ、「自分が何がしたいのかわからない」という人間を生み出す精神的土壌になっている。
・およそ道徳というものは、本来は「~したい」と「心」から自発的に生ずるはずのものを「~すべき」と「頭」の理性で強制するという点で、根本的な過ちを犯してしまっている。これは単に無意味であるだけではなく、それを自然に「~したい」と思えない場合には、本人の内面に強い自己否定を生じさせるという有害性がある。
・「いじめ」というものも、ムラ的共同体において異分子を排除したり同化させたりする集団維持行動がその由来であり、いくら倫理的に「いじめ」を問題視して議論しても、このムラ的メンタリティを温存したままでは、根絶できようはずはない。「ムラ的共同体」のメンタリティを「集団行動のスキル」として「教育」しておきながら「いじめ」だけを止めなさいというのは、どう考えても原理的に無理なことなのだ。
・右も左もわからぬ幼いうちから子供を「調教」的に教育することは、技能習得だけを考えれば効率的に思えるかもしれないが本人の中から自然に生まれるはずの好奇心や主体性の芽が摘まれてしまい、のちにどんなに技能が向上しても、質的には主体性の欠如したものになってしまう危険性が高い。・・・世阿弥は『至花道』という別の秘伝書で、そのように主体性のない芸を「無主風」と呼び、そのようなものは決して観客に感動を与えられる生きた芸ではないとして厳しく戒めている。つまり、早期に「調教」を始めてしまう最大の危険は、どんなにそれが本人の意思にかなった道であったとしても、結果的には「無主風」なもの、すなわち一種の起用なサル芝居しか生み出さないところにある。
・人は成長していく過程で、「自分の世界」を作っていかなければならない。・・・しかし、「自分の世界」を子供が作っていくためには、「嘘」をついたり「秘密」を持ったりすることが不可欠で、親や教師はある程度それを容認しなければならない。
・人間は「意味」を求め、「意味」なしには生きられない存在である。いくら物質的・経済的に恵まれていて、社会的地位があって家族等の人間関係に恵まれていても、「生きる意味」が感じられないと生き続けることができない。しかし、苦悩から人々が脱するのもまた、「意味」の回復に依っている。

○これから一週間の予定:
・3/31(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://www.nordic-walk.or.jp/schedule/workshop.aspx#kinki_hokuriku

慢性期医療展2013

参加の予定です♪

2013年4月18日(木)~20日(土) 10:00~17:00

インテックス大阪

本日(3/24)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)

大阪・中之島で健康生活サポートセンター企画のノルディック・ウォーキング体験会に講師として参加してきました。
先月に続いての開催です。
今回も参加者はお二人とも初心者のため、大阪駅前第三ビル3階の屋外スペースでの準備体操の後、しばらく練習。
そのため、今回もスタートは少し遅れましたが、中之島~天満橋~川崎橋~造幣局の前あたり を往復しました。
前回からちょうど1ヶ月が経過したことになりますが、薔薇の若葉が萌え始め、また、桜も急に開花し始めました。
お天気も時間の経過とともに良くなり、そのため人出が多いことが心配されましたが、結果それほどでもなく、気持ちよく歩けました。

中之島薔薇園
(Nakanoshima Rose Garden)
Cimg0633

大川沿いの桜の下にて
(Under Cherry Trees along Okawa(river))
Cimg0635

大川沿いの桜の下を歩く
(Walking under Cherry Trees along Okawa(river))
Cimg0637

堂島川の北岸を歩く
(Walking at North bank of Dojima river)
Cimg0638

今回も、中之島公会堂(大阪市中央公会堂)の地下を少し探検しました。

中之島公会堂の旧客席
(The old auditorium seats at Nakanoshima Public Hall)
Cimg0640

中之島図書館の桜の下にて
(Under Cherry Trees at Nakanoshima Library)
Cimg0641

このあと、いつものように曽根崎地下歩道まで戻ってきました。

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2013年3月17日 (日)

この一週間(3/11-3/17)

◆世間では:
・安倍首相、TPP交渉参加表明:
私は基本的にTPP(に限らずFTA)への参加に対しては反対であるが、今回反対している方々の言っていることは、残念ながら理解に苦しむ。
日本の農業を破壊してきたのは、TPPを反対している方々ではなかったか?TPPを反対している方々は、日本の農業を再生させるためにいったい何をしてきたのか?
このようなことを考えていると、少し前に話題となった(なっていない?)「徴農制」のことが思い出された。「徴農制」について、メリットとデメリットを俎上に載せてしっかり議論すれば、何かいい打開策が得られるように思えてきた。

