無料ブログはココログ
フォト

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

この一週間(7/25~7/31)

◆世間では:
・障害者施設刺殺:犯人が悪いことは置いておいても、どうして責任ある方々が責任ある行動をとれなかったのか・・・保身なのか伝統なのか・・・そちらの方に憤りを感じます♪

◆個人的には:
・その類の露出が多いこともありますが、最近、1964年の東京五輪関連のことに思いを馳せる機会が多くなりました


○主な出来事:
7/30() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/730-afb3.html

○本:「新しいグローバルビジネスの教科書」山田英二 著(PHP新書)
・グローバルでビジネスを行うということは、相互に分業するということである。相互に分業し合うためには、ある程度のディシプリンが必要になる。・・・こうした視点こそ、現代のビジネスパーソンに最も欠落しているものだ。
・気づいていただきたいのは、先進国に住む私たちの常識がきわめて状況に依存していることである。必ずしも合理的に判断しているわけではなくて、文脈に影響を受けている。私たちが考える合理的な活動も、ある世界観のなかでフィットしているだけだ。
・最大の弊害は、常識を相対化できていないということだ。多くの人がさまざまな国からさまざまな文化と歴史を持って集まれば、多様性があるのは当然だ。多様性を理解するには、常識を相対化しなければならない。
・みんながほしがるもので、まだ人がやっていないところ。豊かな国でやるべきは、研究もさることながら、生活を豊かにするような知恵やノウハウを積極的にビジネス化することではないか。
・ブルーオーシャン戦略は、ひとつのビジネスモデルのなかのどの部分を差別化の要素にするかと考えるのではなく、まったく異なるバリュープロポジション(価値命題)を追及することで、別のビジネスモデルをつくるということだ。つまり相手と同じ競争をするのではなく、競争から離脱しなさいと言っているのがブルーオーシャンの要諦だ。
・リバースイノベーションとは、積極的に環境の違う途上国に行くことで、自分たちの常識を徹底的に叩き潰し、新しくビジネスを構築することだ。つまり、社会環境の違いを自分たちのバイアスを解き放つために利用するのだ。
・多様性とは、まさに「無意識的な常識」の違う人たちがぶつかり合うことである。・・・多様性を積極的に取り入れるということは、きわめて不快な思いを積極的に受け入れることによって、自分の想定、常識、期待をことごとく裏切られるということである。・・・最も重要なのは、あなたが気づかないうちに、こんなことが前提条件として刷り込まれているということを自覚することなのだ。

○これから一週間の予定:
8/4() MCEI大阪支部 20168月度 定例会(京都)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
8/7() 24回京都マスターズ陸上競技選手権大会(京都・太陽が丘陸上競技場)
http://www.eonet.ne.jp/~kyouto-ms-kim/

2016年7月30日 (土)

本日(7/30)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で111回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
7/16
以来2週間ぶりの開催です。
梅雨が明けてしばらくは涼しい日が続いていましたが、ここ数日一気に暑くなってきました。
前回までとは打って変わっての暑い中ですが、水分補給に気を付ければ、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました♪
今回の参加者は経験者 1名です。枚方公園駅前でウォーミングアップをした後、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒淀川新橋⇒鳥飼仁和寺大橋⇒鳥飼大橋⇒メイプルパークスクエア⇒地下鉄守口駅

のコースを歩きました。
枚方の最高気温34.5℃(歩き終わった午後1時頃は33℃台でしょう)とかなり暑い中ではありましたが、今回も気持ちよくノルディック・ウォーキングができました。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg0058

淀川の河川敷を歩きます(鳥飼仁和寺大橋前)
(Walking on the river bed of Yodo-river(in front of Torikai-Ninnaji big bridge))
Cimg0059

淀川の河川敷を歩きます(鳥飼大橋前)
(Walking on the river bed of Yodo-river(in front of Torikai big bridge))
Cimg0060

淀川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Yodo-river)
Cimg0061

メイプルパークスクエア横
(Beside Maple Park Square)
Cimg0062

今回も無事に終了できました。ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年7月24日 (日)

