無料ブログはココログ
フォト

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

この一週間弱(9/25~9/30)

◆世間では:【沖縄県知事に玉城デニー氏】兎にも角にも、我が国を含めた極東アジアの平和を第一に考えていただきたいと願います。

◆個人的には:5日の
台風21号(気象庁では「第21号」と言っているのに、どうして気象協会は「21号」なのでしょう?)に続いて30日に24号が来襲。。。
今回は南東側に進路が逸れたため、大阪では前回ほどの威力は感じずに済んでいますが、また、25号もやってくるのですね。。。

・今週の御朱印:生田神社(神戸市中央区)
・今週の「虹のようなもの」:全く見えず。

○主な出来事:
・特になし(第6回大阪マスターズ陸上競技大会は、台風のため中止となりました)

○本:「劣化するオッサン社会の処方箋」山口周著(光文社新書)
・本書で用いる「オッサン」の定義:①「古い価値観に凝り固まり、新しい価値観を拒否する」②「過去の成功体験に執着し、既得権益を手放さない」③「階層序列の意識が強く、目上の者に媚び、目下の者を軽く見る」④「よそ者や異質なものに不寛容で、排他的」
・現代の五十代・六十代の「オッサン」たちは、「大きなモノガタリ」の喪失以前に社会適応してしまった「最後の世代」。
・社会で権力を握っている権力者に圧力をかけるとき、そのやり方には大きく「オピニオン」(おかしいと思うことについてはおかしいと意見すること)と「エグジット」(権力者の影響下から脱出すること)の二つがある。
・経団連などが躍起になって兼業や副業を忌避したがる理由・・・兼業や副業を許すと、従業員の人的資本・社会資本が会社の外側に形成されることになるので、その従業員をロックインしておく効果が弱くなってしまう。
・日本からイノベーションがなかなか起きないのは、とてつもないことを考える若手が少ないということではなく、これを大きく支援できる大物、サーバントリーダーシップが欠如しているため。
・「なにかを止めないと、なにかにチャレンジできない」、チャレンジの難しさの本質は、チャレンジそのものよりも、それ以前に横たわる「なにかを止めること」ある。
・本書の主要なメッセージ:①「組織のトップは世代交代を経ることに劣化する」②「オッサンは尊重すべきだという幻想を捨てよう」③「オピニオンとエグジットを活用してオッサンに圧力をかけよう」④「美意識と知的戦闘力を高めてモビリティを獲得しよう」
・最もシンプルかつ重要な「処方箋」は、私たち一人ひとりが、謙虚な気持ちで新しいモノゴトを積極的に学び続ける、ということ。

○これから一週間とちょっとの予定:
10/7() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
10/8(月・祝) ひらかた市民スポーツカーニバル(大阪・枚方)

2018年9月24日 (月)

この一週間(9/18~9/24)

◆世間では:【自民党総裁選】結果よりもメディアの異常さが不安に思えます。

◆個人的には:マスターズ陸上の全日本選手権、5000m競歩で何とか1位になることができました♪
・今週の御朱印:難波八阪神社(大阪市)、白兎神社(鳥取市)
・今週の「虹のようなもの」:全く見えなかったように思います。

○主な出来事:
9/23() 39回全日本マスターズ陸上競技選手権(鳥取)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/39-97c8.html

○本:「健康の結論」堀江貴文著(KADOKAWA
・たとえ相手の主張がぐうの音も出ないほど正論だったとしても、聞いていてムカついたら「言っていることは正しいけど、その言い方はムカつく!」と表明していい。
・そもそも自傷や自殺をする人には、共通の行動パターンがある。それは「辛いときに人に助けを求めない」ことだ。
・予測不可能な心停止を恐れるより、AEDの使用法や救命法を身につけたほうがいい。
・もっと本気で街にAEDを普及させたいのであれば、もっとリーズナブルな「使い捨て」タイプのAEDを作ってもいいんじゃないかと考えている。
・海外では子どもも歯列矯正に保険が適用される國もあるため、歯並びの悪い人はヘルスリテラシーの低い人に見えてしまう。

○これから一週間弱の予定:
9/30() 6回大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・服部緑地陸上競技場)(審判)
http://omaa.jp/topics/2018/09/6-2.html

第39回全日本マスターズ陸上競技選手権大会(結果報告)

昨日(9/23)、鳥取県のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク陸上競技場で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:記録294138M55クラス1位)
ラップ:540”-555”-558”-610”-558”。
注意:ロスオブコンタクト1(警告なし)。

