無料ブログはココログ
フォト

« この一週間とちょっと(9/16-9/23) | トップページ | 韓国人は大東亜戦争においては日本軍人として、共にアジアの解放と独立のために戦った »

2014年9月24日 (水)

「日本は大東亜戦争に勝っていた」

今週は「この一週間とちょっと」で本について書く余裕がなかったので、その代わりに以下にまとめました。

◆「日本は大東亜戦争に勝っていた」川本山水 著(TTS新書)
(「」で囲んだ部分は本書からの引用部分です。)

○標題にもあるように、この本の第一の論点は、「日本は大東亜戦争に勝っていた」ということです。

ただし、戦争の「勝ち」「負け」に関しては、これまで明確な定義がないため、筆者が新たに定義(①戦争目的を達成すること②戦争終結時にその国体を維持していること③戦後少なくとも50年は存続していること)を設定し、それをもとに判断した結果、日本だけが勝っていたというものです。
・「日本はアジア諸国の解放と独立を戦争目的として掲げ、その本来の目的を達成した。しかもその国体を戦後に至るまで維持し続けることによって、第2次世界大戦を戦った主要国の中において、ただ一国の戦勝国となった。歴史とは「現在から見た過去の事実を想定すること」との冒頭の観点から見て、これが筆者が想定するもっとも真実に近い、大東亜戦争の歴史である。」

○それとともに、筆者が本書で述べていることは、「大東亜戦争を含む第二次世界大戦の全てはコミンテルンの陰謀によるものである」ということで、全体における比重はこちらの方が高いように思えます。
すなわち、「ヴェノナ暗号解読文書」の解読によって、ソ連が厖大な政治、軍事、産業、外交、科学技術などの情報を盗み出していたことを、戦後の1947年にアメリカ人が知ったということです。その主な内容は以下の①②のとおりです。(今の私は「ヴェノナ暗号解読文書」に関してどうのこうの言える立場にはないのですが、状況を鑑みる限り、以下の①②が事実であると捉えた方が、全てにおいて辻褄が合うように思えます。確度を高めることが今後の課題です。)
①「支那事変とはソ連のスターリンと中国共産党の毛沢東が始めた戦いで、彼らは中華民国群と日本軍を謀略によって戦わせた。これが日本の中国侵略戦争の真実。」(⇒すなわち、日本は中国を侵略したのではなく、侵略させられた。)

・「蒋介石は・・・日本軍と戦おうとしていたわけではない・・・コミンテルンに寝返っていた張学良に西安で捕えられ、日本軍への共闘を約束させられた(西安事件)。」
・「日本内部にも・・・コミンテルンのスパイがいた。近衛文麿とその側近たち。・・・近衛は日本政府の支那事変不拡散大方針にあえて逆らい、中華民国との戦いを続行するためのさまざまな活動を行った。そして、日本軍を中国大陸の泥沼の戦場に誘い込んだ。同時のアメリカと戦うために挑発行為を繰り返し、日米を開戦に導くお膳立てをした。」
・「中国は日本が中国を侵略したとよく言ってくるが、それを実行させたのはソ連のスターリンと中国共産党中央の毛沢東である。」
・「日本は中国を侵略したのではなく、中国が謀略を行って戦争を起こしたため、日本は惨憺たる苦境に陥れられた。・・・支那事変の戦争責任は当時の中国共産党にある。従ってまず中国は日本に対して戦争責任の謝罪をしなければならない。そして日本は中国に賠償を要求しなければならない。」
②「日米開戦はソ連のスターリンがアメリカ合衆国政府の中枢部に作り上げたスパイ網と近衛内閣周辺に作り上げたスパイ網によって引き起こされた。」(⇒すなわち、日本はソ連の陰謀によって戦いたくないアメリカと戦わされた。)
・「従来はアメリカは早くドイツと戦争したいが、そのきっかけが摑めない。そこで日本を挑発するためにハル・ノートを送って開戦したことになっている。しかし、F・ルーズベルトがスターリンのスパイなら、その意を酌んで砕氷船テーゼの陰謀のために・・・開戦したことになる。」
・「大東亜戦争はスターリンの陰謀により、近衛文麿とF・ルーズベルトが祖国を裏切ることによって引き起こされたと考えられる。」

○以上が、本書において筆者が言いたいと思われることですが、本書では、韓国に対しては、好意的に述べられているように感じました。
考えてみれば、韓国併合を決意したのは明治時代の我が国なのですから、現在の我々も、その責任を負うべきなのだと思います。
これまで私は、韓国に対しては突き放した態度をとっていましたが、これからは、筆者の以下の考えも考慮に入れたいと思っています。
・「韓国人は大東亜戦争においては日本軍人として、共にアジアの解放と独立のために戦った。これは韓国が世界に誇れる人類史上まれに見る偉大な功績である。韓国人は正しい歴史認識を行い、この最も誇らしい行為を子々孫々にまで伝えてゆくべきである。」

« この一週間とちょっと(9/16-9/23) | トップページ | 韓国人は大東亜戦争においては日本軍人として、共にアジアの解放と独立のために戦った »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本は大東亜戦争に勝っていた」:

« この一週間とちょっと(9/16-9/23) | トップページ | 韓国人は大東亜戦争においては日本軍人として、共にアジアの解放と独立のために戦った »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31