無料ブログはココログ
フォト

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

2017年

2017年の漢字には「北」が選ばれました(財団法人日本漢字能力検定協会)。(以下、2位「政」、3位「不」だとのこと)
「北」朝鮮の動向に脅威と不安を再認識した他、九州「北」部の記録的豪雨や「北」海道日本ハムファイターズに注目が集まったことなどが理由だそうです。

私は年初に今年は「空」の年にしたいと言いました。「何物にも執着せず、すべての囚われから離れた」状態(境地)である「空」(くう)とともに、キャリア等でこれまでに溜まってきたものを一旦「から(空)っぽ」にすることを目指したものです。
新しい価値の創造に向けての礎を築くにはいたっていませんが、15年以上愛用したカバンを新調する等、新たなものが入る余地を作れた一年であったと感じています。また、「空」と言えば「月」や「星」。新月の願いと満月の振り返りを始めたり、「木星」→蠍座や「土星」→山羊座への移動を味方につける(?)等、「空」に縁のあった一年でもありました。
一方で、「北」の大地とは縁がなかったものの、今年もノルディック・ウォーク(「北」欧歩術)の指導等を、大阪府ノルディック・ウォーク連盟大阪中央「北」支部を中心に継続し、初めて「日本ノルディック・ウォーク学会」に参加してきました♪

このように、今年は「空」(と「北」?)の年だったと思っていますが、さらに高い状態に達するために、来年は「待」の年にしたいと思っています(詳しくは年が明けてから)。

◆私にとっての今年の10大ニュース
・家族のこと(2件:詳しくは書きませんが・・・)
・仕事のこと(1件:詳しくは書きませんが・・・)
・ウォーキング研究に論文が掲載されました
・日本ウオーキング協会の公認指導員となりました
・カバン、通勤シューズ、万年筆を新しくしました
・西洋占星術の勉強を再開し、新月の願い・満月の振り返りを実施しています
・寺社巡り、特に聖天さま信仰を始めました
・世界陸上及びユニバーシアードの競歩で日本選手が複数メダルを獲得しました
・桐生選手、日本人で初となる100m走9秒台

◆今年読んだ本の中で印象に残った10冊(読んだ順)
・「仕事なんか生きがいにするな」泉谷 閑示(幻冬舎新書)
・「開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。」長崎 洋二(河出書房新社)
・「日本人が知らない洗脳支配の正体」高山 正之、馬渕 睦夫(ビジネス社)
・「場所による開運占星学―アストロカートグラフィ&サイクロカートグラフィ」真弓 香(太玄社)
・「「運のいい日」がわかる本」柳川 隆洸(日本実業出版社)
・「ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人」ケント・ギルバート(PHP新書)
・「激動の日本近現代史 1852-1941」宮崎 正弘、渡辺 惣樹(ビジネス社)
・「日本を救う最強の経済論」高橋 洋一(育鵬社)
・「Never Let Me GoKazuo IshiguroFaber & Faber
・「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」佐藤 航陽(幻冬舎)

◆今年は、以下の3つのレースに出場しました。
1.
31回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(6/11):5000mW 291208 M55クラス1
2.
33回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(8/5):3000mW 173069 M55クラス1
3.
38回全日本マスターズ陸上競技選手権大会(10/28):5000mW 300486 M55クラス2

◆今年は以下のノルディック・ウォーキング体験会を開催・参加しました。
・関西ノルディック・ウェルネス:枚方体験会:6回、私市体験会:7
・ノルディック・ウォーク&八軒家浜市:7
・枚方体育協会ノルディック・ウォーキング教室:4

今年もお世話になり、ありがとうございました(^_^)/
2018
年もよろしくお願いいたします♪

2017年の12月

♪このひと月・・新幹線・重大インシデント、リニア入札談合、貴乃花降格・・・まだまだ、見えないところで何かを決めてしまおうとする体質は残ったままなのでしょう。。。当事者は、文化や伝統だと解釈しているのかもしれませんが。

◆個人的には:
2017年がもうすぐ終わろうとしており、今年の振り返りをしているところですが、今年は年初に「空」の年にしたいと言いました。
そこで、ここでは、「空」が歌詞にある歌謡曲について振り返ってみたいと思います。と言っても、システマティックに解析した訳でも何でもなく、思いついたままに書き出してみると、以下の歌詞が思い起こされました。

