無料ブログはココログ
フォト

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

この一週間(6/23-6/29)

◆世間では:
米軍慰安婦
→ようやく本当のことが言えるようになってきたということですね。

◆個人的には:
PCのプロバイダーを変えざるを得なくなり、アドレスも変わりました。生まれ変わった気持ちになれればと思っています。

○主な出来事:
特になし。

○本:
人生の9割は逃げていい。」井口晃 著(すばる舎)
・好きではない仕事で結果を出せるほど、世の中は甘くない。大好きで情熱的になれる仕事を、「逃げること」を通じて見つけるしかない。
・セルフイメージを下げることほど、人生の致命傷になることはない。チャレンジ精神も、スキルに対する向上心も失わせてしまう。
・人生は永遠ではない。時間は有限。自分に向いていない仕事をいやいや我慢しながら頑張っている時間などない。・・・勝てない勝負は、逃げるに限る。
・仕事は、多少雑でもいいからスピードを重視。また、スピードを上げるためには、多くの人の意見を求めないこと。上司にも・・・事後報告を基本とする。
・人は、環境に影響を受ける。・・・あなたを成長させてくれるコミュニティに入れば、セルフイメージなど簡単に引き上げられる。
・セルフイメージさえ高く設定できれば、行動も思考も変わる。・・・理想の人生を達成している人にしか、その人生を実現させる方法はわからない。それなら、そういう人に会って、話を聞いて、それを実行していくしかない。

○これから一週間の予定:
7/5(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

2014年6月27日 (金)

ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(7/6)

「20140706.pdf」をダウンロード

2014年6月22日 (日)

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)』(7月)

経験者はもちろん、日頃体を動かす機会がほとんど無いという方、ノルディックウォーキングは初めてという方が安心してご参加頂けますよう、インストラクターが担当させて頂きます。
ノルディックウォーキングに興味をお持ちの方や、ウォーキングをしていて膝や腰の痛みが気になる方など、是非一度お試しください。皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。


■開催日時
平成26年7月5日(土),19日(土),26日(土)時間はいずれも10:30~13:00
■集合場所
 京阪電鉄 枚方公園駅 西口駅前広場(バス停のない方)
 ※ポールを持ったスタッフが立っています。
■参加料
 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)
■持ち物
 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。)
 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。
■申込方法
インターネット環境のある方は、ホームページ上のお申し込みフォームをご利用ください
メールにてお申し込み頂く場合は、下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールが返信されます。
※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。
件 名「〇〇月〇〇日 大阪枚方会場参加希望」と記載
本 文「 氏名,生年月日,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」
 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。


☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。
☆ 次回以降の開催予定は http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/ をご覧ください。

この一週間(6/16-6/22)

◆世間では:
河野談話検証
→これで、ようやくスタートラインです。

◆個人的には:
・先週から、夏バテのような状況が続いています。。。N源不足のようにも感じているので、アミノ酸を多めに摂るように心がけているのですが♪

○主な出来事:
6/21(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/621-7a78.html

○本:「
しない生活」小池龍之介 著(幻冬舎新書)
・「どちらが得か」で迷うこと自体、心にとっては損。
・「他人の心なんて諸行無常、ブレるなんて当たり前」と思えば寛容になれる。すると自らの心も守れるうえに、相手を長い目で見守ってあげることにもなる。
・優しい行動は相手の心を和らげる以前に、自らの心を和らげてくれる。
・自分の心の声を、まずは自分が聞き取ろうとすること。それが仏教のもっとも大事な修行でもあり、そうして自分に聞き取ってもらえた感情は、ホッとして静まりゆく。
・「ありえない!」という言葉の傲慢さは、現実に目の前で起きている事実を拒絶することによって、私たちの心を不寛容にさせ、いら立たせる。・・・全ては「ありえる」と開き直れば、心は強くなる。
・困った時こそ静かに立ち止まり、何かをつけ足そうともがいたり引き算しようともがいたりせずに、ただただ内省することこそが、そこから最良の学びを引き出してくれる。

