無料ブログはココログ
フォト

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

【橋下氏慰安婦発言】

「ここまで世界中を騒がしておきながら・・・」とか「お前に言われたくない」とか言いたい方々の気持ちもわからないではないが、内容はしっかりと受け止めましょう。

【橋下氏慰安婦発言】「私の理念や価値観と正反対の人物像流布」橋下氏の見解全文(上) - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130526/waf13052620160007-n1.htm
【橋下氏慰安婦発言】在日米軍への風俗利用進言「私の真意ではありません」見解全文(下) - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130526/waf13052620360008-n1.htm

この一週間(5/20-5/26)

◆世間では:
・橋下氏慰安婦発言(依然として続いています・・・)
⇒これまで、どちらかと言えば反橋下だった私が、不思議なことに、この1~2週間は、橋下氏の擁護する立場に替わっている・・・。いったい私は何をしているのだろうか???
◆個人的には:
・自分の「役割」を見直す時期にきているように感じます。

○主な出来事:
特になし

○本:「気を整えて夢をかなえる リセット整理術」苫米地英人著(永岡書店)
・モノを捨てるかどうかは、そのモノが「役割」を持っているかどうかで判断する。
・自分の望んだ「役割」を明確にして、それに対するモノの「役割」を決めれば、忙しくても決して散らかることはない。
・あなた自身の「役割」が決まっていなければ、モノの「役割」を決めることはできない。
・「なりたい自分」を見つけるためには、あくまでも「自分が提供する役割」を考える必要がある。そのためのヒントが「社会性」。
・モノが散らかる一番の理由は自分の夢が設定されていないから、夢に沿った環境づくりを無意識が行っていないから。
・部屋を整理したいのであれば、夢を設定すること、夢という「気」を整理することが大前提。
・役割を失ったモノは捨てる。

○これから一週間の予定:
・6/1(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1305-06.pdf
・6/2(日) ポール持って歩こう会~嵐山への歩き旅~(京都・西京極総合運動公園)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_pole_arukoukai_130602.pdf

橋下氏慰安婦発言に関する所感

「6月のロンドンサミット「戦場と女性」において、慰安婦を利用した日本は自らの反省とともに、世界各国が戦場でいかに女性の人権を蹂躙したか歴史を直視するリーダー役を務めるべきだ。日本の不当な侮辱を晴らすとともに、未来に向けて女性の人権を大切にする決意を示すべきだ。」
昨日(5/25)読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」に出演したことについての、橋下大阪市長のツイート。
https://twitter.com/t_ishin/status/336077110940672001

私は、橋下氏の言っていることが全て正しいとは到底思えないが(このことはこれまでも述べた)、この部分は、皆がもっと真摯に受け止め、行動に反映させるべきだと、心から思う。
橋下氏が何枚舌であろうが、何故この時期に大阪市長が?と思おうが、日本人として受け止めなければならないことは、受け止めて行動に移すべきだ。

「ウェークアップ!ぷらす」で橋下氏が述べた内容を、私としては、以下に要約した内容で理解している。
(もちろん、これ以外に橋下氏はいろいろなことを述べ、正しくないことも述べたかもしれない。そして、そのことによって、彼の本意がわからなくなっているのかもしれないが、誰が言おうが、この際不問に付してしまおう。日本のみならず世界の女性のために。)

「軍と女性の関係性に目を背けてはいけない。世界各国で軍が女性を利用してきたのは事実なのであるから、タブー視してはいけない。日本も(たとえ軍の強制連行がなかったとしても)正当化しないが、日本だけが特別扱いされることに黙っていてはダメだ。日本を特別扱いしていては、これからも世界で軍が女性を利用することはなくならないだろう(現になくなっていない)。未来に向けて女性の人権を大切にする気持ちがあるなら、日本に対する不当な侮辱を晴らすとともに、過去において(あるいは現在も)世界各国の軍が女性にしてきたことを直視しなければならない。」

2013年5月25日 (土)

マスターズ陸上、南部忠平杯と大阪選手権を振り返って

マスターズ陸上、南部忠平杯と大阪選手権を振り返って

二つの競技会ともに、咽喉が痛く実力(?)を十分発揮できませんでした。
一言でいえば健康管理ができていなかったということになり、今後は十分健康管理に注意して競技会等に臨みたいと思います。

