無料ブログはココログ
フォト

« 私の「戦後七十年談話」 | トップページ | この一週間(2/23-3/1) »

2015年2月28日 (土)

2015年の2月

♪このひと月・・・まだIS(イスラムの国)の衝撃が収まらない中、今は川崎の中一の事件の真っ最中です。

♪今月の話題は、「拇趾球歩き」です。

福岡大学の田中宏暁教授に、田中瑞雄先生の「変形性膝関節症は拇趾球歩きで克服できる」(日本評論社)のことを教えていただき、読ませていただきました。

そして、「拇趾球歩き」に関して、以下のように考えを改める結果となりました。
①これまで私は、所謂「足の煽り」、と言うよりも脚部に外旋モーメントをかけて、アウトエッジ荷重する歩き方が、速く前に進める歩きかたであり、かつ、足に(=膝にも股関節にも)負担をかけない歩き方であると考えていました。
②しかし、その前提として、歩隔が狭い(概ね左右の股関節の間隔よりも著しく大きくならない程度)ことがあったということに気付きました。
③歩隔が広い(左右の股関節の間隔よりも著しく大きい)場合には、田中先生の書かれているように、アウトエッジ荷重しない拇趾球歩きの方が足への負担は低い、ということに始めて気付かされました。
④ただし、歩隔が広い場合には、ノルディック・ウォーキングなどで狭い歩隔でも歩けるようにすることの方が膝などへの負担は軽減されるのでは、という考えはまだ持っています(検証はこれからです)。

詳細は、私のブログ( http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-9554.html )を見ていただければと思いますが、上記③④と関連して、以下のように考えるに至りました。
ア.私は、歩隔が狭い(概ね左右の股関節の間隔よりも著しく大きくならない程度)場合では、小趾球歩きをしてもO脚にはならず、変形性膝関節症(OA膝)にもならないと推測しています。
むしろ、歩隔が狭い場合では、拇趾球歩きをすることで、大腿部に無理な内旋モーメントが働いて、股関節を痛めてしまう結果になるのではと危惧します。
イ.一方で、歩隔が広い(左右の股関節の間隔よりも著しく大きい)場合には、田中先生と同様、小趾球歩きがO脚、さらにはOA膝の原因となるものと考えるに到りました。
ここにおいて、歩隔が広い場合で歩こうとするのはどのような場合か、について考えてみると、私がまず思いつくのは、歩隔を広くしないと不安定となり、危険を感じてしまう場合です。(不安定となる原因としては、様々な機能(筋力、視力、聴力、脳・神経系(反射神経・運動神経))の低下によるバランス感覚の低下、体重の増加等が考えられます。)
そのため、歩隔が広い場合においては、OA膝を防止するために、拇趾球歩きをすることの意義は大きいものと推測します。
ウ.ただし、拇趾球歩きに意義があるのは、上記したように、歩隔が広い場合においてであり、歩隔が狭い状況では小趾球歩きをしても特に問題がないものと推測します。そのため、何らかの方法で不安定要因を取り除くことができれば、狭い歩隔で歩くことが可能となり、O脚→OA膝の危険性を取り除くことが可能と考えます。
不安定要因を取り除く一つの方策として、ノルディック・ウォーキングがあり得るのではないかと思っています。
その理由は、ノルディック・ウォーキングでは、両手にウォーキング・ポールを持つことにより3点支持と4点支持を交互に繰り返して、安定して歩くことが可能となるとともに、体幹部の筋肉を鍛えることが可能で、バランス感覚を維持・向上させることが可能だと考えるからです。
一方で、拇趾球歩きでは、歩隔を広くしないと不安定となるといった大本の原因を解決している訳ではないため、歩隔が更に広くなるリスクがあるのではないかと危惧します。

まだ発展途上の考えであり、また、検証ができている訳でもありませんが、この考えを進めていくことで、少なくともOA膝の進行を防止することができればと考えています。


2月のイベントへの参加は以下の4件でした♪
1
年の中で、この季節だけ走っている、といった感じでした♪
2/1() 大阪マスターズ陸上競技連盟 平成27年度通常総会・懇親会(大阪・心斎橋)
http://omaa.jp/topics/2015/02/27-2.html
2/11(水・祝) 大阪体育協会平成26年度第2回スポーツ指導者研修会(大阪)
2/12() MCEI大阪支部 20152月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15169186.html
2/22() 21回近畿マスターズ駅伝大会(和歌山・紀三井寺公園陸上競技場特設コース)
http://omaa.jp/topics/2015/02/post-14.html

2月のノルディック・ウォーキングのイベントへの参加は2回でした。
黄砂やPM2.5や花粉が飛んではいますが、ようやく歩くのに絶好の季節となってきました。
2/14() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/214-b83b.html
2/14() カフェサリーのノルディック・ウォーキング体験会(大阪枚方・カフェサリー)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/214-b671.html

◆今月のことば:「私たちは、自分たちの経験から、キャリア開発とはいかに想定外のチャンスを作り出し、いかにそれらを活用するかの問題だということに気がついた。」(「その幸運は偶然ではないんです!」J.D.クランボルツ+A.S.レヴィン 著、花田光世+大木紀子+宮地夕紀子 訳(ダイヤモンド社)より)

3月の予定:
3/1() 淀川寛平マラソン2015(大阪・枚方市):審判の予定
http://kanpei-marathon.jp/
3/12() MCEI大阪支部 20153月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
3/14() 3/21() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1503-04.pdf
3/28() 全日本ノルディック・ウォーク連盟大阪中央北支部 第3回例会(京都)

« 私の「戦後七十年談話」 | トップページ | この一週間(2/23-3/1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年の2月:

« 私の「戦後七十年談話」 | トップページ | この一週間(2/23-3/1) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31