○これから一週間の予定:
6/28(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1405-06.pdf

2014年6月21日 (土)

本日(6/21)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で80回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。

今年に入って1月、2月と順調に体験会を開催してきたのですが、3月以降天候に恵まれなかったりしたため、2月11日以来、実に4ヶ月ぶりの開催です。

季節は、冬から春を飛び越えて、既に夏!です。
梅雨の間只中ということで、お天気が気になっていましたが、雨の降り始めの予想時刻がどんどん遅くなり、何とかノルディック・ウォーキング日和となりました。

今回の参加者は初めての方お二人です。
いつものとおり、枚方公園駅前で準備体操と少し練習をした後、歩き始めました。
今回は一旦上流に向かった後で下流に向い、水面廻廊を歩いて戻ってくるという
淀川河川敷⇒関西医大病院前⇒再び淀川河川敷⇒水面廻廊⇒枚方公園駅
のコースを歩きました。

最初は蒸し暑さを感じながらのウォーキングとなりましたが、次第に雨雲が近づいてきたためか涼しさも感じるようになり、
気持ちよくノルディック・ウォーキングができました。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg9608

Cimg9609

水面廻廊を歩きます
(Walking along water corridors)
Cimg9610

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。

http://www7b.biglobe.ne.jp/%7Emutsuda/knw/


なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2014年6月15日 (日)

この一週間(6/9-6/15)

◆世間では:
桂宮さま、突然の薨去
→隠し子でもいいから、男系天皇の継承者が一人でも多くいて欲しい、と思ってしまうのは私だけでしょうか。。。
◆個人的には:
・「肩甲骨ストレッチ」としての「∞(無限大)腕振り」、アップしました♪これで、私の務めも終わりかな♭

○主な出来事:
・特になし

○本:
「中国崩壊前夜」長谷川慶太郎 著(東洋経済新報社)
・仮に、中国が北朝鮮を放棄した場合、朝鮮半島は南北統一に向けた動きが加速することになろう。・・・しかしながら、今、韓国経済も青息吐息の状態である。そこに北朝鮮を抱えることになれば、韓国自体が破綻に陥る可能性すらある。そこで、必要となるのが日本の支援なのである。国際外交の現場では、このシナリオに備えて動き始めている。

・意外と知られていないが、中国の人民解放軍は、実は国軍ではなく中国共産党のための軍隊である。・・・「改革開放路線」へと転換して以降、経済重視・国際協調路線を望む共産党政府と、軍事重視・膨張路線を望む人民解放軍との間で、熾烈な抗争が繰り広げられてきた。

・万が一にも、人民解放軍が共産党の中央委員会、中央に対して反旗を翻すような事態が起こった場合には、中華人民共和国は一瞬のうちに崩壊する。・・・そうなれば中国は、抗争、内乱等の大混乱を経て、各地にそれぞれ、解放軍の幹部が中心となって成立する新しい国家が次々に生まれることになるだろう。具体的には、中国全土が現在ある七つの大軍区(瀋陽軍区、北京軍区、済南軍区、南京軍区、広州軍区、成都軍区、蘭州軍区)に従って、それぞれが独立国家になる。

・混乱した中国に対しては、日本の企業も国民も、企業としても個人としても介入することは絶対に忌避しなければならない。

○これから一週間の予定:
6/21(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1405-06.pdf
6/22() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・中之島)
http://www.nordic-walk.or.jp/schedule/workshop.aspx

2014年6月14日 (土)

「肩甲骨ストレッチ」としての「∞(無限大)腕振り」

「∞(無限大)腕振り」の「肩甲骨ストレッチ」としての可能性について考えてみました。

 

前回「∞(無限大)腕振り」を書きながら、「これは肩甲骨の動的ストレッチの一種になるのかなぁ」とおぼろげながら思っていたのですが、特に確認することもなく、今まで経過しました。

が、何となく気になる状態が続いているため、「そもそもストレッチとは何か?」というところから、簡単に調べてみました。(と言っても、ほとんどがウィキペディア(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81)で確認しただけですが・・・)

