無料ブログはココログ
フォト

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

この一週間(5/25~5/31)

◆世間では:
・噴火・地震・・・本当に、我が国は地殻変動の活動期に入ったのかもしれません。。。
・韓国のMERS感染・・・ノストラダムスの大予言が思い起こされますが、懐かしんでいる場合ではないようです。。。


◆個人的には:
・ようやく「「つま先を上げて」ワルツのリズムで優しく歩こう♪」をまとめることができました。いずれ、補足も書かなければと思っていますが・・・

○主な出来事:
特になしです。

○本:「一〇三歳になってわかったこと」篠田桃紅 著(幻冬舎)

♪幻冬舎の本でなかったら買って読まなかったかもしれないのですが、読んで本当によかったと思っています♪

・この歳になると、誰とも対立することはありませんし、誰も私と対立したくない。百歳はこの世の治外法権です。

・歳相応という言葉がありますが、百歳を過ぎた私には、なにをすることが歳相応なのかよくわかりません。・・自分の生き方を年齢で判断する、これほど愚かな価値観はないと思っています。

・なにか目標を決めると、それに向かってやみくもに一生懸命になってしまいます。そうすると、ほかが見えなくなります。私は、ほかにすごくいいものがあっても、目標のために、見逃してしまうことがいやなのです。

・真実というものは、究極は、伝えうるものではない。ですから、私たちは、目に見えたり、聞こえたりするものから、察する。そうすることで、真実に触れたかもしれないと感じる瞬間が生まれるのかもしれません。・・・真実は、想像のなかにある。

・人は用だけ済ませて生きていると、真実を見落としてしまいます。・・・無駄にこそ、次のなにかが兆しています。

・自由を求める私の心が、私の道をつくりました。すべては私の心が求めて、今の私がいます。

・私には、五十年来、手元に置いている書があります。「わが立つそま」-「そま」は「杣」、・・・人生のなかで、自分が立ちうる場所。

○これから一週間の予定:
6/6() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
6/7()ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

2015年5月30日 (土)

「つま先を上げて」ワルツのリズムで優しく歩こう♪

以前、「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」と題する一連の記事を投稿いたしました。

(例えば→ http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-c5c6.html

この度、この「ワルツのリズムで優しく歩こう♪」の動きに「つま先を上げて」を加えることで、より「身体に優しく」「怪我をしにくく」、そして「速く歩ける」歩き方がお伝えできると考えましたので、以下、述べさせていただきます。

------------------------------------------------------

競歩のトレーニングのひとつに、両足のつま先を上げて、すなわち踵の部分だけで立って、その状態でゆっくりと歩くというものがあります。

(実際に歩いてみればわかると思いますが、すねの部分がかなり痛くなってきます。)

これは競歩の歩型違反のひとつである「ベント・ニー」のリスクを減らすために、できるだけつま先を高く上げた状態で着地することを目的としたものです。

 

一方で、これまで私は、競歩のトレーニング以外のウォーキングの指導において、「つま先を上げる」ことにはポイントを置いてきませんでした。

むしろ、「歩幅が広くなれば自然とつま先は上がってくるので、あまり意識しないように」と言ってきたほどです。(ここで「歩幅が広くなれば」と書きましたが、これは「大股で歩こう」と意識するのではなく、お尻で踵とを後ろに押すことで、自然に「歩幅が広くなる」ものです)

(「お尻で踵とを後ろに押すこと」に関しては、こちらを参照→ http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/1-b303.html

その理由は、一般に「つま先を上げて、踵からしっかり着地」することがよい歩き方として広まっているようですが、私はこの「つま先を上げて、踵からしっかり着地」という言葉(表現)から一般の方が受け取られる歩き方は、「つま先を上げて、踵でしっかりと前にブレーキをかける(あるいは上から下に叩き付ける)」歩き方だと推測されたからです。(一般によい歩き方として広まっている「大股で歩こう」と意識すると、なおさらこのような歩き方になると思われます)

そして、このような「踵でしっかりと前にブレーキをかける(あるいは上から下に叩き付ける)」ような歩き方では、速く歩けないだけではなく(速く歩くことが目的の一般の方はほとんどおられないかもしれませんが)、関節部分にも筋肉部分にも負荷がかかってしまって、怪我のリスクが高まると考えたからです。

 

では、どうして競歩のトレーニングでは、「つま先を上げる」ことを意識してもよかったのでしょうか?

