無料ブログはココログ
フォト

« 韓国人は大東亜戦争においては日本軍人として、共にアジアの解放と独立のために戦った | トップページ | 2014年の9月 »

2014年9月28日 (日)

この一週間弱(9/24-9/28)

◆世間では:
御嶽山噴火
→まだまだ自然には敵わないということでしょうか。。。

◆個人的には:
・いろいろ詰め込んだので、ちょっとバテ気味でしょうか・・・このあたりで一休みです♪

○主な出来事:
9/27() 第4回大阪マスターズ秋季研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)

○本:「戦略思考で鍛える「コミュ力」」増沢隆太 著(祥伝社新書)
・「伝え方」と「受け止め方」の双方向を磨き、その土台となる「思考」訓練をすることが、コミュニケーション能力全体を向上させるための構造。
・リデル=ハートは、著書『戦略論 間接アプローチ』の中で、「目的を手段に適合させよ」の他に、「最小予期線を選択せよ」「最小抵抗線を活用せよ」と述べている。敵が予想をしない攻撃を、敵のもっとも手薄な陣目指して行うことで、味方の戦力は相対的に増強される。
・大切なことは「(コミュニケーションの間)常に」肯定的な関心を持つこと。
・質問を通じて達成したい目的が明確になっていれば、的外れな、インテリジェンスを疑われるような質問にはならない。・・・質問によって得ようとしている情報の意味や位置付けが不明確なまま、ただ知らないから、わからないから思いつくまま聞いているという質問が、一番問題。
・「イエス・バット法」・・・その意見に反対する理由が明確であれば、その問題点を質問してはどうでしょう。
・話に自信がない方ほど、「伝えたい情報の結論」を大事にしていない。・・・「まず結論」から始める伝え方こそ、すぐにできて効率的なコミュニケーションの実現につながる。
・恐怖心の克服:今取り組まなければならないコミュニケーションの目的は何か、職務として求められている成果やゴールを、漠然としてではなく、何を、どのようにするべきかという具体的ポイントを整理して、書き出せるくらいまで明確にする。
・企業側が求めているのは何をやったかという「What」ではなく、どうやったか・なぜ取り組んだかという「How & Why」。

○これから一週間弱の予定:
10/4() 対校陸上競技大会(京都・太陽が丘)
10/5() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

« 韓国人は大東亜戦争においては日本軍人として、共にアジアの解放と独立のために戦った | トップページ | 2014年の9月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間弱(9/24-9/28):

« 韓国人は大東亜戦争においては日本軍人として、共にアジアの解放と独立のために戦った | トップページ | 2014年の9月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31