周囲の状況から、落ち着いて練習できる環境になかったことに加えて、左膝に違和感があって、近畿選手権以降練習らしい練習ができていませんでした。
そして、近畿選手権の報告でも書きましたが、「あと1回ぐらいは歩きたい」と思いつつ、気が付けば昨年と同様シーズン3試合目で全日本選手権を迎えることとなりました。
前日にスタートリストを確認すると、レベルが上の2人は(全日本実業団に流れたか)リストにはなく、ほとんど同レベルの(だが、直近で対戦した2年前には完敗した)選手が1人いました。
2
年前は体調は悪くなかったものの、寒さで自滅した感がありましたが、今年は体調自体が良くなく、この時点で勝負のことは考えないこととしました。
その時、偶然会ったマスターズ仲間に「ゆっくり観光しよう。「砂の美術館」に行こう。」と誘われて着いていくと、単に美術館でのんびりするのではなく、鳥取砂丘を延々と歩き出すではありませんか(彼らも翌日レースがあるのですが・・・)。
いずれにしても、勝負のことは考えないこととしたので、初めての鳥取砂丘をエンジョイしました。(元々歩くのは嫌いではないどころか、歩くことが人一倍好きだからこそ、ここまできたのですから、歩かないという選択肢はなかったのです・・・)

というような状況で、とりあえず目標は30分を切ることとして、翌日のレースに臨みました。
200m
ではタイムと取り損ね、400mのラップは2’16”。少し遅いと思ってペースを上げたつもりが、1000mのラップが540”だったので、ほとんど同じペースできたのでしょう。
600m
あたりで先頭になってしまったのですが、再び追いつかれることに対する嫌な気持ちはなく、(周回遅れを含めて)前を歩く選手に追いつくことを目標に歩き続けました。

結果はM55クラス1位でゴール。ゴール後も警告はなく、1位が確定しました。
3000m-4000m
6分台にペースダウンしたのは心残りですが、今シーズンも何とか30分を切ることができました。
十分に練習できていないことは確かなので、体力的にはおそらく低下しているのだと思いますが、「サイドステップ歩行法」や肩甲骨の可動域を広げることをこれまで以上に意識してきたことで、何とか対応できたのではないかと捉えています。
例年だと、残りは大阪マスターズ記録会となるところですが、今年は「日本ウォーイング学会」と同日であることが判明したため、不参加となります。
一方で、今シーズンは「2018国際ゴールドマスターズ奈良大会」が10/27-28(競歩のレース(3000mW)は10/27)にあり参加を予定しています。
依然として十分に練習できる状態ではないのですが、何とか17分を切ってシーズンを終えたいと思っています。

2018年9月17日 (月)

この一週間とちょっと(9/10~9/17)

◆世間では:【安室奈美恵さん引退】ひとつの時代が終わった(終わりつつある)ことの象徴的出来事だと思います。「失われた○○年」と重なる部分が多かったのは、もしかしたら幸運なことだったのかもしれません。新しい時代が始まろうとしているのではないでしょうか?

◆個人的には:いつの間にか、マスターズ陸上の全日本選手権まで1週間となりました。左膝の調子が悪く、ほとんど練習できておらず、参加することに意義があるだけといった状態ですが、何とか歩ききりたいと思います。
・今週の御朱印:橿原神宮(橿原市)、薬師寺、唐招提寺(奈良市)、鵲森宮、玉造稲荷神社、三光神社、興徳寺、どんどろ大師 善福寺、高津宮(大阪市)
・今週の「虹のようなもの」:見えたような見えなかったような(9/16)。

○主な出来事:
9/13() MCEI大阪支部 20189月度 定例会(大阪)

○本:「究極の男磨き道 ナンパ」零時レイ著(BbR
amazon
で心理学が何かの本を見ていたら、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」の中にあったので、つい買ってしまいました。。。(読むのは途中で止まってしまっていますが・・・)
・「改めて自分がいかに赤の他人に恐怖心を抱いているか、ってことを思い知りました。」

・「職権を乱用し、ミスにつけこんでセクハラしたり、金にものを言わせるなんてこともしません。男としてちゃんと直球勝負するわけです。」
・「ただありのままの自分で堂々としてることができない。「余計なことをしない」ってことができない。」
・「誠実に振る舞っているつもりで、実は男の役割を放棄したがっているに過ぎない。」
・「一番の障害は「自分の中の弱気と躊躇」。」
・「最初にどんなキャラでどんなポジションを取るかってことの重要性。」
人や社会を思惑どおりに動かすことは、どの分野でもしんどいものですね。

○これから一週間の予定:
9/23() 39回全日本マスターズ陸上競技選手権(鳥取)
http://t-master.net/2018/08/24/time-table/

2018年9月 9日 (日)

この一週間(9/3~9/9)

◆世間では:【全米テニス】大坂なおみ初優勝。【MLB】大谷翔平、メジャー1年目の日本選手最多本塁打記録更新。国内では明るいニュースが見当たりませんが、海外では素晴らしいニュースが続きました♪

◆個人的には:台風21号は予想を遙かに超えた猛威でした。。。続いて大きな地震が北海道を襲い、関空と千歳が相次いで閉鎖・・・何とも重苦しい空気の一週間でした。
・今週の御朱印:明治神宮(東京都渋谷区)
・今週の「虹のようなもの」:見えませんでした。。。

○主な出来事:
9/8()9() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「二十歳の原点」高野悦子著(新潮社)
突然読みたくなって、amazonで古本買って読んでる途中です。読みたくなった理由は単純で、某新聞で「荒神橋」関連の記事が載っていたため・・・
私は同時代の人間ではなく、ちょうど一廻り遅い世代ですし、学生時代を京都で過ごした訳でもないのですが、何となく、何となくです♪