ただし、この二つの競技会を通して感じたのは、単に健康管理が不十分であったことだけではなかったので、以下、振り返ってみます。
その際のポイントは、競技会後に感じた①大臀筋と②大腿部前方(大腿四頭筋)の張りです。

◆昨年の全日本選手権の時の結果報告に、
「踵を踏む=ノルディック・ウォーキングのポールを後ろに突く感覚」
が得られてきたことをブログ等に書きました。
それまでもずっと、①骨盤のバックワードサイクルと②踵を踏む(これと③着地脚の外旋(これは後述))
が重要と言い続けてきたものの、①と②は別々の動きのままだったのが、
「上→後→下」の円弧を描く骨盤の動きの中で、
「後→下」で大臀筋を使って骨盤で「踵を突く」感覚が、この頃にようやく実感できたということです。
(報告には詳しくは書きませんでしたが、実際の主観的なイメージは、
「臀部が膝・踵と一緒に、後方にゴムのように伸びるような感覚」でもありました。)
とはいえ、この頃は、まだ骨盤の描く円弧はさほど大きくなく、
「上→後→下」と円弧を描く「後→下」の動きの部分で大臀筋を使う感覚が中心であったと思います。
今にして思えば、
「上→後」:ミッドスタンス
「後→下」:ターミナルスタンス
のフェイズに関することだと解釈していますが、
「ターミナルスタンスで大臀筋を使って骨盤で「踵を突く」感覚」
これこそが「後方にゴムのように伸びるような感覚」だったと捉えています。

◆このような「ターミナルスタンスで大臀筋を使って骨盤で「踵を突く」感覚」
に慣れてきた(=骨盤の柔軟性が得られてきた)ことから、
アジア選手権において、ラストで競り合っても失格にならずに済んだと捉えています。
では、これで完成形かと考えてみたら、
「上→後」:ミッドスタンス
においても大臀筋を意識することで、骨盤が描く「上→後→下」の円弧をより大きくできる
=ストライドを大きくできるのでは、
と考え、「ミッドスタンスから大臀筋を使って骨盤で「踵を突く」感覚」
に慣らしてき(たつもりでい)ました。
(ちなみに、骨盤が描く「上→後→下」の円弧をより大きくすることで、
骨盤にかかる力のベクトルを膝の前を通ることを避け、
膝への屈曲モーメント(既にミッドスタンスに入っているため意識する必要はないかもしれないが)を伸展モーメントに変える
=ベント・ニーのリスクを減らす
メリットもあるものと捉えていました。)
しかし、実際には負荷がかかった状態で大臀筋を使うことに慣れていなかった
=鍛えきれていなかったのでしょう。
競技会後に感じた大臀筋の張りは、そのことが原因だと思われます。
これが「課題①」。

◆骨盤が描く「上→後→下」の円弧をより大きくすることで、大臀筋に負荷がかかることは述べましたが、
それとともに、着地脚をより外旋させる必要があったのだと思います。
すなわち、これまで言い続けてきた中で
「①骨盤のバックワードサイクル②踵を踏む③着地脚の外旋」の③に関してですが、
「ミッドスタンスから大臀筋を使って骨盤で「踵を突く」」ことによって、目的としたストライドを大きくするためには、
必然的に着地脚の離地の際の股関節はより伸展する=股関節をより外旋させる
必要があったものと思われます。
ということは特に股関節伸展時における股関節外旋の可動域を広げておく(柔軟性を高めておく)必要があったということでしょう。
たぶん、ここが不十分だったために、ブレーキがかかり、前傾が崩れて仰け反ってしまって、
その結果としてロス・オブ・コンタクトの注意を二試合で7枚ももらってしまったのだと捉えています。
たぶん、大腿四頭筋の張りも、ブレーキがかかったことの結果だったのでしょう。
これが「課題②」。

◆「課題①」
「ア.負荷がかかった状態で大臀筋を使う」こととともに、これまで行ってきた
「イ.骨盤が描く「上→後→下」の円弧をより大きくする」ことを継続する必要があります。
「ア.」は歩き込むしかないと思っています。
「イ.」は、これまで、ノルディック・ウォーキングのポールの長さを
通常(身長×0.65-0.7)よりも長く(0.78程度)設定することで対応してきましたが、
今後はさらに長く(0.84程度)することも考えています。

