無料ブログはココログ
フォト

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

2016年の4月

♪このひと月・・・先月、「あれから5年」のひと月・・・と書いたら、今月は熊本地震。。。
自分に何ができるか、そしてその中で何をなすべきか。それは結局のところ自分自身の問題であり、極めて個人的なものです。
むやみに他人を非難したり、主義主張を押し付けたりするのは、自分の課題に真摯に向き合っていないためのように思います。
・・・と以前に書きました。その時から何もかわっていません。まだまだ、自分の問題に向き合っていかないといけませんね。

そんな状況ではあるのですが、今月は新年度の始まりでもあることから、話題は「陸上競技のルール」です(何でやねん?)。
それは、審判講習会があったこともあるのですが、ルールというものは、変わっていないようで徐々に変わっているものだということを、少しでも知っていただければと思ってのことです。
「陸上競技のルールなんて、ずっと一緒で変わってへんのと違うの?」
と思っているあなた、他のルールも同様なのかもしれませんが、陸上競技のルールは、年度始めに修改正されています。
(なお、ドーピングに関するWADA(世界アンチ・ドーピング規程)の禁止表は毎年11日に更新されます。これによって「メルドニウム」が禁止薬物に加えられたことで、女子テニスのシャラポア選手が出場停止となったのは、記憶に新しいことです。)
例えば、2年前には、「位置について」「よ~い」が「On your marks」「Set」に替わりました。
それに伴って昨年は、「上訴審判員」が「ジュリー」に、「場内司令」が「マーシャル」に呼称が変更となりました。(陸上関係者以外は「だからどうした?」でしょうが・・・)
今年も競歩関連で、「黄色パドル」が「イエローパドル」に、「赤カード」が「レッドカード」に替わるなど、東京五輪を見据えた用語の英語への統一が進んでいますが、実はその他にも、細かいルールは少しずつ変更されています。(詳しくは、陸上競技ルールブック参照)

特に、今年の改正で私が気になって点を二つ。
一つ目は、「トレイルレース(トレイルランニング)」が陸上競技の正式種目として日本においても認められたこと。
実は、「マウンテンレース」が既に認められていたことすら、私は知らなかったのですが・・・
これからは、これまでの「陸上競技」とは違った意味で楽しんでいただければと思っています。
二つ目は、「ジュニア」及び「ユース」の区分がなくなり、それに代わって「U20」及び「U18」となったこと。
これも、東京五輪を意識したものなのだと思いますが、年齢で区分されたことは、マスターズに棲息している私たちにとっては大いに意味があります。
U20」や「U18」と同列で、「O6060歳以上)」や「O6565歳以上)」の区分ができるかもしれない♪(※)(=オリンピック種目になるかもしれない)。。。
などと、すぐには実現しないでしょうが、あと何年かすれば、きっと動き始めることでしょう。
(現在、マスターズ陸上では、男子は24歳以下のクラスM24-24歳以下)の他は5歳刻みで、M2525-29)、M3030-34)・・・M100100-104)及びM105105歳以上)があり、女子はW24-からW95までは男子と同じでW100100歳以上)がある。)

※参照:
陸上競技ルールブック http://www.jaaf.or.jp/athlete/rule/
日本マスターズ陸上競技連合競技規則:http://www.j-master.gr.jp/files/rules_2016_0421.pdf

4月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
先月は「ノルディック・ウォーキング以外のことに手が回らなかったひと月」と書きましたが、今月は陸上競技が中心だったでしょうか♪(個人的にはシンガポール行きの準備も含めて・・・)
4/10() 審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
4/14() MCEI大阪支部 20164月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15307976.html
4/23() 近畿マスターズ陸上研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2016/03/post-29.html

4月のノルディック・ウォーキングのイベントへの参加は2回でした。
気候がよくなってきましたが、このひと月は、やや陸上競技に重心が移っていたかもしれません。。。
4/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/416-572d.html
4/24() 大阪ノルディック・ウォークフェスタ2016(大阪・中之島公園周辺)
http://www.nordic-walk.or.jp/pdf/20160411184256815.pdf

◆今月のことば:「そもそも、貿易取引において一番大きなウエートを占めるのは、関税でも毒素条項でもなく、為替です。・・・TPPのことを過度に心配するよりも、日本に不利な為替レートにならない政策を政府に求めることのほうがはるかに大事です。」(「戦後経済史は嘘ばかり」高橋洋一 著(PHP新書)より)

