無料ブログはココログ
フォト

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

この一週間(2/22~2/28)

◆世間では:
・民主・維新合流:「新党・野合」でも立ち上げればいいのに。
・梅田・車暴走事故:もっと早く停止できる車を早く作って欲しいと思います。

◆個人的には:
・昔は人の目をもっと気にしていた。気にしすぎていたと言ってもいいくらいです。最近、少しは自由になれたでしょうか?♭

○主な出来事:
2/28() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/228-40a6.html

○本:「人生のシナリオを書き換えるイメージの法則」牧野内大史 著(ヒカルランド)
・イメージとことばの違いは、コミュニケーションの相手が自分か、自分以外の他人かの違いです。・・・ことばは対象を特定するために、意味の制限を得意とします。・・・反対にイメージは、制限がありません。・・・イメージが指し示すのは、制限を外した意味や、意味を超えた連想になります。
・わたしたちが現実に創り出すものはすべて、まず、自分の内側でイメージとして創り出されます。・・・イメージとことば、そして、行動という表現。それが現実になるのです。
・内側に眠るイメージの世界を探求:4つのステップ=解放・探索・対話・選択・・・解放でイメージとつながり、その世界を深く探索していきます。そして、内なるイメージと対話し、そのコミュニケーションで得た情報をふまえ、自分自身の新しい選択をしていく・・・人生は全てこのサイクルで展開しています。
・コミュニケーションの本質は、対話で互いにつながることで、自分に何が起きてくるのか。そして、相手に何が起きてくるのか。起きてくる変容こそが、その本質にあります。
・誰もがなりたい自分を選択し、決めることで望んだ通りの人生を生きています。・・・選択の力を人に明け渡していると、次第に自分が無力な存在だと感じるようになってきます。そうなると、自分の人生をこころから信頼していくことが難しくなってしまいます。
・失うことを怖れて何かにしがみつくとき、わたしたちはイメージですでにそれを失っています。・・・全てを失い全てが変わっても、それでも価値がある何かにわたしたちは氣づいています。そして、それは目にみえる外側にはなく、わたしたちひとりひとりの内側に発見できるものです。

○これから一週間の予定:
3/1() ノルディック・ウォーキング教室(大阪・枚方)
3/5() 近畿マスターズ駅伝(兵庫・しあわせの村)
3/6() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)』(3・4月)

経験者はもちろん、日頃体を動かす機会がほとんど無いという方、ノルディックウォーキングは初めてという方が安心してご参加頂けますよう、インストラクターが担当させて頂きます。

ノルディックウォーキングに興味をお持ちの方や、ウォーキングをしていて膝や腰の痛みが気になる方など、是非一度お試しください。皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。

■開催日時
 
平成28327日(日)、417日(日)
 時間はいずれも10:3013:00
■集合場所
 京阪電鉄(交野線) 私市駅 駅前広場 ※ポールを持ったスタッフが立っています。
■参加料
 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)
■持ち物
 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。)
 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。 
■申込方法 
メールにて下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールを送信いたします。 
※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。
件 名「〇〇月〇〇日 大阪私市会場参加希望」と記載
本 文「 氏名,年齢,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」
 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。

☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。 
☆ 次回以降の開催予定は http://kansainordicwellness.web.fc2.com/ をご覧ください。
※ 事故が発生した場合、加入している傷害保険の範囲、及び現場での応急処置以外の責任は負えません。
※ 各種イベント及び各種情報提供の範囲内のみで個人情報を利用いたします。また、ご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはございません。

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)』(3・4月)

経験者はもちろん、日頃体を動かす機会がほとんど無いという方、ノルディックウォーキングは初めてという方が安心してご参加頂けますよう、インストラクターが担当させて頂きます。
ノルディックウォーキングに興味をお持ちの方や、ウォーキングをしていて膝や腰の痛みが気になる方など、是非一度お試しください。皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。

■開催日時
 
平成28319日(土),42日(土),16日(土),30日(土)
 時間はいずれも10:3013:00
■集合場所
 京阪電鉄 枚方公園駅 西口駅前広場(バス停のない方)
 ※ポールを持ったスタッフが立っています。
■参加料
 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)
■持ち物
 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。) 
 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。
■申込方法
メールにて下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールを送信いたします。
※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。
件 名「〇〇月〇〇日 大阪枚方会場参加希望」と記載 
本 文「 氏名,年齢,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」
 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。 

☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。 
☆ 次回以降の開催予定は http://kansainordicwellness.web.fc2.com/ をご覧ください。
※ 事故が発生した場合、加入している傷害保険の範囲、及び現場での応急処置以外の責任は負えません。
※ 各種イベント及び各種情報提供の範囲内のみで個人情報を利用いたします。また、ご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはございません。

本日(2/28)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)

私市で8回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
1/24
以来約1ヶ月ぶりの開催です。
今年は暖かくなったり寒くなったりの繰り返しです。
そんな中、お天気もよく、暖かい中の開催となり、ノルディック・ウォーキングが楽しめそうです。
今回の参加者は経験者4名(うち1名は久し振りの参加)、私市体験会で最も多い参加者となりました。
前回は星のブランココース(と言っても手前までですが)だったので、今回はくろんど池コース、とも思ったのですが、昨年11月に行った「星田妙見宮コース」では階段を上り切らなかったことから、今回は上まで上り切ることとしました。

今回は、

私市駅⇒大阪市大附属植物園前⇒天野川沿い⇒私市橋⇒星田妙見宮⇒妙見川沿い⇒妙見口⇒妙見川緑地⇒天野川橋⇒河内森駅

のコースを歩きました。
お天気もよくて気持ちのいい程度に暖かく、風もほとんどなく、絶好のノルディック・ウォーキング日和でした。

妙見坂の街並み
(Cityscape of Myoken-zaka)
Cimg2522

星田妙見宮
(Hoshida-Myokengu Shrine)
Cimg2523

星田妙見宮の階段(上り)
(Stairs at Hoshida-Myokengu Shrine
 (upward))
Cimg2526

星田妙見宮の織女石
(Tanabata-seki at Hoshida-Myokengu Shrine)
Cimg2528

星田妙見宮の階段(下り)
(Stairs at Hoshida-Myokengu Shrine
 (downward))
Cimg2529

星田妙見宮の登龍の滝
(Toryu-Waterfall at Hoshida-Myokengu Shrine)
Cimg2530

妙見川沿いの道
(Road along Myoken-river)
Cimg2531

私市三丁目の街並み
(Cityscape of Kisaichi Third Street)
Cimg2534


今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年2月21日 (日)

この一週間(2/15~2/21)

◆世間では:
・日本政府は16日に国連欧州本部で開かれた女子差別撤廃委員会で「慰安婦の強制連行を裏付ける資料はなかった」と説明:ようやくここまできました。あとは事実を積み上げていくのみです。

◆個人的には:
・先週「プルーストを読む」を紹介し、今週から鈴木道彦訳集英社文庫「失われた時を求めて」(全13冊)を読み始めています。とりあえず1冊目を読了♪
幼い頃、家を出て左に行けば「市場の方」、右に行けば「神社の方」だったことが思い出されました♭

○主な出来事:
結局何もなしです。。

○本:「電車をデザインする仕事」水戸岡鋭治 著(日本能率協会マネジメントセンター)
・『売らんがためのデザインではなく、使うためのデザイン、「美しい」ではなくて「正しい」デザイン』
JR九州で車両のデザインをするようになってわかったこと・・・デザインとは自己表現の道具ではなく、公共空間である鉄道、その事業は街づくりや環境づくりそのもの・・・いかに全体を見渡せることができるか・・・鳥瞰の視点、つまりは広い視野で見る、考えるということ。
・デザインの仕事をはじめてから知ったことというのは、デザインとはいわば「代行業」であるということ。つまり、代行業者であるデザイナーとはクライアントやお客様の意見、さらにはメーカーや職人の意見を聞き、さまざまな情報を吸収し、多くの人の思いや考えを翻訳・通訳し、色や形や素材を工夫して使い勝手に置き換える仕事をする人。
・私が車両をデザインするとき、旅という時間と環境をデザインすることからスタートします。つまり、「列車での旅をどう過ごすのか」という問いかけからすべてがはじまるわけです。
・公共デザインは自分好みでつくるアートではないということを肝に銘じなければいけません。・・・「正しい」そして「楽しい」という感覚が大切・・・私が今一番大事にしているテーマは「笑顔と笑いが生まれるデザイン」。
・企業人としての稼ぎ仕事を米仕事、これに対して社会人としての務め仕事(公共や自分に繋がる仕事)を花仕事といいます。言い換えれば、米仕事は経済に繋がる仕事であり、花仕事は環境や文化を大切にする仕事。
・デザイナーにかぎらず私たち大人がやるべき仕事とは、「未だかつて無いものをつくる」ということの意味・・・既成概念を壊し、より豊かな人・事・物をつくって次の世代に残していけるのかということを考える必要があるということ。