・「空がのこる まっ青な空が あれは夢?力?それとも恋」
・「わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでもひとりでも 死にはしないと」
・「空よ 水色の空よ 雲の上に 夢をのせて」
・「あつい生命(いのち)にまかせて そっとキスしていい 空も海もみつめる中で」
・「なつかしいふるさとの 青空を思い出す 大好きよあのひとが だけど声に出して言えない」
・「お空の風をもらってかえって 暗い霧を吹きとばしたい」
・「幸せは雲の上に 幸せは空の上に」
・「乾いた空を 見上げているのは誰だ おまえの目に 焼きついたものは化石の街」
・「オーロラの空の下 夢追い人ひとり 風の姿に似て 熱き心 きみに」
・「青空が好きで 花びらが好きで いつでも笑顔の すてきな人なら」
・「なぜだかあの手を するりとぬけた 小さな夢がしぼむ どこか遠い空」
・「アー夢よ よき友よ おまえ今頃どの空の下で 俺とおんなじ あの星みつめて 何想う」
・「あー果てしない 夢を追い続け あーいつの日か 大空かけめぐる」
・「気がつけば いつか雨は止み 雲の切れ間から 青空がのぞいてた」
・「朝の空を見上げて 今日という一日が 笑顔でいられるように そっとお願いした」
・「果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう」
・「大空に飛ばした靴 占った明日の行方 描いてた未来じゃないが 君がいるかけがえのない日々 それは奇跡」
・「悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある さあ行こう 振り返らず走り出せばいい 希望に満ちた空へ」
・「地上にある星を 誰も覚えていない 人は空ばかり見てる」
・「空よ風よ聞かせてよ 私は誰に似てるだろう 生まれた国 育つ国 愛する人の国」
・「繰り返すあやまちの そのたびひとは ただ青い空の 青さを知る」
・「乾いた空に続く坂道 後姿が小さくなる 優しい言葉探せないまま 冷えたその手を振り続けた」

それぞれ、以下の曲(歌手)となります。:『虹と雪のバラード』トワ・エ・モア、『誰もいない海』トワ・エ・モア、『空よ』トワ・エ・モア、『17才』南沙織、『ともだち』南沙織、『遠い世界に』五つの赤い風船、『上を向いて歩こう』坂本九、『出発の歌』上条恒彦と六文銭、『熱き心に』小林旭、『戦争を知らない子供たち』ジローズ、『赤い風船』浅田美代子、『我が良き友よ』吉田拓郎、かまやつひろし、『大都会』クリスタルキング、『風と雲と私』熊谷幸子、『365日の紙飛行機』AKB48、『大空と大地の中で』松山千春、『雨のち晴レルヤ』ゆず、『栄光の架橋』ゆず、『地上の星』中島みゆき、『麦の唄』中島みゆき、『いつも何度でも』木村弓、『夢をあきらめないで』岡村孝子

もちろん、これ以外にも、いろいろあることでしょうが、このような歌詞を口ずさんでみると、何とはなく、「空」は「夢」と結び付くことが多いような気がします。(というよりも私がそのような歌を好んでいるだけ?)

12月のイベントへの参加は以下の1件でした♪
今年は、例年よりも忘年会の数が多かったためか、1件のみでした。
12/14() MCEI大阪支部 201712月度 定例会(大阪)

12月のノルディック・ウォーキングのイベントは以下の2件でした♪
寒い中ではありましたが、ノルディック・ウォーキングを楽しめました♪
12/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
12/23() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/1223-43e0.html


◆今月のことば:「・・・imagined this was the spot where everything Id ever lost since my childhood had washed up, and I was now standing here in front of it・・・」(Kazuo Ishiguro 著「Never Let Me Go」(Faber & Faberより)
※先月は、「8割ほど読んだところです。こっちは若いですね・・・電車で読んでいると恥ずかしくなってきます。。。」と書きました。
実際、その時点では(たぶん「第十九章」の途中だったと思います)、何が言いたいのかよく解らなかったのですが、その後、使命を全うした大切な人たちとの別れが続き、そして物語が終わるところでは・・・
「ロストコーナー」とは亡くした大切な人に出会える場所だったのだということ、そして、それは実際の場所である必要はないこと・・・
そういったことを伝えたかったのだろうと、ようやく納得でき静かに感動に浸っていました。(勝手な解釈かもしれませんが・・・)
取り扱っているテーマがテーマであるだけに、他の小説以上に、人それぞれでいろんな読み方ができるのだろうと思っています。
(私としては、読み進むにつれて(むしろ読み終わった後にも)「神風特攻隊員」のことが想起されて仕方がないのですが・・・)

