無料ブログはココログ
フォト

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

この一週間(3/24-3/30)

◆世間では:
・渡辺喜美、DHC会長から8億円を借り入れ
→どうしてみんな、嘘はばれないものと思ってしまうのでしょう?
◆個人的には:
・今年の桜は、いつの間にか咲いて散ってしまいました♪

○主な出来事:
特になし(飲み会のみ?)

○本:「間違いだらけのウォーキング」木寺英史 著(実業之日本社)
・「大股で、腕を振り、膝を伸ばし、つま先で地面を蹴る」:「伸展感覚の歩き」=股関節も膝関節も足関節(足首の関節)も伸展(伸ばす)方向にアクセントがある。着地した股関節を伸展させて足を後方にスイングさせながら、膝関節も足関節も伸展させる歩き方。・・・「地面を蹴る(押す)からからだが前に進む」
⇒たぶん、私と木寺先生はほとんど同じ認識だと思っているのですが、言葉だけから言えば、私の捉え方では、地面を蹴るのと押すのとでは全く違っていて、「地面を蹴る」=屈曲、「地面を押す」=伸展と私は捉えていて、私は「地面を押す」感覚を大切にしているのですが、強いて言えば、「伸展ドライブ」感覚となるのかもしれません。
・接地した足は一瞬だけ「柔らかい足」になり、その直後「硬い足」となってその上を体幹が通過していくことが理想。実は、「硬い足」はスネが外旋することによってつくられる。
⇒このように「硬い足」になることができずに、「柔らかい足」のままでいることが原因でシンスプリントなどの障害が発生しているのかもしれません。であれば、スネの外旋によって、障害を防ぐことができるのではと思っています。
・骨盤が前傾していると「からだ」は前に進みやすい。・・・腰(骨盤)を前傾させるには、胸を張ること。・・・これまでよりも胸を張るようにすると前進しやすいからだの状態を手に入れることができる。
⇒「からだ」を前に進めるためには、骨盤が前傾していることが前提となります。
・左右の「片踏み」を2回ずつ、4歩目で入れ替える歩行=3拍子のリズム
⇒この点に関しては、私も同じ考えです。3拍子のリズムは最も前に進みやすいリズムです。

○これから一週間の予定:
・4/6(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・天満橋)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_tenmabashi_1403-04.pdf

2014年3月23日 (日)

この一週間(3/17-3/23)

◆世間では:
・露、クリミア併合
→プーチン大統領は、いったいどのような未来を理想として思い描いているのだろうか?ここがわからないと、冷静に対処しようにも、方向性すら見えないように思います。いずれにしても、支那を牽制することだけは怠らないようにしないといけないでしょう。
◆個人的には:
・歩くことに関しての最近の私の関心は、①「バックワードサイクルで歩く際にMTP関節も動員する」ことでした。
最近、木寺先生の「間違いだらけのウォーキング」を読んで、②「接地直後に支持脚と同側の腰を前に出す感覚」を思い出しました。
そして、①と②は相反するものではなく、組み合わせることで、より大きな効果が得られるのでは?と思っています♪

○主な出来事:
・3/21(金・祝) 第12回ケメコ・ジャンボリー(京都・六地蔵)
・3/23(日) 近畿マスターズ駅伝(滋賀・希望が丘文化公園陸上競技場)

○本:「人助け企業≪ミリオネア・メッセンジャー≫」ブレンドン・バーチャード 著、田村源二訳(ヒカルランド)
・あなたの体験談、知識、メッセージ(自分の体験から得られた、世の人々に伝えたい知恵)には、あなたが夢想もしなかったほどの重要性と大きな市場価値がある。
・誰だって、特定の専門領域を学び、マスターできる。誰だって、自分が得た知識を整理し、まとめ、人助けのアドバイスにすることができるのだし、今日では、ウェブサイトを立ち上げ、そこで自分のプログラムを売ることもできる。
・成功するエキスパートに共通することは、正しい「マインドセット」と、従うべき正しい「マンデート(鉄則)」を持っているということ。しっかりとしたビジネスを開始し、拡大するのに役立つ、正しい「心がまえ」と「やるべきことの実践」があって初めてエキスパートとして成功できる。
・自分の知っていることを人に分け与え、人に奉仕したいというこの渇望こそ、「自分のメッセージや考えには価値があるのだ」というエキスパートの信念を作り上げるもの・・・「倫理的義務」「使命」
・私が盗みを恐れず、何でも分け合いたいと思う最大の理由は、「私は自分がクリエイターだとわかっているから」というものだ。たとえ今日トレーニングのアイデアやコンテンツを全て盗まれたとしても、明日また新しい情報を創れるという自信が私にはある。
・自己表現をしてメッセージや知識を伝える努力をしてこそ、自分を見つめられるのであり、自分の力を発見できるのだ。