この一週間弱(7/19~7/24)

◆世間では:
・ミュンヘン銃乱射:いつまで続くのでしょう・・・リオのテロの未遂も何やら捜査能力を試されているようにも思えます。。。
・お祭りいろいろ:何はともあれ、お祭りが平和の創造に一役買っていることは確かだと思っているので、賑わい続けて欲しいものです♪

◆個人的には:
まだ左股関節(だか坐骨神経だか?)周辺の違和感はなくなりませんが、ストレッチいろいろ励んでいます♪

○主な出来事:
7/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/724-1ce8.html

○本:「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」八木龍平 著(サンマーク出版)
・神社には「意思のある知的生命体」がいて、世界に大きな影響を与えている。・・・ただ神社の空間にいるだけであなたと神さまはコミュニケーションしている。・・・神さまとはいわば「知的な空気」です。意思と目的をもった透明な存在です。
・人が祈ることで、すべてのものに神さまが入るスキマができます。すべてのものに神さまを宿らせる。これも日本の古い知恵、偉大なる秘密です。
・「祈る力」が、成功や幸せ、企業経営や社会の統治に大きな役割をはたしてきました。・・・科学技術がますます発展する21世紀において、この「祈る力」が、これからもっとも大事なスキルになるのです。
・神さまからのお誘いに気づいて・・・神社に足を運ぶと、ご神体を通して「あの世の私」と対面し、あの世で決めてきた「この世での使命」を無意識に再確認するのです。あくまで「無意識に」。
・ものも人々の祈りの集合体になりうる・・・あるものを大事にするということは、そのものとつながっている人や組織を大事にすることにもなる・・・大事にされると、そのものの集合意識全体が活性化し、お返しに大事にしてくれた人の応援をする仕組みになっています。
・神社の見えない仕組みを人間に当てはめると、「あなたも私も集合意識である」ということ。この理解が基本です。・・・「私」という存在は、他人と自分が「私」に対していだいてきた意識の集合体だということ。
・人を動かしたいときは、集合意識を意図的につくっていきましょう。
・神社に行くと運がよくなるのは、意識が拡大することで、大きな流れに乗っていけるから。
・日本神道の最高神・アマテラスオオミカミは「引きこもり」でした。「引きこもり」で苦しんだからこそ、すべてを照らす太陽の神になったのです。
・大きな挫折を味わい、その悲しみをのりこえて、人々を助けようとする純粋な意思。それが神社の神さまです。そんな存在に満ち満ちているのが日本なのです。

○これから一週間の予定:
7/30() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

本日(7/24)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)

私市で11回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
6
月は雨のために中止となったので、5/15以来約2ヶ月ぶりの開催です。
6
月から7月にかけての梅雨の間は暑い時期でした。しかし、先週梅雨明け宣言が出て以降は涼しい日々が続いています。
本当に梅雨は明けたのか?と思われる清々しい気候の中、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました。
今回の参加者は経験者1名、前回は「くろんど園地」でしたが、今回は七夕に縁のある「星田妙見宮」コースにしました。

今回は、

私市駅⇒大阪市大附属植物園前⇒天野川沿い⇒私市橋⇒星田妙見宮⇒妙見川沿い⇒妙見口⇒妙見川緑地⇒天野川橋⇒河内森駅

のコースを歩きました。

星田妙見宮に伺うのは今年の2月以来ですが、今回は鎮座1200年奉祝大祭の二日目。
1200
年に1度の厳かな空気に触れつつ、ノルディック・ウォーキングが満喫できました。
Cimg1889

私市駅(天の川ツーリズム)
(Kisaichi Station (Milky Way Tourism))
Cimg1878

妙見坂の街並み
(Cityscape of Myoken-zaka)
Cimg1880

星田妙見宮
(Hoshida-Myokengu Shrine)
Cimg1882

Cimg1883

星田妙見宮の織女石
(Tanabata-seki at Hoshida-Myokengu Shrine)
Cimg1887

妙見川沿いの道
(Road along Myoken-river)
Cimg1890

私市三丁目の街並み
(Cityscape of Kisaichi Third Street)
Cimg1897

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年7月18日 (月)