1月の予定:
1/7() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
1/8(月・祝) 「新春走ろう会」ひらかたハーフマラソン(大阪・枚方)(ボランティア)
http://hirakata-taikyo.org/hhm/
1/11() MCEI大阪支部 20181月度 定例会(大阪)

http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
1/13()27() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
1/21() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

この一週間(12/25~12/31)

◆世間では:
【日韓合意検証発表】:「韓国は今回、二重の意味で墓穴を掘った。原則として、30年間非公開とされる外交文書をわずか2年で公表したことで、約束や秘密を守れない国であることを自ら露呈した。さらに韓国政府として、慰安婦が性奴隷ではないと認めていたこともバレてしまった。」(12/30の「産経抄」より)⇒まさに、その通りでしょう。

◆個人的には:毎年のことながら、今年中にすべきことを、本当に年内に終えられるか・・・と冷や冷やしつつ、何とか新年を迎えられそう
です♪

○主な出来事:
特になしです。

○本:「Option BSheryl Sandberg, asam Grant 著(Alfred A. Knopf
Now Scotty explained that in his forty years of helping people through loss, he has seen that “turning to God gives people a sense of being enveloped in loving arms that are eternal and ultimately strong. People need to know that they are not alone.”
He suggests that “the most powerful thing you can do is acknowledge. To literally say the words: I acknowledge your pain. I'm here with you.”
It helps us realize that doing a bad thing does not necessarily make us a bad person. Instead of thinking “if only I weren’t,” we can think “if only I hadn’t.” This is why confession in the Catholic religion begins with “Forgive me, Father, for I have sinned,” not “Forgive me, Father, for I am a sinner.”
Philosopher Søren Kierkegaard said that life can only be understood backward but it must be lived forward. Journaling helped me make sense of the past and rebuild my self-confidence to navigate the present and future.
As we get older, we define happiness less in terms of excitement and more in terms of peacefulness. Reverend Veronica Goines sums this up as, “Peace is joy at rest, and joy is peace on its feet.”
Of the hundreds of answers, most had one thing in common: the majority of regrets were about failures to act, not actions that failed. Psychologists have found that over time we usually regret the chances we missed, not the chances we took.
My conclusion was: “Believing it will all work out helps it all work out.”

○これから一週間ちょっとの予定:
1/7() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
1/8(月・祝) 「新春走ろう会」ひらかたハーフマラソン(大阪・枚方)(ボランティア)
http://hirakata-taikyo.org/hhm/

2017年12月24日 (日)

この一週間(12/18~12/24)

◆世間では:
岡田准一さんと宮崎あおいさん結婚 正式発表:だから何がどう変わるということはないのですが、枚方では最も大きなニュースだったかもしれません♡

◆個人的には:先週は練習で
お腹を冷やしてしまったようでしたが、今週は、情けないことながら、慣れないランの練習で左のふくらはぎを痛めてしまいました。。。ようやく普通に歩けるようになったところです♪

○主な出来事:
12/23() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/1223-43e0.html

○本:「3年の星占い 2018-2020」石井ゆかり著(文響社)
・「自分」をつくっているものは、すべて誰かとの経験のなかで培われた・・・私たちはつねに無意識に他者の息吹を吸収し、自分のものとしている。
・私たちはみな、複雑な環境に生き、さまざまなバックグラウンドを持ち、弱みや問題を抱え、人の助けを必要としている存在です。
・恋愛に限らず、何かを「好きだ」と思うことと、好きな対象と関係をつくることとのあいだには、ていねいで敏感な努力が必要となります。
2020年から2219年くらいまでは、「風の星座」の時代といえます。・・・風の星座は知性とコミュニケーション、自由と移動、理想と関係性の世界です。
2020年から、私たちの人生観や価値観は、少しずつ変わりはじめるのかもしれません。かつてのような物質的・経済的成功ではない、もっと別の理想が私たちの世の中を動かしはじめるのかもしれません。

○これから一週間の予定:
特になしです。今年の振り返りも来年の準備もしないと・・・

2017年12月23日 (土)

本日(12/23)のノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)