○これから一週間の予定:
・3/29(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1403-04.pdf
・3/30(日) ポール持って歩こう会(芦屋→西宮)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_pole_arukoukai_140330.pdf

2014年3月16日 (日)

この一週間(3/10-3/16)

◆世間では:
・STAP細胞論文、捏造疑惑
→何とも、気分が滅入る事件です。本人に非があるとはいえ、チェック機能が働いていれば本来は部内の叱責で済んだはずが、本人の研究者生命の終わりと我が国の科学技術の信頼低下にまで影響が及んでしまいました。。。理研の幹部は、我が国の科学者全員に謝罪した上で、本人の自業自得とは言え、研究者生命を絶ってしまったこと(に多分なるでしょう)に対して責任を負うべきだと、個人的には思っています。
◆個人的には:
・今週は好天に恵まれたにもかかわらず(それ故に?)、参加者が集まらずノルディック・ウォーキングの体験会はなしでした。。。陸上競技の比重が高まってきている、今日この頃です♪

○主な出来事:
・3/13(木) MCEI大阪支部 2014年3月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15040248.html

○本:「そして日本経済が世界の希望になる」ポール・クルーグマン 著、山形浩生 監訳(PHP新書)
・金融緩和には、大きく分ければ二つの成功条件がある。第一条件は、人々がもつ将来への期待を変えること(これはさらに①国家の経済は将来的に落ち込まない、と人々が信じること、②中央銀行が実際に、その金融緩和を実現に移す、と信じられること、の二つに分類できる)。第二条件は、短期金利がゼロであること。
・黒田総裁は何が何でもこのデフレから脱却する、できることは何でもやる、と公言し、行動し続けるべきだ。・・・かつて日銀がとったような、インフレ目標を達成する自信がないので失敗して恥をかくくらいなら兆戦しない、という態度は絶対に避けるべきだ。
・かつて債務比率の高かった国が、いかにその比率を削減したのか、という歴史から学べることは少なくない。・・・彼らは決して、借金を返済しようとはしなかった。穏やかなインフレと経済成長を両立させながら、少しずつ均衡策を実施していったのだ。・・・ここに、日本が参考にすべき手法がある。
・日本に対してIMFやOECDはしきりに消費増税の実施を要求しているが、いったい何を考えているのか、私には理解できない。・・・責任ある財政を求める時期尚早の努力は、回復をかえって遅らせ、経済を弱らせる結果を招いてしまう。・・・「OECDのアドバイスは無視すべき」。これが、日本に対する私のアドバイスだ。
・国家が成長戦略を定めるというターゲティングポリシーは今日、どこまで有効だろうか。少なくとも明らかになっているのは、政府が「どの産業が将来、勝ち組になるのか」ということを決めようとすべきではない、ということだ。
・スティグリッツは「TPPとは管理貿易であり、自由貿易ではない。国の利益ではなく、産業の利権を代表するものである」と述べているが、彼の指摘は的を射ている。

○これから一週間の予定:
・3/22(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・天満橋)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_tenmabashi_1403-04.pdf
・3/23(日) 近畿マスターズ駅伝(滋賀・希望が丘文化公園陸上競技場)

2014年3月 9日 (日)

この一週間(3/3-3/9)

◆世間では:
・ロシア軍クリミア半島侵攻&ソチ・パラリンピック
→このタイミングで、という感じですが、何が問題なのかを明確にして欲しいと思います。個人的には、支那のチベット・ウイグル侵攻の方が問題だと思っています。
◆個人的には:
・人間ドックの週。久し振りの休肝日でした♪