○これから一週間の予定:
2/27() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
2/28() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2016年2月14日 (日)

この一週間(2/8~2/14)

◆世間では:
・不倫・宮崎議員辞職表明:何かよく分からない世の中になってきました。こんなことで議員辞職する必要あるのか、と思っていたら次から次に出てくるし・・・でも、これを認めたら、辞職せざるを得ない議員は他にも大勢いるように思いますが。。。

◆個人的には:
・ようやく、5/2-6のマスターズ陸上アジア選手権の航空券とホテルを確保しました。今回から日本選手団としてではなく、個人としての登録となるようです。試合よりもまずはこのしくみに慣れることを、今回の目標とします♪

○主な出来事:
2/11(木・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/211-ed18.html
2/14() 淀川寛平マラソン(大阪)(コース監察員)
http://blogs.yahoo.co.jp/kanpei_marathon/33253243.html

○本:「プルーストを読む」鈴木道彦 著(集英社新書)
・プルーストもまた意識や夢を記述し、それを掘り下げることに腐心した。これが彼を二十世紀西欧の代表的作家たらしめる数多くの要因の一つであったのだろうし、このような彼の関心は、後に述べる記憶の問題で、さらに顕著な形で示されるだろう。
・無意識的記憶というのはこのように、単なる回想ではなくて、ここから生きた物語が始まる合図であり、古代ケルトの霊魂不滅の信仰にあるように、過去の魂が虚構の物語に変身して甦るしるしである。・・・無意識的記憶の合図によって始まるのは、死んだ過去を語る自伝とは異なって、甦った過去の魂の物語なのである。この魂という古風な表現を、心に留めておいていただきたい。そしてこのような物語こそ、すべてを語ることが可能な虚構の自伝の世界なのである。
・意識存在としての他者を全面的に自分のものにしたいという欲望・・・これがプルーストの考える恋愛の理念であり、条件だが、またこれが恋愛を不可能なものにしている原因でもある。相手の意識を捉えようとしても、意識はするりとこちらの手から逃れて遁走してしまうからだ。
・この小説は多様なテーマと複雑な人間関係を盛りこんで進行するが、それでもその底には常に変わることなく一つの思想が流れており、これが大黒柱となって、長い作品を支えている。語り手=主人公による文学の根拠を尋ねる旅、という主題がそれだ。・・・文学以外のこうした他の芸術にかんする考察を通して、語り手は文学の意味を発見してゆくのであり、それがまた作者プルーストの主張にもなっている。だからこの作品は小説でありながら、同時に一種の文学論をも含んでいるのだ。
・「音楽こそは――仮に言語の発明、語の形成、観念の分析がなかったとした場合に――魂の交流の唯一無二の例になったのではないかと私は考えた。(X-81)」これは語り手を作家たらしめる上で、鍵になる言葉と言ってもよい。この「魂の交流」を言葉で実現できないか、というのが語り手の(そしてプルーストの)文学の中心課題だったからだ。
・私にはこの未完成が、人生そのものの姿のように映る。どんな生涯も未完のまま終了するものだし、どんな人でも、意欲的に生きようとすればするほど、かならず業半ばで倒れるほかはない。だから『失われた時を求めて』は、未完に終わることによって、その形の上でも「時」の持つ普遍性をそのまま表現したと言えるかもしれない。
・『失われた時を求めて』もまたわれわれ読者にとっては、一つの「うながし」である。だからこそ、そこに書かれた次の言葉は、私にとって決定的に重要なものに見える。・・・「一人ひとりの読者は、本を読んでいるときに、自分自身の読者なのだ。作品は、それがなければ見えなかった読者自身の内部のものをはっきりと識別させるために、作家が読者に提供する一種の光学器機にすぎない。(XII-377)」

