無料ブログはココログ
フォト

« 「鬼十則」について | トップページ | この一週間(11/21~11/27) »

2016年11月20日 (日)

この一週間(11/14~11/20)

◆世間では:
・電通の悲しい事件に関して:「鬼十則」が社員手帳への記載を取りやめになるとのこと。それも遺族からの要望だとのこと。
でもそれではむしろ電通側にとっては渡りに船。「とりあえず社員手帳から「鬼十則」をはずせばいい、ほとぼりが冷めればまた入れればいいだけのこと」・・・そう思われて、根本的な対策が講じられないことを危惧します。
企業の体質は社員手帳で決められるはずがない。問題は管理職の資質。「東大卒か、お手並み拝見」だったらまだいい方で、「癪に障る、潰してやろう」と思っている管理職が必ずいると考えた方がいい。
私もいろいろと経験しましたし、ある意味で壊されてしまった部分もあります。だからなお更そう思う。
そういったことを踏まえて、大学側もそのような管理職がいないかどうかを、どのような手を使ってでも調査すべきではないかと、私は思います。(もう悲劇を起こさないために)

◆個人的には:
・スーパームーン、ボジョレーヌーボー:どちらも経験できず・・・ヌーボーよりもしっかりしたものの方が好きです。(若い○よりも熟○の方が・・・)

○主な出来事:
特になしです。

○本:「最速で身につく世界史」角田陽一郎 著(アスコム)
・戦争とは水が確保できる場所の争奪戦であり、政治とは、確保した水を灌漑し治水する施策なのです。現在でももちろんそうで、いや21世紀を迎えてこれまで以上に「人類はいかに水(きれいな淡水)を確保するか?」が至上命題になってきています。
・近代国家が国民を支配・制御する仕組みのきっかけは、帝国が各民族を支配する仕組みに由来するというのが、支配の本質かもしれません。
・普遍的な大帝国の成立には、域内の被支配民族への高圧的な支配より、むしろ寛容さが必要とされるのがポイントです。
・文書などに記録されて、後世に知られるものだけが歴史と考えられがちです。でも逆に言えば、相手が認識しようとしまいと、そこに文明があったことは事実なのです。この考え方も、世界史を勉強する上では重要なポイントとなります。
・最初の四大文明は全てユーラシア大陸で起こっています。・・・それは、ユーラシア大陸が東西に長い横長の形で、南北アメリカが南北に長い縦長の形だったからなのです。人も動物も、横移動の方が縦移動に比べて移動しやすいのです!
・中心にあった地域では到底発生しないような物事が、周縁には多く存在するのです。まさに日本は、イノベーションの国と言えるのではないでしょうか。・・・周縁は確かに世界史の主流ではありません。だからこそ実は、周縁こそイノベーションが生まれる場所でもあるのです。
・アメリカ建国の基盤は、英雄でも伝統でもなく「理想」なのです。神の下の平等という考え方に賛同した人たちが造った「人工国家」なのです。理想で国を成立させるために必要な物は、新しいルール=憲法でした。あらゆる民族のあらゆる文化の、それぞれ違うアイデンティティを持つ人たちが一つの国家を形成するためには、その拠り所となる理想を実現するための憲法が必要です。
・これまでの国民国家というある種中途半端な大きさではなく、よりまとまった民族という一単位の上に、かなり大きな帝国というさらなる一単位が囲む、二重体制を作る傾向が見られるのです。・・・そして、まさにその未来の選択で揺れているのが、日本の今置かれている状況なのです。
・未来の歴史は、情報革命により個人が作るようになります。・・・自分の発信したライフスタイルが簡単にアート化、エンターテインメント化します。【芸術と科学】がこれまで以上に意味を持つ未来が来るのです。

○これから一週間の予定:
11/23(水・祝) 3回 ひらかた市民オリンピック(大阪・枚方)
http://hirakata-taikyo.org/sc/2016hirakata-olympic.pdf
11/26() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
11/27() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

« 「鬼十則」について | トップページ | この一週間(11/21~11/27) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(11/14~11/20):

« 「鬼十則」について | トップページ | この一週間(11/21~11/27) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31