○主な出来事:
特になしでした。

○本:「英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄」ヘンリー・S・ストークス 著(祥伝社新書)
・日本はアジア諸民族に、民族平等というまったく新しい概念を示して、あっという間に、その目標を実現させた。植民地支配という動機とは、まったく異なっていた。日本はアジア諸民族が独立することを切望していた。・・・西洋人はこうしたまったく新しい観点から、世界史を見直す必要がある。
・東京裁判の法廷で裁かれそうになったのは、西洋世界のあり方そのものだった。私はこれこそ、東京裁判の核心だったと思う。・・・マッカーサーの意図に反して、検察として罪を告訴する側が、最も重い罪を数々犯してきていた。・・・フェア・プレーの精神を地に貶めて、欺瞞を貫いた。それが東京裁判だった。
・戦犯の合祀のことが取り沙汰されるが、1955(昭和30)年7月に、衆議院本会議で426名の国会議員が、赦免決議を可決した。この国会決議によって、日本から「戦犯」がいなくなった。日本の大新聞は、靖国神社に「A級戦犯」が祀られているのは許せない、と主張しているが、それは国会決議を無視、否定していることになる。それだったら日本の民主主義がおかしいと主張し、国会を否定すべきだろう。
・日本国憲法は、日本人によって「平和憲法」と呼ばれているが、前文を冷静に読んでみれば、「属国憲法」であることがよくわかる。前文で約束させられていることは、「日本国民はその生存をアメリカに委ねる」ということだ。
・日本が戦争を戦った真実を把握するには、「大アジア」を戦場として、アジア諸民族を搾取する植民地支配者であった欧米諸国と戦い、アジアを解放した「大東亜戦争史観」をもって見る必要がある。アジアを蹂躙し、植民地支配をしたアメリカもヨーロッパ諸国も、「大東亜戦争史観」という観点から歴史を見られることだけは、決定的にまずい。・・・アジア独立に日本が果たした貢献を知られると、欧米の悪行があからさまになってしまうからだ。

○これから一週間の予定:
・3/13(木) MCEI大阪支部 2014年3月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
・3/15(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1403-04.pdf
・3/16(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)

2014年3月 2日 (日)

この一週間(2/24-3/2)

◆世間では:
・河野談話検証
→いよいよ終盤でしょうか?
◆個人的には:
・今年に入って、ノルディック・ウォーキングの大きなイベントに限って中止になっていたのですが、先週、今週と、何とかお天気がもって開催できました♪

○主な出来事:
・3/2(日) ノルディック・ウォーキング体験講座(大阪・摂津市立千里丘公民館)

○本:「知られざる職種 アグリゲーター」柴沼俊一・瀬川明秀 著(日経BP社)
・個人に求められる力とは「新しい価値を生み出すこと」。そうした力を備え、ビジョンを持って企業内外で活躍する人々を本書では「アグリゲーター(aggregator)」と呼ぶ。
・個人が自らを省みて、自分を変え続けるとともに、なすべきことの実現に他者を巻き込んで前進できる――。そんな人々が、これからの時代に求められている。
・人材とはコスト(費用)であり、人財はアセット(資産)だ。・・・「人材(費用)」は管理するものだが、社員を「人財(資産)」として捉えると、それは活用の対象になっていく。
・「イノベーション」は、全く新しいものを生み出すことではない。新しい技術やサービスをゼロから生み出すには不可能だ。イノベーションに必要なのは、新しい考え方である。既にある技術やサービスを組み合わせで結び付けて、これまでにない価値が生まれれば、それもイノベーションである。
・イノベーションはいくつかのプロセスを経て生まれてくる。そこには発想、構想、実行、そして、事業化という段階がある。・・・「発想から構想」へ至るプロセスこそが、日本企業が最も苦手としている過程である。
・「芸術と芸事の違い」(岡本太郎『今日の芸術』):「芸術」が、ほかの人が受け入れてくれるかどうかを気にせず、「新しさ」や自らの主張そのものを尊重するのに対し、「芸事」は、過去に正しいとされた形を継承していく姿勢を尊重している。
・P&G:メーカーの頭脳ともいえる研究開発部門には、外部の研究機関や企業による技術や成果を柔軟に取り入れ、R&Dの位置付けをC&D(Connect & Development)へと変えた。
・働き方を管理するよりも、その成果・アウトプットや能力を評価すること、さらに、求める人財の自主性・プロフェッショナリズムを追求すべき。なぜなら、その方が個人の成長が促され、組織の成長にも貢献するからだ。

