無料ブログはココログ
フォト

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

2016年

2016年の漢字には「金」が選ばれました(財団法人日本漢字能力検定協会)。(以下、2位「選」、3位「変」だとのこと)
リオ・オリンピックでの「金」メダルラッシュのほか、イチローメジャー通算3000本安打達成などの「金」字塔などが理由だそうです。

私は年初に今年は「伸」の年にしたいと言いました。「伸」(=キャリアストレッチ)ライフスタイルとして、「仕事を通じて自分が成長し、チャンスが拡がり、そこから自分の新たなライフスタイルを構築すること」を目指したものです。
チャンスの拡がりはまだ実感できていませんが、仕事の対象範囲を拡げ
たり、ウォーキングを学術領域まで拡げて初めて日本ウォーキング学会で発表したり(大会長特別賞を受賞するというオマケまで付いてきました)と、新たなライフスタイルの構築に向けて「拡」がることを通して「伸」びた一年であったと感じています。
残念ながら、今年「金」メダルはあまり私の方に来てくれませんでしたが、その分、金魚や金柑や金麦などで、心を癒すことにしましょうか♪

このように、今年は「拡」と「伸」の年だったと思っていますが、さらに高い状態に達するために、来年は「空」の年にしたいと思っています(詳しくは年が明けてから)。

◆私にとっての今年の10大ニュース
・家族のこと(詳しくは書きませんが・・・)
・仕事のこと(詳しくは書きませんが・・・)
4年ぶりに海外に行きました(シンガポールです)
・日本ウォーキング学会でポスター発表しました
・初めて競歩の審判をしました
・新しいカバンを注文しました(1415年ぶり)
・リオ・オリンピックで、荒井選手が50km競歩で銅メダルを獲得しました
・マイナンバー制度の利用が開始されました
・イギリスが国民投票でEU離脱を決めました
・次期アメリカ大統領にトランプ氏が当選しました


◆今年読んだ本の中で印象に残った10冊(読んだ順)
・「「働く居場所」の作り方‐あなたのキャリア相談室」、花田 光世(日本経済新聞出版社)
・「カエルの楽園」、百田 尚樹(新潮社)
・「幸せになる勇気」、岸見 一郎, 古賀 史健(ダイヤモンド社)
・「スマート・テロワール : 農村消滅論からの大転換」、松尾 雅彦、(学芸出版社)
・「戦争犯罪国はアメリカだった!─ 英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄」、ヘンリー・S・ストークス(), 藤田 裕行(翻訳)(ハート出版)
・「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」、八木龍平(サンマーク出版)
・「神やぶれたまはず」、長谷川 三千子(中公文庫)
・「最強の働き方」、ムーギー・キム(東洋経済新報社)
・「ぼくらの近代建築デラックス!」、万城目 学, 門井 慶喜(文春文庫)
・「生産性」、伊賀 泰代(ダイヤモンド社)

◆今年は、以下の9つのレースに出場しました。
1.
19回アジアマスターズ陸上競技選手権大会(5/4):5000mW 305435 M50クラス9
2.
30回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(5/7):5000mW 303780 M50クラス1
3.
8回南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(6/12):3000mW 170276 M55クラス2
4.
32回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(6/26):3000mW 165691 M55クラス2
5.
24回京都マスターズ陸上競技選手権大会(8/7):3000mW 170027 M55クラス1
6.
24回奈良マスターズ陸上競技選手権大会(9/4):3000mW 1656127 M55クラス1
7.
37回全日本マスターズ陸上競技選手権大会(9/17):5000mW 285623 M55クラス2
8.
89回大学対抗陸上競技大会・オープン(10/1):5000mW 292072
9.
65回大阪マスターズ記録会(10/15):5000mW 4600mDQW1

◆今年は以下のノルディック・ウォーキング体験会を開催・参加しました。
・関西ノルディック・ウェルネス:枚方体験会:14回、私市体験会:7
・東宇治スポーツクラブ:1
・ノルディック・ウォーク&八軒家浜市:6
・枚方体育協会ノルディック・ウォーキング教室:2