この一週間とちょっと(7/11~7/18)

◆世間では:
・フランストラックテロ、トルコ軍クーデター:何でまたこんな世界になってしまったのでしょう・・・我が国でもこれからいろんなところで夏祭りが開催されますが、ひとりひとりが注意することも必要ですね。
・国立西洋美術館世界文化遺産:喜ばしいことはこれくらいだったでしょうか。(「熊野古道追加登録」クーデターで持ち越しですが・・・)

◆個人的には:
マスターズ陸上の世界選手権・・・断念しました。。。でも、20kmWを目指して、練習距離を伸ばしているところなので、いずれどこかで記録を残したいと思っています♪

○主な出来事:
7/14() MCEI大阪支部 20167月度 定例会(大阪)
7/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/716-1af0.html

○本:「サービスマンという病い」萩原清澄 著(幻冬舎)
・私は今では、サービスマンは「主張せず、お客様の心の奥底を読み、そのニーズに的確に応えて、お客様が気づかないところで居心地のよい空間をつくる」ことこそ重要なのだと思っています。
・「レディファースト」というのは「常に女性が先」というような固定的なルールではありません。わかりやすくいえば、「女性の気持ちを考えて行動する」ことが「レディファースト」なのです。・・・常にゲストの気持ちを考える「ゲストファースト」は、相手の心をつかむ接待のベースになる考え方。
・私が「これはとても有意義だな」と感じたのは、接待中、秘書同士で一緒に食事を取らせる方法です。・・・秘書がコミュニケーションをとりやすいよう地ならしをしておくことは大きな意味があるでしょう。
・「相手が喜び、満足するにはどうすればいいか」、常に目の前の人にベストを尽くし、相手によって自分の行動を変えることをいとわなくなれば、おのずと「人によっていうことが違う」という悩みは解消されるはずです。
・「肩を痛めて神輿を担げ」:「たとえ上司が仕事をサボるような人であっても、部下は全力で支えろ」・・・人の悪口を言わない、お互いにそういうことを聞いたりいったりせずに、相互に支えあうという空気が生まれれば、チーム内でネガティブな思考がはたらかなくなる。

○これから一週間弱の予定:
7/23() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
7/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2016年7月16日 (土)

本日(7/16)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で110回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
7/2
以来2週間ぶりの開催です。
まだまだ梅雨が続いており、7月に入ってからも蒸し暑い日が続き、時折激しく雨が降る日もあるのですが、前回に引き続いて幸運にも開催日が梅雨の中休みに当たりました。
特に今回は、梅雨前線がかなり南下状態であるり、オホーツク海高気圧圏内となったためか、清々しい気候の中を気持ちよく歩けそうです♪
今回の参加者は経験者 1名です。枚方公園駅前でウォーミングアップをした後、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒牧野パークゴルフ場付近⇒穂谷川⇒淀川土手⇒渚体育館⇒関西医大枚方病院

のコースを歩きました。
本格的な夏の暑さの到来直前のノルディック・ウォーキング日和を満喫できた一日でした。

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg4603

Cimg4606

Cimg4607

穂谷川のそば
(Beside Hotani-river)
Cimg4609

淀川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Yodo-river)
Cimg4610

枚方市立渚市民体育館
(Hirakata Municipal Nagisa citizen gymnasium)
Cimg4612

今回も無事に終了できました。ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年7月11日 (月)

この一週間(7/4~7/10)

◆世間では:
・参議院選挙:これでようやく我が国は独立に向かって第一歩を踏み出せるのでしょうか?