枚方で121回目の関西ノルディック・ウェルネス主催の体験会を開催しました。
11/25
以来、1ヶ月ぶりの開催です。
前回は、これから寒さが厳しくなる初冬での開催でしたが、今回は最低気温が氷点下となる本格的な冬となりました。
しばらくは日中もあまり気温が上がらない日々が続いたのですが、ここ数日は最低気温こそ氷点下となるものの、日中は比較的気温が上がる日が続いており、穏やかなノルディック・ウォーキング日和となりそうです♪
今回の参加者は経験者2名です。枚方公園駅前で集合後、ウォーミングアップをして、

枚方公園駅⇒淀川河川敷⇒関西医科大学前⇒淀川河川敷⇒淀川の土手⇒淀川スタジアム
のコースを歩きました。
12
月の後半は、冷たい風や吹きすさぶ雪に悩まされることもあるのですが、この日は比較的暖かく、下流から吹いてくる風も心地よく感じるほどで、ノルディック・ウォーキングを楽しむことができました♪

淀川の河川敷を歩きます
(Walking on the river bed of Yodo-river)
Cimg7803

Cimg7804

淀川の土手の上を歩きます
(
Walking on the banks of Yodo-river)
Cimg7808

淀川の河川敷から淀川の土手へ
(
From the river bed of Yodo-river to banks of the Yodo-river)
Cimg7809

今回も無事に終了できました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

なお、ノルディック・ウォーキングに関してご要望等がございましたら、筆者宛にメールまたはコメント等でお問い合わせいただければ幸いです。

2017年12月18日 (月)

この一週間(12/11~12/17)

◆世間では:
新幹線・重大インシデント:どうして小倉駅で発見された異常が、岡山駅でも新大阪駅でも看過されてしまったのでしょう?
薬剤師法第二四条には、「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによつて調剤してはならない。」という疑義照会の義務が規定されています。
疑わしいと判断された時には、声を上げて照会する義務があるということ。
このことは、全てのことについてあてはままるのではないでしょうか?

◆個人的には:先週の日曜日(12/10)にランの練習をした後、身体が冷えてしまったのか、しばらく
お腹の調子が悪い状態が続いていました・・・。一週間たって、ようやく正常に戻ったようです♪

○主な出来事:
特になしです。

○本:「お金2.0」佐藤航陽著(幻冬舎)
・持続的かつ自動的に発展していくような「経済システム」には・・・5つほど共通点があることに気がつきました。:①インセンティブ、②リアルタイム、③不確実性、④ヒエラルキー、⑤コミュニケーション、の5つです。
・安定性と持続性を考えると、さらに2つの要素を取り入れる必要があります。:①寿命、②共同幻想
・世の中に膨大なデータが溢れたことで進んでいく「自動化」と、ネットワーク型社会に移行することで起きる「分散化」という2つの大きな流れは、今後の10年間を考える上で非常に重要。
・この2つが混ざった時に起こる「自律分散」というコンセプトが、多くの産業のビジネスモデルを覆すことになると私は思っています。
・お金の重要性があまりにも強調されすぎてしまったため、お金にならないもの、財務諸表で資産として認識されないものはまるで無価値であるような扱いを受けてしまいます。・・・資本主義が考える価値あるものと、世の中の人の考える価値あるものの間に大きな溝ができており、それが多くの人が違和感を持つ理由です。
・今後は、可視化された「資本」ではなく、お金などの資本に変換される前の「価値」を中心とした世界に変わっていくことが予想できます。:「資本主義(capitalism)」ではなく「価値主義(Valualism)」
・実際は、世の中で使われている価値という言葉は3つに分類されます。①有用性としての価値」②「内面的な価値」③「社会的な価値」の3つ。
・資本主義の問題点はまさに①の有用性のみを価値として認識して、その他の2つの価値を無視してきた点にあります。

○これから一週間の予定:
12/23() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
12/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2017年12月10日 (日)

この一週間(12/4~12/10)

◆世間では:
米トランプ大統領エルサレム首都認定:「こうすればああなる」ということは当然推測できたはずだと思います。相手に引き金を引かせることが目的と思われても仕方がないのではないでしょうか?
奇しくも、この発言をしたのは128日。あの戦争は、我が国が引き金を引かされたものだったことを明らかにするいい機会のようにも思えます。

◆個人的には:
例年であれば、この時期には既に修正済の住所録なのですが、今年はようやく最新のものに更新することができました。
そして、このタイミングでカズオ・イシグロの「Never Let Me Go」を読み終えて、「旧住所録」はひとつの「ロストコーナー」(
Never Let Me Go」参照)だということをしみじみと感じました。
旧住所録の更新作業の半分は、亡くなった方や音信不通になった方を削除することであり、その過程でそれらの方々のことを、それらの方々との関係を、感謝の念を・・・思い出すことができたからです。


