無料ブログはココログ
フォト

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月27日 (日)

この一週間(9/21~9/27)

◆世間では:
・ラグビーW杯:南アフリカ戦での勝利の後の一戦・・・点が取れる時に取っておけばと思いつつ、でも、何で格下の日本が23日にフレッシュなスコットランドと対戦して、各上の南アフリカが26日に第2戦なの?・・・と思っているのは私だけでしょうか

◆個人的には:
・先週のことですが、9/20(土)に応援に行った「2015ジャパンパラ陸上競技大会」では、自分がいかにパラ陸上のことをわかっていなかったかを思い知らされて、ショックを受けています。
最も身近なスポーツであり、マスターズとはいえ選手として競技に参加し、競技の指導や審判にも携わっている陸上競技・・・にもかかわらず、クラス分けにしてもルールの違いにしてもほとんどわかっていなかったなんて。。。
これからは、できる限り関わっていきたいと思っています。

○主な出来事:
9/22(火・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/922-6396.html

9/26() 3回大阪マスターズ陸上フィールド競技大会兼2015トラックカーニバル(大阪・服部緑地陸上競技場):審判

○本:「大放言」百田直樹 著(新潮新書)
・ヨーロッパの国々では、地方議員は名誉職と考えられていて、その報酬も驚くほど低い。たとえばイギリスでは基本的に無報酬である。・・・つまり地方議員は、引退した地元の名士や実業家がボランティアでやるものだという認識が当たり前になっている。・・・一方、日本の地方議員は月平均だと七日ほどの「パートタイム」の仕事しかしていないのに、「フルタイム」の報酬を貰っている。それも都道府県議員は、一部上場企業の重役並の報酬だ。
・インドのパル判事は、昭和27年に広島を訪れたおり、通訳に訳してもらった原爆慰霊碑の碑文を読んだとき、不快感を隠さなかったという。そして彼はこう言った。「原爆を投下した者と、投下された者との区別さえもできないような、この碑文が示すような不明瞭な表現のなかには、民族の再起もなければまた犠牲者の霊もなぐさめられない」私たち日本人には耳が痛い言葉である。・・・さらにパル判事はアメリカを批判して厳しい口調で言った。「これを投下したところの国から、真実味のある心からの懺悔の言葉をいまだに聞いたことがない。・・・われわれはこうした手合と、ふたたび人道や平和について語り合いたくはない」
・大手メディアが狡いのは、表だって「南京大虐殺はまぎれもない事実だ」という主張をするところがなかったことだ。もしはっきりと大虐殺の存在を肯定すれば、それはメディアとして大きな責任を負うことになる。・・・実にやり方が汚いとしか言いようがない。
・私の経験上、日本の平和主義者くらい好戦的で攻撃的な人たちもいない。彼らは「平和」のためなら「人殺し」も「戦争」もやむを得ないと考えているように思える。
・戦争のない世界は理想である。・・・しかし残念なことに、口で「平和」を唱えるだけでは戦争は止められない。世界と日本に必要なのは、戦争を起こさせない「力」である。力のない正義は無能である。

○これから一週間の予定:
10/3() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

10/4() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)(大阪・天満橋)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/104-b05f.html

2015年9月22日 (火)

本日(9/22)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で98回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
9/19
以来の1週間2度目の開催です。
今年のシルバーウィークは、とても好天に恵まれています。
今日も、日の出頃はほぼ快晴でしたが、気温がまた少し高くなってきました。
給水等で少し注意を要しますが、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました。
今回の参加者は経験者1名です。枚方公園駅で準備体操をした後、

枚方公園駅⇒水面廻廊⇒淀川河川敷・土手⇒淀川新橋⇒鳥飼仁和寺大橋⇒鳥飼大橋⇒メイプルパークスクエア⇒地下鉄守口駅

のコースを歩きました。
やはりシルバーウィークということもあって、淀川の河川敷はスポーツにバーベキューにと、普段よりも賑わっているように感じました。
枚方の最高気温29.9℃(河川敷ではおそらく30℃は超えていたでしょう)と少し暑い中ではありましたが、今回も気持ちよくノルディック・ウォーキングができました。

水面廻廊を歩きます
(Walking along water corridors)
Cimg1326

淀川の土手から河川敷へ
(
From the banks of Yodo-river to the river bed of Yodo-river)
Cimg1327

淀川の河川敷を歩きます(鳥飼大橋前)
(Walking on the river bed of Yodo-river(in front of Torikai big bridge))
Cimg1328

地下鉄守口駅近くの桃町緑道公園にて
(At Momo-machi Ryokudo park near subway Moriguchi Sta.)
Cimg1329

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2015年9月20日 (日)

この一週間(9/14~9/20)

◆世間では:
・安保法成立:誰も、警官は拳銃を持っているからといって銃撃戦をしたいと思っているとは思ってはいない。にもかかわらず、何故に安保法案が戦争法案なのでしょうか?

