無料ブログはココログ
フォト

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月28日 (日)

この一週間(10/22~10/28)

◆世間では:【安倍首相訪中】ウイグルでの人権問題や所謂慰安婦など・・・(言うべきことは言ってくれたと信じていますが)。。。

◆個人的には:何とか、
国際ゴールドマスターズもてっぺん取れました♪これで今シーズンの日程は終了。しばらくは20kmを歩けるように身体を作っていきたいと思っています。
・今週の御朱印:漢國神社(奈良市)
・今週の「虹のようなもの」:なしです。

○主な出来事:
10/27() 国際ゴールドマスターズ(奈良)
http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/2018-aeb3.html

○本:「サーバントであれ」ロバート・K・グリーンリーフ著、野津智子訳(英治出版)
・本物のリーダーシップとは、他の人々の役に立ちたいという心からの願いが最大の動機になっている人から生まれるもの。
・知識は道具にすぎない。最も重要なのは志だ。
・必要なのは、人々が志を高く持ち、前向きに行動するみずからの意志に気づき、解放できるようになるビジョンなのだ。
・「過去を受け継ぐこと」と「変化すること」の融合、それが、人間らしい苦悩の重要な側面である。
・謙虚さは真のサーバントの顕著な特徴の一つだ。彼らは相手から奉仕を受けるときも、相手に奉仕するときと同じくらい、前向きな、しかし慎ましい姿勢を持っている。
・サーバントの目的は、私の考えでは、どんな行動を始めるのであれその結果として、「当たり前のように傷つく人が一人もいないこと」だ。

○これから一週間の予定:
11/4() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

2018年10月27日 (土)

2018国際ゴールドマスターズ奈良大会(結果報告)

本日(10/27)、ならでんフィールド(奈良市鴻ノ池陸上競技場)で開催された標記大会の5000mWに出場してきました。
結果:記録292075M55クラス1位)
ラップ:538”-551”-553”-602”-557”。
注意:ロスオブコンタクト1(警告なし)。

「全日本マスターズ陸上競技選手権大会」の報告では、「何とか17分を切ってシーズンを終えたいと思っています。」と書いた「2018国際ゴールドマスターズ奈良大会」だったのですが、出場種目は3000mWではなく5000mWでした。
(そんなことも確認しなかったのか・・・と恥ずかしい限りです。。。)
そのため、「17分を切る」ことに代わる目標を何にするか?を決めなくてはならなかったのですが、①まずは一周2’12”で行けるところまで行く②1000mの全てのラップを5分台にする、を目指して、何よりも順位を気にしないで歩くこととしました。

スタートリストを当日確認したところ、全日本マスターズとほぼ同じメンバー。同じような展開になることが予想されました。
200m65
”、400m210”とまずまずのペース。でしたが、1000m538”と530”を切れませんでした。そのため、少しペースを上げたところ1400m付近でロスオブコンタクトの注意(結局注意はこれのみで警告にもならず)。
特に気にすることもなく歩いたつもりでしたが、ペースは上がるどころか下がってしまいました。そのまま歩いて、結果はM55クラス1位でゴール。
今回も3000m-4000m6分台までペースダウンしたのは悔やまれますが、気が付けば昨年6月以来2930”を切れました。
最近は肩甲骨の可動域を広げることしか考えていなかったので、効果があったものと捉えて、これからしばらくは同じことを考えつつ、練習することとします。
今シーズンはこれで終わり。振り返ってみると大阪選手権、近畿選手権、全日本選手権と国際ゴールドマスターズの全てで優勝!なのですが、まだまだレベルの違う「世界」と戦う機会が得られなかったのは残念でした。
しばらくは20kmを歩けるように身体を作っていきたいと思っています。

2018年10月21日 (日)

この一週間(10/15~10/21)

◆世間では:【KYB免震不正】いったい我が国のデータ・ガバナンスの信頼性はどうなってしまったのだろうか。。。

◆個人的には:今週は3日も競歩の練習ができました
♪ただ、国際ゴールドマスターズのお天気が心配。。。
・今週の御朱印:なしです。
・今週の「虹のようなもの」:10/1516に彩雲、10/17に内がさが見えました。

○主な出来事:
10/20() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)


