無料ブログはココログ
フォト

« この一週間弱(2/13~2/18) | トップページ | 2018年の2月 »

2018年2月25日 (日)

この一週間(2/19~2/25)

◆世間では:
平昌五輪:閉会

◆個人的には:羽生結弦選手の連覇依頼、「ありがとう」という言葉に囚われています。。。(今週の本もそのひとつ)
歩数計があるように、「ありがとうカウンター」のようなものができれば、自分の状態をモニターできるのに、と思ったりもします。

○主な出来事:
特になしですが、224日(土)には大神神社にお参りに行ってきました♪


○本:「ありがとうとお金の法則」小林正観著(だいわ文庫)
・お金は喜ばれたくて喜ばれたくて仕方がない状態で存在しています。だから、喜ばれるような使い方をし続けていると、いつの間にか・・・自らの意志でこの人に家に来ようとする。
・結婚したいと思いながら良縁に恵まれない女性のほとんどが、「人に甘えてはいけない」と思っているようです。・・・自分の力で物事を解決するのもすばらしいことですが、人に助けてもらって心から感謝するのもすばらしいことだと思います。
・「飢饉普請」という思想(近江商人):「周りの人が困ったとき、いかにお金を使うか」ということを考えていると、周りから勝手に富が集まってきてくれる。
・お釈迦様:「托鉢をするときに、金持ちの家を回ってはいけない。貧しい人の家を回って托鉢をしてきなさい」・・・「貧しい人たちは、今まで自分は貧しいからと、他人に対して施しをしてこなかった人たちである。それ故に貧しさという苦界の中に沈んでいる。私たちが喜捨をいただくのは、その人たちを苦界から救ってあげるためなのだ」
・托鉢僧は喜捨しても「ありがとうございます」とは言いません。・・・実はこちらが「ありがとうございました」と言って立ち去る、これが托鉢の正しい作法なのです。托鉢僧というのは、お金をもらいにきているのではなくて、人々に施しをさせてあげるために立っています。
・「ツイていた」と言える人は、イコール「感謝をしてきた人」なのです。自分が今まであるのは、自分の力だけではない。周りの人の支援や運や、いろいろなもので成り立ってきた。そのような「感謝」の気持ちが基本にあるからこそ「私の人生はツイていた」という言葉が出てきます。そして感謝の気持ちがあるから、さらにツイてくる。

○これから一週間の予定:
3/4() 淀川寛平マラソン2018(大阪・枚方)(審判)
http://kanpei-marathon.jp/

« この一週間弱(2/13~2/18) | トップページ | 2018年の2月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(2/19~2/25):

« この一週間弱(2/13~2/18) | トップページ | 2018年の2月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31