無料ブログはココログ
フォト

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

この一週間(10/24~10/30)

◆世間では:
・三笠宮親王殿下薨去:いろんなところで書いていますが⇒本当に悠仁親王に何かあれば、我が国の国体は終わってしまいます。(おそらくどなたかの精子を凍結するなど対策はとっていただいていると思いますが・・・)側室をとってでも、残していただきたいと思っているのは、私だけではないですよね。。。

◆個人的には:
・日本シリーズも終わり、あとは大阪の陣を残すのみとなりました。。。最後はオープンでも黒田vs大谷観たかった・・・♪

○主な出来事:
10/30() 6回大阪マラソン(大阪)

○本:「「奥の院」がこれからは日本の時代だと決めた」中矢伸一 著(ヒカルランド)
・日月神示に述べられている“お諭し”の中から、重要な点を・・・心と言葉と行いを一致させるということ・・・自分の心に思うこと、そこから発せられる言葉、そして実際の行動。これを一致させることができて初めて「神人合一」のとば口に立てる。
・ちょうど二本の地軸になってくる・・・地軸が二本できることによって、歳差運動かジャイロ運動みたいな動き方になってくる。
・歴史の大変に古い超財閥・・・古代中国を発祥とする一族・・・春秋時代の「呉」という国から日本にやってきた人たちがいて、その流れから神武天皇が即位し、今日の天皇家につながっている。
・様々な思惑の中で、われわれが目指すべき道は、・・・日本の主権を取り戻し、日本本来の底力(霊的な力まで含めて)を復活させて、あくまで日本を中心とした新世界秩序づくりを提言していくことである。

○これから一週間の予定:
11/3(木・祝) 3回 淀川河川公園 ふれあいマラソン(大阪・枚方)
http://www.hira2.jp/ad/fureaimarathon-20161001.html
11/6() ノルディック・ウォーク &八軒家浜市(大阪・天満橋)
http://suito-osaka.jp/event-list/post-22.html

2016年10月23日 (日)

この一週間(10/17~10/23)

◆世間では:
・鳥取地震:北海道でも地震が頻発しているとのこと。まだまだ、もっと大きな何かが起こるのでしょうか。。。

◆個人的には:
・やっぱり平尾氏の訃報はショックです。「今日が人生最後の日」だと思って毎日を生きていくしかないのかもしれませんね♪

○主な出来事:
10/22() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/1022-a43d.html
10/23() 枚方体育協会ノルディック・ウォーキング教室(大阪・枚方)

○本:「問題は英国ではない、EUなのだ」エマニュエル・トッド 著、堀 茂樹 訳(文春新書)
・イギリスがEUを離脱した第一の動機は、移民問題ではなく、英国議会の主権回復だったことが出口調査の結果から明らかになっています。
・自らが世界に打ち出したグローバリゼーションにもっとも苦しめられた結果、旧来的なナショナルな方向へバランスを戻したわけです。・・・各国に共通するグローバリゼーションによる疲労、これを私は「グローバリゼーション・ファティーグ」と名付けたい。・・・今回の英国EU離脱は、おそらく統合ヨーロッパ崩壊の引き金になりますが、それ以上に重要なのは、世界的なグローバリゼーションのサイクルの終わりの始まりを示す現象であるということです。
・「人間の自由には限界がある」ことを認識できるという意味で、「自由」に対して一定の諦念があるという意味で、日本人は、少なくとも内面的により自由なのです。・・・そういう能力を今日の西洋人は失っています。「自由」が強迫観念になっている西洋人の方が、歪んだ人間観をもってしまっているのです。
・現在われわれは近未来を見通すのが非常に困難な局面にいます。・・・しかし、だからこそ、安定したパワーがどこにあるかを見極める必要があります。ヨーロッパと中国は不安定な極です。それに対し、ロシアとイランは安定化しつつある極です。
・中国との地政学上の関係を視野に入れれば、ロシアと友好関係を築くことは、日本の外交上、最優先事項だといってもいいくらいだと思います。
・現代フランスの問題は、多くのフランス人が宗教的なものの喪失や消滅を自分たちの危機として意識していないことにあります。・・・この無自覚さの背後で、宗教的なセンスの喪失に結びついた無意識のメカニズムが働きます。今日のフランス社内の心理的混乱は明らかに宗教的空白に起因する倒錯だと思います。