その理由は、つま先を上げて着地するとともに、踵で前にブレーキをかけないことにもポイントを置いているからです。

「踵からしっかり着地」のように、様々に(前にブレーキをかけたり、上から下に叩き付けたり)解釈できてしまう曖昧な表現ではなく、できる限り具体的にイメージ可能な表現を用いることで、より速くしかも身体に負荷のかからない優しい歩き方がお伝えできるのではないか?

このように考えたことから、一般のウォーキング指導においても、「つま先を上げる」ことにポイントを置こうと考えました。

 

では、つま先を上げて着地する際に、もうひとつ意識しなければいけない「踵で前にブレーキをかけないためのポイント」は何でしょうか?

それは、以前にも述べた「着地時に着地脚の踵で地面を後側に引っ掻くように」ということです。

(こちらを参照→ http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/3-4254.html

 

このことを意識していれば、「つま先を上げる」ことを意識しても、前にブレーキをかけたり、上から下に叩き付けたりするような動きにはならず、怪我のリスクも低減され、速く歩けるようになる(これはあまり重要でないかもしれません)と考えられます。

加えて、「つま先を上げる」ことを意識することには、もうひとつ利点があることがわかりました。それは、ヒールロッカーという踵を支点として脚部全体が前方に移動する機能をより有効に働かせることができるです。

ここで「踵を支点として」と書きましたが、この捉え方は、以前に述べた「腰(股関節)を支点とした脚部の振り子運動」に対して「逆振り子運動」とも呼ばれているものです。

(こちらを参照→ http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/1-061f.html

 

そして、この「逆振り子運動」が有効に機能することで、着地後に、着地脚と同側の腰が前方に乗り込む感覚が得られなすくなると推測されます。

その際には、着地脚と同側の腸腰筋が伸展しますので、所謂「お腹の引き締め効果」が得られるものと思っています。

 

以上まとめますと、「つま先を上げる」ことを意識するとともに「着地時に着地脚の踵で地面を後側に引っ掻くように」意識することによって、怪我のリスクも低減され、速く歩けるようになると考えられます。

 

なお、上記した一連の動作をノルディック・ウォーキングにおいて行うことで、以下の効果があると考えています。

①つま先を上げることによる不安定さが軽減される

②着地後に、着地脚と同側の腰が前方に乗り込む感覚が、反対側のポールを後ろに突くことで得られやすくなる

 

以上です♪

2015年5月27日 (水)

国際連合を「UN」と呼称してはいかがでしょうか?

「イスラム国」は「国」ではないという理由から「IS」と呼称されるようになりました。
同様に考えれば、「国際連合」は各国が平等ではなく、また、元来の意味からも「international」(国際)でないことは明白です。
そのため、国際連合を「UN」と呼称してはいかがでしょうか?

2015年5月24日 (日)

この一週間(5/18~5/24)

◆世間では:
・大阪都構想・・・残念ですが、これ以上言うことはありません。。。
・オスプレイ事故・・・何故に訓練中の事故をこれほどまでに取り上げるのか?任務中に事故を起こさないために訓練しているのではないのか?訓練中に事故が発生する技術を全て廃止していては、人類に進歩はない。
・ポツダム宣言・・・何度でも書きますが、最も重要なのは第13項の「我らは日本国政府がただちに日本国軍隊の無条件降伏を宣言・・・することを同国政府に対し要求する。」という部分であり、これを根拠に、我が国はポツダム宣言を受諾することで連合国(ポツダム宣言では米、英、支三国)に無条件降伏をしたのではなく、「日本国軍隊の無条件降伏を宣言」するという有条件降伏をしたのだということを、まずは全国民の共通の認識とすべき。
・六大学野球、東大勝つ・・・とりあえず。。。


◆個人的には:
・土日両日にノルディック・ウォーキングの体験会を開催できたのは、久し振りだったかもしれません♭

○主な出来事:
5/23() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-162.html
5/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/524-873e.html