今年もお世話になり、ありがとうございました(^_^)/
2017
年もよろしくお願いいたします♪

2016年の12月

♪このひと月・・・トランプ氏が台湾・蔡総統と電話協議、プーチン大統領来日・日露首脳会談、安倍首相がオバマ大統領と真珠湾慰霊・・・何となく暗い気持ちのまま終わった先月とは一転して、明るさが垣間見れたひと月でした。
一方で、「電通」「ファミマ」といった組織での「見て見ぬふり」がますます表出してきたひと月でもありました。

◆個人的には:

・私も「見て見ぬふり」ができなくなり、悲鳴を上げているカバンを新調することに決めました。2月初めには出来上がる予定です♪

11
5-6日に開催された「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2016」がきっかけで、近代建築に興味を持ちました。と言ってもこれまで興味がなかった訳ではなく、忘れていただけ・・・ということで、今月のテーマは近代建築です。
(「イケフェス」はこちらを参考→ http://ikenchiku.jp/
今回の「イケフェス」は直前に開催されることを知ったため、事前にほとんどチェックする余裕もなく(事前申し込みの期限も過ぎており)、「日本聖公会川口基督教会」と「三井住友銀行大阪本店ビル」しか訪れることはできませんでした。
他に「綿業会館」や「大阪倶楽部」「生駒ビルヂング」「旧小西家住宅」などが参加しており、来年こそは訪れてみたいと目論んでおります。
日頃から中之島~大阪城を中心にノルディック・ウォーキングの体験会等を開催していることもあって、大阪市中央公会堂や大阪府立中之島図書館、旧大阪市立博物館、旧大阪砲兵工廠化学分析所等の周辺はよく歩いているのですが、このような「近代建築」と言われるものに興味を持ち始めたのはいつ頃からか?と改めて考えてみました。が、中学高校時代から教会には親近感を覚えていたのが、そもそもの始まりか?という気がしています。
それ以降はあまり気にすることはなかったのですが、ユースホステル(YH)を使った旅を始めて、周辺を歩き廻るようになったことから、旧伊達郡役所(みさとYHから歩いて行きました)や碓氷峠の建物(これが「旧丸山変電所」という鉄道施設であることを、今回調べて初めて知りました・・・)、更には北海道をよく訪れるようになって北海道庁旧本庁舎、北海道大学、北一硝子、網走刑務所、稚泊ドーム(北防波堤ドーム)などなど。このような建物に触れるにつれ、次第に愛着が湧いてきたのだと改めてい思います。
また、私は所謂「鉄ちゃん」と呼ばれる種族の方とは違うと自認しているのですが、門司港駅(現在は「門司駅」なのですね)や大社駅等には、わざわざ寄り道した記憶があります。
このようなことから、いつの間にかレンガ造りを中心とした「近代建築」と呼ばれるものに惹かれていった訳ですが、最近では2009411日に閉店した「喫茶・大大阪」に入るために昔のダイビルを訪れたり、喫茶「北浜レトロ」のある北浜レトロビルヂングに家族を連れていっては並んで待つことになって顰蹙を買ったりしたこともありました。
(もちろん、海外にも素敵な建物はありますが、今回は割愛。。。)
皆さんも気になったところを訪れてみられてはいかがでしょうか?
※参考書:「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪 2016公式ガイドブック」、「ぼくらの近代建築デラックス!」万城目学, 門井慶喜(文春文庫)、「大大阪モダン建築」橋爪紳也監修(青幻舎)、「大阪の近代建築企業文化」橋爪紳也ら(ブレーンセンター)、「近代建築散歩(京都・大阪・神戸編及び東京・横浜編)」宮本和義・アトリエM5(小学館)、「日本れんが紀行」喜田信代(日貿出版社)

12月のイベントへの参加は以下の1件でした♪
忘年会の季節ということもあったということでしょうか。
12/8() MCEI大阪支部 201612月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15548381.html

