無料ブログはココログ
フォト

« 2017年の5月 | トップページ | 第31回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) »

2017年6月 4日 (日)

この一週間(5/29~6/4)

◆世間では:
天安門事件から28年:本来ならこの時点で終わっていた中共・・・我が国の無能な指導者のために生き延びさせてしまったことは、世界に詫びなければならないでしょう。。。
とりあえずは、世界中の記憶に残すべく。

◆個人的には:
・一言では表現できないのですが、今週はいろんなことを初めて経験させていただきました。まだまだ、経験すべきことはあるものです♪

○主な出来事:
特になしでした。

○本:「アジアの終わり」マイケル・オースリン 著、尼丁千津子(徳間書店)
・不安定な状態が高まっている直接の原因は単純なことだ。要は、中国が力をつけるにつれ、強制的ともいえるほど他国への押しが強くなったからである。
・中国政府が2006年に採用した「自主創新」政策は・・・この知的財産の窃盗と大差ない政策は、中国企業にまず外国企業と手を組むよう促している。・・・アメリカと中国の合弁事業も、企業秘密や技術の不正入手や、ライバルを市場から排除するために利用されてきた。
・危険なのは、日本の政府と社会がどちらも難しい決断を先延ばしにしていることだ。・・・だが、こうした前例のない難問はチャンスでもある。問題は日本の社会や、政治の指導者たちに革新的な手段を取る勇気があるかどうかだ。
・日本の病の根本的な原因はいたって単純だ。要はこの国の指導者たちが、国の経済が回復して日本が国際社会で重要な役割を果たすといった将来の展望を実現できる証を国民に示せなかった、ということである。
・中国の問題点の最大要因は、周辺国を威嚇したり、国民を抑圧したり、あるいは国際秩序を乱そうとする国・・・を常に支援して、周囲の疑惑を招くことである。
・中国はインド太平洋地域で今もなお親しい友がほぼいない状態が続いている。・・・何とも皮肉な状況である。
・アジアにおける長期的な戦略は、自由化と民主主義を推進し、育むことである。インド太平洋地域では民主主義国家の共同体が優勢となってようやく、長く続く真の安定がもたらされる。

○これから一週間の予定:
6/8() MCEI大阪支部 20176月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
6/11() 31回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪・長居)
http://omaa.jp/topics/2017/05/post-52.html

« 2017年の5月 | トップページ | 第31回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286845/70766148

この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(5/29~6/4):

« 2017年の5月 | トップページ | 第31回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31