○これから一週間の予定:
2/20() ひらかた市民オリンピック(ノルディック・ウォーキング)(大阪・枚方)
http://hirakata-taikyo.org/siminop2.pdf

ひらかた市民オリンピック(2/20(土))

2/20(土)に、ひらかた市民オリンピックが開催されます(^_^)/ ノルディック・ウォーキング教室に協力いたします。 是非、ご参加ください♪

http://hirakata-taikyo.org/siminop2.pdf

2016年2月11日 (木)

本日(2/11)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で104回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
1/31
以来約10日ぶりの開催です。
少し前までの冷え込みも和らぎ、特に当日は予想最高気温が14℃と一気に春になりそうな感じでした。(暖かい日は4日程続くようですが、その後はまた冬に逆戻りのようです・・・)。
そして、朝から飛行機雲以外の雲はほとんど見られない快晴、加えて風もほとんどなく、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました。
今回の参加者は経験者1名です。枚方公園駅前で準備体操をした後、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒淀川土手⇒枚方市立渚市民体育館⇒淀川土手⇒淀川河川敷⇒ラポールひらかた

のコースを歩きました。
淀川河川敷は、2/14(日)に開催される「淀川寛平マラソン」の設営中で、ランナーの姿もちらほら。
体験会では今回初めて訪れた渚市民体育館では、日頃お世話になっている枚方体育協会の方々にもご挨拶できました。
また、今回のゴールのラポールひらかたでは「ひらかた食育カーニバル」が開催されていました。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)

淀川の河川敷から淀川の土手へ
(
From the river bed of Yodo-river to banks of the Yodo-river)

淀川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Yodo-river)

枚方市立渚市民体育館
(Hirakata Municipal Nagisa citizen gymnasium)

ひらかた食育カーニバル
(Hirakata food education carnival)

今回も無事に終了できました。ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年2月 7日 (日)

この一週間(2/1~2/7)

◆世間では:
・清原逮捕、北朝鮮ミサイル発射:両者は何の関係もありませんが、何故か重なりあって、心が重くなってきます。。。

◆個人的には:
・飲み過ぎです。。。。。。

○主な出来事:
2/4() MCEI大阪支部 20162月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15266533.html
2/6() 大阪マスターズ陸上競技連盟 平成28年度通常総会(大阪)
2/7() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「「働く居場所」の作り方」花田光世 著(日本経済新聞出版社)
・これからの組織では、自分の「働く居場所」は自分で作らなければなりません。・・・自分のキャリアステージに見合ったライフスタイルや働き方を構築でき、自分の周りや自分自身も連続的に変化する中で、新たな可能性にチャレンジできる場であり、自分を成長させることのできる場・・・実は自分の「働く居場所」作りとはキャリアそのもの・・・「居場所」は、キャリア作りにおける自分の状態、仕事上の役割、人間関係、心の動きなどを総合的に表す言葉。
・アンラーニングは学習したスキルや知識を捨て去ることではありません。自分の思い込み、囚われ、特定の見方から自分を解放するプロセスです。・・・自分の心の中にある、新しいチャンスへの障がいを自分から低めていく一連のプロセスを実践することが重要。
・自己実現や自分の大切にする価値観をもつことは大事かもしれません。しかしそれに過度に囚われ、それをあまりに固定化させたり、その状態を守ろうとし過ぎることは自分の可能性やチャンスを閉ざしてしまうという危険性があることを指摘したいと思います。
・組織や職務の満足が本当に個人の成長につながるでしょうか。むしろ個人が成長するのは、厳しい現場に向き合った時です。それこそ、個人個人が、自己の成長に本気になり、当事者意識をもって真剣になるのではないでしょうか。
・ストレッチングの目標は、自己実現の達成ではありません。・・・自己実現は方針であり、方向性であり、達成目標そのものではない・・・自己実現という方針に向かって、変化に向けた日常の中での一歩一歩の踏み出しによる成長とチャンスの拡がりの認識を達成基準にすることが重要。
・組織の中で、自分を見失いかけ、元気を失い、悩んでいる層に対して元気をもってもらうのは、自己実現でも、内的キャリアの達成でもなく、自然の状態の大切さに気づき、その実現に向けて心を動かし、行動することも重要。