◆個人的には:
・枚方でのノルディック・ウォーキング体験会、何とか97回目までやってきました。あと3回で100回を迎えます。ひとつの区切りではありますが、まだまだ必要とされている方々のお役に立てるよう頑張っていきたいと思っています。

○主な出来事:
9/19() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/919-1986.html

9/20() 2015ジャパンパラ陸上競技大会(大阪・ヤンマースタジアム長居):応援です♪
http://gold.jaic.org/jaic/para/results/2015/2015jpc/kyougi.html

○本:「アメリカの戦争責任」竹田恒泰 著(PHP新書)
・日本は原子爆弾の被害を受けた唯一の国なのだから、その犯罪性を追求しなければならないし、人類の名においてそれをおこなう責任があるのではないか。アメリカの戦争責任を論じることは、平和主義を採用する国家としての義務だと思う。
・アメリカがかつて一度も原爆投下について公式に謝罪していないことに違和感を覚えるのが、普通の日本人の感覚であるし、原子爆弾が「人命を救った」という詭弁に共感する日本人などほとんどいない。にもかかわらず、多くの日本人は原子爆弾の問題を直視しようとはしない。
・日本に原子爆弾を使用すること自体は昭和19年(1944年)9月に、またその使用方法は昭和20年(1945年)6月に決定していた。つまり、日本に降伏条件の緩和を伝える声明(のちのポツダム宣言)を出し、それに対して日本がどう反応するかの如何にかかわらず、日本への原子爆弾の投下は既に決定されていた。
・またそのことは、トルーマン大統領が、日本への声明を発表する時期を遅らせようとしたこと、そしてポツダムでの三国首脳会談の時期を遅らせようとしたこと、さらに日本への声明に「天皇の地位の保障」を明記することを最後まで拒んだことから明らかである。
・トルーマン大統領とバーンズ国務長官が作り上げ、戦後のアメリカの政権が固めてきた「原爆神話」という壮大なフィクションは、原爆投下を正当化し、戦争犯罪を覆い隠すためのもの・・・しかし、その責任の一端は日本にもある。「原爆神話」の重要な要素である「原爆投下は終戦を早めた」という部分を、世界中でいちばん熱烈に支持してきたのは、日本人だったからだ。
・トルーマン大統領の「早期終戦・人命節約論」が仮に正しくとも、戦闘員の命を救うため、民間人を無差別で虐殺してよいという考え方が、国際法上認められる余地はない。
・広島と長崎の商業地・市街地が、つまり非武装の民間人が原子爆弾の投下目標にされていた。広島と長崎への原爆投下は、歴とした戦争犯罪であり、アメリカは原爆投下による戦争責任を負うべきであると言わざるを得ない。
・原爆投下の目的を検討するうえで、あえて一つ外した項目があった。それは・・・「人体実験」だったのではないかという主張である。・・・無論、人体実験が主たる目的ではなかったであろう。・・・それにしても、あまりに用意周到ではないか。もし原爆投下に、かすかにでも人体実験的目的が含まれていたなら、「原爆神話」など根底から覆る。
・アメリカの教科書には、ネーティブ・アメリカンに対する迫害、黒人を奴隷として扱ってきたことなど、かつての暗黒の時代を直視し、それを乗り越えてきた輝かしい歴史が書かれている。大戦末期にアメリカ軍が日本の民間人を無差別に虐殺したことについても、アメリカ人たちが自らその過ちに気づいて反省し、それを繰り返さないことを誓ったとしたら、そのこと自体が誇り高い出来事としてアメリカの教科書に記されるに違いない。私は、アメリカ人たちは、それができるだけの、知能と見識を持った人たちだと信じている。
・アメリカは、ソ連にたった一日の借りを作り、これが大きなツケになってしまった。・・・トルーマン大統領とバーンズ国務長官は、とにかく日本に原子爆弾を落とすことで精一杯になってしまい、そこから先の国際情勢を見据える余裕がなかったのであろう。

○これから一週間の予定:
9/22(火・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
9/26() 3回大阪マスターズ陸上フィールド競技大会兼2015トラックカーニバル(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2015/07/826.html
9/27() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2015年9月19日 (土)

ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(10/4)

2015年10月4日(日) 10:00スタート
終了予定12:00

20151004

※雨天決行
毎月第1日曜日の定例イベントです。天満橋周辺を中心に約5㎞に渡り、同行する公認指導員とともに歩きます。

軽く汗をかいた後、昼食で八軒家浜市の新鮮なお魚をご賞味下さい。

複数にグループ分けをして歩行しますので、体力に自信のない方・初心者の方でも安心して参加いただけます。

本日(9/19)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で97回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
7/18
以来ちょうど2ヶ月ぶりの開催となります。
夏の間はお休みしていたためですが、ここ数日は、急に涼しくなってきました。
前回は台風11号の通過直後でお天気が心配された中での開催でしたが、今回はシルバーウィークを通しての好天が見込まれる中での開催です。
気温もそれほど高くなく、陽射しもほどほどに雲に遮られるという、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました。
今回の参加者は経験者2名、今回も楽しく歩けそうです。

