無料ブログはココログ
フォト

« 第32回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) | トップページ | 関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)』(7月) »

2016年6月27日 (月)

この一週間(6/20~6/26)

◆世間では:
・イギリスEU離脱:本当に、いろんなことの終わりの始まりなのでしょう。スコットランドも独立に向かわざるを得ないのでしょうね。

◆個人的には:
マスターズは近畿選手権でしたが、本チャンの陸上競技はリオに向けての日本選手権です(それも第100回)♪

○主な出来事:

6/25() 【さよなら*Cafe Sally 】ライブ(大阪・枚方)
6/26()
 32回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/32-89ac.html

○本:「中国GDPの大噓」高橋洋一 著(講談社)
・中国のGDP成長率に占める不動産投資の高い比重も問題だ。その理由の一つに、土地の販売額のうちかなりの部分が役人の懐に入るということがある。そのために地方の役人は、建設ブームを加熱させてきたのだ。
・中国の公式統計によると、2015年の外貨準備高の減少額は5130億ドルだが、ブルームバーグが報じたところによると、実際の資本流出は1兆ドル(前年比7倍)にも達したという。外貨の流出は非公式なチャンネルでも発生し、実際の流出額はもっと多いはずだ。
・中国では、そろそろ一人当たりGDP1万ドルの壁にぶち当たろうとしている。その突破には、これまでの先進国の例を見ると、社会経済の構造改革が必要である。それは、先進国の条件ともいえる、資本・投資の自由化である。
・中国は・・・現在の段階では、まだ第二次産業シェアは高くない。この段階で第二次産業シェアが頭打ちになると、これまでの成長減速国の二の舞になる可能性が高いだろう。・・・中国が現在の段階で消費経済に移行すると、「早すぎる脱工業化」となって、結局、中所得の罠は抜けられないということになる。加えて中国の第二次産業は国有企業が中心なので、技術進歩などの成果を取り込めないのではないか。
・そもそも多くの戦争は、国内の矛盾を海外に転嫁するために引き起こされてきた。・・・東アジアに緊張が高まるのは、いよいよ中国経済がうまく回らなくなったとき。経済が好調ならカネで軍部を手なずけることができるし、実際にこれまでもそうやってきた。
・難民申請が却下されても、異議申し立てができる・・・その審査期間、日本滞在が認められる。この審査には半年から1年ほどかかり、申請後6ヵ月経てば就労も認められる・・・ということは、経済難民が大量に発生すれば、日本国内に、難民申請待ちの中国人があふれ返ることになる。

○これから一週間の予定:
7/2() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
7/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

« 第32回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) | トップページ | 関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)』(7月) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(6/20~6/26):

« 第32回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) | トップページ | 関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)』(7月) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31