12月のノルディック・ウォーキングのイベントは以下の3件でした♪
11
月は体験会の開催がなかったのですが、寒さにもかかわらず、今月は楽しんで歩くことができました。
12/17() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/1216-4c98.html
12/18() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/1218-3651.html
12/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/1224-f172.html

◆今月のことば:「評価基準が変われば、現場の働き方は変わります。現行制度の大きな問題は、評価基準に生産性の概念が入っていないこと――すなわち、労働の質ではなく労働の量を評価する仕組みになってしまっていることです。・・・現在、長時間労働は企業にとっても社会にとっても大きな問題だと認識されています。・・・しかし、解くべき課題(イシュー)が長時間労働なのかといえば、そうではありません。解くべき課題は長時間労働ではなく、働いている人の生産性が低いまま放置されていることです。」(「生産性」伊賀泰代 著(ダイヤモンド社)より)

1月の予定:
1/7()1/21()1/28() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
1/8() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
1/9(月・祝) 「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン(大阪・枚方)(ボランティアスタッフ)
1/12() MCEI大阪支部 20171月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
1/22() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2016年12月30日 (金)

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)』(1月・2月)

経験者はもちろん、日頃体を動かす機会がほとんど無いという方、ノルディックウォーキングは初めてという方が安心してご参加頂けますよう、インストラクターが担当させて頂きます。

ノルディックウォーキングに興味をお持ちの方や、ウォーキングをしていて膝や腰の痛みが気になる方など、是非一度お試しください。皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。

■開催日時
 
平成29122日(日)、226日(日)
 
時間は10:3013:00
■集合場所
 京阪電鉄(交野線) 私市駅 駅前広場 ※ポールを持ったスタッフが立っています。
■参加料
 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)
■持ち物
 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。)
 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。 
■申込方法 
メールにて下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールを送信いたします。 
※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。
件 名「〇〇月〇〇日 大阪私市会場参加希望」と記載
本 文「 氏名,年齢,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」
 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。

☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。 
☆ 次回以降の開催予定は http://kansainordicwellness.web.fc2.com/ をご覧ください。
※ 事故が発生した場合、加入している傷害保険の範囲、及び現場での応急処置以外の責任は負えません。
※ 各種イベント及び各種情報提供の範囲内のみで個人情報を利用いたします。また、ご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはございません。

関西ノルディック・ウェルネス主催『ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)』(1月・2月)

経験者はもちろん、日頃体を動かす機会がほとんど無いという方、ノルディックウォーキングは初めてという方が安心してご参加頂けますよう、インストラクターが担当させて頂きます。
ノルディックウォーキングに興味をお持ちの方や、ウォーキングをしていて膝や腰の痛みが気になる方など、是非一度お試しください。皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。

■開催日時
 平成2917日(土)、21日(土)、28日(土)、24日(土)、18日(土)、25日(土)
 
時間はいずれも10:3013:00
■集合場所
 京阪電鉄 枚方公園駅 西口駅前広場(バス停のない方)
 ※ポールを持ったスタッフが立っています。
■参加料
 500 円 ※ポールをレンタルされる場合別途500 円必要(先着10 セット)
■持ち物
 飲み物,タオル,着替え,ウエストバッグなど(お荷物は各自で保管して頂きます。) 
 ※ 更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。
■申込方法
メールにて下記の内容を送信して頂くと、折り返し受付完了のメールを送信いたします。
※ 受付完了のメールに注意事項が記載されておりますので、内容をご確認ください。
件 名「〇〇月〇〇日 大阪枚方会場参加希望」と記載 
本 文「 氏名,年齢,身長,電話番号,レンタルポールの有無(持参される方はメーカー) 」
 申込先「n_walk_2009@yahoo.co.jp 」 ※お間違えのないようご注意下さい。
※運動制限や体調不良等がある場合には、必ずその旨をご連絡ください。 