◆「課題②」
「ア.股関節伸展時における外旋の柔軟性を高める」こととともに、
「イ.足関節(足首)の背屈および外反の柔軟性を高める」ことも意識したいと思います。
特に「ア.」はノルディック・ウォーキングの準備運動等で、脚を前後や左右に振る運動をしていますが、
前後の「後(伸展)」および左右の「外側(外転)」の時点で股関節の外旋を意識したいと考えています。

以上

2013年5月19日 (日)

この一週間(5/13-5/19)

◆世間では:
・橋下氏慰安婦発言
⇒いわゆる慰安婦を経験された方が主観的な真実として「経済的に困窮したため、仕方なく行った」ことを、「日本軍に強制された」と記憶されているとした場合、そのこと自体は尊重すべきことだと思っていますが、そもそも、日本軍が強制的に連行したという事実はないと私は捉えています。
◆個人的には:
・マスターズ陸上・大阪選手権、反省するところ大です。南部杯と合わせて、また別の機会に。

○主な出来事:
・5/18(土) 第27回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(長居第2)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/27-a465.html

○本:「日本が世界一「貧しい」国である件について」谷本真由美著(祥伝社)
・日本で「自分は不幸だ」と考えている人が少なくない理由は、「実感的な豊かさ」――物質ではない豊かさ、「遊び」や「ゆとり」を感じることができないからではないか。
・そろそろ、悪いのは「何も考えてこなかった自分達自身だ」という「現実」に真剣に向き合わなければならない。
・日本の「お客様」の中には、払った費用以上のサービスを要求する人が少なくない・・・外国の人からすると、なぜ日本の「お客様」はあんなに無礼でも許されて、働く方や経営者は文句を言わないのか、となる。
・日本では大学でも会社でも専門性をあまりにも軽く見ている。グローバル人材を育成したいなら、教育カリキュラムを見直し、専門性をきちんと身に付け、会社側も専門にそって人を雇うような仕組みにしなければならない。
・「グローバル人材」なんて育成しないで買ってきた方が早い。
・周囲の空気や、陰湿な掟である「社会規範」に従ってみんなに合わせないと、自分がいじめられたり村八分になるかも、という考え方は、実は学級会から始まっているかもしれない。
・自分の意見をはっきり言う人、人と異なった意見を言う人は「おかしい人」「異端な人」「決まっていることに文句をいうけしからん人」。
・選択肢はあるのに、何も考えずに「これはみんなが言っているからこうに違いない」と自分で自分を説得してしまう・・・「セルフ洗脳」
・日本の人々は、他の国の人々とずいぶん異なる考え方をする・・・政府や警察官を最初から思いっきり信用している・・・そもそも日本ではなぜか「マスコミというのはある程度規制されている」というのを知らない人が多い。
・生き残るためのキャリアを形成するには勇気が必要。日本の若い人の多くに必要なのは「自分ならこうする」「ワタシは違う」「俺はできる」と決心し、口に出して言う「勇気」。
・自分に正直になれた人は、人に対しても正直になることができる・・・それは、すなわち、自分とは異なる「他者」というものを尊敬し、認める、ということ。

○これから一週間の予定:
特になしです

2013年5月18日 (土)

第27回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告)

本日、長居第2陸上競技場で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:記録29’39”95(M50クラス1位(ではありますが、記録が・・・))
咽喉の調子が悪いまま出場した南部杯・・・何とか大崩れせずに歩き切れたのですが、その後も完治とまではいかず(無理して南部杯に出たためか?)。。。
身体は正直なもので、というか、自分の身体であっても騙すことはできず、急に高くなった気温に対応できずに、ほとんど2000mで終わってしまいました。

咽喉の痛み真っ最中の南部杯で思ったよりも歩けたことから、同じようなペース(一周2’10”くらい)で行けるところまで行ってみることを目標としてスタートしました。
しかし、病み上がり(というより、上がり切っていない・・・)の身には、28℃の気温を甘く見過ぎていたということなのでしょう。
200m:65”、400m:2’11”といいペースで出られたと思ったのですが、そして、1000m:5’28”、2000m:11’12”(5’44”)までは気持ちよく歩けていたのですが・・・
2000mあたりで突然足が止まったのは、暑さに頭がついていかなかったためと思われます。この時季の競技会ではよくあることではあるのですが・・・

