無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(4/21-4/27) | トップページ | 「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」③離地直前にお尻で着地脚の踵を後ろに押す(その2) »

2014年4月29日 (火)

「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」③離地直前にお尻で着地脚の踵を後ろに押す(その1)

ここでは、歩くことにおいて、骨盤は水平面(真上から見た平面)でのみ回旋運動をしているだけではないことをまずは意識していただければと思います。
前額面(正面から見た平面)でも骨盤は回旋運動をしています。
そして、この動きを矢状面(真横からみた平面)で見ると、円(楕円かもしれませんが)を描いています。
すなわち、骨盤は、身体の真ん中を頂点として、円錐をくっ付けたような軌道を動いていることを理解していただければと思います。
そして、このとき、この動きを矢状面で見た場合、骨盤の回転方向によって、自転車を漕ぐような方向に回転する場合と自転車を漕ぐのと反対の方向に回転する場合とがあると思います。
前者をフォワードサイクル、後者をバックワードサイクルと呼んでいます(そう呼んでいるのは、小田先生や木寺先生の「常歩研究会」だけかもしれませんが・・・)。
それぞれのサイクルの歩き方を特徴付けるとすれば、「フォワードサイクルは自分の力のみで歩く歩き方」、「バックワードサイクルは歩く際に自分の力だけではなく、重力を利用する歩き方」と言えるかもしれません。
一方で、「歩く動作」と「走る動作」の違いを、「走る動作」が、足首や膝のバネを使った動作であることに対して、「歩く動作」は、足首や膝のバネを封印された動作と捉えた場合、「走る動作」は「フォワードサイクル」、「歩く動作」は「バックワードサイクル」と捉えることができるかもしれません。

ここで、「離地直前にお尻で着地脚の踵を後ろに押す」動きは、上記したサイクルの中で「バックワードサイクル」に特徴的な動きです。
「バックワードサイクル」では、骨盤は接地時の前から始まって「前→上→後→下→前」と回転していきます。
離地時には、「上→後→下」の回転において、感覚的にはほとんど真上から真下にお尻を押さえつける動きとなります。
「フォワードサイクル」では、この時の動きは「前→下→後」となり、足首や膝のバネを利用して下肢を後方にスイングしやすい状況となります。一方で「バックワードサイクル」は重力の方向に力を加えることでより効率的に前に進めることが特徴であると捉えています。

なお、「バックワードサイクル」における骨盤の動きが「前→上→後→下→前」であることから、この時のお尻(主に大臀筋を意識)の動きを意識するためには、
「下り坂を後ろ向き歩行」
が有効と捉えています。この動作は、後方にブレーキをかけながら坂を下りていく動作であり、そのことが、前方への推進力に繋がるものと捉えています。(つづく)

« この一週間(4/21-4/27) | トップページ | 「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」③離地直前にお尻で着地脚の踵を後ろに押す(その2) »

二軸動作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一週間(4/21-4/27) | トップページ | 「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」③離地直前にお尻で着地脚の踵を後ろに押す(その2) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31