☆ ご質問やご要望は n_walk_2009@yahoo.co.jp までお気軽にご連絡ください。 
☆ 次回以降の開催予定は http://kansainordicwellness.web.fc2.com/ をご覧ください。
※ 事故が発生した場合、加入している傷害保険の範囲、及び現場での応急処置以外の責任は負えません。
※ 各種イベント及び各種情報提供の範囲内のみで個人情報を利用いたします。また、ご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはございません。

2016年12月25日 (日)

この一週間(12/19~12/25)

◆世間では:
中国空母太平洋進出、中国「相続税」導入:いったい何が起こっているのか?破滅に向かって進んでいるとしか思えないのですが。。。
糸魚川大規模火災:本当に被災された方は大変だと思います・・・どうにかできなかったのか。。。

◆個人的には:
・「見て見ぬふり」を気にし出すと、周囲が「見て見ぬふり」ばかりだということに改めて気付き、結局は「見て見ぬふり」をせざるを得なくなる。。。

○主な出来事:
12/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/1224-f172.html

○本:「生産性」伊賀泰代 著(ダイヤモンド社)
・ビジネスにおけるリスクは、「できる限り避ければよいもの」ではありません。それによって得られる成果との比較において許容されるか否かが決まるのであり、もし極めて大きなリターンが期待できるなら「積極的にとりにいくべきもの」として認識されます。つまり、「生産性が大幅に上がるなら従来のやり方に固執する必要はなり。リスクをとることも厭うべきではない」というように、生産性をさまざまな場面における判断基準として使っているのです。
・人材育成に関しても「成長するとは生産性を上げることである」というシンプルな信念が貫かれています。成長するとは、新たな知識や技術を習得することでも、英語がうまくなることでもありません。それらを駆使して仕事の生産性を上げることができたかどうか。それがすべてなのです。
・私が今回、生産性について本を書こうと思ったのは、日本における(工場以外での)生産性に関する意識の低さが、世界と戦う日本企業にとって、大きな足かせになっていると感じたからです。
・生産性を上げるには、「成果を上げる」と「投入資源量を減らす」というふたつの方法があると理解したうえで、安易に投入資源量を増やさないこと、そして、コスト削減だけでなく付加価値を上げる方法も併せて考えることが必要なのです。・・・生産性を上げるためのふたつの方法、「成果を上げる」と「投入資源量を減らす」には、さらにそれぞれを達成するための手段として改善と革新というふたつのアプローチが存在します。つまり、生産性を上げる方法は、全部で四種類存在するのです。
・非製造部門を含めた組織全体の生産性の向上は、企業(ひいては産業全体や国全体)が生み出せる付加価値の大きさを規定し、それぞれの競争力にも影響を与える重要な経営課題のひとつです。
・評価基準が変われば、現場の働き方は変わります。現行制度の大きな問題は、評価基準に生産性の概念が入っていないこと――すなわち、労働の質ではなく労働の量を評価する仕組みになってしまっていることです。・・・そもそも成果主義の人材評価システムがうまく機能しないのは、評価されるべき成果を「質」ではなく「量」で測ろうとしたからです。・・・また・・・目標管理制度について「目標を低めに立てたほうが得をするおかしな制度」といった批判がついまとうのも、その目標が量で決められているからです。
・現在、長時間労働は企業にとっても社会にとっても大きな問題だと認識されています。・・・しかし、解くべき課題(イシュー)が長時間労働なのかといえば、そうではありません。解くべき課題は長時間労働ではなく、働いている人の生産性が低いまま放置されていることです。
・「働き方改革」の最大の目的は「生産性を上げること」です。

○これから一週間の予定:
特になし。お正月です(^^)/

昨日(12/24)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で115回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
今回は先週(12/17)に引き続いての開催となります。
寒かった先週とは一転して、今週は暖かい日が続いていましたが、前日あたりからまた寒くなってきました。
そんな中ですが、当日はそれほど寒くなく、また日差しが差し込む時には暖かさにも恵まれて、ノルディック・ウォーキング日和となりました♪
今回の参加者は経験者1名です。枚方公園駅前でウォーミングアップをした後、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒淀川土手⇒水面廻廊⇒枚方公園駅

