無料ブログはココログ
フォト

« この一週間弱(3/29~4/3) | トップページ | 本日(4/16)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

2016年4月10日 (日)

この一週間(4/4~4/10)

◆世間では:
・五輪バド金候補闇カジノ賭博:何でやねん・・・悲しくなります。ただし、所詮は個人のお金。舛添都知事の海外出張費の方がコンプライアンス的には大きな問題だと思います。

◆個人的には:
・家で仕事をすると、休憩は取らないは、運動量は減るわで、どっと疲れが出てきます。

○主な出来事:
4/10() 審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)

○本:「オキナワ論」ロバート・D・エルドリッッヂ 著(新潮新書)
・天皇メッセージ:昭和天皇が沖縄を切り捨てたとかいう話ではなく、通常のルートでは交渉する方法のなくなった日本政府が、それでも必死に沖縄を日本の一部として残そうとして、昭和天皇まで話が行ったということ・・・まず講和条約を締結して、それが発効する翌年までの間に実際にどうやって沖縄を残すかについて協議する場が保証されたということ。
・外交交渉というのは、特定の文書や片方の資料だけではなくて、全体の流れをきちんと見る必要があります。日米双方の考え方の推移を丁寧に追っていけば、沖縄では定説となっている「天皇は沖縄を見捨てた。政府は沖縄のために何もしなかった」というのが全くの虚構であることがよく分かります。
・尖閣問題とはつまるところアメリカの政策に責任があるという言い方もできます。・・・日本政府だけでなくアメリカが政策上もその立場を貫いていたら、中国は早々に諦めていた。
1972年に沖縄が返還される際に、それまでのアメリカの立場、「尖閣は沖縄の一部であり、沖縄は日本の一部である」というスタンスを中国に遠慮せずに政策上も継承し、中国に認めさせるべきだったと私は考えています。・・・普天間飛行場は、米国と国連にとっても、そして日本にとっても極めて戦略的資産であり、「危険」ではなく「貴重」な存在です。・・・もし勝連に集約基地ができていたら、普天間はとっくに返還され、那覇空港は危険性のない一流の民間国際空港・・・。

○これから一週間の予定:
4/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
4/17() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

« この一週間弱(3/29~4/3) | トップページ | 本日(4/16)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(4/4~4/10):

« この一週間弱(3/29~4/3) | トップページ | 本日(4/16)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31