無料ブログはココログ
フォト

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

この一週間(8/20~26)

◆世間では:【アジア大会】バスケで不祥事もありましたが、ようやく陸上競技が始まりました♪

◆個人的には:また、台風20号が近畿地方を通過・・・一部では被害もあったようですが、今回は私の周囲ではたいしたことはなかったようで、ほっとしています。
・今週の御朱印:京都熊野神社、平安神宮(京都市左京区)
・今週の「虹のようなもの」:24日:下部タンジェントアーク(かな?)

○主な出来事:
8/25() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「国体論 菊と星条旗」白井聡著(集英社新書)
・今上天皇は、国事行為のような近代法によって限定された天皇の仕事よりも、前近代的な「天皇の祈り」にはるかに重大な意味を見出している。
・天皇は、動けなくてもただ「居ること」だけで「日本国の象徴」でありうるのに対し、「動き、祈ること」によってはじめて「国民統合の象徴」たりうる。もっと言えば、祈りによって「国民の統合」をつくり出す。
・昭和天皇が積極的にアメリカを「迎え入れた」最大の動機は、共産主義への恐怖と嫌悪であったと豊下は見る・・・豊下いわく、「天皇にとって安保体制こそが戦後の『国体』として位置づけられたはずなのである」。
・西南戦争によって」、革命による暴力の独占のプロセスこそ一応の終わりを迎えたものの、自由民権運動が打ち立てようとしたのは、政治学・法学で言うところの「憲法制定権力」(制憲権力)にほかならないからである。・・・制憲権力は、無制限の権力(=革命権力)であり、主権そのものである。
GHQは、憲法を制定する権力を持っていたと同時に、政治的に必要であれば憲法を破る権力(憲法に高速されない権力)を持っていた。・・・この点こそ、占領期における主権をめぐる論争において曖昧にされ――もっと言えば、言及を忌避され――、無意識化されたのであった。
・統治行為論を援用することによって、日米安保条約に関わる法的紛争については、司法は憲法判断を回避すべきだという判例をつくってしまった・・・これにより、日本の法秩序は、日本国憲法と安保法体系の「二つの法体系」(長谷川正安)が存在するものとなり、後者が前者に優越する構造が確定された。
・日本人の歴史意識からとらえられたマッカーサーが征夷大将軍であったとすれば、それは「不変の権威=天皇」(国体)/「現実的権力=マッカーサー・GHQ」(政体)という伝統的な認識図式に収まる。

○これから一週間の予定:
9/1() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
9/2() 2018大阪マスターズ研修会(服部緑地陸上競技場)

2018年8月19日 (日)

この一週間(8/13~19)

◆世間では:【不明2歳男児発見】恥ずかしながら、これまでチェックできていなかったのですが、ボランティアの尾畠さんは物凄い方だったのですね♪まさに人間サンダーバード!?

◆個人的には:何となく、体重が増えているような気がしています。。。
お盆が明けてから、お墓参りに行ってきました。帰りには、産まれてから大学時代に下宿するまで過ごした街のふたつの神社にお礼を兼ねてお参りしてきました(御朱印はなし)。
ひとつは、「産土神社」。これからはもっと大切にしたいと改めて感じています。
・今週の御朱印:飛行神社(京都府八幡市)、宇治神社、興聖寺、平等院(京都府宇治市)
・今週の「虹のようなもの」:13日、1619日:5回も「うちがさ」が観れました♪そういう季節なのかもしれません。

○主な出来事:
・特になし(お盆休みでした♪)

