無料ブログはココログ
フォト

« 韓国の反日主張、米議会中枢を侵食 下院外交委員長が慰安婦像を訪問 | トップページ | この一週間(2/3-2/9) »

2014年2月 2日 (日)

この一週間(1/27-2/2)

◆世間では:
・理化学研究所の小保方さん、新たな万能細胞「STAP細胞」開発
⇒よく、ダイバーシティ経営と言われますが、人種・性別・障がい者、に留まっていることが多いように思います。
型破りの発想をどう認め、どう経営に活かすか。おそらくこのことが、これから我が国が最も重視しなければならないポイントだと思います。
◆個人的には:
・大阪マスターズ陸上競技連盟の理事に選ばれました。当然、最も下っ端なので、いろんなことを実際に動かしていく立場になると思います。
今後も、マスターズ陸上および生涯スポーツ活動をよろしくお願いします♪

○主な出来事:
・2/1(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/125-c952.html

○本:「日本人の原点がわかる「国体」の授業」竹田恒泰著(PHP研究所)
・「国体」の語が死語になったのには理由がある。連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が使用を禁止したからだ。・・・GHQが使用を禁止した言葉であることから、「国体」の語は、日本人にとって重要な語であることが分かるでしょう。
・国体とは、日本人のアイデンティティの根本をなすものであり、それを変えてしまったら、もうその国ではなくなってしまうもの。「日本とはどういう国ですか」と聞かれて、一言で表現するなら何か。・・・私たち日本人は本来知っていて当然のことを知らない。・・・日本で唯一、天皇だけは替えがきかない。万が一、天皇が不在になったとしたら、もはや日本でなくなる。
・「天皇とは何ですか」という質問に一言で答えるとしたら、「祈る存在」です。何を祈っているかといえば、国民一人ひとりの幸せです。・・・これが、天皇が日本を「しらす」ということです。
・君民が一体となり、君民がともに国を治める「君民共治」こそが、日本の伝統的な統治形式なのです。
・日本のことを学ぶと、私たちは自ずと、まっとうな日本人の発想をすることができるようになり、美しい日本人の振る舞いができるようになる。・・・将来の日本を輝かせるのは、何か特別なことをするのではなく、私たち一人ひとりが、日本人の精神を大切に受け継いでいくことに行きつく。

○これから一週間の予定:
・2/8(土) 淀川河川公園背割堤地区の冬休み(京都・背割堤)
・2/9(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・天満橋)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_tenmabashi_1401-02.pdf

« 韓国の反日主張、米議会中枢を侵食 下院外交委員長が慰安婦像を訪問 | トップページ | この一週間(2/3-2/9) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(1/27-2/2):

« 韓国の反日主張、米議会中枢を侵食 下院外交委員長が慰安婦像を訪問 | トップページ | この一週間(2/3-2/9) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31