◆個人的には:
マスターズ陸上の世界選手権に向けて始動しているのですが・・・やはり行けそうにありません。。。

○主な出来事:
結局、特になしでした。

○本:「現代語訳文明論之概略」福沢諭吉 著、齋藤 孝 訳(ちくま文庫)
・秦の始皇帝が天下を統一して、書を焚いたのも、ただ孔孟の教えが憎かったからではない。孔子だろうが孟子だろうが楊朱だろうが墨子だろうが、すべての異説や争論を禁じるための政策だったのだ。・・・みなが盛んに意見を言うこと自体が、自分の専制の邪魔になるからだ。
・やるべきことはたいへん多いが、智力の発展のため、第一の急務は、古くからの「惑溺」を一掃して西洋に行われている文明の精神を採ることである。陰陽五行説のような惑溺を振り払うことなしには、自然科学は学べない。
・何を指して「文明」と名付けるのだろうか。それは、「人の身を安楽にして心を高尚にする」ことを言うのである。
・文明とは結局、「人間の知性と徳性の進歩」と言ってよいのである。
・十字軍は、ヨーロッパの人民にヨーロッパがあることを知らしめ、各国の人民にそれぞれの国があることを知らしめたものだと言うことができる。
・日本国の財は、この国がはじまって以来今日に至るまで、いまだそれに見合った智力に出会っていないと言うことができる。この分断された智力を一つに調和させ、実際の用に役立たせるのは、経済上の急務である。
・私が考える自国の独立とは、わが国民をして外国と交際しても、百戦錬磨、その勢いを落とすことのない、大風大雨に耐える家屋のようにしたいということなのだ。
「解説より」
・「強さ」、そしてさらに言うなら、「強さ」と「バランス感覚」との間の「メタ・バランス感覚」が、福澤の最大の魅力のひとつです。そして、この「メタ・バランス感覚」を生み出しているのは、福澤の人格そのものだ、と私は思います。それが「明るさ」です。福澤本人の形容を使えば「カラリとした」明るさです。
・文明において最も重要なのは・・・「文明の精神」である・・・「文明の精神」とは、個人の心のようなものではなく、「一国全体にあらわれた気風」なのだと言うのです。

○これから一週間の予定:
7/14() MCEI大阪支部 20167月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
7/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2016年7月 3日 (日)

この一週間(6/27~7/3)

◆世間では:
・ダッカ人質テロ:自分でも、意識している以上にショックを感じています・・・定年後は、このような国のお役に立ちたいと思っておられる方々も、同様かもしれません。。。

◆個人的には:
マスターズ陸上の世界選手権に向けて始動しました(行けるかどうかまだわからないのですが・・・)♪

○主な出来事:
7/2() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/72-370b.html
7/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「認知症は歩くだけで良くなる」長尾和宏 著(山と渓谷社)
・糖尿病の人は脳内にゴミ(アミロイドβ)がたまりやすく、アルツハイマー型認知症にないやすい。そのため、アルツハイマー型認知症を「3型糖尿病」と呼ぶべきではないか、という専門家もいます。
・「認知症になりやすい人」の特徴(歩き方):・歩幅が狭い ・歩く速度が遅い ・重心が揺れるように歩く→歩き方で認知症になりやすいかどうかがわかる
・「血圧が上がらない程度の普通のウォーキングがおすすめ」・・・無理のないウォーキングは海馬の血流を増やしてくれる。
・認知症は「不安」とも深いかかわりがあります。というよりも、認知症の本態は不安ではないかと私は思っています。
・被害妄想は、周りの人のかかわり方次第で良くも悪くもなります。「やってあげる」「世話をしてあげる」という上から目線の介護をされると、介護されるほうはつらくなり、不安も増大し、怒ったり暴言を吐いたり暴力をふるったり・・・という困った行動が目立つようになります。
・認知症の人は常に不安を抱えて生きています。・・・そうした認知症の人にもっとも必要なのは、「安心」です。介護をする人も大変だと思いますが、「認知症の本態は不安なのだから、安心を与えることが何より大事」ということをぜひ覚えておいてほしいと思います。
・そもそも「不安を抱きやすい人、心配性の人、マイナス思考の人は認知症になりやすい」とも、よくいわれます。
・脳はブドウ糖だけでなく、ケトン体もエネルギー源に使える・・・ココナッツオイルにたくさん含まれている「中鎖脂肪酸」がケトン体を増やすのに効果的・・・「ケトジェニックな生活」