○これから一週間の予定:
9/13() MCEI大阪支部 20189月度 定例会(大阪)

2018年9月 4日 (火)

2018年の8月

♪このひと月・・・アメリカンフットボール、ボクシングに続いて、今度は体操ですか・・・
ただし、今回の体操に関しては、コーチ側に明らかなコンプラ違反があるように捉えられるため、選手の主張を全て受け入れることはすべきではないように思います。
逆に言えば、指導者は、どんな理由があるにしてもコンプラ違反をしてはいけないということを肝に銘じなければならないと、自戒を込めて改めて感じました。

◆個人的には:
・いつもの年よりも長めにいただいた夏休みも終わりました。が、長かったせいか、正直、休みボケです。。。

そこで、ここでは、難しいことは抜きにして、「夏」を感じさせる歌を思いつくままに書き出してみました。
個人的な趣味以外の何モノでもありませんが、以下のようになります。(ちょっとさぼりすぎかもしれません・・・)
①「夏休み」吉田拓郎
②「少年時代」井上陽水
③「潮風のメロディ」南沙織
④「夏になったら」やまがたすみこ
⑤「さとうきび畑」森山良子
⑥「夏の思い出」
⑦「夏は来ぬ」
⑧「四季の歌」
⑨「暑中お見舞い申し上げます」キャンディーズ
⑩「青い珊瑚礁」松田聖子

こんな感じで夏休みは過ぎていきました。

8月のイベントへの参加は以下の1件でした♪
暑くて何もする気が起きなかった、ひと月だったのかもしれません。・・・というより、単にのんびりしていただけかもしれません。。。
8/9() MCEI大阪支部 20188月度 定例会(大阪)


8月のノルディック・ウォーキングのイベントは2件でした。
台風の合間に、何とか楽しく歩けました♪
8/12()25() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

◆今月のことば:「
日本も昔は冠たる職人文化があり、ジョブ型雇用が中心だった。・・・ジョブ型雇用こそが日本の伝統だったのである。そうした生き方にもう一度立ち返ればいい。」(冨山和彦著「選択と捨像」(朝日新聞出版)より

9月の予定:
9/1()8()9() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)(9/1は実施済)
9/2() 2018大阪マスターズ研修会(大阪・服部緑地競技場)(実施済)
9/13() MCEI大阪支部 20189月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
9/23() 39回全日本マスターズ陸上競技選手権(鳥取)
http://t-master.net/2018/08/24/time-table/
9/30() 6回大阪マスターズ陸上競技大会(大阪・服部緑地競技場)
http://omaa.jp/topics/2018/07/6827.html

2018年9月 2日 (日)

この一週間(8/27~9/2)

◆世間では:女子体操の早見コーチの件、あくまでも私の考えですが、主観的なものではなく客観的な暴力(程度問題かもしれませんが・・・)行為をしたことは、残念ながら明らかな早見コーチのコンプラ違反と捉えざるを得ません。
その早見コーチのコンプラ違反=ミスに、協会の塚原派がつけこんだことが、今回の騒動の本質のように思えます。(フェアじゃないようには感じますが、塚原派にルール違反があったとは認められないように感じます(むしろルール違反が明確なのは早見コーチ!))
このようなミスを見逃せば、他の派から指摘されかねないのも、一方では事実なのかもしれません。
外部(特に海外)から見られていることを考えれば、「泣いて馬謖を斬る」行為として不適切なコーチの元にいる選手を救済しようとしたのだ、と協会側から説明されても、今回の件は全く不自然ではない状況であることも認めざるを得ないように思えます。

◆個人的には:今週は台風はなかったのですが・・・台風21号が9/4頃に近畿地方を直撃しそうです。。。
・今週の御朱印:四天王寺、四天王寺 庚申堂(大阪市天王寺区)
・今週の「虹のようなもの」:なかった。。。(今日(9/2)何となく見えたようにも思えるのですが・・・)

○主な出来事:
9/1() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)
9/2() 2018大阪マスターズ研修会(服部緑地陸上競技場)

○本:「日本史の内幕」磯田道史著(中公新書)
・歴史を動かすのは人間であり、戦争を始めるのも終わらせるのも人間だ。歴史を動かす人間の育ってきた道すじをたしかめておくことは大切である。
・秀吉と家康。二人の天下人の人生の転機となった交差地点・・・今の浜松東照宮。・・・ここにこっそり参って成功した浜松の社長を私は何人も知っている。
・江戸時代は「知の身分差」が小さかった。・・・江戸時代は、権力者に武力が集中しているだけで、富や知識の面は格差が少なく、ひろく庶民までゆきわたっていた社会であった。
・日本では江戸時代に出されたさまざまな本が、職業知識や礼儀作法、健康知識などのインフラを築いていた。・・・「本」こそが日本を作ったといってよい。

○これから一週間の予定:
9/8()9() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31