無料ブログはココログ
フォト

« マスターズ陸上、南部忠平杯と大阪選手権を振り返って | トップページ | この一週間(5/20-5/26) »

2013年5月26日 (日)

橋下氏慰安婦発言に関する所感

「6月のロンドンサミット「戦場と女性」において、慰安婦を利用した日本は自らの反省とともに、世界各国が戦場でいかに女性の人権を蹂躙したか歴史を直視するリーダー役を務めるべきだ。日本の不当な侮辱を晴らすとともに、未来に向けて女性の人権を大切にする決意を示すべきだ。」
昨日(5/25)読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」に出演したことについての、橋下大阪市長のツイート。
https://twitter.com/t_ishin/status/336077110940672001

私は、橋下氏の言っていることが全て正しいとは到底思えないが(このことはこれまでも述べた)、この部分は、皆がもっと真摯に受け止め、行動に反映させるべきだと、心から思う。
橋下氏が何枚舌であろうが、何故この時期に大阪市長が?と思おうが、日本人として受け止めなければならないことは、受け止めて行動に移すべきだ。

「ウェークアップ!ぷらす」で橋下氏が述べた内容を、私としては、以下に要約した内容で理解している。
(もちろん、これ以外に橋下氏はいろいろなことを述べ、正しくないことも述べたかもしれない。そして、そのことによって、彼の本意がわからなくなっているのかもしれないが、誰が言おうが、この際不問に付してしまおう。日本のみならず世界の女性のために。)

「軍と女性の関係性に目を背けてはいけない。世界各国で軍が女性を利用してきたのは事実なのであるから、タブー視してはいけない。日本も(たとえ軍の強制連行がなかったとしても)正当化しないが、日本だけが特別扱いされることに黙っていてはダメだ。日本を特別扱いしていては、これからも世界で軍が女性を利用することはなくならないだろう(現になくなっていない)。未来に向けて女性の人権を大切にする気持ちがあるなら、日本に対する不当な侮辱を晴らすとともに、過去において(あるいは現在も)世界各国の軍が女性にしてきたことを直視しなければならない。」

« マスターズ陸上、南部忠平杯と大阪選手権を振り返って | トップページ | この一週間(5/20-5/26) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋下氏慰安婦発言に関する所感:

« マスターズ陸上、南部忠平杯と大阪選手権を振り返って | トップページ | この一週間(5/20-5/26) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31