のコースを歩きました。
下流に向かって歩いている間は追い風のため寒さを感じなかったのですが、折り返して向かい風になったために、風を避けて水面回廊に入って、気持ちよくノルディック・ウォーキングが楽しめました♪

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg1905

淀川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Yodo-river)
Cimg1906

淀川の土手から水面廻廊へ
(
From the banks of Yodo-river to water corridors)
Cimg1907

水面廻廊を歩きます
(Walking along water corridors)
Cimg1908

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年12月18日 (日)

この一週間(12/12~12/18)

◆世間では:
プーチン大統領来日:中共の封じ込めに対して進展があったのかどうか、北方四島よりもそのことが気がかりです。

◆個人的には:
・今週は、幸運が幸運を呼び・・・といったような状況でした♪ただし、仕事の話。。。プライベートでもいいことないだろうか?

○主な出来事:
12/17() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/1216-4c98.html
12/18() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/1218-3651.html

○本:「プロフェッショナル イングリッシュ」大前研一 監修(東洋経済新報社)
・自分の英語能力について表現するときに、多くの人は「私は英語が話せます(話せません)」と言います。「私は英語が書けます(書けません)」と言う人は稀です。・・・この意識の持ち方そのものが、日本人がいつまでも「英語ができない」大きな理由だと私は考えています。なぜなら、英語ができない人は「書けない英語は話せない」という大原則に気がついていないからです。・・・書けない英語は話せません。それが、英語習得の最も重要な「ゲームのルール」の1つです。
・わかりやすく伝えるために「できるだけ少ない数の単語で書いた文」を私は「ミニマムセンテンス」と呼んでいます。このミニマムセンテンスを連続して繰り出す手法こそ、ビジネスで成果をあげる人が使っている英語なのです。
・ロジカルな文章を書くためには、基本的なルールがあります・・・ルール①:結論を述べる ルール②:理由を3つ挙げる ルール③:結論を繰り返す
・仕事で抜群のコミュニケーション能力を発揮する人は、行く先々で対面するさまざまな話し相手との会話において、相手が使った表現を再利用します。・・・その場でコミュニケーションを成立させるために「合わせ上手になろう」と考えてみてください。
・英語のスピーキング力向上のためには、マイナーな知識を蓄えるのではなく、メジャーで使い勝手のよい表現を使いこなすことが不可欠です。・・・コミュニケーションでは瞬発力が求められます。・・・雑多な道具が未整理のままになっている道具箱は使い物になりません。
・コミュニケーションの難易度は「task=タスク(任務)」の達成度合いによって決まります。上級者向けのタスクを達成するためには、パーツを磨き込むことよりも、シンプルな連続文で「いかに複雑な内容を伝えることができるか」が重要です。
・タスクによる難易度を考慮すると、コミュニケーションには3段階のスキルレベルがあると考えられます。第1に「Explanation(説明)」、第2に「Analysis(分析)」、どして第3に「Dialogue(対話)」です。

○これから一週間の予定:
12/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

本日(12/18)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)

私市で13回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
9/25
以来3ヶ月ぶりの開催です。
前回は、夏の暑さがぶり返してきたころでしたので、秋を通り越してしまった感じです。
季節はすっかり冬、そして、昨日はこの冬一番の冷え込みとなりましたが、今日は最高気温が13℃、しかも空にはほとんど雲がない好天に恵まれて、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました♪
そんな中ではありますが、好天に恵まれて、ノルディック・ウォーキングが楽しめそうです♪
今回の参加者は経験者1名です。前回は「星のブランコ」でしたが、今回は「くろんど園地」コースを歩きました。

