無料ブログはココログ
フォト

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月26日 (日)

この一週間(4/20~4/26)

◆世間では:
・官邸ドローン事件
既に「おもちゃ」ではなく「武器」としか思えません。高性能な「おもちゃのピストル」同様、早く規制して欲しいものです。


◆個人的には:
・飲む機会が続いたためか、月曜日(4/13)に胃が痛くなり、丸一日ほとんど何も食べられない状態が続きました。。。予期せぬ「プチ断食」として歓迎しています♪

○主な出来事:
4/26() 近畿マスターズ合同研修会(大阪・服部緑地公園陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2015/04/post-16.html


○本:「無力」五木寛之 著(新潮新書)

・もともと人間は、考え方ひとつにしても非常に動的な存在です。何があろうと、ひとつところにとどまって変わらない、ということはありません。
・自力であれ他力であれ、そのあいだで揺れ動く状態を否定的にとらえるのではなく、人間はその二つのあいだを揺れ動くものであるととらえる。自分はどちら側なのだ、と頑張るのではなく、肩の力を抜いて、不安定は自分のふらつきを肯定するのです。これが「無力(むりき)」という考えの根本です。
・明日のことさえ、誰にもわからない。その覚悟を持つことが大事なのではないか。わからないから自堕落に生きようというのではなく、わからないと覚悟しながら、精一杯生きていく。
・心がきれいでやさしい人、繊細な人ほど、つらくなる。・・・いまは「ちょっと鬱」ぐらいの状態が正しい。鬱にもならずに常に明朗活発、というほうが人としてどうかしているのかもしれない。私は、本質的に無気力な人は鬱にならないと思います。
・「人事を尽くして天命を待つ」私はこれを、人事を尽くさんとするはこれ天の命なり、と勝手に読み替えています。つまり、自分は絶対に今、これをやるのだと心に決めて思いたったなら、それは天から命なのだと考える。
・「無力(むりき)」というのは、無力(むりょく)の状態を認識して、揺れ続ける動的な生き方を肯定し、そのなかで、何かを目指そうとする。前向きで、自在な姿勢です。


○これから一週間の予定:
5/2() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
5/3()ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

2015年4月25日 (土)

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)』(5月&6月)

経験者はもちろん、日頃体を動かす機会がほとんど無いという方、ノルディックウォーキングは初めてという方が安心してご参加頂けますよう、インストラクターが担当させて頂きます。

ノルディックウォーキングに興味をお持ちの方や、ウォーキングをしていて膝や腰の痛みが気になる方など、是非一度お試しください。皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。


■開催日時

平成27年5月2日(土),4日(月・祝),16日(土),6月6日(土),20日(土)

時間はいずれも10:30~13:00

■集合場所

 京阪電鉄 枚方公園駅 西口駅前広場(バス停のない方)

 ※ポールを持ったスタッフが立っています。

■参加料

 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)

■持ち物

 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。)

 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。

■申込方法

メールにて下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールを送信いたします。

※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。

件 名「〇〇月〇〇日 大阪枚方会場参加希望」と記載

本 文「 氏名,生年月日,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」

 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。

※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。


☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。

「第29回大阪マスターズ陸上競技選手権大会」の競技日程

5月6日(水・祝)にヤンマーフィールド長居(長居第2陸上競技場)で開催される「第29回大阪マスターズ陸上競技選手権大会」の競技日程が、大阪マスターズ陸上競技連盟のホームページに掲載されています。

2015年4月19日 (日)

この一週間(4/13~4/19)

◆世間では:
・産経新聞前ソウル支局長出国禁止解除
何故出国禁止になって、何故解除されたのか?見返りの要求はなかったのか?などなど、注視・監視しつづけなければならないことは続きます・・・


◆個人的には:
・何故か飲む機会が続いています。飲むのは好きですが、続くと疲れがとれないです。。。

○主な出来事:
4/18() 慢性期医療展2015(インテックス大阪)
http://manseiki.jp/
4/19() 大阪ノルディック・ウォークフェスタ2015(大阪・天満橋)
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/59895

○本:「「正義」の嘘」櫻井よしこ、花田紀凱 著(産経セレクト)
・日本の私たちが検証しなくとも、すでにアメリカでは常軌を逸したかのような感情的反日記事が厳しく批判されているという事実・・・米国においても余りに酷い日本非難の記事が、不当なレッテル貼りの偏向記事として、ニュースメディア研究機関である「メディア調査センター」によって実名で発表された。・・・名指しされたのはニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー記者の記事。
・弱者を食い物にするという発想はある意味、日本のメディアにあると思う。弱者に同情するフリをして、実は食い物にし、しかももう一歩先に進んで、それを体制批判に繋げるというようなことがあると感じる。・・・たとえば慰安婦問題・・・
・雑誌メディアが批判しなければ、本当に新聞やテレビは自己検証しない。
・一つの意見が支配する社会には、特有の「ペティ・ジャスティス(けちな正義)」が大手をふるってまかり通る。ここが朝日の汚いところ。
・どう見ても植村氏は義母の団体と利害共有者・・・利害関係者、つまり義理の息子の書いた記事が、結果的に裁判に有利に働いた。日本の新聞社としてこういうことが許されるのですか?
・新聞記事に「政治的立場」や「角度」があること自体は責められないが、朝日の紙面はそれらをはるかに超えている。嘘の記事を書き、大きな政治課題として燃え上がることを期待して、火をつけた。その意図通り、韓国世論は燃え上がり、日韓関係は悪化した。絶対に許されることではありません。
・クマラスワミ報告には「吉田証言は少ししか出てこない」というが、吉田証言を孫引きしたヒックスの本を参照したものはある。これは吉田証言の直接引用数を調べても数に入りませんが、「朝日が報じた吉田証言の影響」が及んだものであることは確か。
・問題はファクトであり、そのファクトを詰めていくのがジャーナリストの仕事だろう。植村記者はじめ、朝日のOB、現役記者たちはそこから逃げている。そこが、どうしても不誠実としか思えない。

