無料ブログはココログ
フォト

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月25日 (月)

この一週間(6/18~6/24)

◆世間では:【大阪北部地震】:我が家でも食器等が破損しましたが、直接的な被害とともに、これまでの安全に対する運用自体が根底から覆されそうです。

◆個人的には:今年の
近畿マスターズ陸上競技選手権大会は甲賀市で開催されたのですが、折角なので、途中のJR草津駅の近くの「小汐井(おしおい)神社」と競技場の近くの「水口神社」にお参りして、御朱印をいただいて参りました。
これからも、ご縁を大切にして御朱印のネットワークを築いていきたいと感じています


○主な出来事:
6/21() MCEI大阪支部 創立45周年記念特別講演会(大阪)
6/23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
6/24() 34回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(滋賀・甲賀市立水口スポーツの森陸上競技場)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/34-9306.html

○本:「肩甲骨が立てば、パフォーマンスは上がる!」高岡英夫著(カンゼン)
・体幹トレーニングの真の目的:自由脊椎周りの無駄な動きを封じ込めること・・・「軸」のトレーニングであるということ。
・自由脊椎のように、不必要にグニャグニャと動くことが望ましくない部分を、ある目的に従って適切に筋肉で固定することを、「格定」と言います。・・・立甲は、自由脊椎の「格定」に大変プラスになります。
・運動進化論から見ると、肩甲骨と腸骨はリンクする相似器官であり、その相似性は四則動物だけでなく、人間のDNAの中、そして脳機能の中にも、必ず残っているはず。
・肩甲骨とその周囲にあるたくさんの大きな筋肉を腕振りに参加させることができれば、そこにあっという間に大きな質量の増加が見込まれて、運動量を増やすことが可能になる。
・立甲~甲腕一致~甲腕回旋力という視点から考える腕振りは、腕を前に振るとき、少しだけ内旋させるのが理想・・・後ろ側に振るときも・・・少し内旋させます。
・スポーツ選手にとって競技中に重要なのは『走前歩行』・・・『走前歩行』の要点は、狭い歩幅でつま先から地面に着くこと。これに尽きます。これが『走前歩行』の極意であり、正しい方法です。
・すべてのキモは、立甲系ではゆるめ解きほぐす“緩解”、甲腕回旋系では“さすり”・・・この“緩解”と“さすり”こそ、脳と身体の閉じている扉を開けるカギ。

○これから一週間の予定:
6/30() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
7/1() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

第34回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告)

本日(6/24)、甲賀市立水口スポーツの森陸上競技場で開催された標記大会の3000mWに出場してきました。
結果:記録172399M55クラス1位)。
ラップ:536”-549”-559
注意:なし。

32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会の2週間後ということで、いきなり練習量を増やせる訳はなく。。。
ただし、大阪選手権の時は気温が急に上がり出しましたが、今回はそれ以降ほとんど上がっていない気候だったため、練習はできていないものの、やや安定した気候を味方に、とりあえず前回のいいイメージを途切れさせないように気を付けて歩くこととしました。

200m
65”、400m212”とセーブしたものの、まだペースは速く、1212”のペースを維持したままで歩き切れればと思いますが、次第にペースダウン。。。
大阪選手権同様、「注意も警告もないのだから、多少脚の押さえが弱くても気にしないで行こう!」と頭で考えても身体はついてこれずに、そのままゴール。
昨年の近畿選手権よりは7秒ほど速く、20169月以降では最も速いタイムだったこと、そして、
1000m536”のラップは大阪選手権よりも速かったことを拠り所として、とにかく何とか時間を確保して気持ちよく練習していきたいと思います。

これからの予定:今のところエントリーしているのは9/23の全日本選手権(5000mW)のみですが、それまでにあと1回ぐらいは歩きたいと思っています。

2018年6月17日 (日)

この一週間(6/11~6/17)