結局、1000mのスプリットで5’28”-5’44”-6’03”-6’13”-6’12”。注意はロス・オブ・コンタクト3枚(うち一つが警告)。
この歳になると、安定性が著しく低下します。まあ、今シーズンはこれから始まると割り切りましょう。
ということで、これからの予定を決めてはいなかったのですが、できる限り試合に出場して出遅れた感覚を取り戻したいと思っています。
これからの予定:近畿選手権(7/14)、京都選手権(8/4)、全日本選手権(9/7)、国際ゴールドマスターズ(10/6)、大阪マスターズ記録会(10/19)(全日本選手権と大阪マスターズ記録会は5000mW、他は3000mW)

2013年5月12日 (日)

この一週間弱(5/7-5/12)

◆世間では:
・川口順子参院環境委員長解任
⇒国益のためになしたことが評価されない国が、どのようにして国益を守ることができるのだろう?と考えてしまいます。

◆個人的には:
・阪神タイガース、5年ぶりの6連勝♪

○主な出来事:
・5/9(木) MCEI大阪支部 2013年5月度 定例会(ドーンセンター)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/14811099.html

○本:「図解 90分でわかる!日本で一番やさしい「アベノミクス」超入門」永濱利廣著(東洋経済新報社)
・日本の日銀法は、他国の中央銀行に関する法律と比べて、中央銀行に甘すぎる部分がある。・・・たとえばアメリカでは、法律で中央銀行であるFRBに「物価の安定プラス雇用の最大化」を使命として課している。
・現在の日銀法では、日銀の独立性が担保され、・・・何をするにも日銀独自の判断で行うことができる。一方で、日銀は結果責任を負っていない。
・リーマン・ショック後のアメリカで、なぜ量的緩和が効いたのか?・・・人々が先行きに対して期待を抱いたから。
・投資家は理論で動くのではなく、期待で動く・・・このことを理解しておかないと、正しい判断ができなくなってしまう。
・日本経済が長きにわたってデフレから抜け出せていない理由については、さまざまな議論があるが、根本的には消極的な金融政策にあると考えている。

○これから一週間の予定:
・5/18(土) 第27回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(長居第2)
http://www.oaaa.jp/~masters/27csyk.pdf
・5/19(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_kyoto_shichijo_1305-06.pdf

2013年5月11日 (土)

第27回大阪マスターズ陸上競技選手権大会 競技順序と開始時刻

2013年5月18日(土)に長居第2陸上競技場で開催される、標記大会の競技順序と開始時刻の一覧表です。
「27_2013.05.11.pdf」をダウンロード

Photo

Photo_2

競技順序と開始時刻は、変更される可能性がありますので、以下の大阪マスターズ陸上のホームページで確認をお願いいたします。
http://www.oaaa.jp/~masters/kyougi.htm

2013年5月 6日 (月)

この一週間とちょっと(4/29-5/6)

◆世間では:
・男子100メートルで、桐生祥秀選手が10秒01の歴代2位
⇒世界陸上が楽しみですね♪

◆個人的には:
・久し振りに本の整理。出張買取にきてもらいました♪

○主な出来事:
・5/3(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/53-3545.html
・5/4(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/54-6b47.html
・5/6(祝・月) 第5回南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(長居第2)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/5-ef5e.html

○本:「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹著(文藝春秋)
ここまで話題になっていることもあって、村上春樹氏の著作を初めて読みました。
読んでいて、亡くなった大学時代の知人のことや、様々なことが思い出されました。その中のひとつ・・・
♪スコットランドを旅した時のこと、グラスゴー駅に到着すると、fortunetellerを名乗るインド人(かその系統の人)が寄ってきて、「What's your favorite color?」と尋ねてきました。鬱陶しいと思いつつ、「White.」と言うと「White and black are not color. Say your favorite color.」と言われ・・・(話はこの後も続きますが、機会があれば)♪
要するに、「色を持たない」ではなく、あえて「色彩を持たない」をタイトルとしたのであれば、白や黒(灰も)の無彩色も「色彩を持たない」方の属するのでは?と感じ続けています。
一方で、多崎や木元には「キ」がありますが、これは「黄」なのか「生成り」の「キ」なのだろうか・・・等。
以上、村上春樹氏の著作をずっと読み続け、氏の世界観がわかっている方からは見当外れなことなのかもしれませんが。。。