○本:「選択と捨像」富山和彦著(朝日新聞出版)
・一般にニッチ型のプレーヤーは、パワーゲームが得意ではない。・・・DNAに合わないことはやらないほうがいい。
・今日の産業社会の発展をもたらした最大の功労者は何か。・・・圧倒的に貢献してきたのは、株式会社と複式簿記の「2大発明」である。
・企業というのは、共同体を守り、延命するということ自体が至上目的になった瞬間に、ものすごい勢いで腐敗し、傷んでいく。競争に勝つとか、企業としての理念を実現するとか、成長するとか、そういうことは二の次になってしまう。
・経営観を醸成する根本は、人間観を磨くことである。
L(ローカル)の世界は労働集約的かつ国内で顧客と対面してサービスを提供するしかない。よくも悪くも消極的な移民政策をとってきたわが国においては、生産労働人口の先行減少に起因するL型産業での人手不足は、構造的・慢性的にならざると得ない。
・実は、地方の人口爆発は、戦後すぐに外地からの引き揚げてきた人と大都市から焼け出された人が、地方の中山間部に大量に流れ込んで起きている。・・・日本のように居住可能面積の少ない国で、このように拡散居住する合理性はなく、沿革的にもむしろ不自然なのだ。
・これからの日本では、街レベルでも、企業レベルでも、マクロ経済レベルでも、「新陳代謝」と「集約化」がキーワード。
・日本も昔は冠たる職人文化があり、ジョブ型雇用が中心だった。・・・ジョブ型雇用こそが日本の伝統だったのである。そうした生き方にもう一度立ち返ればいい。

○これから一週間の予定:
8/25() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2018年8月12日 (日)

この一週間(8/6~12)

◆世間では:【日本ボクシング連盟の不正疑惑】どうしてこのような人が会長にい続けることができたのでしょうか?
【中国、プーさん実写版映画の公開認めず】このニュースで「プーと大人になった僕」のことを初めて知りました♪

◆個人的には:夏休み中にもかかわらず、TOEIC受験・・・さて、結果はいかに?
・今週の御朱印:露 天神社(お初天神)、太融寺、堀川戎神社(大阪市)、八坂神社(寝屋川市)
・今週の「虹のようなもの」:今週も見えず・・・

○主な出来事:
8/9() MCEI大阪支部 20188月度 定例会(大阪)
8/12() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「Conversation with God book3Neale Donald Walsch 著(Hodder Paperback)(その2
Your ideas about “right” and “wrong” are your definition of Who You Are.
Most important of all, do not be afraid. You cannot “die” in any event, so there is nothing to be afraid of.
One of the most important laws of cause and effect is this: All caused effect is ultimately experienced by the Self.
What is unavoidable is not death, but impermanence. Impermanence is the only truth. Nothing is permanent. All is changing. In every instant. In every moment.
Every act is an act of self-definition.
Marriage was the only way you could figure out to bring “foreverness,” or eternality, into your experience of love.
Your “basic instinct” is not survival, but rather, fairness, oneness, and love.
Life exists as a tool for God to turn concept into experience.

○これから一週間の予定:
・特になし(お盆休みです♪)

2018年8月 5日 (日)

この一週間(7/30~8/5)

◆世間では:先週【逆走台風12号 西日本横断】と騒いでいたところだったのですが、台風13号も逆走台風、しかも、またもや京阪神直撃?

◆個人的には:夏休みに入ったら御朱印をいただきにお参りするつもりだったのですが、思った以上に自由な時間がありません。。。
・今週の御朱印:下鴨神社、白雲神社、宗像神社(京都市)
・今週の「虹のようなもの」:見えず・・・

○主な出来事:
特になしです。

○本:「神さまとつながる100の開運神社めぐり」白鳥詩子著(三笠書房王様文庫)
・神社に行けるのは神さまに呼んでいただけたから。
・神さまごとは、無理をしない!
・人生を支えてくれる「三柱の神さま」:氏神様、産土神様、土地神様
・神様に応援され続けている人は、人生の中で、神さまにご挨拶に行くべき「とき」に、きちんと参拝すべき神社にお参りされている。
・どんなに忙しくて大変でも、願いを叶えてもらったり、いいご縁をいただいたときにはすぐにお礼参りに行く。
・「ついたち参り」:一ヶ月のお礼を伝えに行く。
・本来、初詣は氏神神社にお参りするもの。

○これから一週間の予定:
8/9() MCEI大阪支部 20188月度 定例会(大阪)
8/12() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2018年8月 3日 (金)

2018年の7月

♪このひと月・・・先月の地震の後も、大雨、酷暑、西進台風・・・と、自然ってこんなに人間の味方ではなかったのか、と実感させられています。
一方で、日大アメフット部の悪質タックルに続いて、ボクシング連盟の助成金不正流用&不正判定疑惑ですか・・・スポーツマンシップっていったい何だったのでしょう?