○本:「最高の体調」鈴木祐著(クロスメディアパブリッシング)
・①自分が抱える問題について、どこに遺伝のミスマッチがあるのかを特定する②ミスマッチを起こしている環境を、遺伝に沿うように修正する この2段階の着実にこなせば、ほとんどの問題は解決します。
・スーパー高齢者たちの体には、ひとつだけ大きな違いがありました。一般的な高齢者とくらべて、体の炎症レベルが異様に低かったのです。
・最新の科学からみれば、「自然を大事に」や「友人を大切に」といったフレーズは、古臭いお説教などではありません。遺伝と環境のミスマッチが起きた現代においては、「自然」と「友人」への投資こそが、もっとも費用対効果が高い行為なのです。
・どんな人でも、生まれつき最強の贈り物を必ず持っている・・・私たちが他者に与えられる最強のプレゼントは「信頼」です。
・畏敬の念には、炎症物質を適切なレベルに保つ作用がある・・・ポジティブな感情を引き起こし、健康や長寿に大きな影響を持つ。
・遊びは仕事の息抜きなどではなく、それ自体が生存の必須条件になります。・・・狩猟採集民にとって遊びと生活はイコール。遊びのために生きるのではなく、生きることそのものが遊びなのです。・・・遊び心がある人ほど、幸福な人生を送っている傾向があった。

○これから一週間の予定:
10/27() 国際ゴールドマスターズ(奈良)

2018年10月15日 (月)

この一週間弱(10/9~10/14)

◆世間では:【金本監督辞任】先週は学会準備などでばたばたしていて、世間の動きについていけませんでした・・・でも、何故終わる前に決めなきゃいけないのでしょう。。。

◆個人的には:日本ウォーキング学会で、何とか発表してきました

できれば、発表した内容をまとめて本にしたいと、夢のようなことを考えています♪

・今週の御朱印:大歳神社(下関市)
・今週の「虹のようなもの」:10/12に彩雲が少し見えました。

○主な出来事:
10/11() MCEI大阪支部 201810月度 定例会(大阪)
10/13() 日本ウォーキング学会(山口・下関)(ポスター発表)

○本:「パラレルワールドで待ち合わせ」白石泰三著(サンマーク出版)
まだ、半分くらいしか読んでいませんが、これまでの様々な出来事が愛おしく思えてきます。

○これから一週間の予定:
10/20() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2018年10月 8日 (月)

この一週間とちょっと(10/1~10/8)

◆世間では:【ノーベル生理学医学賞に本庶佑氏】ようやく届いたといった感じでしょうか。おめでとうございます!

◆個人的には:日本ウォーキング学会にエントリーしたものの、発表資料の準備をする余裕のないまま直前になってしまったのですが、何とか発表できそうです

あとは、聞いていただく方々に少しでも多くの価値を提供できるよう、ブラッシュアップしていくのみです。

・今週の御朱印:7月以来、久し振りのなしの週でした。
・今週の「虹のようなもの」:10/3に彩雲が少し見えました。

○主な出来事:
10/7() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
10/8(月・祝) ひらかた市民スポーツカーニバル(大阪・枚方)

○本:「いま生きる階級論」佐藤優著(新潮文庫)(まだ、読んでいる途中ですが・・・)
・今から振り返ってみますと、崩壊したソ連の最大の問題は何だったかといえば、労働力商品化をよく理解していなかったことに尽きます。
・マルクスが目指したのは、資本主義の内在的論理を摑むってことです。なぜ?資本主義時代になって初めて、労働力商品化がなされ、経済の論理だけで社会が動き始めたからです。・・・人間が経済を中心に物事を考えるようになったのは、商品経済が労働力商品化によって社会をシステム化してからのことです。
・労働力という商品は、資本によって作り出せない特別な商品である以上、好況期には労働力不足が起きて、賃金が高くなります。その傾向が強まると・・・恐慌が起きます。・・・純粋な資本主義においては、このように周期的に恐慌は発生するんです。
・マラパルテによると、革命は思想で行われるわけじゃない。革命とは実に簡単な技術的な問題である、と言うんです。・・・このクーデターの技術は、ありとあらゆる場所において使えます。


○これから一週間弱の予定:
10/11() MCEI大阪支部 201810月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
10/13(土) 日本ウォーキング学会(山口・下関)(ポスター発表)

