無料ブログはココログ
フォト

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

この一週間弱(3/21~3/26)

◆世間では:
森友学園問題:まさに「日本の国会は「国民の命」より「国有地」」が大切のようです。。。

◆個人的には:
・ビジネス用の靴の底がツルツルになってしまい、メーカーでは交換できないため、新しい靴に買い替えました。これまで履いていた靴も何とか底の交換ができないか当たってみますが、まずは心機一転です♪

○主な出来事:
特になしです。

○本:「闘戦経」家村和幸 編著(並木書房)
・古代シナの「戦い」の兵法や西欧の「征服」の兵法が、いずれも「在る(実在)」ということを出発点とし、こうした既得のものを維持することを目的とする国家観に根ざしているのに対し、日本の兵法は「成る(生成)」ということを出発点とし、これをさらに発展させていくことを目的とする国家観を基礎としている。
・「孫子」の兵法が、戦いの基本を「詭」(偽り、騙すこと)として、「奇と正」の策略を奨めたのに対し、『闘戦経』を貫く指導原理は「誠」であり、「真鋭(しんえい)」である。
・シナ兵法の「兵道は欺くことである」と言うこと自体が人を欺いている。偽り欺くことは天の理に合せず、最終的な勝利を収める手段にはならない。日本の「武」の教えである真鋭こそが、最後には敵を制するのである。
・「孫子」によれば、戦いとは敵を欺く駆け引きである。・・・が、小部隊同士であればいざ知らず、国家間であれば群雄割拠、戦乱の巷となるを免れない。つまり孫子とは戦国の世における覇者のための兵法なのである。
・我が国の長い歴史の中で楠公こそが『孫子』と『闘戦経』を表裏一体に学び、それを戦場で実践できた唯一の武人であった。
・平和な時代にこそ、戦というものを常に考え、それに備えていないと、やがて国家は滅びてしまう。そこに武士道の価値があり、その精神の根底をなすものは、『孫子』ではなくあくまでも『闘戦経』なのである。

○これから一週間の予定:
4/1() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2017年3月20日 (月)

この一週間とちょっと(3/13~3/20)

◆世間では:
森友学園問題・豊洲市場移転問題:そもそもどうしてこのようなことが問題にならなければならなかったのか・・・そこからが、私にはよくわからないでいます。

◆個人的には:
・仕事用のPCのバッテリーがやられてしまい、アダプター繋がないと使えない状態です。。。入れ替えにはちょうどいい時期ということでしょうか?

○主な出来事:
3/14() 枚方体育協会 ノルディック・ウォーキング教室(大阪・枚方)

○本:「サイコパス」中野信子 著(文春新書)
・サイコパスは尊大で、自己愛と欺瞞に満ちた対人関係を築き、共感的な感情が欠落し、衝動的で反社会的な存在です。また、無責任な生活スタイルを選択するといった傾向があります。・・・もちろん・・・すべてのサイコパスが悪人であり犯罪者予備軍というわけではありません。
・他人が「悲しんでいる」「苦しんでいる」目つきを見て、サイコパスは「自分自身が共感する」ことはないけれども、他人がそのような心理状況に置かれているということを読み取ることは得意。・・・共感には感情を伴う「熱い共感」と、計算ずくの「冷たい共感」がある・・・サイコパスには冷たい計算はあっても、熱い共感はない。
・サイコパスは脳の「扁桃体」と呼ばれる部分の活動が一般人と比べて低いことが明らかになっています。・・・「サイコパスは扁桃体の活動が低い」ということは、恐怖や不安など、動物が本来持っている基本的な情動の働きが弱い、ということです。
・脳の前頭前皮質のうち、眼窩前頭皮質と内側前頭前皮質の両方の機能が低下していると、反社会的行動の危険性が高まります。そしてサイコパスは、扁桃体と眼窩前頭皮質および内側前頭前皮質とのコネクティビティが弱いとされています。大まかに、扁桃体の異常は「感情の欠如」に関わり、前頭前皮質の異常またはコネクティビティの弱さは学習や自省、情動を抑えるといった「認知」に関わると考えられます。
・サイコパスは、非サイコパスの人間たちにとっては非常に厄介な存在です。しかし、人類という種の繁栄のためには必要だった――そういう個体が一定数いたほうが、マクロな視点から見れば、生存に有利なこともあったのかもしれません。人類はアフリカで誕生後、短期間に急速に分布域を拡げています。リスクを恐れず、未開の地への移住を試みた祖先たちの中には、サイコパスが存在したかもしれません。
・起業家としてのセンスは持っている勝ち組サイコパスも存在します。なぜなら彼らは、リスキーなことに踏み出す力があり、アイデアやビジョンを魅力的に語る能力に長けているからです。例えば・・・スティーブ・ジョブズは、世界でもっとも洗練された勝ち組サイコパスだったのではないかと考えられます。