○主な出来事:
特になしです。

○本:「Never Let Me GoKazuo Ishiguro 著(Faber & Faber
「2017年の11月」には、「8割ほど読んだところです。こっちは若いですね・・・電車で読んでいると恥ずかしくなってきます。。。」と書きました。
実際、その時点では(たぶん「第十九章」の途中だったと思います)、何が言いたいのかよく解らなかったのですが、その後、使命を全うした大切な人たちとの別れが続き、そして物語が終わるところでは・・・
「ロストコーナー」とは亡くした大切な人に出会える場所だったのだということ、そして、それは実際の場所である必要はないこと・・・
そういったことを伝えたかったのだろうと、ようやく納得でき静かに感動に浸っていました。(勝手な解釈かもしれませんが・・・)
取り扱っているテーマがテーマであるだけに、他の小説以上に、人それぞれでいろんな読み方ができるのだろうと思っています。
(私としては、他に「神風特攻隊員」や「神の似姿としての人間」といったことも想起されました)
Kazuo Ishiguro
氏の小説は、これで2冊読んだこととなりますが、いずれも洋書なので半分くらいの理解なのにもかかわらず、こんなに主人公と一緒になってしまう感覚は、この歳になって初めて味わったものと言っても過言ではありません。(なお、白状しますと、いずれも洋書読了後に日本語訳を購入したのですが(答合わせ?)、「The Remains of the Day」は「六日目――夜」と「プロローグ」を読んだ時点で放置状態、「
Never Let Me Go」は最後の「第二十三章」を読んだ後、最初から読み進めて、今まだ「第十六章」を読んでいるところです。)
上記したことから、ハードカバーの「色彩を持たない・・・」を買って、読後にがっかりしたこととは好対照だったのですが(それ以降当該作者の本は読む気がしていません・・・)、賞を与える方々はちゃんと評価しているなぁって、改めて認識した次第です。

○これから一週間の予定:
特になしです・・・年賀状書かないと。。。

2017年12月 3日 (日)

この一週間(11/27~12/3)

◆世間では:
サンフランシスコ市の慰安婦像を市長が認めたことに対して大阪府が姉妹都市解消に踏み切ったことに加えて、慰安婦問題に関して、福岡市が釜山市に懸念伝達へ・・・もう黙認する必要はありません。

◆個人的には:
普段は夜にしか歩かないのですが、昼間に御堂筋を歩いてきました♪この季節のイチョウがこんなに綺麗だったことに改めて感動しました♭

○主な出来事:
12/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「デザイン思考が世界を変える」ティム・ブラウン著、千葉敏生訳(ハヤカワ文庫)
・制約がなければデザインは生まれえない。・・・最良のデザインは極度の制約の中で生まれることが多い。
・「デザイン思考家」の仕事とは、人々が自分さえ気付いていない内なるニーズを明らかにする手助けを行なうことだ。
私たちが他者の生活を「参考」にして新たなアイデアを生み出す際に、まず理解しなければならない点がある。一見すると説明不能な人々の行動が、厄介で複雑で矛盾した世界に対処するための人それぞれの戦略であるということだ。
・デザイン思考は芸術でも科学でも宗教でもない・・・つまるところ、デザイン思考とは、インテグレーティブ・シンキング(統合思考)を行なう能力なのだ。
・プロトタイプ製作の目的は、実用的な模型を作ることではない。アイデアを形にし、強みと弱みを明らかにし、より精巧で緻密な次世代のプロトタイプの方向性を明らかにすることだ。
・思考家は観察するが、偉大なデザイン思考家は「普通」を観察する。

・われわれは、重要な物事に気付かぬまま、生活の大半を送っている。・・・優秀なデザイン思考家は観察するが、偉大なデザイン思考家は「普通」を観察する。

○これから一週間の予定:
12/9() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

2017年の11月

♪このひと月・・・三菱マテリアルも東レも・・・いったいどうして?
一方で、天皇陛下譲位は平成31年4月30日 改元は5月1日:何かが変わりそうです♪(「
2017年の5月」にも書きましたが、1220日には土星が山羊座に入ります。着実に変わっていきそうです)