 

その結果、世間で一般的に「ストレッチ」と言われているものは、だいたい以下の4つに分類されていることが分かりました。

①静的ストレッチ(スタティックストレッチ)

②動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)

③反動ストレッチ(バリスティックストレッチ)

④(徒手)抵抗ストレッチ(PNFストレッチ)

※③は②の中に含まれるという考え方もあるようです。

※④「(徒手)抵抗ストレッチ」とは、本来は抵抗を加えてくれる補助者と二人で実施するもので、「コントラクト・リラックス」と「ホールド・リラックス」や「アイソトニック法」と「アイソトリック法」に分類されることもあるようです。(PNFというのは理学療法士の専門用語で、資格と関係するもののようなので、ここでは対象から外します。)

 

以上のように「ストレッチ」に関しておさらいした後で、今一度「∞(無限大)腕振り」を見直してみます。

 

すると、初めに書いたように、私が「∞(無限大)腕振り」が分類されると思っていた②「動的ストレッチ」は、実はラジオ体操のような動きを言い、どちらかというと普通の腕振りが該当するようで、どうもこれには当たらないようです。

 

代わって、「∞(無限大)腕振り」は、両手の筋肉(というか実際には「肩甲骨」を動かす筋肉)が、「∞(無限大)」の軌跡を描く際に、反対の手(肩甲骨)から抵抗を受けていることから、④「(徒手)抵抗ストレッチ」に分類されるものと思われました。

 

ここで、それぞれの手(肩甲骨)が動いている方向と、手の筋肉(肩甲骨周辺の筋肉)がうける抵抗の向きには「コンセントリック」(短縮性)と「エキセントリック」(伸縮性)の2つの場合があることがわかります。

このことから、「∞(無限大)腕振り」では、一方の手の筋肉(というか実際には「肩甲骨」を動かす筋肉)が抵抗をかけることで「コンセントリック」収縮し、もう一方の手の筋肉(こちらも「肩甲骨」を動かす筋肉)は抵抗を受けることで「エキセントリック」収縮していることがわかります。

そして、左右の手(肩甲骨)は「コンセントリック」収縮と「エキセントリック」収縮を交互に繰り返すことになります。

なお、この時かかっている(受けている)抵抗はほぼ一定であると思われることから、「アイソトニック法」に分類されるものと捉えています(一定であることの確証はなく、どちらかといえば、「アイソキネティック」に近いのかもしれませんが・・・)。

また、「「(徒手)抵抗ストレッチ」は、本来は抵抗を加えてくれる補助者と二人で実施するもの」と書きましたが、「∞(無限大)腕振り」では、反対側の手が補助者の役割を果たしてくれるため、ひとりでもできる「(徒手)抵抗ストレッチ」となっていると思われます。

 

以上より、「∞(無限大)腕振り」は、

「コンセントリック」収縮と「エキセントリック」収縮を交互に繰り返す、

「(徒手)抵抗ストレッチ」の「アイソトニック法」に分類される、

ひとりでできる「肩甲骨ストレッチ」、

と言うことができると思います。

 

以下、補足です。

・前回、「「∞(無限大)」を描くように、目の前で合せた指先を動かす」と書きましたが、動かす方向には二つの方向があります。「「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」③離地直前にお尻で着地脚の踵を後ろに押す(その1)」で書かせていただいた「フォワードサイクル」と「バックワードサイクル」の二つの方向です。これまで、実際に動かす方向としては「バックワードサイクル」を推奨してきましたが、ストレッチは柔軟性を高めて可動域を広げるのが目的であることから、両方の方向で実施するのが有用だと思っています。

・前回、「目の前で左右の指先を合せる」と書きましたが、不安定な場合には掌を合わせても構わないと思っています。ただし、掌を合わせると、松村先生の言う「身体の末端を制御する」ことからは、少し外れるかもしれません。

2014年6月 8日 (日)

この一週間(6/2-6/8)

