無料ブログはココログ
フォト

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

2018年

2018年の漢字には「災」が選ばれました(財団法人日本漢字能力検定協会)。(以下、2位「平」、3位「終」・・・)
北海道・大阪・島根での地震、西日本豪雨、大型台風到来、記録的猛暑など、日本各地で起きた大規模な自然 「災」害などによって、多くの人が「災」害を忘れないと心に刻んだ年であったことが理由だそうです。

私は年初に今年は「待」の年にしたいと宣言しました。「期待」「待望」されるようにという意味を込めて、ウェイティングサークルで準備万端で出番を待っている「待機」状態」を目指したものです。
結果は・・・長年勤務した会社を少し早く定年退職して、新たな出番の待機状態ということとなったと思っています。(人事を尽くして天命を待つということかも?)
加えて、「待つ」は「祀り(まつり)」の本義とのことで、主に神社に参拝してお祈りして御朱印を頂いた一年でもあり、また、「祀り」とワンセットの「祭り」という意味では、定年退職という人生の「祭り」の一年でもありました。
一方で、「災」ということでは、大阪北部地震や台風、猛暑などの影響はまともに受けたのは確かだったのですが、定年退職ということからは、3位の「終」の方が当てはまった一年だったように感じています。

このように、今年は「待」(と「災」?「終」?)の年だったと思っていますが、新たなステージに向かうために、来年は「遊」(「遊興」の意味ではない(つもり?)ので念のため・・・)の年にしたいと思っています(詳しくは年が明けてから)。

◆私にとっての今年の10大ニュース
・長年勤務した会社を少し早期に定年退職しました
・マスターズ陸上全日本選手権5000m競歩で優勝しました
・日本ウオーキング学会で発表(ポスター)しました
・枚方市スポーツ推進委員に委嘱されました
・御朱印集めを開始しました
・五輪書の「足のはこびやう」に関して再考する機会を得ました
・卒業した小学校が3月末で閉校となりました
・内暈(うちがさ)、幻日(げんじつ)等の、虹のようなものをよく見るようになりました
・大阪北部地震、台風21号等の自然災害に、大阪が襲われました
・大阪万博が2025年に開催されることが決定しました

◆今年読んだ本の中で印象に残った10冊(読んだ順)
・「Conversations with God: An Uncommon Dialogue Book1-3Neale Donald WalschHodder Paperback
・「ありがとうとお金の法則」小林 正観(だいわ文庫)
・「魔法の世紀」落合 陽一(PLANETS
・「宮本武蔵は、なぜ強かったのか?」高岡 英夫(講談社)
・「AIBIはいかに人間を変えるのか」波頭 亮(幻冬舎)
・「まなざしのデザイン」ハナムラチカヒロ(エヌティティ出版)
・「デザインのデザイン」原 研哉(岩波書店)
・「劣化するオッサン社会の処方箋」山口 周(光文社新書)
・「宮本武蔵―「兵法の道」を生きる」魚住 孝至(岩波新書)
・「神さまが願いを叶えたくなる「神結び」の方法」白鳥 詩子(学研プラス)

◆今年は、以下の4つのレースに出場しました。
1.
32回大阪マスターズ陸上競技選手権大会(6/9):5000mW
301279 M55クラス1
2.
34回近畿マスターズ陸上競技選手権大会(6/24):3000mW 172399 M55クラス1
3.
39回全日本マスターズ陸上競技選手権大会(9/23):5000mW
294138 M55クラス1
4. 2018
国際ゴールドマスターズ奈良大会(10/27):5000mW
292075 M55クラス1

◆今年は以下のノルディック・ウォーキング体験会を開催・参加しました。
・関西ノルディック・ウェルネス:枚方体験会:2回、私市体験会:1
・ノルディック・ウォーク&八軒家浜市:9
枚方市ノルディック・ウォーク講座18

今年もお世話になり、ありがとうございました(^_^)/
2019
年もよろしくお願いいたします♪

2018年12月30日 (日)

この一週間弱(12/25~12/30)

◆世間では:【韓国海軍レーダー照射】アメリカに訴えるしかないのでしょうか。。。

◆個人的には:忙しい最中に、論文投稿をするという無謀なことをしたため、新年をお迎えする準備が滞ってしまっています・・・これから何とかしないと。。。

・今週の御朱印:今週はなし・・・余裕なしです。。。
・今週の「虹のようなもの」:今週もなし(虹は今日見えましたが・・・)

