無料ブログはココログ
フォト

« この一週間(12/25~12/31) | トップページ | 2017年 »

2017年12月31日 (日)

2017年の12月

♪このひと月・・新幹線・重大インシデント、リニア入札談合、貴乃花降格・・・まだまだ、見えないところで何かを決めてしまおうとする体質は残ったままなのでしょう。。。当事者は、文化や伝統だと解釈しているのかもしれませんが。

◆個人的には:
2017年がもうすぐ終わろうとしており、今年の振り返りをしているところですが、今年は年初に「空」の年にしたいと言いました。
そこで、ここでは、「空」が歌詞にある歌謡曲について振り返ってみたいと思います。と言っても、システマティックに解析した訳でも何でもなく、思いついたままに書き出してみると、以下の歌詞が思い起こされました。

・「空がのこる まっ青な空が あれは夢?力?それとも恋」
・「わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでもひとりでも 死にはしないと」
・「空よ 水色の空よ 雲の上に 夢をのせて」
・「あつい生命(いのち)にまかせて そっとキスしていい 空も海もみつめる中で」
・「なつかしいふるさとの 青空を思い出す 大好きよあのひとが だけど声に出して言えない」
・「お空の風をもらってかえって 暗い霧を吹きとばしたい」
・「幸せは雲の上に 幸せは空の上に」
・「乾いた空を 見上げているのは誰だ おまえの目に 焼きついたものは化石の街」
・「オーロラの空の下 夢追い人ひとり 風の姿に似て 熱き心 きみに」
・「青空が好きで 花びらが好きで いつでも笑顔の すてきな人なら」
・「なぜだかあの手を するりとぬけた 小さな夢がしぼむ どこか遠い空」
・「アー夢よ よき友よ おまえ今頃どの空の下で 俺とおんなじ あの星みつめて 何想う」
・「あー果てしない 夢を追い続け あーいつの日か 大空かけめぐる」
・「気がつけば いつか雨は止み 雲の切れ間から 青空がのぞいてた」
・「朝の空を見上げて 今日という一日が 笑顔でいられるように そっとお願いした」
・「果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう」
・「大空に飛ばした靴 占った明日の行方 描いてた未来じゃないが 君がいるかけがえのない日々 それは奇跡」
・「悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある さあ行こう 振り返らず走り出せばいい 希望に満ちた空へ」
・「地上にある星を 誰も覚えていない 人は空ばかり見てる」
・「空よ風よ聞かせてよ 私は誰に似てるだろう 生まれた国 育つ国 愛する人の国」
・「繰り返すあやまちの そのたびひとは ただ青い空の 青さを知る」
・「乾いた空に続く坂道 後姿が小さくなる 優しい言葉探せないまま 冷えたその手を振り続けた」

それぞれ、以下の曲(歌手)となります。:『虹と雪のバラード』トワ・エ・モア、『誰もいない海』トワ・エ・モア、『空よ』トワ・エ・モア、『17才』南沙織、『ともだち』南沙織、『遠い世界に』五つの赤い風船、『上を向いて歩こう』坂本九、『出発の歌』上条恒彦と六文銭、『熱き心に』小林旭、『戦争を知らない子供たち』ジローズ、『赤い風船』浅田美代子、『我が良き友よ』吉田拓郎、かまやつひろし、『大都会』クリスタルキング、『風と雲と私』熊谷幸子、『365日の紙飛行機』AKB48、『大空と大地の中で』松山千春、『雨のち晴レルヤ』ゆず、『栄光の架橋』ゆず、『地上の星』中島みゆき、『麦の唄』中島みゆき、『いつも何度でも』木村弓、『夢をあきらめないで』岡村孝子

もちろん、これ以外にも、いろいろあることでしょうが、このような歌詞を口ずさんでみると、何とはなく、「空」は「夢」と結び付くことが多いような気がします。(というよりも私がそのような歌を好んでいるだけ?)

12月のイベントへの参加は以下の1件でした♪
今年は、例年よりも忘年会の数が多かったためか、1件のみでした。
12/14() MCEI大阪支部 201712月度 定例会(大阪)

12月のノルディック・ウォーキングのイベントは以下の2件でした♪
寒い中ではありましたが、ノルディック・ウォーキングを楽しめました♪
12/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
12/23() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/1223-43e0.html


◆今月のことば:「・・・imagined this was the spot where everything Id ever lost since my childhood had washed up, and I was now standing here in front of it・・・」(Kazuo Ishiguro 著「Never Let Me Go」(Faber & Faberより)
※先月は、「8割ほど読んだところです。こっちは若いですね・・・電車で読んでいると恥ずかしくなってきます。。。」と書きました。
実際、その時点では(たぶん「第十九章」の途中だったと思います)、何が言いたいのかよく解らなかったのですが、その後、使命を全うした大切な人たちとの別れが続き、そして物語が終わるところでは・・・
「ロストコーナー」とは亡くした大切な人に出会える場所だったのだということ、そして、それは実際の場所である必要はないこと・・・
そういったことを伝えたかったのだろうと、ようやく納得でき静かに感動に浸っていました。(勝手な解釈かもしれませんが・・・)
取り扱っているテーマがテーマであるだけに、他の小説以上に、人それぞれでいろんな読み方ができるのだろうと思っています。
(私としては、読み進むにつれて(むしろ読み終わった後にも)「神風特攻隊員」のことが想起されて仕方がないのですが・・・)

1月の予定:
1/7() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
1/8(月・祝) 「新春走ろう会」ひらかたハーフマラソン(大阪・枚方)(ボランティア)
http://hirakata-taikyo.org/hhm/
1/11() MCEI大阪支部 20181月度 定例会(大阪)

http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
1/13()27() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
1/21() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

« この一週間(12/25~12/31) | トップページ | 2017年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年の12月:

« この一週間(12/25~12/31) | トップページ | 2017年 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31