○これから一週間弱の予定:
・5/9(木) MCEI大阪支部 2013年5月度 定例会(ドーンセンター)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
・5/11(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/

第21回京都マスターズ陸上競技選手権大会(2013年8月4日(日))

要項と振込用紙の書き方です。
Cimg8155

Cimg8156

Cimg8157

第29回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(2013年7月14日(日))

要項です。
Cimg8153

Cimg8154

第5回南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(結果)

こうえん本日、長居第2陸上競技場で開催された標記大会の3000mWに出場してきました。
結果:記録16’57”63(M50クラス1位)

昨シーズンは、アジア選手権の優勝で締めくくれたため、そのいい状態のまま、今シーズンの初戦を迎えたかったのですが。。。
5月に入った頃から咽喉の調子がおかしくなってしまいました。
痛みが酷い訳ではなく、また、熱もないのですが、言葉を発すると咳き込んでしまう・・・
そんな状態がレースの朝まで続いたため、目標記録の設定どころではなく、まず、スタートラインに立てるのか?次に、最後まで歩き続けられるのか?といったことを気にしなければならない情けない状態でした。
が、競技場でウォーミングアップを始めると、どうにか咽喉はおとなしくしてくれそうで、何とかスタートラインに立てました。
素晴らしくいいお天気に恵まれ、また、気温は、スタートの30分前で25℃を少し超えたあたり。
しばらく寒さが戻ってきた中でのこの暑さは、通常であれば身体が拒否反応を示すのですが、私の咽喉にとっては「暑さ」にも恵まれたのかもしれません。
ということで、昨年来目標としてきた「一周2’12”」で行けるところまで行くことくらいしか、考えられない状態でスタートしました。

200mは63”。いつ咳き込むかわからない状況では速すぎです。400mは2’09”。このくらいだったら何とか、ということで、1000mは5’22”。ただし、1200mを過ぎたあたりで続けて2枚の「ロス・オブ・コンタクト」の注意、さらに、しばらくしてもう1枚。咳き込むことが多くて背筋等に負担がかかったのか、何となくのけぞってしまう感があったので、ペースを落とさざるを得ず、1000m-2000m 5’49”、2000m-3000m 5’47”。(注意はこのあともう1枚受けて、合計4枚。ただし、ひとつも警告にはならずでした。)

収穫といえば、こんな体調でも17分を切れたことと、1000m5’22”は2008年以降で最も速いラップであったことくらいですが、次の5/18大阪選手権につなげたいと思っています。

2013年5月 4日 (土)

本日(5/4)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で62回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。

2週間ぶりの開催です。前回も寒さが戻ってきた時でしたが、今回もしばらく肌寒い日が続いています。
が、今日は朝から快晴で、久し振りに暖かくなって、楽しくノルディック・ウォーキングができそうです。

今回は参加者は、経験者(といっても2回目)の方2人。
練習なしで、準備体操の後、早速歩き始めました。
今回は、淀川の河川敷を上流に向かっていきます。
枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒関西医大病院前⇒磯島野球場⇒関西医大病院前⇒淀川資料館⇒鍵屋資料館⇒枚方公園駅
のいつものコースを歩きました。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg8138

Cimg8140

天の川の畔で
(At the edge of the Amano river)
Cimg8142

淀川の河川敷から土手へ
(From the river bed of the Yodo-river to banks of the Yodo-river)
Cimg8143

淀川の土手の上です
(At the banks of Yodo-river)
Cimg8144

再び淀川の河川敷
(Walking on the river bed of Yodo-river again)
Cimg8145

淀川資料館にて
(In the Yodogawa Museum)
Cimg8147_2

枚方宿にて
(At an old inn town Hirakata)
Cimg8148

京街道の鍵屋資料館
(Kagiya Museum along Kyo-Kaido, Japanese old main road)
Cimg8149

歩き終わった後は、喫茶コハクにて一休みです。

喫茶コハクにて
(At cafe Kohaku)
Cimg8150

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

みどりと健康ウォーキング2013

5月26日(日)に開催です♪
スタート地点は相愛大学、最寄駅はポートタウン東駅です。
ノルディック・ウォーキング体験もあります。
http://www.pref.osaka.jp/kannosomu/midori_walk/index.html

2013年5月 3日 (金)

