無料ブログはココログ
フォト

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

「日本国憲法」の前文を読んで素直に感じていること

私はもちろん憲法学者ではないし、憲法について深く学んだこともない。
そんな私が、「日本国憲法」の前文を読んで素直に感じていること、それは憲法の解釈としては誤りなのかもしれないが、愛国心を有する日本国民としては誤った捉え方ではないと信じる。

◆「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
ここで、「平和を愛する諸国民」とは、「諸国民は全て平和を愛する故に、全ての諸国民の公正と信義を信頼する」のではなく、「玉石混交の諸国民の中で、平和を愛する諸国民に対しては、その公正と信義を信頼する」という意味の捉えられないのだろうか?
すなわち、到底平和を愛しているとは思えない国の諸国民に対しては、当然のことながらその公正と信義を信頼することなどできる訳がない。そのことを明確にすべきであると思う。

◆「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」
ここでも、「・・・努めてゐる国際社会」とは、「国際社会が全て努めている」ことが前提なのではなく、「努めてゐる国際社会」と「努めてゐない国際社会」がある中で、われらが名誉ある地位を占めたいと思ふのは、当然のことながら前者の国際社会であり、後者の国際社会とは一線を画す覚悟を有するべきであろうと思う。

◆「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」
ここで言う「全世界の国民」とは、前出の「努めてゐる国際社会」における「全世界の国民」に限定すべきであり、「努めてゐない国際社会」の「全世界の国民」にまで「権利を有することを確認する」必要はないと捉える。

2014年1月26日 (日)

この一週間(1/20-1/26)

◆世間では:
・NHK新会長に籾井氏
⇒なんとかして、日本の報道をGHQの放送コードの呪縛から解放して欲しいと思います。
・マー君ヤンキースへ
⇒変わらなきゃ♪
◆個人的には:
・食品に一次機能(栄養)、二次機能(美味しさ)、三次機能(健康)があるように、ウォーキングも一次機能(移動)、二次機能(楽しみ)、三次機能(健康)で考えたいと思っています♪

○主な出来事:
・1/25(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/125-c952.html

○本:「生き方」稲盛和夫著(サンマーク出版)
・思ったことが原因となり、その結果が現実となって表れてくる。だから考える内容が大切で、その想念に悪いものを混ぜてはいけない。・・・まずは純粋できれいな心をもつことが、人間としての生き方を考えるうえで大前提となる。
・すみずみまで明瞭にイメージできたことは間違いなく成就する。
・運命を変えていくものは、ただ一つ私たちの心であり、人生は自分でつくるもの。
・どんな人間の、どんな才能も天からの授かり物、いや借り物でしかない。
・人生が運命どおりにいかないのは、因果律のもつ力がそこに働くから・・・一方で、善行がかならずしもすぐに善果につながらないのは、そこに運命が干渉してくるから。
・神や仏は、あるいは宇宙の意志は、何事かをなした人を愛するのではない。何事かをなそうと努める人を愛する。

○これから一週間弱の予定:
・2/1(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1401-02.pdf
・2/2(日) 大阪マスターズ陸上競技連盟総会・懇親会(大阪)

2014年1月25日 (土)

本日(1/25)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で77回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。

今年2回目、先週に続いての開催です。
先週の寒さがうそのように、ここ数日暖かくなりました。
そして、今日の予想最高気温は15℃(実際には14.2℃)!
少し暑すぎるかもしれませんが、かなりのノルディック・ウォーキング日和となりそうです。

今回の参加者は初めての方お一人です。
枚方公園駅前で準備体操と少し練習をした後、歩き始めました。
今回は下流に向い、
淀川河川敷⇒ディオ・フェルティ枚方⇒土手の上⇒再び淀川河川敷⇒再び土手の上⇒水面廻廊⇒枚方公園駅
のコースを歩きました。
青空はあまり出てこなかったものの、歩くほどに暖かくなってきました。
気が付けば、絶好のノルディック・ウォーキング日和となり、楽しく歩けたひと時でした。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg9104

淀川の土手の上を歩きます
(Walking on the banks of Yodo-river)
Cimg9105

再び淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river again)
Cimg9106

水面廻廊を歩きます
(Walking along water corridors)
Cimg9107

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2014年1月24日 (金)

淀川河川公園背割堤地区の冬休み(2014年2月8日(土))