◆個人的には:
先月、カズオ・イシグロ氏の本(洋書)を2冊も注文してしまったことを書きましたが・・・The Remains of the Day」は読了。全てを理解できた訳ではありませんが(たぶん日本語の小説でも全てを理解できていない・・・)、50代も後半に差し掛かったためか、結構感動しています。今、「Never Let Me Go」を8割ほど読んだところです。こっちは若いですね・・・電車で読んでいると恥ずかしくなってきます。。。

先月、「貯筋」を話題にしたところ、食事でタンパク源を摂ることも大事ということとなり、それでは何がタンパク源として優れているか(要するに「肉」か「魚」か?)という議論となりました(内輪ですが)。
ということで、今月の話題は「タンパク源」です。

実は、私は「蛋白質を摂るなら肉、魚は不飽和脂肪酸も一緒に摂りたい時に食べて蛋白質は肉や大豆等で補う必要があるもの」と勝手に思い込んでいました。
ところが、実際に「肉より魚」の方がタンパク質が多いことの根拠となるデータを集めようとしたところ、得られるデータはほとんど全てと言っていいくらいに、
「魚の方が蛋白源としては優れている」
ということの証拠となるものでした。
実際には、いろんな方のブログや販売目的のHP等を拝見し、ほとんどが出典を明記していなかったように記憶していますが、結局は、文部科学省の「食品成分データベース」(最新のものは「日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年」に対応)(※1)を根拠としているようです。(当然といえば当然なのですが・・・)
そこで、主な魚介類及び肉類の、「蛋白質とカロリー(100gあたり)」を検索したところ、以下の結果となりました。

①くろまぐろ(赤身、生):26.4g125kcal ②かつお(春獲り、生):25.8g114kcal ③成鶏肉(ささ身/生):24.6g114kcal ④成鶏肉(胸/皮なし、生):24.4g121kcal ⑤きはだまぐろ(生):24.3g106kcal ⑥豚中型種肉(ヒレ/赤肉、生):22.7g112kcal ⑦紅鮭(生):22.5g138kcal ⑧豚大型種肉(もも/赤肉、生):22.1g128kcal ⑨ぶり(成魚、生):21.4g257kcal ⑩和牛肉(もも/赤肉、生):21.3g193kcal ⑪まさば(生):20.6g247kcal ⑫まあじ(皮つき/生):19.7g126kcal ⑬まいわし(生):19.2g169kcal ⑭和牛肉(ヒレ/赤肉、生):19.1g223kcal ⑮まだら(生):17.6g77kcal

以上より、くろまぐろが、生の魚・肉類の中では、タンパク源として摂取したいものということとなりますが、残念ながら、我が家では経済的な余裕がないので、魚の中では、かつおや紅鮭を中心に摂取していきたいと思っています。また、肉類では、鶏や豚ヒレを中心とすることで、効果的に蛋白質が摂取できるものと思っています。
もちろん、魚はDHAEPAといった不飽和脂肪酸やカルシウムが豊富に含まれ、肉類は亜鉛やビタミンB群の摂取に適していることを考慮して、バランスよく・・・などと言うと教科書的になってしまいますが、大事なのは、タンパク源に関しても、好きなものを中心にデザインしていけばいいのではと感じています。
ちなみに、私は、鮭と鶏のささ身の比率を上げていって、「貯筋」の効果を高めたいと目論んでいます。
皆さんの「貯筋」のタンパク源見直しの参考となれば幸いです。

(参考)
 ※1文部科学省「食品成分データベース」⇒ https://fooddb.mext.go.jp/

11月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
もっと自分の体を鍛えないといけないのに、サポートばかりしているといった感じです。。。
11/9() MCEI大阪支部 201711月度 定例会(大阪)
11/23(木・祝) 4回ひらかた市民オリンピック(大阪・枚方)
11/26() 7回大阪マラソン(審判)
http://www.osaka-marathon.com/

11月のノルディック・ウォーキングのイベントは以下の4件でした♪
お天気に見放された10月とは打って変わって、好天に恵まれました♪
11/5() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
11/11() 6回 日本ノルディック・ウォーク学会学術大会(岡山・倉敷)
11/19() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/1119-53fd.html
11/25() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/1125-cad5.html

◆今月のことば:「
It occurs to me, furthermore, that bantering is hardly an unreasonable duty for an employer to expect a professional to perform.」(Kazuo Ishiguro 著「The Remains of the Day」(Faber & Faberより)

12月の予定:
12/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)(実施済)
12/9()23() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
12/14() MCEI大阪支部 201712月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
12/24() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

 

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31