◆個人的には:
・「御朱印集め」も「「虹」(のようなもの)との出会い」も継続中です。加えて、今年はいつもの年よりも夏休みを多めにいただけることから、両者ともにこれからが本番(?)となりそうです♪
ところで、「夏休み」と言えば「ラジオ体操」!・・・かどうかはともかく、最近、あることを気にしつつ「ラジオ体操」をすることの効果を感じるようになりました。(ということで今月の話題は「ラジオ体操」です)

♪それは、両手を四つ足動物が歩く時の状態にして、言い換えると「招き猫の手」をし、常に招く方向を身体の前方に固定した状態で、「ラジオ体操(とりあえず第一)」をすること。
(ちなみに、これまで私は、手は開いた状態で、それぞれの運動に応じて、外旋も内旋もかからないニュートラルな状態を選びつつ「ラジオ体操」をしていました)
では、そうすることで何の効果があるのか?と言えば、肩甲骨の可動域が増えて体幹が崩れにくくなること(ただし、未検証ですが・・・)。
♪これは、高岡英夫氏が「肩甲骨が立てば、パフォーマンスは上がる!」(カンゼン)の中で(pp.192-193)、「腕を少し内旋させた方が肩甲骨が最もよく動く」「腕を内旋することで、野生の四足動物と同じ身体使いになる」といったようなことを書かれていることから、「四足動物と同じ身体使い=招き猫の手」を試してみたところ、(「ラジオ体操」に限らないのですが)肩甲骨がよく動くようになったように感じるにいたったものです。
♪ちなみに高岡氏は「腕を前方に振る時の方が内旋度は大きい」と書かれていますが、これまで私が言ってきた以下の動きと同様のことと捉えています。
(「内旋度」の定義は明確ではないように思いますが、「内旋位」に近い概念のように捉えています)
 ・腕(脚)を前から後に振る時:(身体の前方)外旋位・外旋モーメント、(身体の後方)外旋位・内旋モーメント
 ・腕(脚)を後から前に振る時:(身体の後方)内旋位・内旋モーメント、(身体の前方)内旋位・外旋モーメント
♪両手ともに「招き猫の手」をして招く方向を身体の前方に固定した状態で「ラジオ体操」をすることで、結果として腕に内旋モーメントがかかって内旋位となり、肩甲骨がよく動くようになったものと考えられます。
♪一方で、これまでノルディックウォーキングのウォーキングポールを両手で持った状態で上下左右に振ったり、大きく回したりといった運動を準備体操や整理体操の時に実施してきたのですが、考えてみれば、これも四つ足動物が歩く時の状態に掌をウォーキングポールに固定することによって、両腕が内旋の状態を強制的に作り出して、肩甲骨をよく動かす効果がある運動ですね。

♪皆さんも、ウォーキングポールを持ちながらとは言いませんが、「招き猫の手」をして招く方向を身体の前方に固定した状態で「ラジオ体操」をしてみてはいかがでしょうか♪
肩甲骨の可動域が増えて、健康を招き寄せられるかもしれませんよ♪

7月のイベントへの参加は以下の1件でした♪
大雨や台風の影響ではないのですが、ノルディックウォーキング以外はあまり活動できていないひと月でした。
7/12() MCEI大阪支部 20187月度 定例会(大阪)


7月のノルディック・ウォーキングのイベントは3件でした。
暑い中ではありましたが、楽しく歩けました♪
7/1() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
7/15() 大阪府ノルディックウォーク連盟設立総会(大阪)
7/21()29() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

◆今月のことば:「
デザインは単につくる技術ではない。・・・耳を澄まし眼を凝らして、生活の中から新しい問いを発見していく営みがデザインである。」(原研哉著「デザインのデザイン」(岩波書店)より

8月の予定:
8/5() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
8/9() MCEI大阪支部 20188月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
8/12()25() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30