◆個人的には:
・この一週間は、水木土土日と、イベントが続いたため、はっきり言って消化不良を起こしています・・・20日はしっかり休みます。。。

○主な出来事:
・3/14(木) MCEI大阪支部 2013年3月度 定例会(阪急グランドビル)
・3/16(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/316-8430.html
・3/16(土) ケメコ・ジャンボリー(京都・七条)
・3/17(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/317-9f63.html

○本:「左重心で運動能力は劇的に上がる!」織田淳太郎著・小山田良治監修(宝島社新書)
・「重心」と「加重」は、まったく意味が違う。・・・上体を左に傾ける「左加重」に対して、骨盤から上が水平に左に寄ることが「左重心」の意味。・・・この上体の水平移動が、いわゆるスポーツパフォーマンスにおける「重心移動」と呼ばれるもの。
・左股関節は前方への動きを生み出し、右股関節は後方への動きを生み出す。
・重心感覚を磨くためには、やはり股関節トレーニングがベスト。力士の場合、その古くからのトレーニングが、股割りであり、四股だったわけです。
・目線の水平維持に加えて、カンペルライン(耳の中央部と鼻の先が水平ラインを保っているフェース角度)の維持が空間認識能力を向上させる大きな鍵となる。
・何かをやっていて気乗りのしない人間の身体は、右重心になっていることが多い。逆に夢中になると、いつしか左重心になる。

○これから一週間の予定:
・3/23(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・3/24(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://www.nordic-walk.or.jp/schedule/workshop.aspx#kinki_hokuriku

本日(3/17)のノルディック・ウォーキング体験会(京都・鴨川)

京都の鴨川で17回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。

2月に続いての開催です。鴨川で3ヶ月連続して開催できたのは、一昨年の11月以来約1年半ぶりです。
ようやく暖かさが定常的になってきました。また、お天気がいい日も続き、今回も気持ちよくノルディック・ウォーキングができそうです。
今回の参加者は、枚方での体験会によく参加される方が二名、ということで、準備運動を終えると早速歩き始めました。

ただし・・・急に気候がよくなってきたこともあり、人出が気になります。。。
そのため、
七条大橋⇒豊国神社⇒六波羅蜜寺⇒八坂の塔⇒石塀小路⇒知恩院⇒平安神宮
のように、いつものコースを逆に歩きました。
丸太町橋に到着した時点で、「お腹が空いてきた・・・」ということで、ここを本日の終点としました。

陶泉窯の横を歩く
(Walking beside "Tosen-gama"pottery kiln)
Cimg7824

六波羅密寺
(Rokuharamitsuji temple)
Cimg7825

石塀小路
(Ishibei-koji alley)
Cimg7829

円山公園で一休み
(Resting at the Maruyama Park)
Cimg7831

知恩院
(Chion-in temple)
Cimg7833

青蓮院の前を歩く
(Walking in front of Shoren-in temple)
Cimg7836

琵琶湖疏水沿いを歩く
(Walking along the Lake Biwa Canal)
Cimg7839

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

昨日(3/16)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で60回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。

過去2回が雨上がりの開催だったのに対して、今回はほぼ快晴、しかも、前回はみぞれ混じりに雪がちらついていたのに対して、最高気温14℃の陽気で、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました。

今回は参加者は、初心者の方お二人と、主に山登りでお使いになられている方お一人の計三人。
枚方公園駅の駅前で少し歩く練習をした後、歩き始めました。
枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒関西医大病院前⇒磯島野球場⇒意賀美梅林⇒鍵屋資料館⇒枚方公園駅
のいつものコースを歩きました。
ようやく梅の花も咲き、季節の移り変わりを感じながら気持ちよく歩けました。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg7767

Cimg7768

Cimg7770_2

意賀美梅林に向かう階段
(Climbing stairs towards Ogami Plum grove)
Cimg7773

意賀美梅林
(Ogami Plum grove)
Cimg7775

京街道の鍵屋資料館
(Kagiya Museum along Kyo-Kaido, Japanese old main road)
Cimg7777

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2013年3月10日 (日)