○これから一週間の予定:
7/9() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)

2016年の6月

♪このひと月・・・何といっても、英国のEU離脱でしょう。。。
またスコットランドの独立が焦点となるのは必至でしょうし、そうなると大阪都構想も再び議論の対象となってくるかもしれません。
私にとっては・・・実は、密かに10-11月にオーストラリアのパースで開催されるマスターズ陸上の世界選手権に出場することを画策しており、その際には10kmW20kmWの出場の可能性が高いため、長い距離の練習にシフトしているところです。出場しなくても無駄になることはありませんが、行ってみたいですね♪

そこで、先月のアジア選手権で訪れたシンガポール♪
そのシンガポールに関して、初めて訪れた感想をまとめて・・・と言いつつ、まだ何もアウトプットしていないので、そろそろ、まとめたいと思います(^^)/
いろいろとお世話になった方々もおられるので、あまり悪くは書きたくはないのですが、正直な感想は「夢だった国、シンガポール」です。

「夢だった国、シンガポール」
シンガポールに行くにあたって、以下の3点において、シンガポールは憧れの国でした。しかし、結局、そのいずれにおいても、それは幻影であったのだと今は感じています。
それぞれの点について、思うところを述べます。
①綺麗な国シンガポール
道路にごみを捨てたら罰金、煙草を吸ったら罰金。ガムを持ち込んだら罰金・・・特に煙草が嫌いな私にとって、シンガポールは、どんなに綺麗な国なのだろうか、と思いを巡らせ憧れてもいた「夢の国」でした。
しかし現実は、ごみは道路に捨てられ放題だし、道路で煙草を吸っている人は日本よりも多いくらいでした。
加えて至る所に喫煙所らしきものがあって、その付近では煙がモクモク・・・とても夢の国どころではありませんでした。
捨てる人が多いから捨てたら罰金、吸う人が多いから吸ったら罰金・・・マインドがないからルールを作らざるを得なかったということなのでしょう。
少し考えてみれば当たり前のことに気付かなかった自分が恥ずかしいくらいでした。
ちなみに、この蒸し暑さの極限の国で、地下鉄で飲み物を飲んだら罰金、というのは、正直信じられません。馴化しているから熱中症のリスクが低いということなのでしょうか?
②豊かな国シンガポール
一人当たりGDPで日本を追い越した国、シンガポール。経済規模がそれだけ大きくなったということは、それだけ生活が豊かになったということ。そのような国としてのシンガポールも、ある種「夢の国」ではありました。
中心部では「豊かな国」が感じられるような雰囲気もありましたが、宿泊したホテルが中心から少し離れたところだったこともあって、街並みや生活している人々の様子から察するに、それほど豊かだとは思えませんでした。
GDP=
豊かさの指標、という考えでいいのか?ということを、そろそろ本気で考え直してみる時期にきているのでは?と思ってしまいました。
例えば、シンガポールでは、女性が働きやすいように、ベビーシッター等の補助制度があるとのことです。家で子供の世話をしていればGDPの増加分は発生しませんが、外に働きに出れば(それが隣の家のベビーシッターであっても)GDPの増加分が発生しますし、外からベビーシッターに来ることによってもGDPの増加分が発生します。この増加分って、本当に豊かになった指標なの?と思ってしまいます。
また、日本を含む他のアジアの国のフードコートでは(私が訪れた限り)セルフサービスが原則だったように思いますが、シンガポールでは片づけ役の人がいて、食べ終わったら片づけてくれました。ということは、この方たちの賃金の一部が価格に上乗せされているということですね。彼らの仕事を奪うのはよくないことなのか・・・といった議論は置いておくとしても、このようなところでも、豊かさに結びつかない(かもしれない)GDPの増加分が発生しているように思ってしまいました。
ICT先進国シンガポール
今回のシンガポール訪問は、マスターズ陸上のアジア選手権出場が目的でした。
日本選手団の意思統一ができていなかったことはここでは本筋から外れるので触れませんが(連合から統一ユニフォームのみを使用することなどの通達があったが、本来問題とすべきはそういったことではないはず・・・)、シンガポール側の運営は酷いものでした。
特に登録受付に関して、web上では変更となった旨の連絡があったのかもしれませんが、予定されていた試合前日には受付してもらえず。それも、詳細がわからないまま列に並んで受付の番が回ってくると、横に貼ってある小さな紙を指さして「日本は今日は受付できない。明日の朝来るように」と説明するのみ。。。「情報を流す責任をこちらは果たした。受け取らないのはそちらの責任。」そう言っているように思われました。
一方で、インフォメーションには自動翻訳ソフトが備えられ、日本語で質問すると、日本語で回答がもらえるシステムも一部導入されていたようでした。さすがICT先進国、の面目躍如なのかもしれませんが、当然のことながら、感情的なクレームはそのまま入力しても翻訳できるとは思われず、感情を除いた綺麗な標準語を入力しないと回答はもらえないのでは?・・・そのような状況の中で、インフォメーションに必要な人的スキルって何だろうと思ってしまいました。
上記2点に共通することとして感じたことは、ICTに頼りすぎることで、人と接するスキルがシンガポールで低下していなければいいのに、ということでした。