2013年の4月

♪ボストンマラソンのテロで、何ともやりきれない気持ちが残ったままです。。。とはいえ、これからも様々な競技会には出場していくことに変わりはない、というか、変えようがありません。上を向いて生きていきましょう♪

♪今月の話題は「約束」です。
先月のことばで、北川智子さんの「約束は、人の「raison d'être(存在理由)」」を紹介させていただきましたが、
このことばを読んで以来、これまで私が生きてきた中で、様々な人たちと交わした様々な約束のことが思い出されました。
中には「約束」とは言えない類のものもありますし、既にこの世にいない方たちと交わしたものもあります。
守れなかったもので、もう守りようがないものがある一方で、守れなかったことが動機となって、別の何かを始めるきっかけとなったこともあり、
また、これから守るための決意を迫られているように思えるものもあります。
「大きくなったら○○になるよ」「きっと、○○やってやるから」・・・
「今年の目標」「業務上のコミットメント」・・・
振り返ってみると、個別具体的なものとしてではなく、本質的なこととして捉えた場合、
「約束」以外のもので、今の自分の存在を規定しているものは、もしかするとほとんどないのかもしれません。
このような観点で、「約束」を問い直し続けている今日この頃です♪

◆4月も、3月に続いてあまり活動的ではなかったかもしれません。
5月は陸上競技が中心となりますが、ノルディック・ウォーキングも楽しみたいものです。
・4/11(木) MCEI大阪支部 2013年4月度 定例会(大阪YMCA国際文化センター)
・4/19(金) 慢性期医療展(インテックス大阪)
・4/27(日) 近畿マスターズ陸上合同研修会(大阪・服部緑地公園陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/15-7b7c.html

◆4月のノルディック・ウォーキング体験会の開催は・・・1回(えっ、たった1回!)でした。
もともと法事等で回数が限られていた上にお天気もよくなかったためですが、5月は薫風の中を気持ちよく歩きたいと思います♪
・4/20(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/420-179b.html

◆今月のことば:「読書は新たな知を手に入れるためというより、新たな視点を獲得するための行為である。」(「時間に支配されない人生」ジョン・キム著(幻冬舎)より)

◆5月の予定:
・5/3(日)、5/26(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)(5/3は開催済)
http://www.nordic-walk.or.jp/schedule/workshop.aspx#kinki_hokuriku
・5/4(土)、5/25(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1305-06.pdf
・5/6(祝・月) 第5回南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(長居第2)
http://www.oaaa.jp/~masters/5_nanbu_d.pdf
・5/9(木) MCEI大阪支部 2013年5月度 定例会(ドーンセンター)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
・5/11(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・5/18(土) 第27回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(長居第2)
http://www.oaaa.jp/~masters/27csyk.pdf
・5/19(日) ノルディック・ウォーキング体験会(京都・七条)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_kyoto_shichijo_1305-06.pdf

本日(5/3)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)

大阪・中之島で開催された健康生活サポートセンター企画のノルディック・ウォーキング体験会に講師として参加してきました。
前回が3/31でしたので、約1ヶ月ぶりです。
今回の参加者は初心者がお一人。寒さが戻ってきた中での開催でしたが、当日は次第に暖かくなり、また、お天気はほぼ快晴の好天で、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました。
いつものように、大阪駅前第三ビル3階の屋外スペースでの準備体操の後、しばらく練習してスタート。
中之島祭りのため人出が気になる中でのスタートで、中之島薔薇園まではかなりの人混みでしたが、天神橋から上流の大川沿いは人影もまばら。ということで、
中之島薔薇園~天神橋~川崎橋
で折り返した後、大川(堂島川)の北岸を難波橋まで歩き、再び中之島に戻って
難波橋~中之島~大阪国際会議場
まで生きました。再びUターンして
中之島ガーデンブリッジ~北新地
と歩いて、曽根崎地下歩道まで戻ってきました。

中之島薔薇園
(Nakanoshima Rose Garden)
Cimg8130

大川の北岸を歩く
(Walking at North bank of Okawa(river))
Cimg8132

堂島川の北岸を歩く
(Walking at North bank of Dojima river)
Cimg8133

中之島通り
(Nakanoshima Street)
Cimg8134_2

中之島プロムナード
(Nakanoshima Promenade)
Cimg8135

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31