この一週間(3/4-3/10)

◆世間では:
・WBC 日本、決勝ラウンドへ:
3/8の台湾戦は、本当に素晴らしい試合でした。負けた台湾も素晴らしい。

◆個人的には:
・履いている靴が次々と傷んできていて、とうとう1つを買い替えました。これから次々と新しい人生に変わっていくということかもしれません。

○主な出来事:
特になし

○本:「世界基準で夢をかなえる私の勉強法」北川智子著(幻冬舎)
・会話から「Don’t」を取り払うと、全てがポジティブに変わっていく。・・・そうやって「Don’t」を捨て、「Do」を探していくうちに、私は自由になっていった。
・「Be yourself!(自分らしくね!)」交渉も含めすべての物事の根底にあるものは、損得ではなくて「どれだけ自分らしいか」だ。それが一番大事なこと。・・・何事も、自分らしいスタンスでいくと、どんな選択をしても後悔しない。だから、自分らしくあることにこだわるのは、最重要、最優先すべきこと。
・内発性と外因性、どちらのタイプのミスも、いったん起こってしまった後に、むやみやたらに「猛反省」しても無駄。・・・反省はそこそこに。あとはリアリティ・チェック(自分が失敗に追い込まれた状況を客観的に分析して原因を割り出し、冷静に現状を見極める作業)をしてみるのが、失敗から学ぶいい手段。
・軌道修正の際、その方向性を決める大事な道しるべがもう一つある。それは、自分の心構えや人生の捉え方ではなく、他人との「約束」である。大事な人との約束は、困った時の打開策を練る鍵になる。・・・約束は、人の「raison d'être(存在理由)」だと、いつも思っている。

○これから一週間の予定:
・3/14(木) MCEI大阪支部 2013年3月度 定例会(阪急グランドビル)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
・3/16(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1303-04.pdf
・3/16(土) ケメコ・ジャンボリー(京都・七条)
・3/17(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_kyoto_shichijo_1303-04.pdf

2013年3月 3日 (日)

この一週間(2/25-3/3)

◆世間では:
・韓国盗難仏像日本返却差し止め、中国大気汚染悪化:
先週に引き続いて同じことを言いますが、日本はとにかくプレゼンスを高めるために事実を言い続けることだと思います。

◆個人的には:
・気温のアップダウンについていけず、何となくよく眠ったような気がする一週間でした。。。そろそろ目を覚ましましょう♪

○主な出来事:
・3/2(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/32-7d5c.html

○本:「国際的日本人が生まれる教室」中原徹著(祥伝社)
・「グローバル人材」を育てたい。「グローバル人材」の定義=異なる文化、言語、宗教の人々と最大公約数的な理解のもとに共存できる人材
・英語力の欠如は国際競争で圧倒的な差を生む:「気概」や「論理」を持っていても、肝心の英語のレベルが低ければ、どうしようもない。
・いつから我々は、「中国、韓国、台湾など、他のアジアの国にできて我々にできないはずがない」と強く思えなくなってしまったのか?
・まずは東大の法学部(文Ⅰ)だけでも、現在のセンター試験および二次試験という英語の試験をなくして、TOEFL(iBT)一本に絞る(過去2年以内のTOEFLのベストスコアで競う)ようにすれば、5年以内に日本の英語教育は変わる。
・「表現(プレゼンテーション、議論、交渉、社交場での会話における表現)」については、ある程度、意図的にテンションを高め、どこかで自分を「演じる」ことが必要。
・「自分自身も変人、周りも変人で当たり前」という環境を作る必要がある・・・自分自身を「変人」と自覚することで、他人を「変わっている」「普通じゃない」という偏見の目で見なくなる。

○これから一週間の予定:
・3/9(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/

2013年3月 2日 (土)

本日(3/2)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で59回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。

前回に続いて、雨上がりの開催です。ただし、前回が2月にしては暖かかったのに対して、今回は前日までの暖かさ(前日の最高気温18℃)が一転、予想最高気温が10℃以下の寒い一日となりそうです。
加えて、風が強い・・・しかも冷たい。。。そのような中ではありましたが、歩き出せば暖かくなると思えば、これもまたノルディック・ウォーキング日和です。

