無料ブログはココログ
フォト

« 9/13カフェサリーのノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方市) | トップページ | 「戦後レジームからの脱却」と国際連合という「不平等条約」 »

2014年9月15日 (月)

この一週間とちょっと(9/8-9/15)

◆世間では:
朝日新聞:東京電力福島第1原発事故をめぐる記事とともに、いわゆる従軍慰安婦の記事の一部を取り消し
→ようやく、前に進めたという感じです。

◆個人的には:
・いつの間にか、マスターズ陸上のアジア選手権兼全日本選手権です。体調は万全ではありませんが、アジアの方々と親交を深める機会となればと思って楽しんできます♪

○主な出来事:
9/11() MCEI大阪支部 20149月度 定例会(大阪)
9/13() カフェサリーのノルディック・ウォーキング体験会(大阪枚方・カフェサリー)
9/15() 2回大阪マスターズ陸上フィールド競技大会兼チャレンジ五種競技(大阪・服部緑地陸上競技場)

○本:
「中国の大問題」丹羽宇一郎 著(PHP新書)
この方は、考え方の基本というかスタンスが違っているというか、時に正反対のように感じることもあるのですが、言っていることは納得できることが多いように思います。

・周近平政権では、トップを支える部下が重要ポストにいまだ配されていない。・・・第一期の五年間では周近平はまだ自分の人事ができず、みずからの意見を通しにくい状況にある。・・・とりわけ、社会的な騒乱の抑止力となる人民解放軍の支持を得ることが最優先となるため、軍寄りの政治が続くだろう。
・じつは周近平政権は本来、きわめて親日的体制といえる。日中間に摩擦のない時代なら、両国はきわめて良好な関係が築かれているはずだ。
・中国の政治家は自分の立ち位置をそうたやすく明らかにはしない。中国の権力関係は外から眺めて理解できるほど単純ではない。
・中国は1992年に「領海及び隣接区域法」という法律を作った。そのなかに「尖閣は中国の領土である」と明文化している。「棚上げ」しているのに、こんなことを書くとは何事だと思う。

○これから一週間の予定:
9/19()23(火・祝) 18回アジアマスターズ陸上競技選手権大会兼第35回全日本マスターズ陸上競技選手権大会(岩手・北上総合運動公園北上陸上競技場)
http://www.asia-masters.info/index.html

« 9/13カフェサリーのノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方市) | トップページ | 「戦後レジームからの脱却」と国際連合という「不平等条約」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間とちょっと(9/8-9/15):

« 9/13カフェサリーのノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方市) | トップページ | 「戦後レジームからの脱却」と国際連合という「不平等条約」 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31