枚方公園駅で準備体操をした後、今回は淀川の河川敷を下流に向かって、

枚方公園駅⇒淀川河川敷・土手⇒さだポンプ場付近⇒水面廻廊⇒淀川河川敷・土手⇒水面廻廊⇒枚方公園駅

のコースを歩きました。
淀川の河川敷の草地は、綺麗に刈られているところと伸び放題のところがあり、後者は歩き難いところもありましたが、これも自然を満喫することだと、寧ろ楽しむに如かずです。

季節は着実に秋へと向かう中、今回も気持ちよくノルディック・ウォーキングができました。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg1297

淀川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Yodo-river)
Cimg1298

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg1299

水面廻廊を歩きます
(Walking along water corridors)
Cimg1300

水面廻廊で休憩
(
Break in water corridors)
Cimg1301

水面廻廊から淀川の土手へ
(
From water corridors to banks of the Yodo-river)
Cimg1303

水面廻廊を歩きます
(Walking along water corridors)
Cimg1304

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2015年9月13日 (日)

この一週間(9/7~9/13)

◆世間では:
・東日本豪雨:2つの台風の位置関係によって、これほどの被害になってしまうことを、全く予測できないでいました。・・・専門家は予測できていたのでしょうか?できていたのであれば、事前に説明して欲しかったですし、できていなかったのであれば、自然の前に今一度謙虚になるべきでしょう。

◆個人的には:
・台風の影響でひとつは中止になったにも拘わらず、飲む機会がまだ続いています。。。to be continued・・・

○主な出来事:
9/10() MCEI大阪支部 20159月度 定例会(大阪)
9/12() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-166.html

○本:「人間の分際」曽野綾子 著(幻冬舎新書)
・人間社会で「為せば成る」が通るなら、それは戦争中に命を懸けて闘った日本人すべてを否定するものだ。そんな非礼はない。
・幸福を感じる能力は、不幸の中でしか養われない。運命や絶望をしっかりと見据えないと、希望というものの本質も輝きもわからない。
・人生はどこでどうなるかわからないから、それを待ったほうがいい・・・人間は、いくつになっても、死の前日でも生き直すことができる。最後の一瞬まで、その人が生きてきた意味の答えは出ないかもしれないのですから。
・幸福は主観の中にしかありえないという原則論が、この頃よく忘れられかかっている。・・・何でもすぐに間に合う時代だが、幸福の概念を創り出す力だけは、たった一人の孤独な作業による。
・もし自分の努力が必ず実る、ということになったら、人生は恐ろしく薄っぺらなものになるだろう。・・・努力と結果が結びつかない、というところに、救いがあるのだし、言い訳もなりたつ・・・因果関係は必ずしもはっきりはしない、というところで、世界はようやくふくよかなものになったのだ。
・老いと死は理不尽そのものなのである。しかし現世に理不尽である部分が残されていなければ、人間は決して謙虚にもならないし、哲学的になることもない。
・人間が高齢になって死ぬのは、多分あらゆる関係を絶つということなのである。もちろん一度に絶つのではない。・・・人とも物とも無理なく別れられるかどうかが知恵の証であろう。会うより別れる方がはるかに難しい。

○これから一週間の予定:
9/19() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2015年9月 6日 (日)

この一週間(8/31~9/6)

◆世間では:
・中国、抗日戦勝70年記念行事:抗日は中華民国のものであって、支那も朝鮮(韓国)も関与していない・・・正に、歴史修正主義者たちの集いだったのでしょう。