◆世間では:【米朝首脳会談】:まだまだ先は見えないようです。。。
【トヨタ、ルマン初制覇】我が国の力は、まだまだこれからです♪

◆個人的には:
御朱印集めを始めて1ヶ月ちょっと。ご朱印帳の半分が埋まり、自分オリジナルなネットワークができつつあると、勝手に思い込んでいます

○主な出来事:
特になしです。

○本:「まなざしのデザイン」ハナムラチカヒロ著(NTT出版)
・見方が自由になれば、私たちはより創造的になることができる。そして何かに捉われることが少なくなれば、物事がより正しく見えてくる。
・本来私たちが目にする様々なものは、常にある制約の中で見ているものにすぎない。私たちの風景とは見えない枠がはめられていて、無意識にその枠からまなざしは向けられている。
・私たちが世界に不自由さを感じるのであれば、それは私たちのまなざしが不自由であるからだ。困難な状況ほど、これまで無意識にはめていた枠を様々な方法で動かし、固定化したモノの見方を解放することが大切である。
・「ジャメヴュ(未視感)」:「すでに知っているものにも関わらず、初めて見るもののように感じられること」・・・風景はジャメヴュすることで生まれるというのが実は本質的なのである。毎日のように接していてよく知っているにもかかわらず、それがある日突然知らない表情を見せる時。そのジャメヴュの瞬間に、これまでの馴染んでいた現実には裂け目が入り、新しい風景が姿を現す。
・「異化」:私たちが普段当たり前のパターンとして自動的に認識している物事が、違う状態に変化することで、ふたたび新鮮に感じられる状態。
・デザインとは「イメージによるソリューション」、・・・アートとは「イメージによるクエスチョン」
・非日常的な時間は・・・日常を相対化するためにある。
・人間の眼に含まれた、その過剰な想像力・・・この見えないものを観る力を持っていることが人間の最大の特徴である。

○これから一週間の予定:
6/21() MCEI大阪支部 創立45周年記念特別講演会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15943071.html
6/23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
6/24() 34回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(大阪)

2018年6月10日 (日)

この一週間(6/4~6/10)

◆世間では:【新幹線3人殺傷】:痛ましい事件ですが、新幹線では可燃物も(消防法以外の)危険品もノーチェックなので、あり得ないことではなかったことが、一層苛立たしく感じます。
賢くなったAIを活用すれば、少なくともある程度以上大きな凶器の持ち込みは防げたのでは?と感じざるを得ません。テロリストが具体的に活動する前に、何とか対応して欲しいものです。

◆個人的には:
32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会、練習も十分できず、調整もほとんどできない状態でしたが、何とか歩けました。感謝、感謝です♪

○主な出来事:
6/7() MCEI大阪支部 20186月度 定例会(大阪)
6/9() 32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/32-62fd.html
6/10() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分).

○本:「JusticeMichael J. Sandel著(Farrar, Straus and Giroux)(その2
If reason determines my will, then the will becomes the power to choose independent of the dictates of nature of inclination.
In a stirring passage, Rawls states a familiar truth that we often forget: The way things are does not determine the way they ought to be.
Arguments about justice and rights are often arguments about the purpose, or telos, of a social institution, which in turn reflect competing notions of the virtues the institution should honor and reward.
Happiness is not a state of mind but a way of being, “an activity of the soul in accordance with virtue.”
I can make sense of the narrative of my life only by coming to terms with the stories in which I find myself.
On the liberal conception, obligations can arise in only two ways—as natural duties we owe to human beings as such and as voluntary obligations we incur by consent.
Justice is not only about the right way to distribute things. It is also about the right way to value things.

○これから一週間の予定:
6/17() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

第32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告)

 

昨日(6/9)、ヤンマーフィールド長居(長居第2陸上競技場)で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:記録301279M55クラス1位)。
ラップ:537”-556”-604”-622”-614”。
注意:なし。

昨年10月の全日本選手権以来の試合です。試合後の振り返りで「長い距離をコンスタントに歩けるように、歩き込みたい」と書いたものの、依然として練習時間が取れない状態が続いています。
ただし、4月以降「サイドステップ歩行法」(エアロビクスエクササイズの「サイドステップ」の動きを意識して、すなわち、遊脚を「横(外側)に出す」ことを意識して、(しかも、あくまでも)前方に移動する歩行法、詳細は「2018年の4月」参照)に歩き方を改造しつつある中で、新しい歩き方で自然に歩けるようにならない段階で競歩の練習をするのは逆効果だと捉えて、敢えて、練習を控えていたことはあります。
そのため、ようやく競歩の練習を開始したばかりということもあって、「サイドステップ歩行法」によるパフォーマンス向上の検証までは至らないとは思いつつも、何か手がかりが得られればラッキー、という気軽な気持ちで参加しました。

最初の200m62”、飛ばしたつもりはなかったのですが速すぎます・・・400m212”とペースダウンして、しばらくこのペースで。
ただ、毎年急激に暑くなるこの季節に加えて、今年は気温のアップダウンが激しい中での初レースであったこともあって、3000mあたりから急激にペースダウン。
注意がひとつもなかったので、もう少しチャレンジしてもよかったのかもしれませんが、最後まで歩型違反のリスクを感じる必要がなかったほどに安定して歩けたことは収穫であったと捉えています。