○主な出来事:
特になしです。先週は「のんびり過ごせるように」などと書きましたが、それどころではなくバタバタしております。。。

○本:「神様が宿る家の清め方」神田明神監修(大和書房)
・神職の1日:「掃除に始まり掃除に終わる」⇒考えてみれば、我々人間が生きていく上で、遺伝子のエラーをいつも掃除してくれているシステムがあるからこそ、我々は生きて行くことができることに、改めて驚きを感じます。この働きを社会で担っているのが神社ということとになるのでしょうね。
・家に宿る神様の中で気になる神様:①ミツハノメ(弥都波能売神):浴室・洗面所の神様、②イシコリドメ(伊斯許理度売):鏡の神様⇒いずれも、これまで名前も知らずに掃除してきましたが、これからは仲良く暮らしていきたいと思っています。
(特に「イシコリドメ」は、今、読んでいる「成功している人は、どこの神社に行くのか?」八木龍平著(サンマーク出版)の、読んでいるところに出てきたので、改めて驚いています)

○これから一週間の予定:
1/6() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

2018年12月25日 (火)

この一週間とちょっと(12/17~12/24)

◆世間では:【札幌爆発事故】指定数量の5分の1未満であっても、消防法危険物の取り扱いが厳しくなるかもしれませんね。。。
【カルロス・ゴーン容疑者再逮捕】別件逮捕だと海外から非難されないように対応して欲しいものです。

◆個人的には:ようやく来年の漢字を確定しました♪23日の枚岡神社のお笑い神事、行きたかった。。。

・今週の御朱印:法善寺(大阪市中央区)
・今週の「虹のようなもの」:今週もなし

○主な出来事:
12/22() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「デザイン思考の先を行くもの」各務太郎著(クロスメディア・パブリッシング)
・ふつうの人から見れば全く関係のないふたつの異なるものも、それぞれをシナリオまで抽象化して捉えることで、同じ土俵で結びつけることができる能力・・・その人の専門性や得意分野のフィルターを通すことで、他の人には見えないものが見えてくること・・・世界を変えるようなイノベーションを起こす上で、この「見立てる力」こそが、いちばん重要な要素と考えている。
・デザインのはじまりは、シンプルに「新しい視点の提供」と言える。
・世の中を変えるような革新的アイデアは、ロジックやマーケティングからは決して生まれてくることはなく、ある専門性を持った個人が、異分野の知識に触れた時、そこはかとなく自身の専門分野の話に「見えてしまった」とい極めて個人的な「見立てる力」こそが重要なのではないか?
・そもそも建築家がデザインすべきは建物ではなく、未来に対するビジョンであるべき。
・未来は「どうなるか」という受動的姿勢で向き合うべきものではなく、「どうしたいか」という能動的な個人の願望に基づいて提示されるべき。
・未来は現在の延長にあるわけではない。個人的な未来が先に描かれ、そこに向かって現在が出来ているのだ。
・日本は幼少の頃から、自らの意志を表明することをあまりよしとしない哲学を植え付けられる。ところが歴史は、意思を表明した人によってつくられてきた。もっと、自分がやりたいこと、自分が楽しいと思えること、自分の個人的な見立てを、周囲の目を気にせず信じられるような土壌をつくっていくことが、何よりも大切なことなのではないかと信じている。

○これから一週間弱の予定:
特になしです。年末年始をのんびり過ごせるように、新年をお迎えする準備です♭

2018年12月17日 (月)

この一週間(12/10~12/16)

◆世間では:【2018 年「今年の漢字」第1位は 「災」】何となく寂しい気がします。もっと2018年の特徴を表している漢字が選ばれなかったのかと思います。3位の「終」の方がぴったりします。

◆個人的には:定年退職を期に、ようやく個人の名刺を新しくしました♪

・今週の御朱印:久し振りになしでした
・今週の「虹のようなもの」:先週と一転して、今週はなしでした

○主な出来事:
12/13() MCEI大阪支部 201812月度 定例会(大阪)
12/15() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

○本:「祈り方が9割」北川達也著(コボル)
・いい神社とは、「祀りに専念している神社」・・・「発展気運(物事の勢いが増すような雰囲気)のある神社」ともいえます。
・願いが叶う人は一人でひっそりとお参りしています・・・神なるものに意識を向けるためです。
・おみくじから神意を受け取るためには、吉凶よりも、和歌に注意を向ける必要があると考えています。
・多くの神社は、神様が降臨するための「斎庭(ゆにわ)」を探すことからはじまったといわれています・・・そして、斎庭の中に「神籬(ひもろぎ)」を立てました。
・神社の根本精神は、神様の「降臨」を願い、「祀り」を行うことにあります・・・「祀り」の本義は、「待つ」です。
・神道では、「浄明正直(じょうめいせいちょく)」という言葉を大切にしています・・・「浄らかさ、明るさ、正しさ、素直さ」を保ちながら、「天上世界」の神様が降臨することを「待つ」という心得。
・「祈り」とは、決して「心の思いを申し上げること」ではなく、「心身を清浄に保って申し上げること」をいう。
・神様は、「清浄」を好み、「不浄」を嫌う・・・「願い」も「清浄」の延長線上になければならない。
・「清浄な願い」とは、「修理固成(しゅりこせい)の神勅にもとづく祈り」・・・「人に喜びを与える祈り」「人への愛情から発する祈り」
・「祈りの神髄」:「私の願いを叶えたいときは、私のことを祈らずに、みんなのことを祈る」