今回は初心者の方お二人と二回目の方お一人の計三人。
枚方公園駅から移動して、淀川の河川敷で少し歩く練習をした後、歩き始めました。
枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒関西医大病院前⇒磯島野球場⇒淀川資料館⇒意賀美梅林⇒鍵屋資料館⇒枚方公園駅
の従来のコースを歩いたのですが、前述したように風が強く、また、雨からみぞれ、そして雪が・・・
とはいえ、時折射してくる陽射しの暖かさに春を感じながら気持ちよく歩きました。

淀川の河川敷から土手へ
(From the river bed of the Yodo-river to banks of the Yodo-river)
Cimg7738

淀川の河川敷を歩く
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg7740

淀川の土手の上を歩く
(Walking on the banks of Yodo-river)
Cimg7741

淀川の土手から河川敷へ
(From the banks of the Yodo-river to the river bed)
Cimg7742

淀川資料館にて
(In front of Yodogawa Museum)
Cimg7743

枚方宿を歩く
(Walking in an old inn town Hirakata)
Cimg7744

意賀美梅林
(Ogami Plum grove)
Cimg7745

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2013年3月 1日 (金)

2013年の2月

♪海外で日本人、それも観光客が事故に遭うニュースが続いたひと月でした。縮こまってしまうのもよくないですが、気を付けて外に出ていきたいものですね♪

♪今月の話題は「サルコペニア」です。
「サルコペニア」は、今では「老年症候群」の一つとして、「加齢に伴う(骨格筋の)筋量と筋力の低下」とされていますが、私が初めて「サルコペニア」という言葉を知ったのは、今から7-8年前のことです。
当時通っていたフィットネスクラブの機関紙で知ったのですが、当時は「廃用(性)症候群」と訳されていました。
つまり「筋肉は使わないと減る」ということから、「筋肉を減らさないためのトレーニング」をしていつまでも若々しく、と呼びかけていました。
(確か、当時は「貯筋」という言葉も(一部では)流行っていたように思います。)

ところで、2/9の大阪マスターズ陸上競技連盟総会では、「マスターズ陸上とサプリメント(栄養補助食品)」のタイトルでお話をさせていただきました。
陸上競技は、競技種目が多様で種目によって必要な能力が異なるものですが、一方で基礎的運動能力を客観的記録(時間、距離)で競うものでもあります。
そのため、特に年齢層が高めのマスターズの選手にとっては、関節などとともに、特に筋肉のメンテナンスが重要となることから、BCAAや亜鉛などにポイントを置いて話をいたしました。
転ばぬ先の杖、今からさっそく「サルコペニア」対策を始めましょう♪

※「日本老年医学会」のホームページにおける、以下のトピックス参照
http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/pdf/sarcopenia_EWGSOP_jpn-j-geriat2012.pdf

◆2月は忙しかったように思ったのですが、振り返ってみると、結構いろんなところに顔を出していました。
・2/1(金) 関西医科大学健康科学センター施設交流会(大阪・リーガロイヤルホテル)
・2/3(日) 平成24年度大阪府総合型地域スポーツクラブマネジャーブラッシュアップセミナー(大阪・なんば)
・2/9(土) 大阪マスターズ陸上競技連盟総会(大阪)
・2/14(木) MCEI大阪支部 2013年2月度 定例会(トッパンフォームズ)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/14720930.html

◆2月はノルディック・ウォーキングの体験会等を5回開催しました。
これから、ますます歩くのに気持ちのいい季節となりますね。
・2/2(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/22-4ca4.html
・2/2(土) カフェサリーのノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/22-5812.html
・2/10(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/210-c58f.html
・2/16(土) 高齢者元気はつらつ健康づくり事業 ノルディック・ウォーキング(大阪・枚方)
・2/24(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/224-8dae.html

◆今月のことば:「人が成長する時間は、部屋で独りぼっちで記憶を反芻している時間。」(「「デキるふり」からはじめなさい」橋本 努著(ちくま新書)より)

◆3月の予定:
・3/2(土)、16(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1303-04.pdf
・3/9(土)、23(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・3/14(木) MCEI大阪支部 2013年3月度 定例会(トッパンフォームズ)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
・3/16(土) ケメコ・ジャンボリー(京都・七条)
・3/17(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_kyoto_shichijo_1303-04.pdf
・3/24(日)、31(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://www.nordic-walk.or.jp/schedule/workshop.aspx#kinki_hokuriku

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31