無料ブログはココログ
フォト

« この一週間とちょっと(10/3~10/10) | トップページ | この一週間弱(10/11~10/16) »

2016年10月16日 (日)

第65回大阪マスターズ記録会兼2016府民スポレク(結果報告)

昨日(10/15)、ヤンマーフィールド長居(長居第2陸上競技場)で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:4600m地点で失格(警告:ロス・オブ・コンタクト3つ)
ラップ:546”-600”-610”-610”。

今シーズン最後の競技会は、失格という結果となってしまいました。競技会終了後は(以下に述べる理由もあって)、何が悪くてこれから何を対応すればいいのか等について考える余裕もなかったのですが、振り返ってよくよく考えてみると、そんなに悪いことではないのでは、というより、真剣に考える機会となってむしろ良かったのではないかと思えてきました。(記録会なのですから)

そもそも、以下の理由で競技に集中できる状況ではありませんでした。。。
・大阪マスターズのスタッフとして準備をしないといけなかったのですが、集合時刻を勘違いしていて、それに気付いたのが当日の朝(日々の仕事が忙しいとこのように確認不十分となります)・・・朝食をほとんど摂れず、慌ただしい中、何とか競技場に到着する始末でした。
・スタッフの状況をオープンにすることでお叱りを受けるかもしれませんが・・・記録情報処理・表彰状印刷用のメインPCが立ち上がらず、写真判定とつながらない状況が改善できず、加えて、当日の人員は普段よりも2名ほど少ない状況・・・そのような中で「競技のために持ち場を離れてもいいのか?」「今日は欠場した方がいいのでは?」とも考えたのですが、「来シーズンに向けての課題が見えてこない中でシーズンを終えてしまっていいのか?」の思いが強く、何とか競技に参加することができました。(その際に「早く戻ってきてください!」と掛けられた声が、本当になってしまうとは・・・)
ということで、ウォーミングアップの時間がほとんどとれなかったことに加えて、気持ちが全く競技に向けられなかったことから、全く歩けない状況でした。
ただし、上記したことは、「記録の悪さ」につながりはしても、「失格」となると話は別です。何が失格となった原因かを解明しないことにはシーズンを終えられません。
ただし・・・失格となり退場させられた後は、それこそ持ち場に「早く戻って」業務をこなします。何とか通常の状態が確保できて、参加者の方々にご迷惑をおかけせずに済むことができました。

といった状況が一段落し、ようやくジャッジの方々とお話をする余裕ができてきた中で、当日の歩きを評価していただくと、「一言でいえば、のけぞっている、足が前にではなく上に出ているように見える」とのこと。
それはこういうことですか・・・などを話すことで、私なりに設定できた問題は、「腰の乗り込みができていない」ということ。その結果として、お尻で踵を押した際に足が出る角度が少し上向きになってしまったということ。(パフォーマンスの低下もこれが原因だと推測しています)
以下、上記したことを踏まえての考察です。
これまで、ずっと私が歩く際にポイントとしてきたことは主に二つ。すなわち、
①「踵を中心とした「逆振り子運動」を意識し、踵から見た膝の上側を腰で乗り込むということ」
②「臀部で踵を上から後方下に押すこと」
これまで、①よりも②に課題があったため、主に②の改善を意識していたのですが、いつの間にか①ができなくなってしまっていたことに、ようやく気付くことができました。
では、なぜそうなってしまったのか?その答えは「ノルディック・ウォーキング(NW)」にあると考えています。
NW
体験会などにおいて、指導は以前と同じペース(か少し低下した程度)で実施しているのですが、朝、NWで歩く頻度が激減しました。
これは仕事場所が変わったため、それまで雨の日以外はほとんど毎日歩いていたのが、土日のうちでイベントなどがない日しか歩けなくなったからです。
そして、NW体験会などでは、使用しているウォーキング・ポールの長さが115cm(身長の0.69倍:これが標準です)であるのに対して、朝、一人であるくときの長さは130㎝(身長の0.78倍)。
身長の0.78倍は長すぎで、通常は身長の0.630.70倍の範囲で調整するように指導しています。しかし、通常のNWとしては適切でなくても、「腰の乗り込み」をサポートするためにはこの長さが必要だったのではないかと思っています。

上記したことから、問題点は「腰の乗り込みの不十分」、取り組むべき課題は「130㎝のポールでのNW」と仮説設定できました。
右膝が伸びにくいことも、筋力が落ちていることも、問題だとは思いながら、それがパフォーマンス低下の主な原因ではないだろう?そう思っていたので、何とか納得できるところまでたどり着くことができました。

今シーズンはこれで終わりです(これまで同様、駅伝はありますが・・・)。

アジア選手権は入賞すらできず、日本選手権も獲れず、世界選手権は行かせてももらえず(これは家庭の事情・・・)、あまりいいシーズンではなかったのかもしれませんが、何とか最後に課題が見つかってほっとしています。
まだまだ、先は長いです♪

« この一週間とちょっと(10/3~10/10) | トップページ | この一週間弱(10/11~10/16) »

競歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第65回大阪マスターズ記録会兼2016府民スポレク(結果報告):

« この一週間とちょっと(10/3~10/10) | トップページ | この一週間弱(10/11~10/16) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31