○これから一週間の予定:
10/29() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
10/30() 6回大阪マラソン(大阪)(審判です)
http://www.osaka-marathon.com/

2016年10月22日 (土)

本日(10/22)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で113回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
9/3
以来ほぼ1ヶ月半ぶりの開催です。
しばらく暑さがぶり返していましたが、ここ数日はようやく秋らしい清々しい日が続くようになりました。
島根では大きな地震がありましたが、台風が発生していることもなく、好天に恵まれてというほどではありませんが、絶好のノルディック・ウォーキング日和です♪
今回の参加者は初心者1名です。枚方公園駅前でウォーミングアップをした後、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒関西医大枚方病院前⇒磯島野球場⇒淀川資料館⇒淀川河川敷⇒枚方公園駅

のコースを歩きました。
強い日差しもなく、気持ちのいい気候の中、ノルディック・ウォーキングが楽しめました♪

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg0792

淀川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Yodo-river)
Cimg0794

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg0795

Cimg0797

今回も無事に終了できました。ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年10月16日 (日)

この一週間弱(10/11~10/16)

◆世間では:
・ノーベル文学賞:ボブ・ディラン氏受賞。

◆個人的には:
・ボブ・ディラン氏には、ノーベル文学賞よりもノーベル平和賞が相応しいと思っているのは、私だけでしょうか。風に吹かれることで、皆に平和がもたらされますように♪

○主な出来事:
10/13() MCEI大阪支部 201610月度 定例会(大阪)
10/15() 65回大阪マスターズ記録会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/652016-5750.html

○本:「人生を祝福する「老い」のレッスン」バレンタイン・デ・スーザ著(幻冬舎)
・人には衣・食・住など様々なニーズ(必要なもの)がありますが、この中で最も大切なものは精神的なニーズです。物ではなく、精神的に満たされたいと思っている自分の心の渇きをどう癒すか。それには年齢を重ねてきた自分の生活を意味のあるものにすることが大切です。
・今日までの長い生活の中で経験した悲しみや苦しみのために、みなさんは本来の自分から離れて、違った自分になってしまっている可能性があります。ですから老いじたくを始める中で本来の自分からはみ出した部分をそぎ落とし、理想とする自分に立ち返ると、あなたにもともと備わっていた能力が生きてきます。
・音楽は人間を若返らせます。ですからみなさんも、若い頃に習っていた楽器をもう一度弾いてみてはいかがでしょう。・・・いろいろな音が聴き分けられる方は、人の心もよく聴き分けられるようです。
・世界中の多くの偉大な人たちも、悟りを得るためにあえて一人になったのです。・・・身体が疲れると精神も疲れ、またその逆もあります。一人になることは成長の源です。一人の時間を大切にし、自分の道を進んでいくことが大切です。
・抱擁とまではいかなくても、身体に触れるだけでも温かみが伝わり、相手を安心させることができます。・・・触れることで手の温かみが伝わり、大切な触れ合いができるのです。・・・また、手をつなぐとお互いの温かみを感じ合うことができます。
・自分自身の衰えを認めることが大切で、これを素直に受け入れないと周りの方々を悲しませることになります。
・日本語の「合わせる」には、いろいろな使い方がありますが、中でも目を合わせることが特別に大切です。これは相手の存在を認め、敬意を払うことです。日本人はなかなか相手の目を見て話さないようです。相手の目を見ながら話すとお互いの心も通じやすく、相手への敬意も伝わりやすくなります。

○これから一週間の予定:
10/22() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
10/23() 枚方体育協会ノルディック・ウォーキング教室(大阪・枚方)

第65回大阪マスターズ記録会兼2016府民スポレク(結果報告)

昨日(10/15)、ヤンマーフィールド長居(長居第2陸上競技場)で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:4600m地点で失格(警告:ロス・オブ・コンタクト3つ)
ラップ:546”-600”-610”-610”。