○これから一週間の予定:
12/22() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2018年12月 9日 (日)

この一週間(12/3~12/9)

◆世間では:【入管法改正】【水道法改正】自民党支持ですが(大阪維新の会も支持しているので競合した場合はその場の雰囲気で・・・)、ちょっと首をかしげたくなる対応です。。。
【ファーウェイCFO逮捕】中共包囲網が形成されるいい機会だと感じます。

◆個人的には:京都大学総合博物館にて開催されている「ノーベル賞化学者を育んだ教室」を見学し、有機化学にどっぷりと浸かっていた学生時代が懐かしく思い出されました。
今年、定年退職したこともあって、これで有機化学とさよならしないといけんたいなぁって思っています。

・今週の御朱印:茨木神社(大阪府茨木市)、吉田神社(京都市左京区)、大将軍八神社、北野天満宮、晴明神社(京都市上京区)
・今週の「虹のようなもの」:12/35:幻日、12/8:彩雲、12/9:内がさ

○主な出来事:
特になしでした。

○本:「フォッサマグナ」藤岡換太郎著(ブルーバックス)
♪「フォッサマグナ」や「中央構造線」といった言葉は、ウェゲナーの大陸移動説とともに小松左京氏の「日本沈没」で知ったものですが、そのような方は、私と同年代の方の中には多くおられるのではないでしょうか?
とはいえ、「フォッサマグナ」についてこれまで詳しくは知らずにいたのですが、ようやくこの年齢になって、ほんの少しわかったのかなぁ、と感慨深く感じました。
実はまだ最後の「第7章 フォッサマグナは日本に何をしているのか」を読んでいるところなのですが・・・
・北部フォッサマグナが「その場で」形成されたものであるのに対して、南部フォッサマグナは「ほかの場所から」移動してきたものである。
・フォッサマグナについての謎も、もとをただせば日本海の謎であるともいえる。
・東北日本は反時計回りに、西南日本は時計回りに回転したため、もともとは北にそろっていた古地磁気方位が反対向きになってしまった(観音開き説)。
・落差こそがフォッサマグナを世界に無二の地形にしている・・・陥没と隆起が絶妙なタイミングで起こることが、フォッサマグナ形成の必要条件だった。
・フォッサマグナはスーパープルームによってできたオラーコジンのリフトのうちの一つ。
・北にはプレートを生産する三重点ができ、南にはプレートをなくしてしまう三重点ができた・・・この二つの三重点がほぼ同時に形成されたことが、フォッサマグナの存続いおいて不可欠だったのではないかと私は考えます。

○これから一週間の予定:
12/13() MCEI大阪支部 201812月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
12/15() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2018年12月 4日 (火)

2018年の11月

♪このひと月・・・カルロス・ゴーン前日産会長の逮捕と大阪万博の決定のニュースの印象が強かったひと月だったように感じます。
ただ、ゴーン氏の容疑は、有価証券報告書の虚偽記載(報酬の過少申告)とのことですが、利益を偽ったのではない限り、ここまで騒ぐ必要があったのかとも思います。
捜査は特別背任罪や横領罪も対象となっているようで、ゴーン氏と日産との契約内容次第のような気がしないでもないですが、いずれにしても国際的に関心が持たれた事由ですので、公正な対応をお願いしたいと思います。