○本:「世界に嗤われる日本の原発戦略」高嶋哲夫 著(PHP新書)
・石油がなくなるということは単に燃やす物質がなくなるというよりも、石油から作られている身の周りのものがなくなるということ・・・埋蔵量が限られている資源は、燃やして消費するよりはできる限り、代替のきかない用途に使用すべき。

・世界における原発建設の流れが止まらないのであれば、・・・原発技術が世界的に優れている日本が、韓国やロシア、そして中国任せにするのではなく、むしろ積極的に関わるべき・・・その過程で、福島の事故を教訓として原発の危険性を説き、再生可能エネルギーの開発と導入に力を注ぐべき・・・今後重要なのは、エネルギーは日本一国ではなく、世界レベルで考えなければダメだということ。
・百年後には百年後の科学技術があり、知恵がある。その時代の科学、技術を使って災害に備えればいい。・・・「高レベル放射性廃棄物処分」に関しても同じ・・・「使用済み核燃料長期保管施設」を造り管理すればいい。そして、百年、二百年ごとに見直していく。・・・現在ゴミとして廃棄に苦慮している高レベル放射性廃棄物も新たな利用方法が発見されるかもしれない。いや、発見するのが科学技術の進歩というもの。
・「高レベル核廃棄物最終処分地」などという恐ろしい名前は捨てて、「使用済み核燃料長期保管施設」を現実に考えるべき・・・人間は愚かではあるが、バカではない。百年あれば新しい技術、材料、装置、薬剤の開発で解決のメドがつく。科学技術は日進月歩。・・・それでも難しければ、百年後の技術で最善のことをして、次の百年に期待すればいい。
・なぜ永久処分、地下深く埋めてしまえ、「忘れ去られるための施設」などという無責任な方法が世界に広まったのか知らないが、そろそろ考え直す勇気が必要だ。
・日本が原発から撤退しても、世界ではどんどん原発ができる。それに対して日本が関係しないほうが、僕はむしろ無責任で怖い。もっと長い目で、世界レベルで物事を考えていく責任が日本にはある。
・人災であれば、原子力技術そのものは、まだ救うべき価値があるもの・・・原子力は続けるべき技術である・・・人類が生存し、生き残っていくための通過点の技術・・・人類が制御できない技術であるとか、神の領域とか、それこそ神がかったことを言う人がいるが、それは人類の進歩を放棄し、進歩の芽を摘み取ること。

○これから一週間の予定:
特になしです

本日(5/24)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)

私市で第1回目となる関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
天気予報では、夜半に雨が降った後、朝方には回復するとのこと。
当日のお天気はほとんど気にならなかったのですが、雨によって足元が悪くなることが懸念されました。
でも、どうやら雨はほとんど降らなかったようです。
また、お天気も予報よりも早く回復し、出発前には既に青空が見られました。
むしろ暑さの方が心配になるほどだったのですが、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました。
今回の参加者は経験者1名です。
私市駅からは、

私市駅⇒大阪市大附属植物園前⇒天野川「水辺プラザ」⇒星の里いわふね⇒ピトンの小屋⇒星の里いわふね⇒天野川河川敷⇒天野川「水辺プラザ」⇒私市駅

のコースを歩きました。
徐々に青空が広がり、陽射しも強くなってきましたが、川沿いの木陰を気持ちよくノルディック・ウォーキングができました。

天野川「水辺プラザ」
(Amano-river "Waterside Plaza")
Cimg0997

森林鉄道風歩道橋
(
Forest railway-style footbridge)
Cimg0998

ピトンの小屋の前のクライミングウォール
(
The Climbing Wall in front of Piton's Hut)
Cimg1003
天野川沿いの道
(Road along Amano-river)
Cimg1005

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2015年5月17日 (日)

この一週間(5/11~5/17)

◆世間では:
・安全保障関連法案が衆院に提出:我が国に対する支那の工作に屈することなく、世界の平和に向けて進んでいきましょう。

◆個人的には:
・今週は枚方で93回目となるノルディック・ウォーキングの体験会を開催。100回目が目前に迫ってきました♪来週からは、私市でも体験会を開始します♭

○主な出来事:
5/14() MCEI大阪支部 20155月度 定例会(大阪)
5/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/516-37c0.html