今シーズン最後の競技会は、失格という結果となってしまいました。競技会終了後は(以下に述べる理由もあって)、何が悪くてこれから何を対応すればいいのか等について考える余裕もなかったのですが、振り返ってよくよく考えてみると、そんなに悪いことではないのでは、というより、真剣に考える機会となってむしろ良かったのではないかと思えてきました。(記録会なのですから)

そもそも、以下の理由で競技に集中できる状況ではありませんでした。。。
・大阪マスターズのスタッフとして準備をしないといけなかったのですが、集合時刻を勘違いしていて、それに気付いたのが当日の朝(日々の仕事が忙しいとこのように確認不十分となります)・・・朝食をほとんど摂れず、慌ただしい中、何とか競技場に到着する始末でした。
・スタッフの状況をオープンにすることでお叱りを受けるかもしれませんが・・・記録情報処理・表彰状印刷用のメインPCが立ち上がらず、写真判定とつながらない状況が改善できず、加えて、当日の人員は普段よりも2名ほど少ない状況・・・そのような中で「競技のために持ち場を離れてもいいのか?」「今日は欠場した方がいいのでは?」とも考えたのですが、「来シーズンに向けての課題が見えてこない中でシーズンを終えてしまっていいのか?」の思いが強く、何とか競技に参加することができました。(その際に「早く戻ってきてください!」と掛けられた声が、本当になってしまうとは・・・)
ということで、ウォーミングアップの時間がほとんどとれなかったことに加えて、気持ちが全く競技に向けられなかったことから、全く歩けない状況でした。
ただし、上記したことは、「記録の悪さ」につながりはしても、「失格」となると話は別です。何が失格となった原因かを解明しないことにはシーズンを終えられません。
ただし・・・失格となり退場させられた後は、それこそ持ち場に「早く戻って」業務をこなします。何とか通常の状態が確保できて、参加者の方々にご迷惑をおかけせずに済むことができました。

といった状況が一段落し、ようやくジャッジの方々とお話をする余裕ができてきた中で、当日の歩きを評価していただくと、「一言でいえば、のけぞっている、足が前にではなく上に出ているように見える」とのこと。
それはこういうことですか・・・などを話すことで、私なりに設定できた問題は、「腰の乗り込みができていない」ということ。その結果として、お尻で踵を押した際に足が出る角度が少し上向きになってしまったということ。(パフォーマンスの低下もこれが原因だと推測しています)
以下、上記したことを踏まえての考察です。
これまで、ずっと私が歩く際にポイントとしてきたことは主に二つ。すなわち、
①「踵を中心とした「逆振り子運動」を意識し、踵から見た膝の上側を腰で乗り込むということ」
②「臀部で踵を上から後方下に押すこと」
これまで、①よりも②に課題があったため、主に②の改善を意識していたのですが、いつの間にか①ができなくなってしまっていたことに、ようやく気付くことができました。
では、なぜそうなってしまったのか?その答えは「ノルディック・ウォーキング(NW)」にあると考えています。
NW
体験会などにおいて、指導は以前と同じペース(か少し低下した程度)で実施しているのですが、朝、NWで歩く頻度が激減しました。
これは仕事場所が変わったため、それまで雨の日以外はほとんど毎日歩いていたのが、土日のうちでイベントなどがない日しか歩けなくなったからです。
そして、NW体験会などでは、使用しているウォーキング・ポールの長さが115cm(身長の0.69倍:これが標準です)であるのに対して、朝、一人であるくときの長さは130㎝(身長の0.78倍)。
身長の0.78倍は長すぎで、通常は身長の0.630.70倍の範囲で調整するように指導しています。しかし、通常のNWとしては適切でなくても、「腰の乗り込み」をサポートするためにはこの長さが必要だったのではないかと思っています。

上記したことから、問題点は「腰の乗り込みの不十分」、取り組むべき課題は「130㎝のポールでのNW」と仮説設定できました。
右膝が伸びにくいことも、筋力が落ちていることも、問題だとは思いながら、それがパフォーマンス低下の主な原因ではないだろう?そう思っていたので、何とか納得できるところまでたどり着くことができました。