5月の予定:
5/1() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
5/4()-8() 19回アジアマスターズ陸上競技選手権大会(シンガポール)
http://www.singaporeathletics.org.sg/amac2016/
5/7() 30回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://omaa.jp/topics/2016/04/post-32.html
5/8() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
5/12() MCEI大阪支部 20165月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
5/14() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
5/15() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
5/21() 20回日本ウォーキング学会神戸大会(神戸海星女子学院大学)
https://www.facebook.com/walkinggakkai
5/22()
 60回関西実業団陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマースタジアム長居)(審判)
http://www.kansai-itfa.com/kyougikai/2016/kansaiT&F/taikaiyoukou.pdf

2016年4月24日 (日)

この一週間(4/18~4/24)

◆世間では:
・三菱自動車不正:私も技術者の一人として、暗澹たる気持ちで一杯です。命を何に使うのか?技術者が使うべきことは限られていいるように思うのですが。。。

◆個人的には:
・無力(むりょく)であることを、痛いほど感じる今日この頃です・・・無力(むりき)になれるのか。。。

○主な出来事:
4/23() 近畿マスターズ陸上研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2016/03/post-29.html
4/24() 大阪ノルディック・ウォークフェスタ2016(大阪・中之島公園周辺)
http://www.nordic-walk.or.jp/pdf/20160411184256815.pdf

○本:「無力」五木寛之著(新潮新書)
・もともと人間は、考え方ひとつにしても非常に動的な存在です。何があろうと、ひとつところにとどまって変わらない、ということはありません。自力であれ他力であれ、そのあいだで揺れ動く状態を否定的に捉えるのでなく、人間はその二つのあいだを揺れ動くものであると捉える。自分はどちら側なのだ、と頑張るのではなく、肩の力を抜いて、不安定な自分のふらつきを肯定するのです。これが「無力(むりき)」という考え方の根本です。
・「あの人は一貫性があって始終ブレない、立派なものだ」よくそういう「ほめ言葉」を耳にしますが、それは間違いではないかと、思います。「ブレない」のは人間にとって正常な、正しい状態ではないからです。人間の体もときに病み、ときに病を克服し、調子のいいときもあれば、悪いときもある。揺れ続ける動的でダイナミックな存在です。そして、年齢とともに心も変わる。それが生命のありようだろうと思います。・・・物事を固定的に捉えず、時代とともにブレながら生きる、それが人間のあるべき姿ではないでしょうか。
・正統が正統でいられるのも異端の存在が正統に光を照り返すからこそではないのか・・・宗教というものも、異端が存在しなければ正統もまた存在しない。だとすれば、宗教もそして人間も異端と正統のあいだを揺れ動きつつあるものなのでしょう。
・明日のことさえ、誰にもわからない。その覚悟を持つことが大事なのではないか。わからないから自堕落に生きようというのではなく、わからないと覚悟しながら、精一杯生きて行く。そして、その時その時の判断で、黒白を簡単に決めてしまわないこと。これは、優柔不断の生き方のすすめです。あるいはそうやってブレながら動いていくこと。いわば動的人生のすすめ、というものかもしれません。
・現代は、毎日ふつうに新聞を読むだけでも、胸を痛めるようなニュースであふれています。心がきれいで優しい人、繊細な人ほど、辛くなる。・・・今は「ちょっと鬱」ぐらいの状態が正しい。鬱にもならずに常に明朗活発、というほうが人としてどうかしているのかもしれない。私は、本質的に無気力な人は鬱にはならないと思います。
・無力(むりき)と無力(むりょく)の違いはどこにあるのか。無力(むりょく)は、漠然として頼りないという無力感から、自殺や社会放棄をしたりする人が出てくる。動きの止まった、後ろを向くばかりの姿勢です。無力(むりき)というのは、無力(むりょく)の状態を認識して、揺れ続ける動的な生き方を肯定し、そのなかで何かを目指そうとする。前向きで、自在な姿勢です。

○これから一週間の予定:
4/30() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
5/1() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

2016年4月17日 (日)

この一週間(4/11~4/17)

◆世間では:
・熊本地震:自分に何ができるか、そしてその中で何をなすべきか。それは結局のところ自分自身の問題であり、極めて個人的なものです。むやみに他人を非難したり、主義主張を押し付けたりするのは、自分の課題に真摯に向き合っていないためのように思います。