○本:「中国外交の大失敗」中西輝政 著(PHP新書)
・一言でいえば周近平の新しい外交路線は、「従来の鄧小平路線のすべてをひっくり返す」というものである。
・田中角栄「尖閣についてどう思うか」、周恩来「今回は話したくない」・・・このやりとりから、日中両国のあいだに領土問題が存在し、両国とも、その「棚上げ」を望んでいる、と日本側が解釈するのは、あまりにも飛躍がありすぎる。・・・日本政府とすれば、「中国は領有権の主張を断念した」と解釈するほうが、国益にかなった自然な解釈ではないだろうか。
・いま日本国民および世界に対して明確に宣言し、重ねて銘記しておかなければならないのは、201411月の「日中関係の改善に向けた話合い」の合意文書で、日本は中国に対して一切の譲歩をしていないということだ。
・故・梅棹忠夫氏は「本来、アジアというものはないのだ」と喝破している。これこそ日本を代表した文明学者の残した卓見というべきであろう。
・「日中国交正常化」という屈辱的な言葉づかい・・・中国共産党の言い分を丸呑みした結果、こうした表現に収まった。・・・日本側にはなんの落ち度もないのに、「これまで台湾政府を中国代表とみなしていた私どもが悪うございました」と“土下座”したのである。
・毛沢東や中国共産党にとって、「共産主義」はたんに中華帝国際限の手段にすぎなかった。・・・周近平語るところの「中国の夢」は、まさしくこの毛の夢想を忠実に踏襲したものにほかならない。
・昭和30年代に起こった日中関係をめぐる一連の動きをみて、中国側は対日工作上のたいへん重要な教訓をしっかり身につけた・・・すなわち「日本の経済界に圧力をかければ日本の政治や外交は簡単に動かせる。
・経済界や政界だけではない、北京に支局を置いたり、中共の招きに応じ、中国を訪れる日本のマスコミに対しては、悪名高い政治三原則、すなわち中国共産党に対して「中国を敵視しない」「二つの中国をつくる陰謀に加担しない」「日中国交正常化を妨げない」との誓約をさせるという“踏絵”を踏ませることで、メディアの命ともいえる「報道の自由」を放棄せせることに成功した。

○これから一週間の予定:
5/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2015年5月16日 (土)

本日(5/16)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で93回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
5/2
以来2週間ぶりの開催です。
前回は、枚方の最高気温31.9℃と真夏の暑さでしたが、今回も前日の枚方の最高気温29.6℃!
「早くも梅雨?」を感じさせられたお天気だったのですが、夜半からの雨で気温は20℃以下にまで下がりました。
ただし、雨がいつまでたっても完全には上がらなかったのですが、小雨の中の方が、気持ちよくノルディック・ウォーキングができそうです。
今回の参加者は経験者1名です。
枚方公園駅で準備体操をした後、上流方面に向かって、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒関西医大枚方病院⇒淀川土手⇒磯島グラウンド⇒淀川河川敷⇒天野川河川敷⇒禁野橋⇒天野川土手⇒枚方高校~ひらしんテニスコート⇒サプリ村野

のコースを歩きました。
雨は歩き出した後にはほぼ上がり、でも気温はほとんど上がらず、振り返ってみれば絶好のノルディック・ウォーキング日和でした。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg0968

淀川の河川敷から土手へ
(
From the river bed of Yodo-river to the banks of Yodo-river)
Cimg0969

淀川の土手から河川敷へ
(
From the banks of Yodo-river to the river bed of Yodo-river)
Cimg0971

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg0972

天野川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Amano-river)
Cimg0974

天野川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Amano-river)
Cimg0976

ひらしんのテニスコートの近くを歩きます
(
Walking near the tennis courts of HiraShin)
Cimg0977

サプリ村野にて
(At Supli-Murano)
Cimg0978

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2015年5月10日 (日)

この一週間(5/4~5/10)

◆世間では:

・箱根火山活動:やはり日本列島は火山活動記に入ったということなのでしょうか?