今シーズンはこれで終わりです(これまで同様、駅伝はありますが・・・)。

アジア選手権は入賞すらできず、日本選手権も獲れず、世界選手権は行かせてももらえず(これは家庭の事情・・・)、あまりいいシーズンではなかったのかもしれませんが、何とか最後に課題が見つかってほっとしています。
まだまだ、先は長いです♪

2016年10月10日 (月)

この一週間とちょっと(10/3~10/10)

◆世間では:
・阿蘇山噴火:36年ぶりですか・・・

◆個人的には:
急に寒くなってきました・・・年取ってくると、急な変化に対応できません。。。

○主な出来事:
10/10(月・祝) 枚方市民スポーツカーニバル(大阪・枚方)
http://www.city.hirakata.osaka.jp/soshiki/sktaiku/simin-supo-tu-ka0-nibaru.html

○本:「日本人が教えたい新しい世界史」宮脇淳子著(徳間書店)
・歴史というのは、いま私たちが生きている世界がなぜこうなのか、昔何があったからいまこうなってきたのかを自分たち自身が理解する、そういう必要のために書かれるものなのです。したがって、時代が変われば、そこから過去を見るわけだから整理の仕方が変わってくる。結果が違うから、そこから見ていくと説明も違ってくるのが実はふつうなのです。
・世界のどこでも、いつでも、歴史が書かれるということは、何かを主張したいという理由があるからつくられる。だから、書物が残っているからといって、すぐにそれが本当だと思ってはいけない・・・書くということは書きたい理由があるということです。だから、むしろ書かれなかったことを想像するくらいの読み方が必要です。
・現代中国人と現代韓国人、北朝鮮の人も、日本に対抗したからこそ中国人、韓国人という意識も国家も生まれたのです。「反日が国是」というのはそのことで・・・東アジアと日本の関係というものは、そのような非常に不幸な関係にあるのです。
・世界は進化し続けているという思想に、私たち日本人も含めて、20世紀の人間はすっかり洗脳されてきた。それは歴史事実というよりも、過去はこのようなものだったという近代社会になってからの解釈にすぎません。
・日本人がいまの日本の世界史教科書を読んでも、世界の現状を知るのにほとんど役に立ちません。日本とは何か、いまの世界はどうなのか、世界史という教科で何を教えたいのかという肝心なことが、教科書の中に見えてこないので、ほとんどの学生が歴史嫌いになっています。
・何度も述べていますが、文献があるということは、書かれた当時に世の中に知らせたい、あるいは書いて残そうとする目的があったからです。・・・だから、歴史史料としての文献は、だれがいつの時代に何の目的で書いたのかということを、まずきちんと理解して、史料批判を十分にした上で利用するしか方法はありません。
・日本人はもともと性善説になじんでいます。相手の善意を信じて、物事を非常に公平に見て、いいものがあれば受け入れてきました。だから日本人には、自らが関与していない世界中の出来事に関して、因果関係をはっきりさせて物語る資格が十分にあると思います。

○これから一週間弱の予定:
10/13() MCEI大阪支部 201610月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
10/15() 65回大阪マスターズ記録会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://omaa.jp/topics/2016/08/632016915.html
10/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2016年10月 2日 (日)

この一週間(9/26~10/2)

◆世間では:
・阪神タイガース7連勝:まだまだ来季も連勝が続きます♪って今になって何やねん。。。

◆個人的には:
最近、筋力又は筋量の低下が気になってきました。そろそろレジスタンストレーニング再開の時かもしれません。

○主な出来事:
10/1() 対抗戦(オープンで5000mW出場の予定です)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/89-5391.html
10/2() 大阪マスターズ研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)