ちらしが完成しました♪

Photo

Photo_2

かわきた運動公園駐車場(無料)は利用できなくなりましたので、ご注意ください。

2014年1月19日 (日)

この一週間弱(1/14-1/19)

◆世間では:
・浜松ノロ感染、自衛艦おおすみ衝突事故
⇒決定的な証拠がない状況で、特定の業者を感染源と断定した保健所。それに対して「この程度の証拠で断定していいのか」とも言わないメディア。何故に弱い者いじめに加担するのか?一方で、「おおすみ」の事故では釣り船に不利な証拠がでているにもかかわらず、断定しようとはしないのはどうしてか?
◆個人的には:
・コンタクトレンズ中心の生活から眼鏡中心の生活に変えました。約25年ぶりに戻したという感じなのですが、正確には25年前は眼鏡のみの生活だったので、眼鏡(主)+コンタクトレンズ(従)の生活は、これが初めてとなります。25年前の青年に戻った気分でもあり、新しい自分を発見した気分でもあります♪

○主な出来事:
・1/16(木) MCEI大阪支部 2014年1月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/category/1284088.html
・1/18(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/118-0eb7.html

○本:「高山正之が米国 支那 韓国 朝日を斬る」高山正之著(テーミス)
以下、よく理解していなかった自分を恥じる。
・ポル・ポト派は支那が全てを操っていた。
・三木武夫が武器輸出3原則を共産圏以外に拡大したため、日本は退役艦隊をシーレーンの安全確保のためインドネシアやタイに譲渡する道を失った。
・サダム・フセインは女性を宗教から解放し、労働力を増強し国力・軍事力を増強、アラブのビッグ3が団結してアラブ民族主義国家連合が誕生しそうになった・・・欧米にとってこれに過ぎる悪夢はないため、9・11のどさくさに米国はサダムを倒した。
・朴正熙は日韓併合の恩恵を受け、日本軍を騙して日本軍人となり、日本が敗勢になると共産党に入り、戦後転んで米軍に取り入って、クーデターで権力を握った。
・パラオは、日本の委任統治領となったことで、インフラが整備され、日本は発電所・鰹節工場を整備した。・・・戦後、パラオを占領した米国は全てをぶち壊した。
・朝日新聞の植村隆は韓国人妻に吹き込まれて「朝鮮人従軍慰安婦」の嘘を書いて、日本を貶め、韓国の“歪んだ国益”に奉仕した。

○これから一週間の予定:
・1/25(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1401-02.pdf
・1/26(日) ポール持って歩こう会“すみよっさん参り”(大阪)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_kyoto_shichijo_1311-12.pdf

2014年1月18日 (土)

本日(1/18)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で76回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。

前回から3週間ぶり、今年初めての開催です。
大寒(1/20)が近くなり、一段と寒さが増してきました。そして、天気予報では夜には雪。。。
しかし、お天気は良く、また風もなく、恐れていた程の寒さもなさそうです。
むしろ、これくらいの寒さの方が、ノルディック・ウォーキング日和かもしれません。

今回の参加者はお二人です。
うちお一人が初めてということで、枚方公園駅前で準備体操と少し練習をした後、歩き始めました。
いつものように上流に向かいます。今回は、
淀川河川敷⇒関西医大病院前⇒天野川右岸⇒禁野橋⇒天野川左岸⇒枚方宿東見附⇒枚方宿西見附⇒水面廻廊⇒枚方公園駅
のコースを歩きました。
後半は、日が陰ってきて少し寒くなってきましたが、前半で身体が暖まっていたので、それほど気にはならず楽しく歩けたと思います

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg9093

Cimg9094

天野川の土手の上を歩きます
(Walking on the banks of Amano-river)
Cimg9095

京街道を歩きます
(Walking along Kyo-Kaido, Japanese old main road)
Cimg9098

枚方宿の鍵屋資料館
(Kagiya Museum at an old inn town Hirakata)
Cimg9099

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2014年1月13日 (月)

この一週間とちょっと(1/6-1/13)

◆世間では:
・たかじんさん死去
⇒あぶなそうだという話は流れていましたが、残念です。
・名護市長選告示
⇒日本の国防を沖縄県に押し付けるな、という沖縄県民の方々の気持ちは重くうけとめないといけないですね。
でも、沖縄が日本の国防にとって地政学的に重要な地域であることは、沖縄県民の方々も承知していることだと思います。
沖縄県の一部を特別な地域として、全国民が負担することはできないものでしょうか。。。
◆個人的には:
・相変わらず、ランの練習を続けています♪フォアフット・ランニングの特長と中足趾節間関節(MTP関節)の使い方:これが今週の課題でした♪