◆個人的には:
・ずっと午後11時就寝、午前5時起床を基本として続けてきましたが、どうやら歳には勝てないものらしく、最近は午後10時就寝、午前4時起床が普通になりそうです。

○主な出来事:
4/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/416-572d.html

○本:「戦後経済史は嘘ばかり」高橋洋一 著(PHP新書)
・「傾斜生産方式」や「通産省の業界指導」がほとんど役に立たなかったことは、今や多くのまともなエコノミストの共通認識です。
・戦後の史実から出てくる教訓としては、精緻な税制を構築するより、インフレ税(インフレによる実質的な資産の目減り)のほうが効果があるということです。
・高度成長から学べることは、政府が現状をきちんと理解して、正しい読みをすることが重要だということです。・・・池田政権は「高度成長する環境が整っている」と、正しく状況を読んで、笛を吹きました。笛を吹いただけで、余計なことは何もしなかったことで高度成長を達成することができたのです。
・社会主義と資本主義の違いは「ミクロ経済学の領域」への政府の介入の度合いの差です。官僚がミクロに介入して賢く運営しようとするのが社会主義です。一方、官僚はマクロのことだけやり、ミクロのことは分権化して市場に任せるのが資本主義です。
1980年代のバブルは株価と不動産の価格が過熱した資産インフレであり、その主因は法律や規制の不備という穴だったのです。・・・つまり、バブルといわれていた当時の物価は安定していたのです。にもかかわらず日銀は、そこで金融引き締めを行ってしまいました。・・・このとき、不必要な金融引き締め政策をマスコミが高く評価してしまったことで、これ以降の日本経済はどん底に叩き込まれることになります。
・歴史的に振り返ってみると、自由貿易が推進された理由は、戦争の抑止と密接に関連しています。・・・戦後の貿易自由化は、経済目的で始まったものというより、戦争を防ぐために始まったものなのです。
・そもそも、貿易取引において一番大きなウエートを占めるのは、関税でも毒素条項でもなく、為替です。・・・TPPのことを過度に心配するよりも、日本に不利な為替レートにならない政策を政府に求めることのほうがはるかに大事です。
・戦後経済史を振り返ると、経済環境に最も大きな影響を与えていたのは為替レートだったということがわかります。・・・多くの人は、為替レートは天から降ってくるものと思っているようですが、実際のところ、為替レートは金融政策で決まります。・・・それをきちんと利用してマクロ経済政策を打つべきです。

○これから一週間の予定:
4/23() 近畿マスターズ陸上研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2016/03/post-29.html

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)』(5・6月)

経験者はもちろん、日頃体を動かす機会がほとんど無いという方、ノルディックウォーキングは初めてという方が安心してご参加頂けますよう、インストラクターが担当させて頂きます。

ノルディックウォーキングに興味をお持ちの方や、ウォーキングをしていて膝や腰の痛みが気になる方など、是非一度お試しください。皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。

■開催日時
 
平成28515日(日)(←22日から変更しました)、619日(日)
 時間はいずれも10:3013:00
■集合場所
 京阪電鉄(交野線) 私市駅 駅前広場 ※ポールを持ったスタッフが立っています。
■参加料
 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)
■持ち物
 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。)
 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。 
■申込方法 
メールにて下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールを送信いたします。 
※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。
件 名「〇〇月〇〇日 大阪私市会場参加希望」と記載
本 文「 氏名,年齢,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」
 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。

☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。 
☆ 次回以降の開催予定は http://kansainordicwellness.web.fc2.com/ をご覧ください。
※ 事故が発生した場合、加入している傷害保険の範囲、及び現場での応急処置以外の責任は負えません。
※ 各種イベント及び各種情報提供の範囲内のみで個人情報を利用いたします。また、ご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはございません。

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)』(5・6月)

経験者はもちろん、日頃体を動かす機会がほとんど無いという方、ノルディックウォーキングは初めてという方が安心してご参加頂けますよう、インストラクターが担当させて頂きます。
ノルディックウォーキングに興味をお持ちの方や、ウォーキングをしていて膝や腰の痛みが気になる方など、是非一度お試しください。皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。