○本:「いくつになっても綺麗でいられる人の究極の方法」カツア・ワタナベ著(青春出版社)
・いつも年齢を気にしている人は老けやすく、気にしない人ほど老化が遅いということ。若さを保つには、年齢を考えない、聞かれても答えないなど、年齢意識をなくすとよい。
・美はビジネスのために巨大なファンタジーを作っている企業に左右されているため、真の美しさは外見とかけ離れたところにあることを常に意識する必要性がある。
・ハグには、ストレス解消、免疫力アップ、美容効果まであることが分かっています。人間は、ハグされると、脳下垂体からドーパニン、セロトニン、オキシトシンの三種類の脳内ホルモンが分泌されます。これらはそれぞれ快感・安心・愛情をもたらしてくれる脳内ホルモンです。・・・エンドルフィンも分泌されるため、脳を活性化し、精神的ストレスの解消に効果があり、免疫細胞の防御反応を強化する作用もあります。
・実年齢より若く見える人は長生きする傾向にあり、・・・実年齢より見た目年齢が高く見られた人の寿命の方が短いことが分かりました。
・本ではグルテンアレルギーの研究がほとんど進んでいないため、グルテンアレルギーの人がいないのではなく、いても分からないのです。
・芸術家たちの多くに長生きが多いのはなぜだと思いますか?・・・芸術家はいつも手や指を使っているため、それが脳細胞を活性化しているのです。
・面白いワークをしてみましょう。・・・自分に感謝されることをしてみましょう。・・・本当にそれだけです。

○これから一週間とちょっとの予定:
10/8() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
10/10(月・祝) 枚方市民スポーツカーニバル(大阪・枚方)

2016年10月 1日 (土)

第 89回対校陸上競技大会・オープン(結果報告)

本日(10/1)、山城総合運動公園陸上競技場(太陽が丘)で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:記録292072(最下位。。。)
ラップ:529”-551”-602”-608”-551”。
注意:なし。

マスターズ陸上・全日本選手権で惨敗したことから、何とか2830”を切ることを目標に参加したのですが、全く身体がついていきませんでした。。。
全日本選手権の新潟では寒さに負けた感じでしたが、今回は暑さに対応できませんでした。

200m
55”、400m201”と、200mから400mの間でほとんど足が止まってしまったような感じでした。。。
失格になっても構わないくらいに飛ばすつもりだったのですが、結果はほとんどスピードに乗ることができずに終わってしまいました。
最近、仕事が忙しくて、ストレスが溜まっていることはありますが、M50からM55に上がって、急激に筋力が低下しているのかもしれません。。。
が、そんな不安を吹き飛ばすべく、次の記録会で
何とか2830”を切ってシーズンを終えたいと思っています。

これからの予定:10/15の大阪マスターズ記録会(5000mW)のみです。

2016年の9月

♪このひと月・・・リオ・パラリンピックでは、金はありませんでしたが、よく頑張ったと思います。一方で、ニューヨーク中心部で爆発があったり、豊洲市場の移転が迷走したりで、東京五輪・パラリンピックを成功させるためには、まだまだ安心できない部分が多くあることも顕在化してきました。。。

◆個人的には:

・マスターズ陸上全日本選手権・・・負けてしまいました。気持ちを切り替えて、これからも頑張ります♪

先月、何となく気になって読んだ本に「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」があることをお伝えしましたが、そこには、
「日本神道の最高神・アマテラスオオミカミは「引きこもり」でした。「引きこもり」で苦しんだからこそ、すべてを照らす太陽の神になったのです。・・・大きな挫折を味わい、その悲しみをのりこえて、人々を助けようとする純粋な意思。それが神社の神さまです。そんな存在に満ち満ちているのが日本なのです。」
という記述もありました。
これを読んで、私が思い起こした言葉がひとつありました。
それは「ウーンデッド・ヒーラー」つまりは「傷ついた癒し手」ということです。
日本の神さまは、自らが挫折を味わって傷つきつつも、我々を助けようとしてくれている・・・そんなことから、この言葉が思い起こされた次第です。
ちなみに、この「ウーンデッド・ヒーラー」は、いわゆる「元型」(アーキタイプ)のひとつです。
ということで、今月のテーマは「元型」(アーキタイプ)とします。(と言いつつ、ほんの少し触れる程度ですが・・・)