○これから一週間弱の予定:
3/25() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
3/26() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2017年3月12日 (日)

この一週間(3/6~3/12)

◆世間では:
朴槿恵大統領、罷免決定:利を得ているのは反日勢力だということを考えれば、どうしてこうなったのかが、わかるのではないでしょうか?
東日本大震災から6年:私ことながら、ちょうどあの頃は、厳しい状況にあったので、感じるところ大です。

◆個人的には:
・ホワイトデーのお返し♪ようやく決めました、というか、ネットで適当(ではないけど・・・)に選んだものです。(ただ、間に合うかどうか気になるところです。。。)

○主な出来事:
3/9() MCEI大阪支部 20173月度 定例会(大阪)
3/11() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/311-00eb.html
3/12() 淀川寛平マラソン2017(大阪・枚方)

○本:「科学革命の構造」トーマス・クーン 著、中山 茂 訳(みすず書房)
・「パラダイム」とは、一般に認められた科学的業績で、一時期の間、専門家に対して問い方や答え方のモデルを与えるもの。
・専門家たちに共通した前提をひっくり返してしまうような異常な出来事を、この本では科学革命と呼んでいる。科学革命とは、通常科学の伝統に縛られた活動と相補う役割をし、伝統を断絶させるものである。
・通常科学の研究問題の最も著しい特徴は、それが概念であろうと現象であろうと、全く斬新なものを生み出す作用は全然しないということである。
・科学者は決して概念や法則や理論を抽象的なものとして、それ自身として学ぶものではない・・・むしろこのような知的な道具立てには、科学者は初めからその適用と共に、適用を通して示される歴史的、教育的なセットの中で遭遇するのである。

・どちらの場合(酸素及びレントゲンの発見)にも、変則性に気付いたことが――つまり、自分のパラダイムからは出てこないような現象に気付いたことが――革新性に気付く道に導く本質的役割をしたのである。

・新しいパラダイムの基本的発明を遂げた人は、ほとんど、非常に若いか、パラダイムの変更を促す分野に新しく入ってきた新人かのどちらかである。・・・明らかに彼らは、通常科学の伝統的ルールに縛られることがなく、これらのルールはもはや役に立たないから外のものを考えよう、ということになり易い。
・ニュートン力学からアインシュタイン力学への移行は、外から他の対象や概念の導入を含まないものであるから、特に科学者が世界を観る概念体系を置き代えるものとしての科学革命を明確に例示している。
・新しいパラダイムが、古いパラダイムから借りてきた要素を全く同じように使うことは稀れである。新しいパラダイムの下では、古い用語、概念、実験はお互いに新しい関係を持つことになる。その結果、適切な言葉ではないかもしれないが、二つの対立する学派間の誤解と呼ぶものに、不可避的に至るのである。

○これから一週間の予定:
特になしです

2017年3月11日 (土)

本日(3/11)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で116回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
今回は12/24以来、約2ヶ月半ぶりの開催となります。
冬の真っただ中の前回に対して、春の足音も聞こえてきた今回ではありますが、そして、天気予報では最高気温が12℃と少し暑いくらいかと心配するほどだったのですが・・・
実際にはむしろ肌寒いくらいで、私的には薄着をしてきたしまったことから少し寒かったのですが、運動するのにはちょうどいい気候に恵まれて、絶好のノルディック・ウォーキング日和となりました♪
今回の参加者は経験者1名です。枚方公園駅前でウォーミングアップをした後、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒淀川土手⇒水面廻廊⇒⇒淀川河川敷⇒関西医科大学前⇒淀川資料館⇒鍵屋資料館⇒枚方公園駅