○これから一週間の予定:
・3/8(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・3/9(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・天満橋)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_tenmabashi_1403-04.pdf

2014年の2月

♪このひと月・・・ソチ冬季オリンピックの1ヶ月でしたが、間もなく始まるパラリンピックも注目ですね♭
♪私にとっては・・・・咽喉の痛みに悩まされています。。。風邪からくる軽い炎症が続いているのだと思っていますが、PM2.5や花粉の影響も気になるところです♪

♪今月の話題は「シフトしなくちゃ!」(3つのシフト)です。
MCEI大阪支部 2014年2月度 定例会で「さとなお」さんこと佐藤尚之さんからお聞きしたお話です。
既に、MCEI大阪支部の理事長もまとめられていますが、私の感想も加えて、以下のようにまとめてみました。(まとまっていない?)
①まず、1番目の「シフトしなくちゃ!」は、「コミュニケーション・シフト」です。
・情報が溢れている状況は、情報を伝えたい企業にとって超アウェイな状況。
・このような状況で、企業は「強制的に見せる」(生活者=ターゲット)から、「興味を持ってもらう」「共感を抱いてもらう」(生活者=パートナー)にシフト。
・これまでのマスメディアではスルーしていた生活者が態度変容するのがマンメディアであり、友人が最強メディアとなった。
⇒この「友人」が情報を選ぶ基準は、イノベーションを担っているというモチベーションと何となく似ている??
②次は「プラットフォーム・シフト」
・情報共有プラットフォームを設計するのがプランナーの仕事になった。
・弱い紐帯を通して、思いもよらない情報が広がる。←ここを設計していこう。
・友人に教えたくなる情報でなければ伝わらない。
・だから、メディア発想から脱却し、共有(シェア)してくれる場を設計しよう。
⇒まずは、生活者本人が、多様性を楽しめるようにならないといけないのかもしれません♪
③最後は「ソーシャル・シフト」
・コミュニケーションは、企業の課題を解決するもの(マスメディア)から、生活者の課題を解決するもの(マンメディア)へ。
・結果、コミュニケーションはハピネスを届けている=商品・サービスそのもの、となった。
・これはすなわち、コミュニケーション領域が、企業の本業と限りなく重なってきたということ。
・そのため企業では、社内と社外の共感が一致する必要が出てきた(企業の存在意義、なりたい姿、独自価値、において)。
⇒企業が、社員の内面を把握して、更には管理するためにできることって何?

◆2月のイベントへの参加は以下の2件でした♪
・2/2(日) 大阪マスターズ陸上競技連盟総会・懇親会(大阪)
・2/13(木) MCEI大阪支部 2014年2月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html

◆2月のノルディック・ウォーキング体験会の開催は3回でした。
まだ気候は安定しませんが、徐々に春らしくなって、気持ちよく歩けるようになってきました♪
・2/1(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/125-c952.html
・2/11(火・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/211-ed18.html
・2/23(日) ノルディック・ウォーキング体験講座(大阪・摂津市立千里丘公民館)

◆今月のことば:
「何より大事なのは、成果(「手応え」)を分かりやすく伝える「可視化」。」(「Social Design」並河 進 著(木楽舎)より)

◆3月の予定:
・3/2(日) ノルディック・ウォーキング体験講座(大阪・摂津市立千里丘公民館)(開催済)
・3/8(土) ノルディック・ウォーキング教室(東宇治スポーツクラブ主催)
http://www.higashiuji-sc.com/service/
・3/9(日)、3/22(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・天満橋)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_tenmabashi_1403-04.pdf
・3/13(木) MCEI大阪支部 2014年3月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
・3/15(土)、3/29(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1403-04.pdf
・3/16(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
・3/23(日) 近畿マスターズ駅伝(滋賀・希望が丘文化公園陸上競技場)
・3/30(日) ポール持って歩こう会(芦屋→西宮)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_pole_arukoukai_140330.pdf

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31