今回は、
私市駅⇒尺治川沿い⇒月輪の滝のそば⇒すいれん池⇒くろんど池休憩所⇒第一キャンプ場⇒くろんど池休憩所⇒尺治川沿い⇒私市駅
のコースを歩きました。

これまでは「くろんど池休憩所」までしか歩いてきませんでしたが、今回初めて「第一キャンプ場」まで足を運びました。
まだまだ私市にも歩けるところが残っています。

川沿いの道(往路)
(Riverside road (forward pass))
Cimg1835

Cimg1837

Cimg1838

第一キャンプ場前
(In front of First campsite)
Cimg1839

川沿いの道(復路)
(Riverside road (return path))
Cimg1843

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年12月17日 (土)

本日(12/17)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で114回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
10/22
以来ほぼ2ヶ月ぶりの開催です。
今年は寒くなるのが遅かったとはいえ、師走に入り季節はもう冬まっただ中。
この一週間ほどで急に寒くなり、当日は枚方の最低気温が-0.5℃とこの冬一番の冷え込みとなりましたが、好天に恵まれて絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました♪
今回の参加者は経験者1名+初心者2名です。枚方公園駅前でウォーミングアップをした後、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒淀川土手⇒水面廻廊⇒淀川河川敷⇒関西医大枚方病院前

のコースを歩きました。
下流に向かって歩いている間は少し向かい風がありましたが、日差が出ると思ったよりも暖かく(12時頃の気温は約11℃)、気持ちよくノルディック・ウォーキングが楽しめました♪

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg1815

Cimg1817

淀川の河川敷から淀川の土手へ
(
From the river bed of Yodo-river to banks of the Yodo-river)
Cimg1818

水面廻廊を歩きます
(Walking along water corridors)
Cimg1819

桜町の交差点でシグナルストレッチ
(Stretching at the signal of Sakuramachi intersection)
Cimg1820

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg1821

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2016年12月11日 (日)

この一週間(12/5~12/11)

◆世間では:
・韓国・朴大統領の弾劾訴追案可決:いったい、今、北朝鮮が何らかのアクションを起こしたら、どう対応するつもりなのでしょう???

◆個人的には:
・やっぱりというか何というか・・・鞄がそろそろ限界のようです。もう、3年ほど前から悲鳴を上げていますが、新調するしかないかな?

○主な出来事:
12/8() MCEI大阪支部 201612月度 定例会(大阪)

○本:「ライフ・シフト」リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット 著、池村千秋 訳(東洋経済新報社)
・人生で多くの移行を経験し、多くのステージを生きる時代には、投資を怠ってはならない。新しい役割に合わせて自分のアイデンティティを変えるための投資、新しいライフスタイルを築くための投資、新しいスキルを身につけるための投資が必要だ。
・人々は人生で移行を繰り返す結果、生涯を通じて高度な柔軟性を維持するようになる。進化生物学で言う「ネオテニー(幼形成熟)」のようなものだ。・・・大人になっても思春期的な特徴を保ち続けて、高度な柔軟性と適応力を維持することにより、一定の行動パターンにはまり込むのを避けるのだ。
・ライバルより優位に立つために、スキルや知識は模倣困難なものでなくてはならない。そしてもう一つ、機械によって代替されにくい必要もある。テクノロジーの進歩により、この最後の条件を満たすことがとりわけ難しくなりつつある。
・自分と世界についての認識に新しい情報を加えるだけなら、誰でもできる。変身資産を積極的に築こうとする人がほかの人と違うのは、単に情報を加えるだけでなく、自己認識と世界の見方を変更することだ。その結果として、自分についての理解が広く深くなり、いくつもの要求と不確実性に対処する能力が高まる。
・具体的には、有益な基礎スキルを身につけ、オンライン上で評判を確立するという形で、生産性資産を築く。・・・多様性のある人的ネットワークは、アイデンティティを変えていくうえで不可欠なものだ。
・このシナリオで見落としてはならない重要な要素の一つは、アイデンティティだ。人生で多くのステージと多くのキャリアを経験するようになれば、そのすべてを貫く一本の柱をいっそうしっかりもつ必要が出てくる。
・マルチステージの人生が普通になり、人生でさまざまな活動を経験する順序が多様化すれば、「エイジ」と「ステージ」がかならずしもイコールでなくなる。エイジとステージが切り離されるにともない、以前は特定の年齢層に特有だった要素が幅広い年齢層で見られるようになる。マルチステージの人生を生きるためには、これまで若者の特徴とされていた性質を生涯通して保ち続けなくてはならない。その要素とは、若さと柔軟性、遊びと即興、未知の活動に前向きな姿勢である。
・長寿化の議論では、所得や貯蓄の問題ばかりが注目を浴びているが、真の試練は、長い人生を支えるのに必要な無形の資産をどのようにマネジメントするかという点なのだ。