のコースを歩きました。
枚方公園駅周辺の淀川河川敷は、翌日開催される「淀川寛平マラソン」の設営や受付等でに賑わっていましたが、その様子を横目で見つつ、風は比較的強かったのですが、追い風に乗って気持ちよくノルディック・ウォーキングが楽しめました♪

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg3065

Cimg3066

枚方宿の鍵屋資料館
(Kagiya Museum at
an old inn town Hirakata)
Cimg3067

今回も無事に終了できました。
ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2017年3月 5日 (日)

この一週間(2/27~3/5)

◆世間では:
米アトランタの慰安婦像、設置許可せず:ようやくです。これからです。これからは見て見ぬふりをしないで、言うべきことを言っていきましょう。
かまやつひろしさん逝く:また、大きな方がいなくなってしまいました。

◆個人的には:
・トーマス・クーン氏の「科学革命の構造」を英語で読もう、と思っていたら、いつの間にか「科学哲学への招待」(野家啓一著)を読んでいます・・・しばらくは「科学哲学」の旅が続きそうです♪

○主な出来事:
3/4()近畿マスターズ駅伝(大阪・長居)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/226-ed5b.html

○本:「生きがいの喪失の悩み」ヴィクトール・E・フランクル 著、中村友太郎 訳(講談社学術文庫)
・人間存在はいつも自己自身を超えて、二度とそれ自身ではないなにものかを――なにものかあるいは誰かを――指し示しているという事実・・・それを成就することが肝要であるひとつの意味、あるいは私たちがそこで愛しつつ出会う他の人間存在を指し示しているのです。
・人間はもともと、自己自身を忘れ、自己自身を無視する程度に応じてのみ、自己自身を実現することができるのです。
・意味を成就することによって、人間は自己自身を実現します。ところで、苦悩の意味を成就するとすれば、私たちは人間の中なる最も人間的なものを実現します。私たちは円熟し、成長し、自己自身をしのぐ(かつてない成果を示す)のであります。
・たしかにどのような病気にもその「意味」がありますが、しかしある病気のほんとうの意味は・・・むしろ、いかに苦悩するかというところにあります。
・人間にとって、その現存在において問題なのは、快楽や権力ではなく、また自己表現でもなく、むしろ意味の成就であります。
・人間は、生きているかぎりは、何らかの意味を信じています。自殺者さえもが、生きること、生き続けることについてのではなくて死ぬことについてではありますが、意味を信じています。
・(解説より)フランクルによれば、「幸福」も「自己実現」も、本来は人間精神がほかの何か――みずからの仕事や人生で成し遂げるべき使命、愛する誰かなど――に向けられた結果、自然と手に入ってくるものである。それなのに、それを直接追い求めると・・・うまくいくことはなく、心は空虚と化してしまう。

○これから一週間の予定:
3/9() MCEI大阪支部 20173月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
3/11() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
3/12() 淀川寛平マラソン(大阪・枚方公園)
http://kanpei-marathon.jp/

2017年3月 2日 (木)

2017年の2月

♪このひと月・・・「金正男氏暗殺」:本当に暗殺されたのか?暗殺したのは北朝鮮なのか中共なのか?不明な点が残りつつも、兎にも角にも大きな事件でした。

◆個人的には:
・今月から「月曜日は休肝日」を実施しています。これまでは何とか守れています♪
・世間では「プレミアムフライデー」が働き方改革の目玉だとのことですが、私的には「金曜日は在宅勤務」を定常化したいと考えています♪

今月は話題らしい話題はないのですが、先月より事あるごとに「万年筆を使いたい♪」と言っていたのを、ようやく実現に結びつけました。
ということで、今月は「万年筆」について、ほとんど私の勝手な思いではありますが、書かせていただきます。