◆個人的には:

・2年半ぶりに、東宇治スポーツクラブでノルディック・ウォーキング教室を開催しました♪戻ってこれて、よかったと思っています♭

○主な出来事:

・5/6(水・祝) 第29回大阪マスターズ陸上競技選手権大(大阪・ヤンマーフィールド長居)

http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/29-9d81.html

・5/9(土) 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)

http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-161.html

○本:「未来企業」リンダ・グラットン 著、吉田晋治 訳(プレジデント社)

・日々の仕事の進め方を変えるだけでも、活力を高めたり失ったりするのに大きな影響を及ぼす可能性はあるが、決定的な差が生まれるのは長期的な仕事の進め方を変えたときであることが多い。

・企業が近隣に配慮するには、その地域を重視し、覚悟と思いやりを持って資源を活用する必要がある。それは次の三つの方法によって実現される。①近隣の活力とレジリエンスを高める②近隣に思いやりを示す③地域住民の即戦力となるスキルを高める

・「株主価値という概念は単なるイデオロギーであり、現代の企業に対して法的に要求されているものでも現実的に要求されているものでもない」・・・株主価値を偏重すると業績が悪化し、投資家、消費者、従業員からそっぽを向かれるおそれがある。

・CEOに求められるのは、自分の戦略を受け入れる株主を集めるために改善していくこと。

・今日では、企業に対して、株主のためだけではなく社会のために活動し、その活動内容や収益構造についても包み隠さず公表すべきだという期待が高まっている・・・これからのリーダーは、自分の価値観と理念を積極的に示すことが求められる。

・リーダーとはいまや特定の地域、状況、国についてだけ考えるのではなく、様々な状況、様々な国のニーズについて考え、応える存在なのだ。

○これから一週間の予定:

・5/14(木) MCEI大阪支部 2015年5月度 定例会(大阪)

http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html

・5/16(土) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)』(5月&6月)

経験者はもちろん、日頃体を動かす機会がほとんど無いという方、ノルディックウォーキングは初めてという方が安心してご参加頂けますよう、インストラクターが担当させて頂きます。

ノルディックウォーキングに興味をお持ちの方や、ウォーキングをしていて膝や腰の痛みが気になる方など、是非一度お試しください。皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。

 

■開催日時

平成27524日(日),628日(日)

時間はいずれも10:3013:00

■集合場所

 京阪電鉄(交野線) 私市駅 駅前広場 ※ポールを持ったスタッフが立っています。

■参加料

 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)

■持ち物

 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。)

 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。

■申込方法

メールにて下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールを送信いたします。

※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。

件 名「〇〇月〇〇日 大阪私市会場参加希望」と記載

本 文「 氏名,生年月日,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」

 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。

※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。


☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。

☆ 次回以降の開催予定は http://kansainordicwellness.web.fc2.com/ をご覧ください。

2015年5月 9日 (土)

第29回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告)

56日、ヤンマーフィールド長居(長居第2陸上競技場)で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:記録294148M50クラス2位)。
ラップ:531”-552”-612”-606”-600”。
注意:4つ(いずれもロスオブコンタクト)、うち1つが警告。

何が悪かったのか・・・まだ、整理ができていない状態のため、今の時点で振り返りをしても仕方がないのではないか、とも思えるのですが、とりあえずは忘れないうちにまとめておきます。
今年は特に悪い状態でもなかったのですが、基本的には歳を重ねるにつれて様々な機能が低下していくのは仕方がないこと。
まあ、これをベースラインとして開き直っていきます。

1000m
直前で1回目の注意(この時はほとんど気にせず)、2000m直前で2回目(この時点でかなりペースダウン)、2000m直後で3回目、4回目は憶えていない。。。
おそらく、右足首の柔軟性が低下してきていることが、大きかったと捉えています。(これも歳をとったためでしょうか?)
加えて、練習で使用していたシューズを直前に別のものに変更したこともよくなかったのかもしれません。
いずれにしても、今年はまだ始まったばかり。まだこれから修正したいきたいと思っています。
ただし、今年はM50の最後の年ということもあり、今年よりも来年のアジア大会を目的としていきたいと考えています。

これからの予定:南部杯(6/273000mW)、その後は8月のマスターズ京都選手権等に出ていくつもりです。

5/9ノルディック・ウォーキング教室開催しました

東宇治スポーツクラブでノルディック・ウォーキング教室

を開催しました。
詳しくは、以下の東宇治スポーツクラブのブログにて。
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-161.html