○これから一週間の予定:
12/17() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
12/18() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2016年12月 4日 (日)

この一週間(11/28~12/4)

◆世間では:
IR法案:カジノ法案と勝手に名称を詐称したり、依存症だ賭博だというのであれば、どうしてパチンコが野放しにされているのか不思議に思わないのでしょうか?それとも、パチンコ業界保護のためだということは暗黙の了解?
私もいろいろと知っている訳ではないですが、ラスベガスのように成功しているところはIRだけではなく、MICEも併せた施設が中心になっているように思うので、IR法案ではなく、IRMICE法案として再設定できればと考えてしまいます。

◆個人的には:
・「2016年の11月から12月へ」でも書きましたが、先月、車いすバスケの応援に行って、恥ずかしながら、初めて普通のバスケのルールを知りました。。。
24
秒ルールや攻撃エリアにボールを運んだ後に自陣にボールを戻してはいけない、等も・・・でも、どうしてこのようなルールはサッカーにはないのでしょう?
サッカーでも、例えば5分以内にシュートを打たないと相手ボールになるとか、自陣のボールを戻してはいけないようにルールを改正してもいいのでは?(とサッカーもバスケもわかっていない者の戯言です)

○主な出来事:
特になしです。

○本:「本当の自分を見つける文章術」ブレンダ・ウェランド 著、浅井雅志 訳(アトリエHB
・ゆっくりものを見て考えることこそ想像力なのです。思念が流れ込むに任せるのです。・・・何でもすばやく、きびきびと効率よくやっていると、そのうちあなたはうんざりして想像力は枯渇します。独自の考えが生まれ、育ち、ゆっくりと輝き放つだけの時間がないからです。
・私は、子供時代の思い出を、思いつくままに出来具合の配慮などせずにできるだけ早く、いい加減に書くように勧めます。・・・覚えていることを思うがままに、衝動的に書くこと、それが唯一の目的になります。・・・子供は真の自己で(創造的に)物事を経験します。理論的な自己、すなわちこうあらねばならない自己で(義務的に)経験するのではありません。だからこそ子供時代の経験は一番生き生きと輝いていて、そして真実なのです。
・真実を書くとはどういうことなのでしょう。それは、慎重さや気取り、お上品やわざとらしい残酷さといった表皮を引き剥がし、あなたが本当に感じることを率直に書くことです。これが理解できなければ、自然に、無頓着に、衝動的に、誠実に、毎日日記をつけることです。そのうちに、日記や手紙だけでなく、フィクションにおいても真の自己から書けるようになるでしょう。
・私は日記をつけることで書くのが好きになりました。・・・そして私のなんたるかを教えてくれました。自分の中の何を尊び、愛し、また何を捨てるべきかを。・・・私は日記をつけることから多くのことを学びました。しかし、もし毎日のささいな発見を書き留めていなかったら、こんなにうまく学べなかったでしょう。だから、もし何か書きたいのであれば、日記をつけることから始めてみてはどうでしょう。
・私は書く前に本全体の構成を考えるなんてことはしません。まず書き、後で構成を考えるのです。なぜかというと、言葉は自由に、意味を担って出てこなければならず、あなたが考えることを読者に伝えなければならないからです。これができれば本は生きてきます。
・なぜ私たちはこうしたことをしなくてはならないのでしょう。創造力を使って書いたり描いたり演奏したり、ということを。それは、人間が寛容になり、生き生きと喜びに満ちた、率直で共感的な存在に、あるいは、戦いや金儲けなどに無関心な存在になるには、創造力を使う以上にいい方法はないからです。