現在、購入して(今のところ)毎日使用している万年筆が、以下の2本あります。
 ①ペリカン スーベレーン M400 緑縞(M 中字)
 ②ペリカン クラシック M205 マーブルブルー(FP極細字)
ところで、どうして「万年筆を使いたい♪」などと、突然思うに至ったのだろうか・・・

と、改めて考えてみたところ・・・思い出しました。正確なことは覚えていないので、「たぶん」という限定付きではありますが、
小学生の高学年から大学時代頃まで、万年筆を使っていたことを思い出しました。
パイロットの万年筆であることは覚えているので、確か「エリート」だったような?ということで、検索してみたら、
今は「エリート95S」という万年筆があるようですが、「エリートS」という万年筆が昭和43年発売とのこと。
何となくこれなのか?これだと、だいたい合ってる・・・
http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/fountain/elite95s/
と思っていたのですが、「色が違う?」などと違和感を覚えていると、他に「E-300」という万年筆もあったとのこと。
何となく、こっちの方がそれらしいかもしれません。
いずれにしても、現物はもう出てこないので、想像するしかないのですが、万年筆を使いたいと思った理由は、
結局は昔の感覚をもう一度味わいたい、ということであったようです。

ちなみに、それを実行に移すのを最後に背中を押してくれたのは、実は今年の年賀状の返事で送られてきた寒中見舞い。
宛先(=私)を万年筆で書かれていたのが、とても素敵だったから。
当然のことながら、幸せなものではなかった訳ですが、そんなことから、今に至っている次第です。

まず買ったのは①のM400M 中字)なのですが、万年筆ってこんなに柔らかくて、太い字が書けるものとは思っていませんでした。
(知らないからこそ買えたようなものですが、試し書きなどしていたら、たぶん買っていなかったかもしれません)
今でも日記はこれで付けているし、署名等もこれを使って書いているのですが、手帳をこれで書くにはとても無理(買ったばかりの頃は買いていたのですが)・・・
ということで、①を買った直後であるにも拘わらず、②のM205FP極細字)を買って手帳用に使用することにしました。
ちなみにどちらもインクの色はブラックブルーです。本当は②のM205FP極細字)はターコイズかロイヤルブルーにしたかったのですが、タイミングが合わなかったため。

しかも、その時は「万年筆はインクを混ぜたらだめ」だということすら知らずに、適当は時期に替えればいい・・・などと呑気なことを考えていたのですが・・・
インクを替えるとなると、洗浄するなどして、結構大変だということを初めて知りました。

そのため、いずれはM400FP極細字)をターコイズ用に買おうと画策しています。(その次はM200FP極細字)をロイヤルブルー用にでしょうか?)

結局、まだ、使い始めてから1か月も経っていないにも拘わらず、既にどっぷりとつかってしまっています(^^)/

2月のイベントへの参加は以下の2件でした♪
2
月はプライベートよりも仕事の方が少し忙しかったかもしれません。
2/10() 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会(応援)
2/11(土・祝) 大阪マスターズ陸上競技連盟 平成29年度通常総会(大阪)

2月のノルディック・ウォーキングのイベントは以下の1件でした♪
ようやく寒さも和らいできましたので、これからはもっと、楽しんで歩けそうです。
2/26 () ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/226-ed5b.html

◆今月のことば:「「人が仕事をしていないとき、その理由は2つしかない。単にそれができないのか、やろうとしないのかのいずれかである。つまり、能力がないか、意欲がないかのいずれかである。」・・・つまりマネジャーのやるべきことは部下の教育とモチベーションの向上だ。他にマネジャーがなすべきことはない。」(「HIGH OUTPUT MANAGEMENT」アンドリュー・S・グローブ 著、小林 薫 訳、ベン・ホロウィッツ 序文(日経BP社)より)

3月の予定:
3/4()近畿マスターズ駅伝(大阪・長居)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
3/5() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
3/9() MCEI大阪支部 20173月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
3/11()3/25() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
3/12() 淀川寛平マラソン(大阪・枚方公園)
http://kanpei-marathon.jp/
3/26() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31