○これから一週間の予定:
4/25() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1503-04.pdf
4/26() 近畿マスターズ合同研修会(大阪・服部緑地公園陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2015/04/post-16.html

2015年4月17日 (金)

第36回全日本マスターズ陸上競技選手権大会 in 岐阜

第36回全日本マスターズ陸上競技選手権大会 in 岐阜
のホームページが公開されています。
エントリーブックもダウンロード可能です。
http://gifumr.net/alljapan2015/index.php

2015年4月12日 (日)

この一週間(4/6~4/12)

◆世間では:
・両陛下パラオご訪問:生きているうちに一度は訪れたい、否、訪れなければならないところだと思っています。
・オバマ、カストロ両氏が“歴史的な”握手:いい方向に歴史が動き出したと信じたいものです♪
このような歴史的と呼ばれる瞬間に関与できるのは、ものすごく幸運なことだと思います。

◆個人的には:
・風邪気味です:寒暖の差に身体がついていけません・・・歳はとりたくないものです。。。

○主な出来事:
4/9() MCEI大阪支部 20154月度 定例会(大阪)
4/12() 1回大阪陸協審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)

○本:「たった一人の熱狂」見城 徹 著(双葉社)

・天職と出会いたいのなら、自分の内なる声に耳を澄まさなければ駄目だ。
・どこまで自分に厳しくなれるか。相手への想像力を発揮できるか。仕事の出来はこうした要素で決まるのであって、学歴で決まるわけではない。
・努力を積み重ねて価値を集積していけば、ビジネスパートナーや得がたい戦友は向こうから近付いてくる。・・・君の価値を決めるのは君自身ではない。相手だ。
・異物と妥協するのではなく、異物を丸ごと呑み込んでしまえばいい。・・・異物感こそが、この世にあらざる価値を生み出すに違いない。・・・異物を呑み込めない人に進化はないと思う。
・安目を売らずにやせ我慢すれば、君の生き方はブレない。
・「自分で汗をかきましょう。手柄は人にあげましょう。そしてそれを忘れましょう」
・「自分は金のためだけに仕事をしているわけではない」と言う人は、何をイクスキューズしたいのだろう。仕事が成功して金が儲かる。おおいに結構ではないか。
・大金は、心身から血を噴き出しながら戦って勝たなければ得ることはできない。

・アメリカ先住民に「君がなんとなく生きた今日は、昨日死んで行った人たちがどうしても生きたかった大切な明日だ」というような言葉があるそうだ。
・異なる他者への想像力を発揮して、初めてビジネスの成功はある。恋愛は、他者の気持ちを知るための絶好の機会である。

○これから一週間の予定:
4/18() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/downloaうd/knw_nw_osaka_hirakata_1503-04.pdf

4/19() 大阪ノルディック・ウォークフェスタ2015(大阪・天満橋)
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/59895

2015年4月 5日 (日)

この一週間(3/30~4/5)

◆世間では:
・統一地方選:この大事な時に維新はいったい何をしているのでしょう?

◆個人的には:

・今年も桜の季節が終わりました。今年は短い間に一気にきた、と言う感じでした♪

○主な出来事:
4/5() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋) 


○本:「運を支配する」桜井章一・藤田 晋 著(幻冬舎新書)
・ビギナーズラックをもたらすシンプルさは、「難しく考えない」ことからくる。・・・勝負を複雑にせずにシンプルにするには、余計なことは考えず、感じたことを大事にすることだ。
・負けの99%は自滅。・・・「勝ち」を求める思考や行動のあり方にすでに自滅の要素が含まれている。
・型にこだわりすぎると、変化に対する柔軟な対応ができなくなる恐れがある。・・・「型にはまれば強い」ということは、裏を返せば「その型で戦えなければ弱い」ということである。
・答えがないかもしれないことを知っていて、それでも答えを「有り」に持っていこうというのがベンチャースピリッツの本質。
・大きな流れを感じ取ろうとすれば、小さな流れにも気づかなければいけない。・・・流れを読むのがうまい人は、大きな流れを的確につかむと同時に、その中に芽生えている小さな流れも察知する。
・これまでの人生を振り返ると、ここぞというときには「風」がいつも自分を前へ動かしてくれた・・・「風」とは何なのか?・・・自然の感覚に委ねたときに生まれる流れのようなもの・・・「なんとかしなきゃ」ではなく「なんとかなるさ」という感覚。「風」はそういう感覚を運んでくれる。・・・「風」は自然体になったときに吹いてくる。