◆世間では:
・天安門事件から25年
→あの時、我が国の海部内閣が支那に対して制裁を解除しなければ、世界はもっと平和になっていたはずなのに。。。
◆個人的には:
・「∞(無限大)腕振り」アップしました♪

○主な出来事:
・6/5(木) MCEI大阪支部 2014年6月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15078049.html
・6/7(土) カフェサリーのノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/67-cac9.html

○本:「知性を磨く」田坂広志 著(光文社新書)
・「割り切りとは、魂の弱さである」(亀井勝一郎)・・・「割り切り」の心の姿勢は、心が楽になっている。しかし、「腹決め」の心の姿勢は、心が楽になっていない。
・我々が、自身の中にある「思い込み」と「固定観念」に気がついたとき、我々は、これまで無意識に抑圧してきた「隠れた才能」を開花させていくことができる。
・我々が、真に「知性を磨く」ためには、二つのことが求められる。一つは「答えの無い問い」を問う力を身につけること。もう一つは、「知識と知恵の錯覚」の病に罹らないこと。
・「七つのレベルの思考」(「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」)を身につけるのは、実は、それほど、難しくない。ただ一つのことを行うだけで、この「七つのレベルの思考」が、身につき始める。・・・「自己限定」を捨てる。
・厄介な「エゴ」への処し方=ただ、静かに見つめる。・・・「内観」という修業の、本当の意味。
・自分の中にある「複数の人格」を認め、受け容れることによって、「自己限定の深層意識」から解放され、それぞれの「人格」に付随する「才能」をどれも抑圧せず、否定せず、開花させていくことができる。
・「「知性」は、これまで世界を「解釈」してきたにすぎない。大切なことは、それを「変革」することである。」(カール・マルクス)

○これから一週間の予定:
特になし(お天気がよければお墓参りくらいです♪)

「∞(無限大)腕振り」(「腕を振るな、肩甲骨を回せ!」その後)

「肩甲骨をバックワードで大きく回転させることで、骨盤の回転(この場合もバックワード)も大きくなり、その結果、速く(または身体に優しく)歩けるようになる」と述べました。

また、この肩甲骨の回転をサポートするものとして、ノルディック・ウォーキングが有用であると捉えている旨を述べました。

 

ただし、このように述べてから今までの約1ヶ月を振り返ってみると、決してノルディック・ウォーキングの有用性が実績に結びついていないのみならず、加えて「第6回南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(結果報告)」で述べたように、ノルディック・ウォーキングのポールで突くことを意識から外すことが課題となってきたように感じています。

 

そのような時に、松村卓先生の「「骨ストレッチ」ランニング」(講談社+α新書)を読ませていただきました。

そして、この本の考え方を取り入れて(というか勝手に解釈して)考えてみたのが標題の「∞(無限大)腕振り」です。

と言っても、純粋な腕振りではありません(そもそも、「腕を振るな」と自分で書いているので)・・・ですが、この動きが肩甲骨の回転、更には骨盤の回転へと結びつくものとして、捉えているので披瀝させていただきます。

 

このような「∞(無限大)腕振り」ですが、具体的な手順は以下の通りです。

①目の前で左右の指先を合せる

(「松村先生流では親指と小指だけを合せる」ということになるのかもしれませんが、この方が安定するように感じるので、とりあえずはこれのように書かせていただきました。慣れれば親指と小指だけの方がいいかもしれません。)

②ゆっくりと「∞(無限大)」を描くように、目の前で合せた指先を動かす

③次第に大きく動かし、肩や肩甲骨の動き(回転)も意識する

④できれば骨盤の回転も意識して、肩や肩甲骨と合わせて動かす

⑤できれば歩いてみる

 

このような感じとなります。

「肩甲骨を回せ!」を書いた時と比較すると、回し方が「バックワードサイクル」から「∞(無限大)」となったことが変わったといえば変わったところではありますが、それよりも肩甲骨に軽く負荷をかけて動かす(松村先生のことばでは「身体の末端を制御する」ということになります)ことの方が大きな変化(できれば「進化」であって欲しい)だと思っています。

2014年6月 7日 (土)

