無料ブログはココログ
フォト

« 2016年の1月 | トップページ | 本日(2/11)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

2016年2月 7日 (日)

この一週間(2/1~2/7)

◆世間では:
・清原逮捕、北朝鮮ミサイル発射:両者は何の関係もありませんが、何故か重なりあって、心が重くなってきます。。。

◆個人的には:
・飲み過ぎです。。。。。。

○主な出来事:
2/4() MCEI大阪支部 20162月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15266533.html
2/6() 大阪マスターズ陸上競技連盟 平成28年度通常総会(大阪)
2/7() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「「働く居場所」の作り方」花田光世 著(日本経済新聞出版社)
・これからの組織では、自分の「働く居場所」は自分で作らなければなりません。・・・自分のキャリアステージに見合ったライフスタイルや働き方を構築でき、自分の周りや自分自身も連続的に変化する中で、新たな可能性にチャレンジできる場であり、自分を成長させることのできる場・・・実は自分の「働く居場所」作りとはキャリアそのもの・・・「居場所」は、キャリア作りにおける自分の状態、仕事上の役割、人間関係、心の動きなどを総合的に表す言葉。
・アンラーニングは学習したスキルや知識を捨て去ることではありません。自分の思い込み、囚われ、特定の見方から自分を解放するプロセスです。・・・自分の心の中にある、新しいチャンスへの障がいを自分から低めていく一連のプロセスを実践することが重要。
・自己実現や自分の大切にする価値観をもつことは大事かもしれません。しかしそれに過度に囚われ、それをあまりに固定化させたり、その状態を守ろうとし過ぎることは自分の可能性やチャンスを閉ざしてしまうという危険性があることを指摘したいと思います。
・組織や職務の満足が本当に個人の成長につながるでしょうか。むしろ個人が成長するのは、厳しい現場に向き合った時です。それこそ、個人個人が、自己の成長に本気になり、当事者意識をもって真剣になるのではないでしょうか。
・ストレッチングの目標は、自己実現の達成ではありません。・・・自己実現は方針であり、方向性であり、達成目標そのものではない・・・自己実現という方針に向かって、変化に向けた日常の中での一歩一歩の踏み出しによる成長とチャンスの拡がりの認識を達成基準にすることが重要。
・組織の中で、自分を見失いかけ、元気を失い、悩んでいる層に対して元気をもってもらうのは、自己実現でも、内的キャリアの達成でもなく、自然の状態の大切さに気づき、その実現に向けて心を動かし、行動することも重要。

自然とは「自ずから然り(おのずからしかり)」です。それは自分を覆っている、見栄や、しがらみ、他者からの押し付けイメージを自分自身で脱ぎ去り、多様な能力と可能性に自ら気づき、その自分を受け入れることに他なりません。
・私たちの求めるもの、関心、価値観は、そんなに簡単に到達・達成できるものではありません。・・・私たちの成長に応じ、関心・価値観自体、求めるものも当然変わってきます。しかし、変わらないのは大切なものに向かって努力したプロセスやそれを通じて成長した自分自身、さらにはそれにより構築できた新しいライフスタイルです。その達成や実践こそがキャリアそのものなのです。
・自己実現や内的キャリアの達成には時間がかかるし、達成できる保証はどこにもない。むしろ保証できるのは、内的キャリアの実現を目標ではなく方針としてもち、その内的キャリアにつながる行動をしっかり実践し、その日々の達成から成長実感をもつことへの認識変化です。

○これから一週間の予定:
2/11(木・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
2/14() 淀川寛平マラソン(大阪)(審判員)
http://kanpei-marathon.jp/

« 2016年の1月 | トップページ | 本日(2/11)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(2/1~2/7):

« 2016年の1月 | トップページ | 本日(2/11)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31