自然とは「自ずから然り(おのずからしかり)」です。それは自分を覆っている、見栄や、しがらみ、他者からの押し付けイメージを自分自身で脱ぎ去り、多様な能力と可能性に自ら気づき、その自分を受け入れることに他なりません。
・私たちの求めるもの、関心、価値観は、そんなに簡単に到達・達成できるものではありません。・・・私たちの成長に応じ、関心・価値観自体、求めるものも当然変わってきます。しかし、変わらないのは大切なものに向かって努力したプロセスやそれを通じて成長した自分自身、さらにはそれにより構築できた新しいライフスタイルです。その達成や実践こそがキャリアそのものなのです。
・自己実現や内的キャリアの達成には時間がかかるし、達成できる保証はどこにもない。むしろ保証できるのは、内的キャリアの実現を目標ではなく方針としてもち、その内的キャリアにつながる行動をしっかり実践し、その日々の達成から成長実感をもつことへの認識変化です。

○これから一週間の予定:
2/11(木・祝) ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
2/14() 淀川寛平マラソン(大阪)(審判員)
http://kanpei-marathon.jp/

2016年2月 3日 (水)

2016年の1月

♪このひと月・・・今年に入って日経平均株価が続落。甘利大臣が辞任・・・直近では株価も戻してはいますが、まだまだ先が見えない状況は続きそうです。。。
そんな中で、月末に大阪体育協会の研修で、「マイナンバー制度」に関する研修を受講しました。
「マイナンバー制度」とは、正式には「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(*)において個人を識別するために指定された「個人番号」のことです。
それはそれで、関係あるところでは粛々と対応していかなければならないのですが、それよりも「改正個人情報保護法」の方が気になりました。。。
*「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」 http://law.e-gov.go.jp/announce/H25HO027.html

♪という訳で、今月の話題は「改正個人情報保護法」です。(と言っても、法律のことは専門外のため、関連部分の参照に過ぎないことをご了承ください)
改正前の法律の正式名称は、「個人情報の保護に関する法律」。それに「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」を合わせて、その一部が改正されました。
「個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律」の概要より、背景と対応は以下のとおりです。
※背景:
・情報通信技術の進展により、膨大なパーソナルデータが収集・分析される、ビッグデータ時代が到来。
他方、個人情報として取り扱うべき範囲の曖昧さ(グレーゾーン)のために、企業は利活用を躊躇。(例:大手交通系企業のデータ提供)
また、いわゆる名簿屋問題(例:大手教育出版系企業の個人情報大量流出)により、個人情報の取り扱いについて一般国民の懸念も増大。
※対応:
・個人情報の定義を明確化することによりグレーゾーンを解決し、また、誰の情報か分からないように加工された「匿名加工情報」について、企業の自由な利活用を認めることにより経済を活性化。
他方、いわゆる名簿屋問題対策として、必要に応じて個人情報の流通経路を辿ることができるようにし、また、不正に個人情報を提供した場合の罰則を設け、不正な個人情報の流通を抑止。
⇒これらのことから、以下の6点に絞って改正が成立した訳ですが、
1.個人情報の定義の明確化
2.適切な規律の下で個人情報等の有用性を確保
3.個人情報の保護を強化(名簿屋対策)
4.個人情報保護委員会の新設及びその権限
5.個人情報の取扱いのグローバル化
6.その他改正事項
最も気になったのは、「6.その他改正事項」の中の
「・小規模取扱事業者への対応:取り扱う個人情報が5,000人以下であっても個人の権利利益の侵害はありえるため、5,000人以下の取扱事業者へも本法を適用。」の部分です。
恐らく、今年中に「5,000人以下の取扱事業者」がどのように対応していくかの具体的な姿が見えてくるのでは、と思っています。