「元型」(アーキタイプ)とは、ご存じの方には言わずもがなですが、ユングが「集合的無意識」と呼んだ「個人的な無意識層の、更にその底にある人類共通の無意識層」が意識化されるとき、ある種の類型化されたイメージとなって現れる、その潜在的なイメージのパターンのことで、「神話・伝説・昔話などの定型的パターンとして表現される」とも言われています。

代表的なものとしては、「ペルソナ」(外界に適応するために個人が他者に見せる態度や顔)、「アニマ」(男性における女性のイメージ)、「アニスム」(女性における男性イメージ)があり、
他に「グレート・マザー(太母)」(『包み込むような愛情・保護』と『呑みこむような支配・脅威』の二面性を備えた母性的存在のイメージ)や「オールド・ワイズワン(老賢者)」(『人生を軽やかに生き抜く知恵』と『あらゆる物事に精通した叡智』を象徴する、多くの人生経験と知識学習を積み重ねた老賢者のイメージ)などがあるとされています。
しかし、私としては、「トリックスター(道化師)」や「プエル・エテルヌス(永遠の少年)」の方に親近感を覚えています。
「トリックスター(道化師)」は「既存の社会的価値観(社会常識)や道徳規範(善悪観)を軽視して秩序をかき乱す」元型であり、「プエル・エテルヌス(永遠の少年)」は「瑞々しい美しい身体と清浄で穢れのない精神を持っていて、その若々しいエネルギーと形態を永遠に保持しようとする」元型です。
このような象徴が元型として捉えられていることに、何となく少しほっとする感じがします。

ここでもう一度「ウーンデッド・ヒーラー」に話を戻しますと、「自らの手で自らの傷を癒すことができたからこそ他者を癒すことができる」ことに加えて、「自ら傷を持っているから他者の苦悩を共感的に見ることができる」ことから偉大な存在となったのが「ウーンデッド・ヒーラー」とのこと。
我が国においてアマテラスオオミカミが最高神となったことも理解できるような気になります。
このような目で、改めてアマテラスオオミカミを捉えられてみてはいかがでしょうか♭

9月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
今年一番のイベント・マスターズ全日本選手権・・華々しく散りました。。。
9/4() 24回奈良マスターズ陸上競技選手権大会(奈良・鴻ノ池陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/24-22db.html
9/8() MCEI大阪支部 20169月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/category/1284088.html
9/17()~9/19(月・祝) 37回全日本マスターズ陸上競技選手権大会(新潟・デンカビッグスタジアム)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/37-f53d.html

9月のノルディック・ウォーキングのイベントは以下の2件でした♪
今月はマスターズの全日本選手権などがあって、陸上競技が中心でしたが、来月以降はノルディック・ウォーキングが中心の予定・・・と思っていましたが、相変わらず陸上の方にウエイト残るようです。
9/3() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/93-607e.html
9/25() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/925-7537.html

◆今月のことば:「わが国の人々の「戦争体験」を問題にしようとするときに、これを「太平洋戦争」と呼んでしまったら、それを一つの体験としてとことん掘り抜くといふことは不可能となつてしまふ。この論考(橋川文三「『戦争体験』論の意味」)のなかで氏自身が語つてゐるように、「太平洋戦争」は「異常な戦争で」あり、「おそらくいかなる戦争にもみられないであろうような、奇怪な心理状態がそれにともなっていた」と言って、すべてが片づけられてしまうことになるのである。」(「神やぶれたまはず」長谷川三千子 著(中公文庫)より)

10月の予定:
10/1() 対抗戦(オープンで5000mW出場の予定です)(実施済)
10/2() 5回大阪マスターズ研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2016/09/102.html
10/8() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
10/10(月・祝) 枚方市民スポーツカーニバル(大阪・枚方)
10/13() MCEI大阪支部 201610月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
10/15() 65回大阪マスターズ記録会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://omaa.jp/topics/2016/08/632016915.html
10/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
10/22()10/29() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
10/23() 枚方体育協会ノルディック・ウォーキング教室(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
10/30() 6回大阪マラソン(大阪)(審判です)
http://www.osaka-marathon.com/

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30