■開催日時
 
平成2858日(日),64日(土),18日(土)
 時間はいずれも10:3013:00
■集合場所
 京阪電鉄 枚方公園駅 西口駅前広場(バス停のない方)
 ※ポールを持ったスタッフが立っています。
■参加料
 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)
■持ち物
 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。) 
 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。
■申込方法
メールにて下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールを送信いたします。
※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。
件 名「〇〇月〇〇日 大阪枚方会場参加希望」と記載 
本 文「 氏名,年齢,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」
 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。 

☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。 
☆ 次回以降の開催予定は http://kansainordicwellness.web.fc2.com/ をご覧ください。
※ 事故が発生した場合、加入している傷害保険の範囲、及び現場での応急処置以外の責任は負えません。
※ 各種イベント及び各種情報提供の範囲内のみで個人情報を利用いたします。また、ご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはございません。

2016年4月16日 (土)

本日(4/16)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で106回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
3/19
以来約1ヶ月ぶりの開催です。
今年は本当に暑くなったり寒くなったりの繰り返しです。4日前には最低気温2.9℃でコートを着ないと寒くて仕方がなかったのが、2日前には最高気温26.0℃で暑くて仕方なく・・・
と思っていたら、今朝の最低気温は7.0℃まで下がって寒いくらいでした。
しかし、歩き始める1030分には17℃以上に上がり、気持ちよくノルディック・ウォーキングができそうな気候となりました♪
今回の参加者は経験者3名です。枚方公園駅前で準備体操をした後、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒淀川土手⇒淀川河川敷き⇒水面廻廊⇒淀川土手⇒水面廻廊

のコースを歩きました。
前回は桜の蕾が色づき始めた頃でしたが、今回は河川敷一面のタンポポ。
レンゲや八重桜も咲き揃ってきて、一年中で一番気持ちよく歩ける季節の到来です。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg3224

淀川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Yodo-river)
Cimg3226

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg3228

レンゲ畑の横を歩きます
(Walking beside lotus field)
Cimg3230

水面廻廊を歩きます
(Walking along water corridors)
Cimg3231

水面廻廊で休憩
(
Break in water corridors)
Cimg3232

水面廻廊から淀川の土手へ
(
From water corridors to banks of the Yodo-river)
Cimg3234

水面廻廊で休憩
(
Break in water corridors)
Cimg3237

今回も無事に終了できました。ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年4月10日 (日)

この一週間(4/4~4/10)

◆世間では:
・五輪バド金候補闇カジノ賭博:何でやねん・・・悲しくなります。ただし、所詮は個人のお金。舛添都知事の海外出張費の方がコンプライアンス的には大きな問題だと思います。

◆個人的には:
・家で仕事をすると、休憩は取らないは、運動量は減るわで、どっと疲れが出てきます。

○主な出来事:
4/10() 審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)

○本:「オキナワ論」ロバート・D・エルドリッッヂ 著(新潮新書)
・天皇メッセージ:昭和天皇が沖縄を切り捨てたとかいう話ではなく、通常のルートでは交渉する方法のなくなった日本政府が、それでも必死に沖縄を日本の一部として残そうとして、昭和天皇まで話が行ったということ・・・まず講和条約を締結して、それが発効する翌年までの間に実際にどうやって沖縄を残すかについて協議する場が保証されたということ。
・外交交渉というのは、特定の文書や片方の資料だけではなくて、全体の流れをきちんと見る必要があります。日米双方の考え方の推移を丁寧に追っていけば、沖縄では定説となっている「天皇は沖縄を見捨てた。政府は沖縄のために何もしなかった」というのが全くの虚構であることがよく分かります。
・尖閣問題とはつまるところアメリカの政策に責任があるという言い方もできます。・・・日本政府だけでなくアメリカが政策上もその立場を貫いていたら、中国は早々に諦めていた。
1972年に沖縄が返還される際に、それまでのアメリカの立場、「尖閣は沖縄の一部であり、沖縄は日本の一部である」というスタンスを中国に遠慮せずに政策上も継承し、中国に認めさせるべきだったと私は考えています。・・・普天間飛行場は、米国と国連にとっても、そして日本にとっても極めて戦略的資産であり、「危険」ではなく「貴重」な存在です。・・・もし勝連に集約基地ができていたら、普天間はとっくに返還され、那覇空港は危険性のない一流の民間国際空港・・・。