○これから一週間の予定:

4/9() MCEI大阪支部 20154月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
4/11() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1503-04.pdf

4/12() 1回大阪陸協審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)

大阪ノルディック・ウォークフェスタ2015(4/19)

2015年4月19日(日)開催

会場:「川の駅」はちけんや 9:30スタート
詳細はこちら
こちらもご参考:https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/59895

ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(5/3)

2015年5月3日(日) 10:00スタート
終了予定12:00
※雨天決行
毎月第1日曜日の定例イベントです。天満橋周辺、今回は大阪城を中心に約5㎞に渡り、同行する公認指導員とともに歩きます。
軽く汗をかいた後、昼食で八軒家浜市の新鮮なお魚をご賞味下さい。
複数にグループ分けをして歩行しますので、体力に自信のない方・初心者の方でも安心して参加いただけます。

2015年4月 2日 (木)

2015年の3月

♪このひと月・・・ドイツ旅客機墜落:本人の問題ではなく、しくみとして解決すべきものと思います。一方で、これを機に、メンタルに問題を抱えている方々に対する圧力が強まらないかと恐れています。

♪今月の話題は、「大大阪時代(だいおおさかじだい)」と「大阪都構想」です。
(所謂)「大阪都構想」が問われる住民投票が直前に迫っているので、いい加減なことは言えないのですが、以下、このひと月で感じたことを書かせていただきます。
3
月度のMCEI大阪支部の定例会は野外研修で、「大阪くらしの今昔館」等に行ってきました。
「大阪くらしの今昔館」は「天神橋筋六丁目」(大阪市営地下鉄谷町線・堺筋線、阪急線)で下車してすぐのところにある大阪市立住まいのミュージアムの8階にあります。
入口を入って9階に上がると江戸時代のフロア。実物大で復元された天保初年(1830)頃の大坂の町並みが体験できます。
そして、8階に戻ってくると「 モダン大阪パノラマ遊覧 」。明治末期から大正、昭和初期にかけて、大阪が東京をも凌ぐ繁栄を見せていた時代=「大大阪時代(だいおおさかじだい)」を代表とする近代大阪の繁栄が、身近にかんじられます。
もっとも私はその時代のことは実感としてはわからないのですが、「大阪都構想」=「広域行政化」ということから単純に想起されることとして、「(所謂)「大阪都構想」=大阪都制度は、新たな大大阪時代の実現を目指したものではないか」と感じられました。
逆に言えば、「広域行政化」=新たな「大大阪」の実現を目指すのであれば、それは「大阪都構想」ではなく、「新・大大阪構想」とでも呼称すべきものではなかったでしょうか。
大阪人(と言わせていただけるならば)としての私が素直に感じることとして、「大阪都」は大阪人の理想とはなり得ないと思います。ただし、新たな「大大阪」の実現のために必要な「統治機構」の変更であれば、ワクワクした高揚感とともに、自分事として感じられるようにも思えます。
「大阪都」にすること自体が目的ではなく、「大阪都」にすることによって実現したい未来・・・それこそを「構想」のテーマとすれば、もっと素直に大阪人に受け入れられたのではないか?
そのようなことを「大阪くらしの今昔館」を訪れることで考えさせられました。
(違った角度からのコメントは私のブログ参照 http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-b547.html

3月のイベントへの参加は以下の2件でした♪
えっ、これだけ?と思ってしまいますが・・・まだ今年はこれからですね♪
3/1() 淀川寛平マラソン2015(大阪・枚方市):審判の予定
http://kanpei-marathon.jp/
3/12() MCEI大阪支部 20153月度 定例会(大阪)

3月のノルディック・ウォーキングのイベントへの参加は1回でした。
今月は一度だけでしたが、絶好のノルディック・ウォーキング日和に大勢で楽しっく歩けたことは、今後につながりそうです♭
3/28() 全日本ノルディック・ウォーク連盟大阪中央北支部 第3回例会(京都)

◆今月のことば:「未来の世界では、技能を高めるために職人のように考えることに加えて、イノベーションを実践し、創造性を発揮するために、子供のように遊ぶことも必要だ。」(「ワーク・シフト」リンダ・グラットン 著、池村 千秋 訳(プレジデント社)より)

4月の予定:
4/5() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋「川の駅はちけんや」)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/45-46ff.html
4/9() MCEI大阪支部 20154月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
4/11() 4/18()4/25() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutsuda/download/knw_nw_osaka_hirakata_1503-04.pdf
4/12() 1回大阪陸協審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
4/19() 大阪ノルディック・ウォークフェスタ2015(大阪・天満橋「川の駅はちけんや」)
4/26() 17回近畿マスターズ合同研修会(大阪・服部緑地公園陸上競技場)
http://omaa.jp/race/20150426info.pdf

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31