2018年10月 3日 (水)

2018年の9月

♪このひと月・・・5日の台風21号(気象庁では「第21号」と言っているのに、どうして気象協会は「21号」なのでしょう?)に続いて30日には24号が来襲。。。
25
号もやってきそうですね。。。

◆個人的には:
・実は、先月末で長年勤務した会社を早期で定年退職しました。
家庭の事情のため、しばらくは定職に就かず、家の用事に専念する予定です。お世話になった方々、いろいろとありがとうございました。
ということで、今月の話題は定年退職・・・にちなんで(?)、連続テレビ番組の最終回です。(先月に引き続いて、サボり気味ですが・・・)
今月も、個人的な趣味でしか語れませんが、記憶に残っているトップテンは、以下の番組となります。皆さんも、記憶に残っている最終回を思い出されてみたらいかがでしょうか?
①「愛と死を見つめて」(1964年):「骨肉腫」と言えば「サインはV」のジュンサンダースの印象の方が強いですが、ガンが怖いものだと言うことを何となく知り始めたのがこの頃でした。今にして思えば、ドラマと言うもので記憶の残っている初めてのものかもしれません。
②「ウルトラマン」(1968年):そもそも、物語に「最終回」があることを初めて意識できたのが、この時だったように思います。ヒーローが負けるという、あり得ない状況を目の当たりにして、少年時代の自分はいったい何を感じたのか・・・
③「アテンションプリーズ」(1970年):物事を運営することよりも、誰かに寄り添うことの大切さを実感することができたのは、ずっと後のことでした。
④「おれは男だ!」(1972年):いわゆる青春ドラマを観たのはこれが最初だったと記憶しているのですが、最終回が記憶に残っているのも、これしかなかったように思います。
⑤「宇宙戦艦ヤマト」(1974年):アニメを初めて見たのはおそらく「オバケのQ太郎」だったのではないかと思いますが、最終回が記憶に残っているのは、「巨人の星」くらいかもしれませn。(「あしたのジョー」は漫画雑誌だったし・・・)
⑥「いつか来た道」(1983年):当時、三田寛子さんのファンだったので観ていたのですが、これを機会に寿岳文章のことが好きになりました。
⑦「悪女(わる)」(1992年):石田ひかりさんの、何とも言えない軽さに惹かれて観てしまいました。仕事に対する姿勢を考えさせられた面もありました。
⑧「夏子の酒」(1994年):仲間を増やしてプロジェクトを遂行していくことの典型ですが、気持ちよく観ることができました。
⑨「僕の生きる道」(2003年):この番組を観て、「余命20年」と思って生きてきましたが、あれからもう15年たってしまいました。残り5年となりましたが、改めて「余命20年」で生きたいと思います。(何じゃそれ?・・・)
⑩「野ブタ。をプロデュース」(2005年):どうしてこの番組を観ることになったのか、今となってはよくはわからないのですが、物事の捉え方の大切さを教えてもらったように思います。
定年退職は、「最終回」と言っても、ひとつのステージが終わっただけであって、まだその先があるのは、テレビ番組でも同じだと思います。今後とも、よろしくお願いいたします。

9月のイベントへの参加は以下の3件でした♪
台風の合間をぬって、何とか参加してきました。
9/2() 2018大阪マスターズ研修会(服部緑地陸上競技場)
9/13() MCEI大阪支部 20189月度 定例会(大阪)

9/23() 39回全日本マスターズ陸上競技選手権(鳥取)

http://nordic-walk.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/39-97c8.html

◆9月のノルディック・ウォーキングのイベントは3件でした。
すべて雨の中ではありましたが、何とか歩けました♪
9/1()8()9() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

◆今月のことば:「
日本からイノベーションがなかなか起きないのは、とてつもないことを考える若手が少ないということではなく、これを大きく支援できる大物、サーバントリーダーシップが欠如しているため。」(山口周著「劣化するオッサン社会の処方箋」(光文社新書)より

10月の予定:(枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)は、担当分の日程未定)
10/7() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
10/8(月・祝) ひらかた市民スポーツカーニバル(大阪・枚方)
10/11() MCEI大阪支部 201810月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
10/13() 日本ウォーキング学会(山口・下関)(ポスター発表)
10/27() 国際ゴールドマスターズ(奈良)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30