無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(5/9~5/15) | トップページ | この一週間(5/23~5/29) »

2016年5月22日 (日)

この一週間(5/16~5/22)

◆世間では:
・三菱自動車に続きスズキで燃費データ不正、日産、韓国で「排ガスに不正」(嫌がらせ?):どうして、こんなことが起きるようになってしまったのでしょう?本来、我が国の国民は(ある意味で損な)性格上、厚顔無恥なことはできないはずなのですが。。。


◆個人的には:
・「
20回日本ウォーキング学会神戸大会」では思っていることを発表させていただける機会が得られただけでも嬉しかったのですが、ポスター発表(Cグループの部)に対して「大会長特別賞」をいただき、感激しています♪
まだこれから発表内容を報文に起こす作業が発生しますが、引き続き楽しんで取り組んでいきたいと思います。

○主な出来事:
5/21() 20回日本ウォーキング学会神戸大会(神戸海星女子学院大学)
5/22()
 60回関西実業団陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマースタジアム長居)(審判)
○本:「「0から1]の発想術」大前研一 著(小学館)
・ビジネスのチャンスはあなたの外側にあるのではない。あなたの内側――すなわち“発想”にこそあるのだ。極端なことを言えば、あなたが変われば世界は変わる。
・そもそも日本の企業は、目的関数(「ユーザーの目的」)を把握していないところが多い。・・・競争相手に勝った理由、負けた理由をユーザーの目的から洗い出していき、それを戦略的自由度へとつなげていくことが肝要なのである。
・ユーザーが求めていること(目的)がわかれば、次にそれを達成するための手段(軸)はいくつあるのか、洗い出す。その手段の軸に沿って、具体的にできることは何かを検討して実施する。これが戦略的自由度の発想方法だ。
・重要なのは、客をセグメント(区別)し、かつ他の人に知られないようにする(シールドする)ということだ。他の人に、ある特定の客が得た利益がわからないようにしておかねばならない。
・今、世界中のどこかで起こっている「先行的な事例」や「先行的な企業」、あるいは「先行的な個人」をキャッチし、それをカンニングして自分のものとする。これが「早送りの発想」の根本だ。
・「構想」は、いわゆる「コンセプト」よりも1つ大きな概念で、要するに「あなたには何が見えているか?」ということだ。・・・「構想」とはイマジネーションやインスピレーションに基づく「見えないものを見る力」である、と定義することができる。
・最初から何かあるところにアイデアをプラスすることは難しくない。だが、「0から1」を考えなければならなくなった時、人は「構想力」を問われるのだ。
・「感情移入」の強さ・・・「好きだ」と思って続けていれば、何度でもチャレンジできる。壁にぶつかった時に「なんとかしよう」と頭をひねるから、アイデアが生まれる。


○これから一週間の予定:
特になしです。

« この一週間(5/9~5/15) | トップページ | この一週間(5/23~5/29) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(5/16~5/22):

« この一週間(5/9~5/15) | トップページ | この一週間(5/23~5/29) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31