○主な出来事:
・1/13(月・祝) 第37回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-(大阪・枚方)(ボランティアスタッフ)
http://hirakata-taikyo.org/hhm/37th-hhm-guidebook.html

○本:「『永遠の0』と日本人」小川榮太郎 著(幻冬舎新書)
・アメリカ抜きに「戦後日本」は成立し得なかった。それにもかかわらず、我々日本人は、その、自らの生存に関する最も本質的な事実から目を逸らし、「平和憲法」のおかげで平和が続いたというフィクションを信じ込んでいる。
・日本の戦争を後進国による無謀な戦争と嘲笑する戦後の風潮は間違いだ・・・貧しい後進国日本は、政治・外交に弱く、戦争には滅法強かった。これが事実だった。
・フェラーズ(マッカーサーの副官)は・・・日本との争いの原因は米国側に罪があると言っている・・・「ルーズベルト大統領がアメリカの経済危機を避けるため、故意にアメリカを戦争に投げ込もうとしているとまでは言わない・・・ただ、どの政府も紛争や挑発のひとつを、たちどころに「正義の戦争の理由」に仕立てあげることができるということだ。」
・アメリカはこの戦勝で、本当に最後に笑う者になれたのか。・・・もし、戦前昭和、アメリカが、仮想敵国を日本だと思い誤ることなく、日本を信頼し、日米協調により、共産主義防衛に国家戦略を絞り、アジア太平洋の安全保障と利害を分け合うことにしていれば、ソ連の膨張も、中国の共産化も防げた可能性は充分あるだろう。・・・アメリカが今後急激な衰退を余儀なくされるとすれば、その遠因は、間違いなく大日本帝国を仮想敵国にしたことにある。これはひょっとすると二十世紀史最大の皮肉ではあるまいか。
・かたや日本にとっての大東亜戦争は・・・日本は大東亜共栄圏というアジアの成長経済圏を主張し、日本の利益のみならず、有色人種の白人からの解放を理念として掲げた。自国防衛とこの大義とに、帝国主義的な国力膨張欲が複合したのが、当時の日本の国策だった。・・・いずれにせよ、当時の日本の国策が、理念の追求でもあったこと――この理念性においてこそ、我々は当時のアメリカの密かな激しい嫉妬を買ったことを忘れてはならない。
・「国際社会」は、「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努力してゐ」ない。・・・中国、北朝鮮、韓国などの諸国の立居振舞を見れば、一々述べるまでもあるまい。・・・誰も本気で憲法前文を、実現しようなどと考えていない。・・・日本に牙をむく相手に対してこの論理を本気でぶつけて現実化しようとした人を、私は見たことがない。

○これから一週間の予定:
・1/16(木) MCEI大阪支部 2014年1月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
・1/18(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1401-02.pdf
・1/19(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・天満橋)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_tenmabashi_1401-02.pdf

2014年1月11日 (土)

フォアフット・ランニングの特長と中足趾節間関節(MTP関節)の使い方

駅伝で走ることになったこともあって、ランの練習を相変わらずぼちぼちと続けていますが、その中で気付いたことを少し。

少し前に、ランの練習をする中で、
「腕を後ろに引く=フォワード・サイクル(クロールの腕の動き)に対して、前に出す=バックワード・サイクル(背泳ぎの腕の動き)となることが、歩いている時よりも実感される」
旨を書きましたが、このバックワード・サイクルを意識した走りの延長線上には、前足部(フォアフット)で着地するフォアフット・ランニングがあることに、気付きました。
同時に、フォアフット・ランニングの特長として、中足趾節間関節(MTP関節)の使い方があるようにも感じました。

すなわち、私がフォアフット・ランニングで走っている際には(ということはバックワード・サイクルを意識した走りということになります)、MTP関節を
「着地時=屈曲 ⇒ 離地時=伸展」
のように使っていることに気付きました。
(一方の踵からの着地では、
「着地時=伸展 ⇒ 離地時=屈曲」
となる傾向があるように思います(腕を、後ろに引くか、前に出すかによって違ってはきますが)。)