◆個人的には:
91日付けでグループ会社間の異動となりました。気分一新して臨みたいと思います。

○主な出来事:
9/6()ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「明日のプランニング」佐藤尚之 著(講談社現代新書)
・伝える目的は「売り」ではない。伝えたい相手を喜ばせることだ。
・情報が多すぎて伝えたい相手に届かないいまの超アゲンスト状況で、唯一の「解」は、仲間ごとにする、つまり「友人知人を介す」ということ。・・・友人知人は最強メディア
・情報が多すぎる砂一時代(情報“砂の一粒”時代)の生活者は、ほとんどの情報をスルーする。でも、友人知人の言葉だけは耳目に入ってくる。その中でも、熱心にその情報を勧めてくれるファンからのオーガニックな言葉は、態度変容すら促す。
・ひとつ大切なチェックポイント・・・「その情報はファンの間を熱狂をもって駆け巡るか」
・企業は「社外の生活者」とのみコミュニケーションをすればそれでいい、ということではない・・・「社内の生活者」、つまり社員に対してもきちんとコミュニケーションして共感を得なければいけない。・・・社員を「最強のファン」とし、彼らからオーガニックな言葉を言ってもらうためには、社内の環境や経営を見直すことが実は一番近道。
・「多くの企業は、新しいお客さんを獲得しようとする一方で、昔からのお客さんを最優先するのではなく、無視している。」『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』
・あなたが「個」を出せば出すほど、相手はあなたの中に「自分と同じところ」を探そうと踏み込んでくる。・・・あなたがあなたらしくあること。「個」を出すこと。自分だけの経験や思いを語ること。相手や一般論に自分を合わせないこと。それこそが「共感」を作るのだ。だからあなたは「個」をもっと前面に出すべきだ。・・・「個」を出すことこそファンベースにおけるアイデアの作り方。

○これから一週間の予定:
9/10() MCEI大阪支部 20159月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
9/12() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)

2015年9月 2日 (水)

2015年の8月

♪このひと月・・・ちょうど、2020年東京五輪のエンブレムに決着がつきました。残念です。。。
・それよりも、北京の世界陸上で、競歩種目では五輪、世界選手権を通じて日本勢初のメダル獲得してくれました♪
個人的には、9月から転勤(と言っても勤務地に変わりはないのですが)することが決まり、まだまだばたばたしている状態です。

♪今月の話題は、「小趾から拇趾への意識」です。
と言っても、いったい何のこと?だと思いますが・・・これは私がずっと考え続けていた「つま先を上げて足が地面に接する時に意識する足の指(趾)」に関してです。
「足が地面から離れてから身体の真下を通るまでは「小趾」を意識し、足が身体の真下を通ってから地面に接するまで(実際にはそれ以降足が地面を離れるまでの間)は「拇趾」を意識する。」
結論を言ってしまえば、そういうこととなります。

どのような理屈でそうなるのか?詳しくは以下のブログ等を見ていただければと思います(と言っても、実は非常にわかりにくいため、書き直さないといけないと感じており、今しばらくお待ちください・・・)。
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-a818.html

ここでは、このような歩き方(「「人混みを掻き分け」るように歩く」と私が表現している歩き方)の特徴とメリット(と私が考えていること)を述べさせていただきます。
【特徴】
Ⅰ股関節が外旋位と内旋位を繰り返して水平面上で円を描く(右脚は時計回り、左脚は反時計回り)
Ⅱ足関節が回外・底屈~回内・背屈を円運動のように繰り返す(水平面:右脚は時計回り、左脚は反時計回り、前額面:右脚は反時計回り、左脚は時計回り)
Ⅲ拇趾と小趾の間の意識もあたかも円運動のように繰り返す
【メリット】
①:遊脚の膝・足が前に直線的に進むことで、遊脚を効率的に速く振れる
②:支持脚期に外旋位となることで、水平面上で骨盤を大きく回旋できる
③:①②の結果として、ストライドが大きくなる
④:「接床・荷重応答~立脚中期・終期」における外旋Mを推進力とするため、より大きな力で前に進める
⑤:前遊脚~遊脚前期において小趾を意識することで遊脚中期・終期にまで背屈モーメントが継続し、つま先がより高く上がるとともに膝が伸びて、ストライドが大きくなる
⑥:接床時に拇趾を意識することで既に底屈モーメントが作動し、前方にブレーキがかからない
⑦:⑥の結果として、ヒールロッカーが滑らかに起こり、腰が前に速く乗り込み、前に速く進める

「「人混みを掻き分け」るように歩く」ことは、上記のメリットを有する、速く歩ける歩き方(であるとともに身体に優しい歩き方)であると私は捉えています。

8月のイベントへの参加は以下の2件でした♪
お盆休みが入ったということもあって、お休みの月ということだったのでしょう。
8/6() MCEI大阪支部 20158月度 定例会(京都)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15223962.html
8/29() 5回大阪マスターズ研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2015/08/77.html

8月のノルディック・ウォーキングのイベントへの参加は1回でした。
8
月は暑さのため、体験会の開催は見送っていますが、毎月恒例の「ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市」のみ参加しました♭
8/2()ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-164.html

◆今月のことば:「「命よりも大切なものはない。命が一番大事」とは考えないほうがいい。命が尊いことは確かですが、「自分の命よりも大切なものがある」と思ったほうが、私たちは幸せな人生を送ることができるようです。」(「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」樋野興夫 著(幻冬舎)より)

9月の予定:
9/6()ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/96-8611.html
9/10() MCEI大阪支部 20159月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
9/12() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
9/19() 9/22(月・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
9/26() 3回大阪マスターズ陸上フィールド競技大会兼2015トラックカーニバル(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2015/07/826.html
9/27() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31