無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(3/22~3/28) | トップページ | この一週間弱(3/29~4/3) »

2016年4月 2日 (土)

2016年の3月

♪このひと月・・・「あれから5年」のひと月でしたが、ベルギーで痛ましいテロが発生するなど、立ち止まっていてはいられない状況でもあります。

そんな「テロ」が日常に近づきつつあるようなこに加えて、「核安全保障サミット」が3/31-4/1に開催されたことから、今月の話題は「安全保障貿易管理」です。

と言っても、「いくら何でもそれは直接私とは関係ない」という方々がほとんどだと思います(私も含めてです)。
要するに「安全保障」を担保するためのしくみが既にあり、そのしくみから逸脱すると法令違反となります。
(なお、以下で述べる「技術の提供」には技術指導や技能訓練などを通じた作業知識の提供やセミナーでの技術支援も含まれ、また、対象者が、非居住者とされる海外から日本への留学生や研究者や一時帰国中の日本人などの場合も含まれていることは、見落とされがちだと思うのですが、この部分がポイントだと私には思われます)
つまり
・武器そのものの他、高性能な工作機械や生物兵器の原料となる細菌など、軍事的に転用されるおそれのある物が、大量破壊兵器の開発者やテロリスト集団など、懸念活動を行うおそれのある者に渡らないようにするのが安全保障貿易管理。
・日本を含む国際社会が一体となって安全保障貿易管理に取り組んでおり、日本にとっても、他国やテロリストから攻撃を受けないようにするための方策の一つ。
ということです。
実際、「外国為替及び外国貿易法(外為法)」(及び関連する「輸出貿易管理令(輸出令)」「外国為替令(外為令)」)に基づき輸出規制が行われています。
そして、以下の規制に該当する輸出及び技術の提供には事前の許可が必要となります。
①リスト規制:輸出しようとする貨物や提供しようとする技術が、軍事転用の可能性が特に高い機微な貨物・技術に該当する場合には、貨物の輸出先や技術の提供先がいずれの国であっても事前に経済産業大臣の許可が必要となる制度
②キャッチオール規制:リスト規制品以外のものを取り扱う場合であっても、輸出しようとする貨物や提供しようとする技術が、大量破壊兵器等の開発、製造、使用又は貯蔵もしくは通常兵器の開発、製造又は使用に用いられるおそれがあることを輸出者が知った場合、又は経済産業大臣から、許可申請をすべき旨の通知(インフォーム通知)を受けた場合には、輸出又は提供に当たって経済産業大臣の許可が必要となる制度

ほとんどの場合、問題となることはないと思うのですが、「問題がない」ことを以下の手続きで担保する必要があり、それを怠ってはならないということでしょう。
・該非判定:輸出しようとする貨物や提供しようとする技術が,リスト規制に該当するかどうかを判定すること。
・取引審査:該非判定の結果、リスト規制該当の場合には相手先や相手先における用途の内容等を審査し,非該当の場合にはキャッチオール規制等に関するチェックを経た後、当該取引を行うかどうか又は当該取引が経済産業大臣の許可を要するかどうかを判断すること。

繰り返しになりますが、「技術の提供」には技術指導や技能訓練などを通じた作業知識の提供やセミナーでの技術支援も含まれ、また、対象者が、非居住者とされる海外から日本への留学生や研究者や一時帰国中の日本人などの場合も含まれていることには、十分注意し、「問題がない」ことを確認していくことで逸脱が防止できるのだと思います。

※参照:
外国為替及び外国貿易法(外為法)http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO228.html
輸出貿易管理令(輸出令):http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24SE378.html
外国為替令(外為令):http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S55/S55SE260.html
輸出者等遵守基準を定める省令:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H21/H21F15001000060.html
安全保障貿易管理とは(経済産業省HPより):http://www.meti.go.jp/policy/anpo/gaiyou.html
安全保障貿易管理ハンドブック(平成26年9月):http://www.meti.go.jp/policy/anpo/seminer/shiryo/handbook.pdf

3月のイベントへの参加は以下の2件でした♪
振り返ってみると、ノルディック・ウォーキング以外のことに手が回らなかったひと月でした♪
3/5() 近畿マスターズ駅伝(兵庫・しあわせの村)
3/10() MCEI大阪支部 20163月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15275279.html

3月のノルディック・ウォーキングのイベントへの参加は7回でした。
2
月に引き続き寒暖の差が激しかったひと月でしたが、休日だけではなくノルディック・ウォーキングを楽しんでいただきました♭
3/1() ノルディック・ウォーキング教室(大阪・枚方)
3/6() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
3/12() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-172.html
3/19() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/319-cdb6.html
3/20() 阪南ノルディック・ウォーク(大阪・阪南)
3/26() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
http://higashiuji.blog27.fc2.com/blog-entry-173.html
3/27() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/327-f2fa.html

◆今月のことば:「「わび」・・・枯れ果てているように見えて、その実、燃えるような生命力を秘している。熱くたぎる「動」の気配がある。自然とはそういうものであり、自分が追い求めるわび茶の精神も同じである。」(「日本人の心、伝えます」千 玄室 著(幻冬舎)より)

4月の予定:
4/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
4/9() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
4/10() 審判講習会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://www.oaaa.jp/pdf/shinpan_kosyu.pdf
4/14() MCEI大阪支部 20164月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
4/16()4/30() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
4/17() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
4/23() 近畿マスターズ陸上研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2016/03/post-29.html

« この一週間(3/22~3/28) | トップページ | この一週間弱(3/29~4/3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の3月:

« この一週間(3/22~3/28) | トップページ | この一週間弱(3/29~4/3) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31