○これから一週間の予定:
12/8() MCEI大阪支部 201612月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
12/10() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)

2016年12月 2日 (金)

2016年の11月から12月へ

♪このひと月・・・米大統領にトランプ氏、韓国・朴槿恵大統領側近逮捕・・・何となく暗い気持ちのまま終わったひと月でした。

◆個人的には:

・今月は、ふれあいマラソン(11/3)と車椅子バスケ(11/5)でチャレンジドの方々と1週間の間に2度触れ合う機会を持てました♪実は、大阪マラソン(10/30)でも車いすの部があったので、1週間に3度ということになります♪いずれは、これが当たり前の日常になればいいと思います♪

ということで、今月のテーマは車椅子バスケです。

リオ・パラリンピックでもテレビ放送等があり、ほとんどの方が既にご存知のことなのかもしれません。
しかも、そもそもバスケのルールをほとんど知らずに、車いすバスケを応援に行った自分が恥ずかしくて仕方がないのですが・・・
というのも、以下のルールが普通のバスケと同じだということも、実は、今回車いすバスケの応援に行って、初めて知ったのです。。。
 ・攻撃側はボールを保持してから24秒以内にシュートを打たなければならない
 ・攻撃側は8秒以内にボールをフロントコート(攻撃エリア)に運ばなければならない
 ・5秒以内にプレーを開始しなければならない(パス・ドリブル・ショットの開始、スロー・イン、フリースロー)
 ・フリースローラインの内側に3秒以上とどまってはならない
しかし、車椅子バスケが通常のバスケと異なるのは、以下のルールがあること、すなわち、
 ・障がいの程度によって各選手に持ち点が設定され(クラス分け)、持ち点の合計が常に14点以内となるようにチーム編成しなければいけない
ということ。
持ち点は、クラス1.0点(腹筋、背筋が機能せず、座位バランスを取ることができない)からクラス4.5点(両手を上げて、両方向に車いすを大きく傾けることができる)まであり、プログラムには各選手の持ち点も記載されています。
試合に慣れて、余裕が出てきたら、出場している選手のクラスをもとに、より応援することができるようになりました♪(初めは24秒ルールさえ知らなかったのですが・・・)

来年2月には、「国際親善 車椅子バスケットボール 大阪大会」が開催されます。皆さんも応援に行きましょう♪

11月のイベントへの参加は以下の4件でした♪
マスターズ陸上の競技シーズンが終わり、ボランティアの季節となりました。
11/3(木・祝) 淀川河川公園「ふれあいマラソン」(大阪・枚方)(ボランティアスタッフ)
11/5() 27回 全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会(兵庫・グリーンアリーナ神戸)(応援)
11/10() MCEI大阪支部 201611月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/category/1284088.html
11/23(水・祝) 3回 ひらかた市民オリンピック(大阪・枚方)(ボランティアスタッフ)
http://hirakata-taikyo.org/sc/2016hirakata-olympic.pdf

11月のノルディック・ウォーキングのイベントは以下の2件でした♪
雨天等で枚方のイベントができなかったのは残念ですが、来月以降は(寒くなりますが)楽しんで歩いていきたいと思います。
11/6() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
11/12() Hi ship! Project 「淀川de大調査」(大阪)

◆今月のことば:「建築というのは絵や彫刻と違って、使われなくなったら死んだも同じで、静態保存があり得ない文化財なんですね。そう考えると近代建築の最大の敵は、自然災害ではなく、戦争でもなく、現代人の経済感覚であると。」(「ぼくらの近代建築デラックス!」万城目学・門井慶喜 著(文春文庫)より)

12月の予定:
12/3()12/17()12/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
12/4() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
12/8() MCEI大阪支部 201612月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
12/10() 東宇治スポーツクラブ・ノルディック・ウォーキング教室(京都・東宇治コミュニティセンター)
12/18() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31