2015年5月 3日 (日)

この一週間(4/27~5/3)

◆世間では:
・ネパール大地震:その昔、JOCVでネパールに行きたいと思っていたこともあった私にとって、とても胸が痛む出来事です。
・安倍首相米国訪問:オバマ米大統領との首脳会談、日本の首相として初の米上下両院合同会議での演説・・・みんなで明るい未来を思い描いていきましょう。

◆個人的には:
・お休みを頂いて、競歩の練習やノルディック・ウォーキングのイベントなど・・・思っていたことがようやくできるようになってきました♪

○主な出来事:
5/2() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/52-e4b4.html
5/3()ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「ウォール街が教えたくない日本大逆転のチャンス」湯浅 卓 著(東洋経済新報社)
・アメリカでは、働く場所としては、ウォール街のほうがホワイトハウスより格式が上と言われる。・・・ウォール街は格式において首都ワシントンDCよりもずっと上位。
・ウォール街の最強の存在はインベストメント・バンカーでもコマーシャル・バンカーでもなく、法律家ないし弁護士である。
・ウォール街がシティにかなわないと思っているのはビジネスのパワーではない。シティが持っている外交力だ。
・アメリカは「法の支配」する国であり、外交で支配される国ではない。これに対してイギリスは外交主導の国であり、外交力で勝負する。
・アメリカは「法の支配」する国と言われるが、結局は、「アメリカは弁護士がコントロールする社会」でもある。
・日本のレガシーが蘇る条件は何か、何が必要か。これから21世紀を担うであろう日本の若者たち、とくに数学的天才は10代で出現する確率が高い。その貴重な宝をこれまでのような受験システムによって埋もれさせてはならない。その突破口として本書では、「飛び級」を提案している。
・アカデミックな分野で投資の実績がある日本のビジネス・リーダーには、「飛び級の子どもたち、全国の子どもたちへの投資こそが最高の投資」と日本国内で強烈にアピールしてもらいたい。ウォール街はそう期待している。
・日本のビジネス・リーダーが日本を飛躍させるエグゼクティブ・コーディネーターとしての自覚を持つことは、日本のレガシー復活、ジャパン・アズ・ナンバーワン復活の一丁目一番地である。それこそウォール街が日本に教えたくないことのコンフィデンシャルのエッセンスだ。

○これから一週間の予定:
5/4() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
5/6(水・祝) 29回大阪マスターズ陸上競技選手権大(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://omaa.jp/topics/2015/04/post-18.html
5/9() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)

京丹後市国際ビーチノルディック大会2015in小天橋と魅力の丹後半島めぐり(2015.5.30-31)

京丹後市で開催されるノルディック・ウォークイベントへの参加と、周辺の観光のツアーの紹介です。

ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(6/7)

2015年6月7日(日) 10:00スタート
終了予定12:00
※雨天決行
毎月第1日曜日の定例イベントです。天満橋周辺、今回はバラ園のある中之島公園を中心に約5㎞に渡り、同行する公認指導員とともに歩きます。
軽く汗をかいた後、昼食で八軒家浜市の新鮮なお魚をご賞味下さい。
複数にグループ分けをして歩行しますので、体力に自信のない方・初心者の方でも安心して参加いただけます。

2015年5月 2日 (土)

本日(5/2)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で92回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
前回が2/14でしたので、3ヶ月近く間隔が空いての開催です。
季節は春から初夏を通り越して、既に真夏の趣きです。実際に今日の枚方の最高気温は31.9℃(15:10の気温なので歩き終わった後ですが・・・)!