◆個人的には:
個人的にも「日産」のことが、否が応でも耳に入ってきたひと月でしたが、私にとって「日産」と言えば、「変わらなきゃ」(「「変わらなきゃ」も変わらなきゃ」も含めて)のCMがまずは思い起こされます。
いつ頃のCMだったのか?記憶が定かではなかったのですが、ネットで調べると1995年頃のことだったようです。
ということで、今月の話題は「変わらなきゃ」です。
1995年当時、というより少し後(2002-3年頃だったと記憶していますが・・・)のこととなりますが、「変わらなきゃ」との関連で、「変身価値」という考え方を初めて知りました。
これは、BJ・パインIIJH・ギルモア著の『経験経済』に書かれていたものですが、かなりの衝撃を受けたことを記憶しています。
「モノよりも経験」に価値があることが一般に言われ出した頃で、『経験経済』やバーンド・H. シュミット著『経験価値マーケティング』で「経験価値」を提供することの重要性を感じたものです。
「変身価値」に関しては、石井淳藏先生の本(たぶん『ブランド』?)に書かれていた「ディドロ効果」(あるブランド等の製品が生活の中に一つ入ってくると、他のものもそのブランド等に統一させたいと感じる効果)と併せて、「経験価値」以上にこれからは重要になってくると心したものでした。
○『経験経済』には(今は手元になくて記憶を頼りにするしかないのですが)、提供物(オファー)は、
「コモディティ」⇒「製品」⇒「サービス」⇒「経験」⇒「変身」
の方向で顧客にカスタマイズされることから、その価値が大きくなり、そのため、「経験」や「変身」価値を提供することが、差別化の要因となり、ファンやリピーターの獲得に繋がる、といったことが書かれていたように記憶しています。
では、その「変身価値」とは何なのか?についてですが、一言で表現すれば、「「経験」をカスタマイズすることによって、顧客の求める「変身」を提供することの価値」ということになると思います。
先述した「ディドロ効果」のように、一つの製品で生活全体が変わることも、顧客が求める方向であれば変身価値の一つとして位置づけて提供可能ではないでしょうか。
それは、単に「ブランド」に統一するというよりは、「スタイル」と言う言葉で表現できるのではと私は感じています。
最近の私の事例では、御朱印帳を買って(しまって?)、御朱印を収集し始めたことで、家の清め方等も含めて、生活全体のスタイルが変わりつつあるといったことがあります。
○『経験経済』を読んだ当時、私は健康食品の開発を担当していたのですが、メタボからの脱却や、(当時はロコモという言葉はなかったので)サルコペニアにならないように「貯筋」に繋げる、といったような「変身価値」を提供できる製品の開発を目指したものでした。
今は、ノルディック・ウォーキングを中心としたウォーキングの指導をしていることから、「ノルディック・ウォーキング用のポールを入手することで、当初は面倒くさいかったが、歩いてみると気持ちよく(これは経験価値)、続けていると健康診断の検査値が正常になり、体脂肪率が下がる、マラソンのタイムがよくなるなどの変化が起きていた」等の「変身価値」を提供できればと思っています。
○おそらく日産の車も「変身価値」を有していたのかもしれませんが、「「「変わらなきゃ」も変わらなきゃ」も変わらなきゃ」で乗り越えていただけるものと期待しています。
提供物(オファー)に「変身価値」を加えることで、価値の向上が図れればいいですね。
※ご参考:
・「経験経済」BJ・パインIIJH・ギルモア著、電通「経験経済」研究会訳(流通科学大学出版)(※ダイヤモンド社より「新訳」が出ているようですが、こちらは読んだことがありません)
・「経験価値マーケティング」バーンド・H. シュミット著、嶋村和恵、広瀬盛一訳(ダイヤモンド社)
・「ブランド」石井淳蔵著(岩波新書)

11月のイベントへの参加は以下の4件でした♪
今年も大阪マラソンは無事終了しました♪
11/8() MCEI大阪支部 201811月度 定例会(大阪)
11/25() 大阪マラソン(審判)

11月のノルディック・ウォーキングのイベントは3件でした。
季節は秋から冬に向かいつつありますが、まだ、歩くのには気持ちのいい気候が続いています♪
11/4() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)
11/18()24() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

◆今月のことば:「『五輪書』の底に流れているのは、「今、世の中に兵法の道、慥かにわきまへたると云う武士なし」という危機意識である。」(
魚住孝至著「宮本武蔵――「兵法の道」を生きる」(岩波新書)より

12月の予定:
12/2() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)(実施済)
12/13() MCEI大阪支部 201812月度 定例会(大阪)
http://www.mcei-osk.gr.jp/article/13400584.html
12/15()22() 枚方市ノルディック・ウォーク講座(大阪・枚方)(担当分)

2018年12月 2日 (日)

この一週間(11/26~12/2)

◆世間では:【韓国徴用工訴訟】何故にこれほどまでに我が国は舐められなければならないのか?

◆個人的には:ようやく年賀状を注文。何とか新年を迎えられそうです(ってちょっと早すぎ?)♪

・今週の御朱印:出雲大社大阪分院(大阪市東住吉区)御津八幡宮(大阪市中央区)
・今週の「虹のようなもの」:11/2611/29:いずれも内がさ

○主な出来事:
12/2() ノルディック・ウォーク& 八軒家浜市(大阪・天満橋)

○本:「定年まで待つな!成毛眞著(PHPビジネス新書)
・宝の持ち腐れな「造り酒屋」に入り込め。
・近い将来、起業家は日本に老舗に必ず目をつけるはずだ。
・一度ぐらい、プログラミングをするためのエディタを立ち上げてみる程度はしたほうがいい。

・当たり前のことなのに、意外とミドルエイジがやらないことがある。それは「第一印象を良くすること」だ。
・アメリカで唯一、良いと思うのはポートランドだ。

・稼げる趣味として、私が進めるのは、「何かを育てる」ことだ。

・「旧来の価値観や固定観念に囚われて、自分を不孝にしていないか」

○これから一週間の予定:
特になし。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31