暑さと練習不足がなければ3000mあたりからのペースダウンはなかったのか?・・・どうかはわかりませんが、1000m537”は201610月以降で最もいいラップなので、「サイドステップ歩行法」の可能性を信じて何とか時間を確保して気持ちよく練習していきたいと思います。

これからの予定:近畿選手権(6/243000mW)、その後は9/23の全日本選手権(5000mW)、昨年は気がつけばこれ以外に歩く機会がないまま終わってしまったのですが、今年はあと1回ぐらいは歩きたいと思っています。

2018年6月 3日 (日)

この一週間(5/28~6/3)

◆世間では:【米朝首脳会談】:単なるシンガポールの観光業のアピールなのか?

◆個人的には:まとめてみたら(「2018年の5月」参照)「御朱印集め」は私にとってユースホステルの旅の代替なのか?という気もしてきました。もちろん、それ以外の要素も大きいですが。

○主な出来事:
6/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「内蔵力を高める「ゆる」呼吸法」高岡英夫著(ベスト新書)
・「内蔵力」とは、身体の生命力の根源から今日的病気・健康問題の核心、そして精神諸能力の根幹に関わる、一大重要概念である。
・この30年間、一生懸命行われてきた運動不足の改善法とは、腕と脚などの身体の外側の運動がほとんどで、胴体の中、体幹の中の運動が取り残されていた。
・腸腰筋は世界のトップモデルたちに格好いいモデル歩きをさせている筋肉・・・彼女たちの脚があんなに軽く上がるのも、オリンピック選手の高能力も、腸腰筋の役割。
・脳の活動性が下がると・・・肋間筋の硬縮による軽度の呼吸困難が表われてきます・・・肋間筋が固まれば、人間の一番の原動力である酸素を取り込めず、そのまわりのさまざまな筋肉も、次々と固まってきます。
・横隔膜や腹横筋を使うと、ほとんど直接的に腸管にさまざまな刺激を与えることができる。
・「ゆる呼吸法」で体幹内の運動をすると、「脂肪が蓄積しにくく排出しやすい状態をつくるための運動」でありながら、同時に副交感神経優位になり、それによって安定した精神傾向が生まれます。

○これから一週間の予定:
6/7() MCEI大阪支部 20186月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
6/9() 32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪)
http://omaa.jp/topics/2018/05/32-3.html
6/10() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分).

2018年6月 2日 (土)

2018年の5月

♪このひと月・・・日大アメフット部の悪質反則:ここまで問題が大きくなるとは思いませんでしたが、本当に大学側の危機管理能力が試された事案だったと思います。
ただ、実情がここまで酷かったのか、と第三者ながら恐ろしく感じるほどなので、いい機会だったのかもしれません。
一方で、ここまで酷いのに、これまで皆見て見ぬふりをしてきたのか、と思うと悲しくなりますが。。。

◆個人的には:
・縁あって、突然「御朱印集め」を始めることになりました。(これまでお守りやお札をいただいていたのですが、返納しなければならないこともあります)
「スタンプラリーのようにはならないように!」と釘を刺されたものの、正直言って近いものも感じています。
ということで、今月は「
御朱印集めとスタンプラリー」について考えてみます。

そもそもスタンプラリーの歴史とは?と思ってググってみると「シャチハタスタンプラリー研究所」なるものがあり、それによると「スタンプラリーの成立は1970年代と考えられ」るとのこと。
大阪万博の各パビリオンのスタンプや、国鉄による「ディスカバー・ジャパン・キャンペーン」でスタンプを集めることが楽しみとして定着したようです。
などと他人事のように書いていますが、実は私のスタンプの記憶も大阪万博から始まっています。
大阪府内在住ということもあって、何度かリピートしてスタンプを集めたことが懐かしく思い出されました(残念ながら残っていません・・・)。
「ディスカバー・ジャパン・キャンペーン」でもスタンプを集めようとしたことはあったのですが、そもそもが小学校高学年では国鉄に乗って全国を放浪することが許されるはずもなく、京阪神の駅のスタンプがいくつか集まった以上は増えず、いつの間にか忘れ去られてしまったように思います。
それよりも、この時期には小学校の修学旅行で訪れた伊勢志摩で「蛇腹のスタンプ帳にスタンプを押して記念に」というようなものが土産店にあったことが思い出されます。結局、乗せられて買ってしまったか買わなかったか・・・いずれにしても今は手元にないものです。

