無料ブログはココログ
フォト

« 2018年の5月 | トップページ | 第32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) »

2018年6月 3日 (日)

この一週間(5/28~6/3)

◆世間では:【米朝首脳会談】:単なるシンガポールの観光業のアピールなのか?

◆個人的には:まとめてみたら(「2018年の5月」参照)「御朱印集め」は私にとってユースホステルの旅の代替なのか?という気もしてきました。もちろん、それ以外の要素も大きいですが。

○主な出来事:
6/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「内蔵力を高める「ゆる」呼吸法」高岡英夫著(ベスト新書)
・「内蔵力」とは、身体の生命力の根源から今日的病気・健康問題の核心、そして精神諸能力の根幹に関わる、一大重要概念である。
・この30年間、一生懸命行われてきた運動不足の改善法とは、腕と脚などの身体の外側の運動がほとんどで、胴体の中、体幹の中の運動が取り残されていた。
・腸腰筋は世界のトップモデルたちに格好いいモデル歩きをさせている筋肉・・・彼女たちの脚があんなに軽く上がるのも、オリンピック選手の高能力も、腸腰筋の役割。
・脳の活動性が下がると・・・肋間筋の硬縮による軽度の呼吸困難が表われてきます・・・肋間筋が固まれば、人間の一番の原動力である酸素を取り込めず、そのまわりのさまざまな筋肉も、次々と固まってきます。
・横隔膜や腹横筋を使うと、ほとんど直接的に腸管にさまざまな刺激を与えることができる。
・「ゆる呼吸法」で体幹内の運動をすると、「脂肪が蓄積しにくく排出しやすい状態をつくるための運動」でありながら、同時に副交感神経優位になり、それによって安定した精神傾向が生まれます。

○これから一週間の予定:
6/7() MCEI大阪支部 20186月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
6/9() 32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪)
http://omaa.jp/topics/2018/05/32-3.html
6/10() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分).

« 2018年の5月 | トップページ | 第32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一週間(5/28~6/3):

« 2018年の5月 | トップページ | 第32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31