暑い中ではありましたが、水分補給にいつも以上に気を配れば、気持ちよくノルディック・ウォーキングができそうです。
今回の参加者は経験者1名です。
枚方公園駅で準備体操をした後、下流方面に向かって、

枚方公園駅⇒枚方大橋⇒淀川新橋⇒鳥飼仁和寺大橋⇒鳥飼大橋⇒メイプルパークスクエア⇒地下鉄守口駅

のコースを歩きました。(1/1088回目の体験会と同じコースです)
ほぼ快晴の好天に恵まれ、気が付けば、絶好のノルディック・ウォーキング日和でした。

淀川の河川敷を歩きます(三矢地区)
(Walking on the river bed of Yodo-river(Mitsuya area))
Cimg0918

淀川の河川敷を歩きます(伊加賀野草地区)
(Walking on the river bed of Yodo-river(Ikaga wild grass area))
Cimg0919

淀川の河川敷を歩きます(点野野草地区)
(Walking on the river bed of Yodo-river(Shimeno wild grass area))
Cimg0920

淀川の河川敷を歩きます(鳥飼大橋前)
(Walking on the river bed of Yodo-river(in front of Torikai big bridge))
Cimg0921

淀川の土手の上を歩きます(メイプルパークスクエア横)
(Walking on the banks of Yodo-river(beside Maple Park Square))
Cimg0922

地下鉄守口駅近くの小さな公園にて
(At small park near subway Moriguchi Sta.)
Cimg0923

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2015年5月 1日 (金)

関西ノルディック・ウェルネスのHP

関西ノルディック・ウェルネスのHP、まだ作成中ですが、よろしくです♪
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2015年の4月

♪このひと月・・・日米首脳会議、安倍首相、日本の首相として初めて米上下両院合同会議で演説。新しい歴史を創っていってもらえることを期待したいと思います。
個人的には、胃が痛くなったりと、あまりいい月ではありませんでしたが。。。

♪今月の話題は、「2035年の保健医療」です。
「保健医療2035」策定懇談会という懇談会が開催されています。今年の224日(第1回)から418日(第4回)までに4回の懇談会が開催されました。

その目的は、
「急激な少子高齢化や医療技術の進歩など医療を取り巻く環境が大きく変化する中で、2035年を見据えた保健医療政策のビジョンとその道筋を示すため、国民の健康増進、保健医療システムの持続可能性の確保、保健医療分野における国際的な貢献、地域づくりなどの分野における戦略的な取組に関する検討を行うこと」
とのこと。

これまでの4回の懇談会のキーワードは、それぞれ以下のとおりです。
1回:「健康づくりへのインセンティブ」「持続可能かつ高品質な医療」「医療の質」
2回:「医療の質」「グローバルヘルス」「sin tax
3回:「保険者機能」「アウトカム評価」「薬の過剰処方」
4回:「グローバルヘルスセキュリティ」「かかりつけ医」「地域医療」
まだまだこれから、といったところですが、議論の対象となっている「予防のエビデンス」、「インセンティブ」、「ライフスタイルの見直し」といったことと関連して、運動を通して貢献できるところがあるものと捉えています。
(こちらをご参考 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/hokeniryou2035/

なお、現在、“塩崎大臣へ、私のアイディア2035”(「2035年の保健医療」に関する提案・意見)が募集されています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000083166.html
よかったら、アイデアをお伝えしてみませんか♪

4月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
シーズンが始まったこともあって、陸上競技の比率が高まってきました♪
4/9() MCEI大阪支部 20154月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html

4/12() 1回大阪陸協審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
4/26() 17回近畿マスターズ合同研修会(大阪・服部緑地公園陸上競技場)

4月のノルディック・ウォーキングのイベントへの参加は2回でした。
今月は「はちけんや」ばかりとなってしまいましたが、歩くのに絶好の季節となってきましたので、いろいろなところを歩いていきたいと思っています♭
4/5() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋「川の駅はちけんや」)
4/19() 大阪ノルディック・ウォークフェスタ2015(大阪・天満橋「川の駅はちけんや」)

◆今月のことば:「異物と妥協するのではなく、異物を丸ごと呑み込んでしまえばいい。・・・異物感こそが、この世にあらざる価値を生み出すに違いない。・・・異物を呑み込めない人に進化はないと思う。」(「たった一人の熱狂」見城 徹 著(双葉社)より)

5月の予定:
5/2() 5/4(月・祝)5/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
5/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋「川の駅はちけんや」)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/45-46ff.html

5/6(水・祝) 29回大阪マスターズ陸上競技選手権大(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://omaa.jp/topics/2015/04/post-18.html

5/9() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
5/14() MCEI大阪支部 20155月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31