無料ブログはココログ
フォト

« 本日(4/27)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島) | トップページ | 「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」③離地直前にお尻で着地脚の踵を後ろに押す(その1) »

2014年4月27日 (日)

この一週間(4/21-4/27)

◆世間では:
・オバマ大統領来日
→「サシ会談」が幻に終わったのは痛かったと思います。
◆個人的には:
・坐骨神経痛ようやく治りました。
・昨日の研修会で経験したことです。懇親会で記念撮影をした後のこと、目の前に生えていたクローバーを見た瞬間「四葉のクローバー」のことが脳裏に浮かび、何気に探してみると、2、3秒後には「四葉のクローバー」が手の中にありました。「四葉のクローバー」は探すものではなく、見つけさせられるものなのかもしれません。

○主な出来事:
・4/26(日) 第16回近畿マスターズ陸上記録会兼合同研修会(大阪・服部緑地陸公園上競技場)
・4/27(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/427-7d45.html

○本:「資本主義の終焉と歴史の危機」水野和夫 著(集英社新書)
・資本主義は「中心」と「周辺」から構成され、「周辺」つまり、いわゆるフロンティアを広げることによって「中心」が利潤率を高め、資本の自己増殖を推進していくシステム。
・私が資本主義の終焉を指摘することで警鐘を鳴らしたいのは、「成長教」にしがみつき続けることが、かえって大勢の人々を不幸にしてしまい、その結果、近代国家の基盤を危うくさせてしまうから。
・新しい空間を創造して高い投資機会を見出そうとするグローバリゼーションは、現代の「空間革命」。
・「価格革命」が起きるのは、異なる経済圏が統合されるとき、「周辺」の経済圏が「中心」を飲み込んでしまうとき。
・こうした難しい転換期において日本は新しいシステムを生み出すポテンシャルという点で、世界の中で最も優位な立場にあると私は考える。その理由は、逆説的に聞こえるかもしれ・ないが、先進国の中で最も早く資本主義の限界に突き当たっているのが日本だから。

○これから一週間の予定:
・4/29(火・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1403-04.pdf
・5/4(日) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・天満橋)

« 本日(4/27)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島) | トップページ | 「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」③離地直前にお尻で着地脚の踵を後ろに押す(その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(4/21-4/27):

« 本日(4/27)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島) | トップページ | 「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」③離地直前にお尻で着地脚の踵を後ろに押す(その1) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31