以上、自分のことを顧みずの放言、ご容赦ください。

6月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
まだまだ陸上競技が中心の日々が続きました♪7月は陸上競技のイベント小休止です。
6/2() MCEI大阪支部 20166月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15358751.html
6/12() 8回南部忠平杯陸上競技大会(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/8-9fd4.html
6/26()
 32回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/32-89ac.html

6月のノルディック・ウォーキングのイベントへの参加は3回でした。
やはり梅雨、ということで雨で中止になったりもしましたが、気持ちよく歩けたと思います。7月は暑さに気を付けつつ楽しめればと思います。
6/5() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
6/4() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
6/18() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

◆今月のことば:「私が提唱するのは「水田の農地への完全転換」です。コメはとれなくなりますが、代わりに収穫量は・・・同じ面積で政府案の二倍の量です。・・・高い収量が望めるうえ、農村部に加工場を広げて女性の雇用を創造することができます。・・・一石三鳥です。それゆえ、私は過剰な水田を畑地や草地へと転換することを熱烈に推奨します。・・・循環型農業の中核は畜産です・・・新たに導入すべきコンセプトは耕畜連携です。」(「スマート・テロワール」松尾雅彦 著(学芸出版社)より)

7月の予定:
7/2()(済)、7/16()7/30() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
7/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)(済)
7/9()7/23() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
7/14() MCEI大阪支部 20167月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
7/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2016年7月 2日 (土)

本日(7/2)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で109回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
6/18
以来2週間ぶりの開催です。
7
月に入って暑い日が続いています。梅雨も一休みといった感じで、久し振りに雨を気にしないで気持ちよく歩けそうです♪
ただし、当然のことながら強い日差しと30℃を超える暑さに対して、水分補給などに十分に気を付けましょう。
今回の参加者は経験者2名と初心者1名です。枚方公園駅前でウォーミングアップをした後、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒淀川土手⇒関西医大枚方病院前⇒天野川河川敷⇒天野川土手⇒サプリ村野

のコースを歩きました。
天野川では「天の川七夕フェス」準備中でした。
雨の季節のノルディック・ウォーキング日和を満喫できた一日でした。

シグナルストレッチ
(
Signal stretch)
Cimg4511

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg4512

淀川の河川敷から土手へ
(
From the river bed of Yodo-river to the banks of Yodo-river)
Cimg4514

天津橋
(
Amatsu bridge)
Cimg4516

天野川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Amano-river)
Cimg4517

天野川の土手の桜並木
(Cherry Colonnade 
on the banks of Amano-river)
Cimg4521

水田の間を歩きます
(
Walking between the rice paddies)
Cimg4524

今回も無事に終了できました。参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31