6/7カフェサリーのノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方市)

4回目のカフェサリーさん主催のノルディック・ウォーキング体験会を開催しました。
昨年の11月以来、6ヶ月半ぶりの開催となります。
過去2回は冬だったのに対して、今回は初夏。ただし、少し前の猛暑日のような暑さはなく(結局この日の最高気温は25.0℃)、ノルディック・ウォーキング日和となりました♪
ただし、天気予報では昼過ぎまで雨。出発時刻の14:30が近づいても小雨がぱらついていましたが、天気は急速に回復して陽射しが照りつけるまでになりました。
カフェサリー(集合) ⇒ 南部生涯学習市民センター ⇒ 天野川の土手 ⇒ 釈尊寺団地 ⇒ 香里ケ丘E地区団地 ⇒ 桑ヶ谷公園 ⇒ 南部生涯学習市民センター ⇒ カフェサリー
のコースを約1時間半かけて歩きました。
天野川の土手では、自生しているミントの葉の香を楽しむなど、梅雨の晴れ間を堪能できました。
天野川の土手を歩きます
(Walking on the banks of Amano-river)
Cimg9591

Cimg9592

香里ケ丘E地区団地あたり
(Around Korigaoka E district Housing complex)
Cimg9593_2
今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2014年6月 1日 (日)

この一週間(5/26-6/1)

◆世間では:
・アジア安全保障会議
→支那を追い詰める絶好の機会を、逃さないで欲しいと願います。
◆個人的には:
・先週の南部杯でもそうだったのですが、その後もどうも咽喉の調子が良くない状態が続いています。。。黄砂の影響か?急に暑くなって冷房が入ったためか?

○主な出来事:
・5/31(土) 第一回全日本ノルディック・ウォーク連盟大阪中央北支部例会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/531-2ed9.html 

○本:「「骨ストレッチ」ランニング」松村卓 著(講談社+α新書)
・骨は陰、筋肉は陽。目に見えない部分(陰)が、目に見える部分(陽)の働きを支えている。
・骨ストレッチの特徴は、①身体の節々を押さえる②親指と小指を使う…この二点に集約できる。
・「身体の節々を押さえる」:身体の末端を制御することで体幹部が直接刺激される・・・身体にあえて制限を設けることが心地よくスムーズな走りを手に入れるための第一歩。
・「親指と小指を使う」:余分な力が入りにくいため、誰がやっても同じ効果が得られやすい・・・親指はブレーキ、小指はアクセル――それぞれの指に、ハッキリとした特徴がある。
・速く走るためには、体幹は固めるよりゆるめたほうが、身体の重さを利用しやすくなる。
・体幹をねじらないようにすると、肩甲骨や鎖骨と骨盤が一枚の板のようにつながり、一体となって動くことになる。すると、身体の重さがうまく使えるようになり、結果として、腕を無理に振る必要がなくなる。・・・脚力や腕力が必要とされるのは、体幹(=身体の重さ)がうまく使えていない証し。
・頑張れば頑張るほど身体が動かなくなり、心が消耗してしまう。その結果、走ることの原点にある楽しさや心地よさまで忘れてしまう。・・・うまくいっているときは、誰もが心地よさを感じる。だから、笑顔が生まれる。笑顔が生まれないトレーニングを、いいトレーニングだと思わないこと。違和感を大事にし、身体が嫌がることを一つひとつやめていくこと。
・体幹部にある肋骨をボートの櫂のようにイメージし、動かすこと・・・体幹の筋肉がゆるんでくると肋骨が自然に動くようになり、鎖骨や肩甲骨、そして骨盤との連動性が飛躍的にアップしていく。
・骨盤(仙骨)の先端にある尾骨の動きをイメージしてもらうこともある・・・動物のしっぽに当たる尾骨がわずかに動くのをイメージできるようになるだけで、走るという動作一つとっても、天と地ほどの差が出る。

○これから一週間の予定:
・6/5(木) MCEI大阪支部 2014年6月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html 
・6/7(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1405-06.pdf 

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31