○これから一週間の予定:
4/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
4/17() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2016年4月 3日 (日)

この一週間弱(3/29~4/3)

◆世間では:
・三重県沖で地震があったと思ったら、バヌアツでも地震・・・関係の有無は私は把握できていませんが、何となく気になります。。。

◆個人的には:
・急に暑くなってためか、カミさんがのぼせてしまって調子良くなかったため、ノルディック・ウォーキング関係の予定はキャンセル・・・皆さんもお気を付けください♪

○主な出来事:
結局、何もなしです。。。

○本:「中国4.0」エドワード・ルトワック 著、奥山真司訳(文春新書)
・リーマン・ショック後の20091月になると戦後最大の国際金融危機の実態が明らかになり、世界経済の構造が変化し始めた。・・・ここで突然・・・中国は三つの大きな間違いを犯した。:①「金は力なり」②線的な予測③大国は二国間関係をもてない
・戦略の「逆説的論理」による冷厳な真実・・・ある国が大きくなって、しかもそれが「平和的台頭」でなければ、台頭して強くなったおかげでかえって立場が弱くなることが容易に起こる。
・大きく騒がしいアメリカが、中国に送っているシグナルにはさまざまなものがあるが、最も重要なのは、政治的なものだ。そのうち現在、中国国内に深く浸透しているのは、米国では大統領選挙が行われているというメッセージである。・・・中国人たちは、まず何を思うだろうか。「一体誰が周近平を選んだのだ?」と感じるはずだ。・・・こういう形でアメリカは、それほど意識せずに中国国内に多大なインパクトを与えている。
・周近平が持っていないものがただ一つある。彼に真実を伝えてくれる人材だ。誰も彼に真実を伝えていないのだ。
・韓国がそもそも憎んでいるのは、日本人ではなく、日本の統治に抵抗せずに従った、自分たちの祖父たちだ・・・今日の韓国人は、自分たちの祖父たちを恥じている。その怨みが現在の日本人に向けられている。だからこそ、彼らは決して日本人を許せないのだ。
・日本の最初の課題は、ロシアのシベリア開発をどこまで援助できるかだ。・・・中国がシベリアの資源を獲得してしまうと、自己完結型の圧倒的な支配勢力となってしまう。・・・この意味で、シベリアを中国の手に渡さないことは、日本にとって決定的に重要なのである。
・中国がこのまま成長拡大を続ければ、ロシアはどこかの時点で、自らアメリカや日本の側につく必要に迫られる公算が高い。・・・言い換えれば、中国の強大化によってもたらされるのは、中国が日本を支配する事態である前に、ロシアが仲間を変えるという事態だ。
・「チャイナ4.0」が中国にとって最適な政策となるには、周近平が対外政策において次の二つを実行する必要がある。①「九段線」、もしくは「牛の舌」の形で知られる地図を引っ込めること②空母の建造を中止すること
・大国は小国を倒すことができない。この戦略の逆説的論理のおかげで、規模の異なる国々がひしめき合い、大国が小国を脅かす際には、小国を他国が支援する構造が生まれる。・・・この逆説的論理を中国に当てはめるとどうなるか。中国が大きくなればなるほど、日本に味方する同盟国の数は増える。

○これから一週間の予定:
4/9() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
4/10() 審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://www.oaaa.jp/pdf/shinpan_kosyu.pdf

2016年4月 2日 (土)