もともと接地面積が広いフォアフットで着地し、下肢部の筋肉で衝撃を吸収・分散されることがフォアフット・ランニングの特長です。
ところが、そのことに加えて、MTP関節を「着地時=屈曲 ⇒ 離地時=伸展」のように(=バックワード・サイクルを意識して)使うことによって
①MTP関節の屈曲で着地時の面積をより広げて、膝等の関節に対する衝撃をより和らげる
②着地時にMTP関節を屈曲させることによって、体幹部がより安定する
③離地時にMTP関節の伸展を推進力としても利用できる
といった特長がフォアフット・ランニングに加わるのでは、と感じました。
(ただし、検証はできていません・・・)

2014年1月 5日 (日)

この一週間(12/30-1/5)

◆世間では:
・米慰安婦像の撤去請願署名10万超す
⇒まずは感謝。でも、世界の人々に事実を知ってもらうための闘いは、ようやく始まったばかりです。
◆個人的には:
・少しずつですが、ランの練習♪腕を後ろに引く=フォワード・サイクル(クロールの腕の動き)に対して、前に出す=バックワード・サイクル(背泳ぎの腕の動き)となることが、歩いている時よりも実感されます。

○主な出来事:
新年あけましておめでとうございます♪
この一週間、ほとんど何もせずにのんびりさせていただきました♭

○本:「永遠の0(ゼロ)」百田尚樹 著(講談社文庫)
小説なので、細かなことは述べませんが・・・
◆主人公の孫2人が「太平洋戦争」と言っているのはともかく、特攻隊の方々が「太平洋戦争」と言っているのには違和感を覚えざるを得ません。・・・と別のところで書いたのですが、見直してみると、一部にそのような部分もありましたが、ちゃんと「大東亜戦争」となっているところもありました。。。
(特に初めの部分だったためか、読後の印象が薄かったのかもしれません。。。ごめんなさいm(_ _)m)
いずれにしても、「今では太平洋戦争という呼び方が一般的になっているようだが、それは・・・のためであり、我が国の正式名称は大東亜戦争と言う・・・」
のような説明を入れて欲しかったと思っています。
◆気になった言葉:
・晩年に自らの人生を振り返って初めて、若い頃の輝きが見えてきた・・・あなたもいずれ年老いて、人生を振り返った時、今の自分がまったく違って見える時が来るでしょう。
・日本は民主主義の国となり、平和な社会を持った。・・・しかしその陰で大事なものを失った。戦後の民主主義と繁栄は、日本人から「道徳」を奪った・・・今、街には、自分さえよければいいという人間たちた溢れている。・・・わしは、少し長く生き過ぎたようだ。
・しかし今、確信します。(特攻に)「志願せず」と書いた男たちは本当に立派だった――と。自分の生死を一切のしがらみなく、自分一人の意志で決めた男こそ、本当の男だったと思います。私も含めて多くの日本人がそうした男であれば、あの戦争はもっと早く終わらせることが出来たかもしれません。

○これから一週間とちょっとの予定:
・1/11(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・1/12(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・天満橋)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_tenmabashi_1401-02.pdf
・1/13(月・祝) 第37回「新春走ろうかい」-ひらかたハーフマラソン-(大阪・枚方)(ボランティアスタッフ)
http://hirakata-taikyo.org/hhm/37th-hhm-guidebook.html

2014年1月 1日 (水)

2014年の始まりにあたって

新年あけましておめでとうございます。

2014年の漢字は「和」だそうです(「市原ぞうの国」(千葉県市原市))。「平和」や「和み」の年になるよう、この字が選ばれたとのことです。
2013年の「輪」からの連想で選ばれたこともあると捉えていますが、私は「回転」していく「輪」のイメージから、今年は「動」の年にしたいと思っています

昨年蒔いた種を形にすべく実際に動かしていく年、そのような「始動」「活動」「行動」の年、そのような年にできればと思っています。
例えば、昨年設立した(と言っても私は一翼を担っただけですが)全日本ノルディック・ウォーク連盟の大阪中央北支部を実際に動かしていきたい、ノルディック・ウォークという「運動」を通して「躍動」や「感動」を与えていきたい、そう思っています。

「動」には「動乱」「暴動」「激動」といったネガティブなイメージの言葉もあり、事実、世の中の動きにはそのような要素もあるのかもしれません。
しかし、そのような中にあっても、しなやかに「流動性」をもって、「能動的」に前を向いて進んでいきたいと思っています。

今年も平和が続く一年になって欲しいと願っています。
今年もよろしくお願いいたします♪

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31