中高でも大学でも、今から思うと不思議なほどに放浪癖が表われず、「ディスカバー・ジャパン」が「一枚のキップから」や「いい日旅立ち」に変わっても、再びスタンプを集めようとは思わなかったようです。
それが大学院頃から放浪癖が頭をもたげてきて、気がつけばユースホステル(YH)の宿泊スタンプを集め出していました。
YH
では、同宿したホステラーに、持参したノートに一言書いてもらうことが習慣となり、どうせだからと言った感じで駅スタンプ(のみならずどんなスタンプでも)もそのノートに押していくことになりました。
そのノートも1993年以降使わなくなり、駅スタンプも中断(この機会に再開してもいいかなと思っています♪)、「スタンプ」を集めることから気持ちは遠のくこととなりました(パスポートの出入国のスタンプはあったかもしれませんが)。

以上が、これまでの私と「スタンプ」なるものとの関わりの歴史のようなものですが、いわゆる「スタンプラリー」のように(と勝手に想像している部分はありますが)、決められたところを廻ってスタンプを集めてくることには全く興味がなく、どちらかと言えば、「気が向いたところ」「気になったところ」「ご縁のあるところ」を廻って、機会があればスタンプも集めていた。そのような関わりだったと思います。
そして、それは「スタンプ」のみならず、と言うよりもむしろ「ユースホステル」に対しての私の関わり方であったように感じます。

 

以上より、「スタンプラリー」というのはそもそもが私には向いていないもので、シャチハタスタンプラリー研究所では「スタンプラリーの原点は「御朱印」や「納経印」」と書いてはいるのですが、今回御朱印集め」を始めるにあたっても、決められたところを廻るのは何となく気が乗らないように感じています。
霊場巡りなどは何となくオリエンテーリングのように感じて(などと言うとお叱りを受けるかもしれませんが)、競技としては楽しめるのかもしれませんが競技でなければ面白く感じず、このような廻り方=「スタンプラリー」のようにはならないのでは、と勝手に解釈しています。

「四国88カ所霊場巡拝」や「西国33所霊場巡拝」などでは、決まった霊場を巡ることで大きな力が得られることを目指したものだと推測しますが、私の印象としては、目的に応じて巡るべき霊場のネットワークは異なって然るべきように感じます。
「気が向いたところ」「気になったところ」を巡っているうちに、様々な情報を得るご縁を得て、気が付けば予想もしていなかったところを廻っている・・・スティーブ・ジョブズ氏の「connecting the dots」のように、いつの間にか大きな力が得られている。
私にとっての理想の御朱印集め」はそのようなものと捉えており、このような考えで集めていきたいと思っています。(ロールプレイングゲームに毒されているのかも?)
さて、このような御朱印集め」は「スタンプラリー」に該当するのかどうか・・・?

 

※ご参考:・「シャチハタスタンプラリー研究所」 https://www.shachihata.co.jp/stamprally_service/lab/2.html


5月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
大型連休中はほとんど休んでいたこともあって、やや少なめでしょうか。。。
5/3(木・祝) 10回記念南部忠平杯大阪マスターズ陸上競技大会(大阪)(審判)
5/10() MCEI大阪支部 20185月度 定例会(大阪)
5/19() (公益財団法人)日本スポーツ協会、名称変更記念シンポジウム(大阪)

5月のノルディック・ウォーキングのイベントは3件でした。
今年は梅雨入りが早そうですので、今のうちに歩いておきたいと思っています♪
5/6() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
5/20() 大阪ノルディック・ウォークフェスタ2018(大阪)
5/27() 枚方体育協会ノルディック・ウォーキング講座(大阪・枚方)(担当分)

◆今月のことば:「
You might say that ancient theories of justice start with virtue, while modern theories start with freedom」(Michael J. Sandel 著「Justice」(Farrar, Straus and Giroux)より

6月の予定:
6/3() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
6/7() MCEI大阪支部 20186月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
6/9() 32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(大阪)
http://omaa.jp/topics/2018/05/32-3.html
6/10()16()23() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
6/17() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・私市)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/
6/21() MCEI大阪支部 創立45周年記念特別講演会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/15943071.html
6/24() 34回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(大阪)
6/30() ノルディック・ウォーキング体験会(大阪・枚方)
http://kansainordicwellness.web.fc2.com/

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31