2016年の3月

♪このひと月・・・「あれから5年」のひと月でしたが、ベルギーで痛ましいテロが発生するなど、立ち止まっていてはいられない状況でもあります。

そんな「テロ」が日常に近づきつつあるようなこに加えて、「核安全保障サミット」が3/31-4/1に開催されたことから、今月の話題は「安全保障貿易管理」です。

と言っても、「いくら何でもそれは直接私とは関係ない」という方々がほとんどだと思います(私も含めてです)。
要するに「安全保障」を担保するためのしくみが既にあり、そのしくみから逸脱すると法令違反となります。
(なお、以下で述べる「技術の提供」には技術指導や技能訓練などを通じた作業知識の提供やセミナーでの技術支援も含まれ、また、対象者が、非居住者とされる海外から日本への留学生や研究者や一時帰国中の日本人などの場合も含まれていることは、見落とされがちだと思うのですが、この部分がポイントだと私には思われます)
つまり
・武器そのものの他、高性能な工作機械や生物兵器の原料となる細菌など、軍事的に転用されるおそれのある物が、大量破壊兵器の開発者やテロリスト集団など、懸念活動を行うおそれのある者に渡らないようにするのが安全保障貿易管理。
・日本を含む国際社会が一体となって安全保障貿易管理に取り組んでおり、日本にとっても、他国やテロリストから攻撃を受けないようにするための方策の一つ。
ということです。
実際、「外国為替及び外国貿易法(外為法)」(及び関連する「輸出貿易管理令(輸出令)」「外国為替令(外為令)」)に基づき輸出規制が行われています。
そして、以下の規制に該当する輸出及び技術の提供には事前の許可が必要となります。
①リスト規制:輸出しようとする貨物や提供しようとする技術が、軍事転用の可能性が特に高い機微な貨物・技術に該当する場合には、貨物の輸出先や技術の提供先がいずれの国であっても事前に経済産業大臣の許可が必要となる制度
②キャッチオール規制:リスト規制品以外のものを取り扱う場合であっても、輸出しようとする貨物や提供しようとする技術が、大量破壊兵器等の開発、製造、使用又は貯蔵もしくは通常兵器の開発、製造又は使用に用いられるおそれがあることを輸出者が知った場合、又は経済産業大臣から、許可申請をすべき旨の通知(インフォーム通知)を受けた場合には、輸出又は提供に当たって経済産業大臣の許可が必要となる制度

ほとんどの場合、問題となることはないと思うのですが、「問題がない」ことを以下の手続きで担保する必要があり、それを怠ってはならないということでしょう。
・該非判定:輸出しようとする貨物や提供しようとする技術が,リスト規制に該当するかどうかを判定すること。
・取引審査:該非判定の結果、リスト規制該当の場合には相手先や相手先における用途の内容等を審査し,非該当の場合にはキャッチオール規制等に関するチェックを経た後、当該取引を行うかどうか又は当該取引が経済産業大臣の許可を要するかどうかを判断すること。

繰り返しになりますが、「技術の提供」には技術指導や技能訓練などを通じた作業知識の提供やセミナーでの技術支援も含まれ、また、対象者が、非居住者とされる海外から日本への留学生や研究者や一時帰国中の日本人などの場合も含まれていることには、十分注意し、「問題がない」ことを確認していくことで逸脱が防止できるのだと思います。

※参照:
外国為替及び外国貿易法(外為法)http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO228.html
輸出貿易管理令(輸出令):http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24SE378.html
外国為替令(外為令):http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S55/S55SE260.html
輸出者等遵守基準を定める省令:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H21/H21F15001000060.html
安全保障貿易管理とは(経済産業省HPより):http://www.meti.go.jp/policy/anpo/gaiyou.html
安全保障貿易管理ハンドブック(平成26年9月):http://www.meti.go.jp/policy/anpo/seminer/shiryo/handbook.pdf

3月のイベントへの参加は以下の2件でした♪
振り返ってみると、ノルディック・ウォーキング以外のことに手が回らなかったひと月でした♪
3/5() 近畿マスターズ駅伝(兵庫・しあわせの村)
3/10() MCEI大阪支部 20163月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15275279.html

3月のノルディック・ウォーキングのイベントへの参加は7回でした。
2
月に引き続き寒暖の差が激しかったひと月でしたが、休日だけではなくノルディック・ウォーキングを楽しんでいただきました♭
3/1() ノルディック・ウォーキング教室(大阪・枚方)
3/6() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
3/12() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-172.html
3/19() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/319-cdb6.html
3/20() 阪南ノルディック・ウォーク(大阪・阪南)
3/26() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-173.html
3/27() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/327-f2fa.html

◆今月のことば:「「わび」・・・枯れ果てているように見えて、その実、燃えるような生命力を秘している。熱くたぎる「動」の気配がある。自然とはそういうものであり、自分が追い求めるわび茶の精神も同じである。」(「日本人の心、伝えます」千 玄室 著(幻冬舎)より)

4月の予定:
4/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
4/9() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
4/10() 審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://www.oaaa.jp/pdf/shinpan_kosyu.pdf
4/14() MCEI大阪支部 20164月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
4/16()4/30() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
4/17() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
4/23() 近畿マスターズ陸上研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2016/03/post-29.html

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31