以下、絞られた6点の詳細に関してです。
1.個人情報の定義の明確化
・個人情報の定義の明確化:特定の個人の身体的特徴を変換したもの(例:顔認識データ)等は特定の個人を識別する情報であるため、これを個人情報として明確化する。
・要配慮個人情報:本人に対する不当な差別又は偏見が生じないように人種、信条、病歴等が含まれる個人情報については、本人同意を得て取得することを原則義務化し、本人同意を得ない第三者提供の特例(オプトアウト)を禁止。
2.適切な規律の下で個人情報等の有用性を確保
・匿名加工情報:特定の個人を識別することができないように個人情報を加工したものを匿名加工情報と定義し、その加工方法を定めるとともに、事業者による公表などその取扱いについての規律を設ける。
・個人情報保護指針:個人情報保護指針を作成する際には、消費者の意見等を聴くとともに個人情報保護委員会に届出。個人情報保護委員会は、その内容を公表。
3.個人情報の保護を強化(名簿屋対策)
・トレーサビリティの確保:受領者は提供者の氏名やデータ取得経緯等を確認し、一定期間その内容を保存。また、提供者も、受領者の氏名等を一定期間保存。
・データベース提供罪:個人情報データベース等を取り扱う事務に従事する者又は従事していた者が、不正な利益を図る目的で提供し、又は盗用する行為を処罰。
4.個人情報保護委員会の新設及びその権限
・個人情報保護委員会:内閣府の外局として個人情報保護委員会を新設(番号法の特定個人情報保護委員会を改組)し、現行の主務大臣の有する権限を集約するとともに、立入検査の権限等を追加。(なお、報告徴収及び立入検査の権限は事業所管大臣等に委任可。)
5.個人情報の取扱いのグローバル化
・国境を越えた適用と外国執行当局への情報提供:日本国内の個人情報を取得した外国の個人情報取扱事業者についても個人情報保護法を原則適用。また、執行に際して外国執行当局への情報提供を可能とする。
・外国事業者への第三者提供:個人情報保護委員会の規則に則った方法、または個人情報保護委員会が認めた国、または本人同意により外国への第三者提供が可能。
6.その他改正事項
・オプトアウト規定の厳格化:オプトアウト規定による第三者提供をしようとする場合、データの項目等を個人情報保護委員会へ届出。個人情報保護委員会は、その内容を公表。
・利用目的の制限の緩和:個人情報を取得した時の利用目的から新たな利用目的へ変更することを制限する規定の緩和。
・小規模取扱事業者への対応:取り扱う個人情報が5,000人以下であっても個人の権利利益の侵害はありえるため、5,000人以下の取扱事業者へも本法を適用。

※参照:
・「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」 http://law.e-gov.go.jp/announce/H25HO027.html
・「個人情報の保護に関する法律」 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H15/H15HO057.html
・「個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律」概要 http://www.cas.go.jp/jp/houan/150310/siryou1.pdf
・「概要(個人情報保護法改正部分)」:http://www.soumu.go.jp/main_content/000355092.pdf

1月のイベントへの参加は以下の4件でした♪
MCEI
の定例会では「観光立国革命」のお話、ブラッシュアップ研修ではマイナンバー制度のお話でした♪
1/11(月・祝) 「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン(大阪・枚方)(今年は上流走路員でした)
http://hirakata-taikyo.org/hhm/
1/14() MCEI大阪支部 20161月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/category/1284088.html
1/23() 大阪マスターズ陸上競技連盟 第12回理事会(大阪)
http://omaa.jp/information/information08.html
1/30() 大阪体育協会 地域スポーツ現場活用術 ブラッシュアップ研修(大阪)

1月のノルディック・ウォーキングのイベントへの参加は4回でした。
今年は暖冬、と思っていると急に寒波がやってきたりしましたが、お天気に恵まれたこともあって、気持ちよくノルディック・ウォーキングができました♭
1/10() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
1/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/116-bf39.html
1/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/124-dd33.html
1/31() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/131-cfea.html

◆今月のことば:「日本が最優先すべき観光立国戦略は、・・・日本各地の多様性を守るということに尽きる・・・失われ始めている各地の歴史的町並み・景観、地域性、高い市民モラル、風土に根ざした各地の固有のおもてなし文化、愛郷心こそ、観光立国の基盤となる最強の観光資源だ。」(「観光立国革命」中村好明 著(カナリアコミュニケーションズ)より)

2月の予定:
2/4() MCEI大阪支部 20162月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
2/6() 大阪マスターズ陸上競技連盟 平成28年度通常総会(大阪)
http://omaa.jp/topics/2015/12/28-2.html
2/7() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/27-27-9c3c.html
2/11(木・祝)2/27() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
2/14() 淀川寛平マラソン(大阪)(審判員)
http://kanpei-marathon.jp/
2/28() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31