無料ブログはココログ
フォト

« この一週間弱(9/20~9/25) | トップページ | 第 89回対校陸上競技大会・オープン(結果報告) »

2016年10月 1日 (土)

2016年の9月

♪このひと月・・・リオ・パラリンピックでは、金はありませんでしたが、よく頑張ったと思います。一方で、ニューヨーク中心部で爆発があったり、豊洲市場の移転が迷走したりで、東京五輪・パラリンピックを成功させるためには、まだまだ安心できない部分が多くあることも顕在化してきました。。。

◆個人的には:

・マスターズ陸上全日本選手権・・・負けてしまいました。気持ちを切り替えて、これからも頑張ります♪

先月、何となく気になって読んだ本に「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」があることをお伝えしましたが、そこには、
「日本神道の最高神・アマテラスオオミカミは「引きこもり」でした。「引きこもり」で苦しんだからこそ、すべてを照らす太陽の神になったのです。・・・大きな挫折を味わい、その悲しみをのりこえて、人々を助けようとする純粋な意思。それが神社の神さまです。そんな存在に満ち満ちているのが日本なのです。」
という記述もありました。
これを読んで、私が思い起こした言葉がひとつありました。
それは「ウーンデッド・ヒーラー」つまりは「傷ついた癒し手」ということです。
日本の神さまは、自らが挫折を味わって傷つきつつも、我々を助けようとしてくれている・・・そんなことから、この言葉が思い起こされた次第です。
ちなみに、この「ウーンデッド・ヒーラー」は、いわゆる「元型」(アーキタイプ)のひとつです。
ということで、今月のテーマは「元型」(アーキタイプ)とします。(と言いつつ、ほんの少し触れる程度ですが・・・)

「元型」(アーキタイプ)とは、ご存じの方には言わずもがなですが、ユングが「集合的無意識」と呼んだ「個人的な無意識層の、更にその底にある人類共通の無意識層」が意識化されるとき、ある種の類型化されたイメージとなって現れる、その潜在的なイメージのパターンのことで、「神話・伝説・昔話などの定型的パターンとして表現される」とも言われています。

代表的なものとしては、「ペルソナ」(外界に適応するために個人が他者に見せる態度や顔)、「アニマ」(男性における女性のイメージ)、「アニスム」(女性における男性イメージ)があり、
他に「グレート・マザー(太母)」(『包み込むような愛情・保護』と『呑みこむような支配・脅威』の二面性を備えた母性的存在のイメージ)や「オールド・ワイズワン(老賢者)」(『人生を軽やかに生き抜く知恵』と『あらゆる物事に精通した叡智』を象徴する、多くの人生経験と知識学習を積み重ねた老賢者のイメージ)などがあるとされています。
しかし、私としては、「トリックスター(道化師)」や「プエル・エテルヌス(永遠の少年)」の方に親近感を覚えています。
「トリックスター(道化師)」は「既存の社会的価値観(社会常識)や道徳規範(善悪観)を軽視して秩序をかき乱す」元型であり、「プエル・エテルヌス(永遠の少年)」は「瑞々しい美しい身体と清浄で穢れのない精神を持っていて、その若々しいエネルギーと形態を永遠に保持しようとする」元型です。
このような象徴が元型として捉えられていることに、何となく少しほっとする感じがします。

ここでもう一度「ウーンデッド・ヒーラー」に話を戻しますと、「自らの手で自らの傷を癒すことができたからこそ他者を癒すことができる」ことに加えて、「自ら傷を持っているから他者の苦悩を共感的に見ることができる」ことから偉大な存在となったのが「ウーンデッド・ヒーラー」とのこと。
我が国においてアマテラスオオミカミが最高神となったことも理解できるような気になります。
このような目で、改めてアマテラスオオミカミを捉えられてみてはいかがでしょうか♭

9月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
今年一番のイベント・マスターズ全日本選手権・・華々しく散りました。。。
9/4() 24回奈良マスターズ陸上競技選手権大会(奈良・鴻ノ池陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/24-22db.html
9/8() MCEI大阪支部 20169月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/category/1284088.html
9/17()~9/19(月・祝) 37回全日本マスターズ陸上競技選手権大会(新潟・デンカビッグスタジアム)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/37-f53d.html

9月のノルディック・ウォーキングのイベントは以下の2件でした♪
今月はマスターズの全日本選手権などがあって、陸上競技が中心でしたが、来月以降はノルディック・ウォーキングが中心の予定・・・と思っていましたが、相変わらず陸上の方にウエイト残るようです。
9/3() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/93-607e.html
9/25() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/925-7537.html

◆今月のことば:「わが国の人々の「戦争体験」を問題にしようとするときに、これを「太平洋戦争」と呼んでしまったら、それを一つの体験としてとことん掘り抜くといふことは不可能となつてしまふ。この論考(橋川文三「『戦争体験』論の意味」)のなかで氏自身が語つてゐるように、「太平洋戦争」は「異常な戦争で」あり、「おそらくいかなる戦争にもみられないであろうような、奇怪な心理状態がそれにともなっていた」と言って、すべてが片づけられてしまうことになるのである。」(「神やぶれたまはず」長谷川三千子 著(中公文庫)より)

10月の予定:
10/1() 対抗戦(オープンで5000mW出場の予定です)(実施済)
10/2() 5回大阪マスターズ研修会(大阪・服部緑地陸上競技場)
http://omaa.jp/topics/2016/09/102.html
10/8() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
10/10(月・祝) 枚方市民スポーツカーニバル(大阪・枚方)
10/13() MCEI大阪支部 201610月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
10/15() 65回大阪マスターズ記録会(大阪・ヤンマーフィールド長居)
http://omaa.jp/topics/2016/08/632016915.html
10/16() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
10/22()10/29() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
10/23() 枚方体育協会ノルディック・ウォーキング教室(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
10/30() 6回大阪マラソン(大阪)(審判です)
http://www.osaka-marathon.com/

« この一週間弱(9/20~9/25) | トップページ | 第 89回対校陸上競技大会・オープン(結果報告) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年の9月:

« この一週間弱(9/20~9/25) | トップページ | 第 89回対校陸上競技大会・オープン(結果報告) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30